整列パネルの概要

選択範囲、マージン、ページまたはスプレッドに合わせてオブジェクトを水平方向または垂直方向に整列または均等に配置するには、整列パネル(ウィンドウ/オブジェクトとレイアウト/整列)を使用します。整列パネルの操作では、次の点に注意してください。

  • 整列パネルで指定しても、「ロック」コマンドでロックしたオブジェクトや、フレーム内のテキスト段落の行揃えは変更されません。

  • テキストの整列には「オブジェクトの整列」オプションは適用されません(詳しくは、テキストの整列または均等配置を参照してください)。

  • キーボードショートカットダイアログボックス(編集/キーボードショートカット)を使用して、整列および配列機能のカスタムショートカットを作成できます。機能エリアから「オブジェクト編集」を選択します。

整列パネル
整列パネル

A. 垂直方向の整列ボタン B. 垂直方向の分布ボタン C. 間隔を指定 D. 水平方向の整列ボタン E. 水平方向の分布ボタン F. 整列の位置オプション 

オブジェクトの整列または分布

選択したオブジェクトを選択範囲、マージン、ページまたはスプレッドに合わせて水平方向または垂直方向に整列または分布するには、整列パネルを使用します。

水平方向に分布したオブジェクト
選択範囲(上)およびマージン(下)に合わせて水平方向に分布したオブジェクト

  1. 整列または分布するオブジェクトを選択します。
  2. ウィンドウ/オブジェクトとレイアウト/整列を選択して、整列パネルを開きます。

    注意:

    整列パネルの他のオプションを表示または非表示にするには、パネルメニューの「オプションを表示」または「オプションを隠す」を選択します。

  3. パネル下部のメニューで、選択範囲、マージン、ページまたはスプレッドに基づいてオブジェクトを整列または配列するかどうかを指定します。
  4. 次のいずれかの操作を行います。
    • オブジェクトを整列するには、目的の整列の種類のボタンをクリックします。
    • オブジェクトを分布するには、目的の分布の種類のボタンをクリックします。例えば、「選択範囲に揃える」がオンの状態で左端を基準に分布ボタンをクリックすると、選択した各オブジェクトの左端が等間隔に配置されます。
    水平方向中央を基準に分布オプション
    水平方向中央を基準に分布ボタンを使用した等間隔の配置

    A. 各オブジェクトの中央が等間隔になる B. オブジェクトの全体の幅は実行前と同じに保たれる 
    • オブジェクト間(中央または端)の間隔を指定するには、「オブジェクトの分布」の「間隔を指定」を選択して、適用したい間隔を入力します。それから、水平軸および垂直軸に沿ってオブジェクトを配置するための、希望するオブジェクト分布ボタンをクリックします。

    間隔を指定の値を追加
    水平方向中央を基準に分布ボタンを「間隔を指定」に値を指定して使用

    A. オブジェクトの中央から指定値の間隔で配置される B. オブジェクトの全体の幅が変更される 
    • オブジェクト間の間隔(向かい合った端と端の間)を指定するには、「等間隔に分布」の「間隔を指定」を選択して、オブジェクト間の間隔を入力します(「等間隔に分布」オプションが表示されていなければ、整列パネルメニューから「オプションを表示」を選択します)。それから、いずれかの等間隔に分布ボタンをクリックして、水平軸または垂直軸に沿ってオブジェクトを配置します。
    水平方向に等間隔に分布オプション
    水平方向に等間隔に分布ボタンを「間隔を指定」に値を指定して使用

    A. 指定値の間隔で各オブジェクトが配置される B. オブジェクトの全体の幅が変更される 

垂直分布で間隔を指定すると、選択したオブジェクト間に上から下の順に指定した間隔で配置されます。水平分布で間隔を指定すると、選択したオブジェクト間に左から右の順に指定した間隔で配置されます。

注意:

また、スマートスペーシング機能を使用すると、オブジェクトを移動しながら整列したり、均等に配置したりできます。例えば、垂直に配置されている 2 つのオブジェクトが 12 ポイント離れている場合、3 番目のオブジェクトを 2 番目のオブジェクトの 12 ポイント下に移動すると、一時的なガイドが表示されるので、そのオブジェクトを揃えにスナップすることができます。

間隔ツールを使用したオブジェクトの整列

間隔ツールを使用すると、複数のオブジェクト間の間隔をすばやく調整できます。また、エッジが揃っている複数のオブジェクトを、オブジェクト間の間隔を維持したまま、同時にサイズ変更することもできます。間隔ツールは、オブジェクト間の間隔を直接操作することで、ワンステップでレイアウトを調整します。

間隔ツールでは、ロックされたオブジェクトやマスターページのアイテムは無視されます。

  1. 間隔ツール を選択します。

  2. 2 つのオブジェクトの間にポインターを移動し、次のいずれかの操作を行います。

    • ドラッグして間隔を移動し、間隔と整列してエッジが揃っているすべてのオブジェクトをサイズ変更します。

    • Shift キーを押しながらドラッグして、カーソル位置に近接する 2 つのオブジェクト間のみの間隔の位置とオブジェクトのサイズを変更します。

    • Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらドラッグし、間隔の位置を移動せずにサイズだけを変更します。Shift キーも押しながらドラッグすると、カーソル位置に近接する 2 つのオブジェクト間でのみ間隔のサイズを変更します。

    • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらドラッグし、間隔とオブジェクトの位置を同じ方向に移動します。Shift キーも押しながらドラッグすると、カーソル位置に近接する 2 つのオブジェクトのみを移動します。

    • Ctrl キーと Alt キー(Windows)または Command キーと Option キー(Mac OS)を押しながらドラッグし、間隔をサイズ変更し、オブジェクトを移動します。Shift キーも押しながらドラッグすると、カーソル位置に近接する 2 つのオブジェクトのみの間隔をサイズ変更し、オブジェクトを移動します。

注意:

間隔ツールの使用時にヒントを表示するには、間隔ツールを選択し、ツールヒントパネルを開きます(ウィンドウ/ユーティリティ/ツールヒントを選択します)。

ライブ分布を使用したオブジェクトの分布

複数の選択されたオブジェクトを分布して配置する場合、実際に個別のオブジェクトの間隔のサイズを変更する代わりに、間隔の比率を保ったまま、まとめてサイズ変更することができます。例えば、5 つの整列した長方形間の間隔を変更する場合、「分布」コマンドを 1 つも使わずに変更できます。

  1. オブジェクトを選択します。

  2. 選択ハンドルのドラッグを開始してから、スペースバーを押します。そのままドラッグすると、オブジェクト間の間隔を変更できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー