キャプション

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. マスターページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. スクリプティング

キャプションは、画像の下に表示される説明テキストです。InDesign では、指定した画像のメタデータをキャプションとして表示できます。InDesign には、指定した画像のメタデータをキャプションとして表示するための変数があります。変数を含むテキストフレームが画像と接しているか、画像とグループ化されている場合は、変数にその画像のメタデータが表示されます。キャプションは、既存の画像から作成するか、画像の配置時に作成することができます。また、キャプションの変数を含むテキストフレームを作成することもできます。

メタデータから作成されたキャプション

画像からのキャプションの作成

既存の画像からキャプションを作成する場合は、静的キャプションまたはライブキャプションを選択できます。静的キャプションは手動でのみ変更でき、ライブキャプションは画像やそのメタデータの変更に応じて自動的に更新されます。例えば、ライブキャプションを別の画像と接するように移動すると、キャプションには移動先の画像のメタデータが表示されます。

「ライブキャプションの作成」を選択すると、現在のキャプション設定に基づいて新しい変数が自動的に作成されます。例えば、キャプション設定ダイアログボックスで「説明」メタデータタイプを選択すると、「ライブメタデータキャプション:説明」という変数が作成されます。

  1. 作成するキャプションのコンテンツと外観を指定するには、オブジェクト/キャプション/キャプション設定を選択し、オプションを指定します。キャプション設定オプションの指定を参照してください。

  2. オブジェクト/キャプション/ライブキャプションの作成またはキャプションの作成を選択します。

注意:

説明などの長いテキストをライブキャプションとして表示する場合、ライブキャプションは変数であるため分割されません。キャプションを 1 行に短縮する場合は、ライブキャプションをキャプションに変換することを検討してください。ライブキャプションをキャプションに変換するには、ライブキャプションを選択し、オブジェクト/キャプション/キャプションに変換を選択します。

キャプションは、画像の配置時に作成することもできます。配置ダイアログボックスで、「キャプションを作成」を選択し、画像の配置後にキャプションのテキストフレームを配置またはドラッグします。

キャプションの設定オプションの指定

作成するキャプションのコンテンツと書式を指定するには、キャプション設定ダイアログボックスを使用します。キャプション設定は、既存のキャプションではなく、新しく作成するキャプションにのみ影響します。

  1. オブジェクト/キャプション/キャプション設定を選択します。

  2. 含めるメタデータを選択し、メタデータの前後に表示するテキストを指定します。

  3. 複数のメタデータを含めるには、プラス記号(+)アイコンをクリックします。

  4. 次のオプションを指定して、「OK」をクリックします。

    先行テキスト / 後続テキスト

    指定したメタデータの前後に表示するテキストです。

    メタデータ

    「説明」や「市区町村」などのメタデータオプションをリストから選択します。

    揃え

    画像との位置関係に基づいてキャプションの配置先を指定します。

    オフセット

    キャプションのテキストがキャプションのテキストフレームの端からどのくらい離れているかを指定します。

    段落スタイル

    キャプションのテキストに適用する段落スタイルを指定します。キャプションに「図 1」や「図 2」などの自動番号を付ける場合は、段落スタイルに自動番号を含めます。図表の連続キャプションの作成を参照してください。

    レイヤー

    キャプションを含めるレイヤーを指定します。

    キャプションと画像をグループ化

    画像フレームとキャプションのテキストフレームをグループ化するかどうかを指定します。

変数を使用したキャプションの作成

キャプションの変数を含むテキストフレームが画像と接しているか、画像とグループ化されている場合は、キャプションの変数にその画像のメタデータが表示されます。

キャプションの変数

A. 画像から離れているキャプションの変数のテキストフレーム B. 画像と接したテキストフレーム 

  1. 必要に応じて、使用するキャプションの変数を定義します。キャプションの変数の定義を参照してください。

  2. キャプションに使用するテキストフレームを作成します。

  3. テキストフレーム内に挿入点を置いて、書式/テキスト変数/変数を挿入を選択し、含めるキャプションの変数を選択します。キャプションの変数を必要な数だけ挿入します。

  4. 画像と接するようにキャプションを移動するか、キャプションのテキストフレームと画像フレームをグループ化します。

キャプションの変数が空白の場合は、画像のメタデータを編集し、リンクパネルを使用して画像を更新します。画像のメタデータを編集する方法については、画像ファイル内のメタデータの編集を参照してください。

キャプションの変数の定義

キャプションの変数を含むテキストフレームを画像に接するように移動すると、キャプションの変数が自動的に更新されます。書式/テキスト変数/変数を挿入/画像名を選択すると、デフォルトではメタデータの「名前」が表示されます。「画像名」変数を編集するか、画像メタデータを指定した新しい変数を独自に作成することができます。

  1. 書式/テキスト変数/定義を選択します。

  2. 「新規」をクリックして変数を作成するか、「編集」をクリックして既存の変数を編集します。

  3. 種類メニューから「メタデータキャプション」を選択します。

  4. メタデータメニューからオプションを選択します。

  5. メタデータの前後に表示するテキストを指定し、「OK」を選択します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン