マニュアル キャンセル

オブジェクトの整列と分布

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. InDesign でのワークスペースのカスタマイズ
      3. Toolbox
      4. 環境設定の指定
      5. タッチワークスペース
      6. 初期設定のキーボードショートカット
      7. ドキュメントの復元と取り消し
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
      2. 定規を使用したオブジェクトの整列と分布
      3. ものさしツールを使用したオブジェクトの測定
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. 東南アジア言語のスクリプト
      4. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      5. パステキストの作成
      6. 箇条書きと自動番号の使用
      7. グリフと特殊文字
      8. テキスト組版
      9. テキスト変数
      10. QR コードの作成
      11. テキストの編集
      12. テキストの行揃え
      13. オブジェクトへのテキストの回り込み
      14. アンカー付きオブジェクト
      15. リンクコンテンツ
      16. 段落の書式設定
      17. 文字の書式設定
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. テキストのスタイルの自動設定
      3. スタイルパックの操作
      4. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. スペルチェックと言語の辞書
      1. スペルチェック、スペル自動修正、ダイナミックスペルチェック
      2. 辞書と単語を作成、追加、管理する
      3. 辞書の環境設定の変更
      4. Duden 辞書
    6. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 後注
      5. キャプション
    7. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. スタイルのマッピング、書き出し、管理
      3. オブジェクトスタイル
      4. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      5. スタイルの操作
      6. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    8. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
    9. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. フレームとオブジェクト
      10. オブジェクトの整列と分布
      11. リンクと埋め込み画像
      12. AEM Assets の統合
    10. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 検索と置換
    1. テキストの検索と置換
    2. フォントの検索と置換
    3. 字形の検索と置換
    4. 正規表現とクエリを使用した検索と置換
    5. オブジェクトの検索と置換
    6. カラーの検索と置換
    7. 検索および置換を行うための検索オプション
  6. 共有
    1. InDesign クラウドドキュメントの操作(Beta)
    2. InDesign クラウドドキュメントのよくある質問 (Beta)
    3. 共有とコラボレーション        
    4. レビュー用に共有
    5. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    6. フィードバックの管理 
  7. 公開
    1. 配置、書き出しおよび公開
      1. Publish Online
      2. Publish Online ダッシュボード
      3. グラフィックのコピーと挿入
      4. EPUB へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF オプション
      6. HTML へのコンテンツの書き出し
      7. Adobe PDF への書き出し
      8. JPEG 形式での書き出し
      9. HTML 形式で書き出し
      10. DPS および AEM Mobile の概要
      11. サポートされるファイル形式
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  8. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
  9. トラブルシューティング
    1. 修正された問題
    2. 起動時のクラッシュ
    3. 環境設定フォルダー読み取り専用エラー
    4. ファイルの問題のトラブルシューティング
    5. PDF の書き出し不可
    6. InDesign 文書復旧
注意:

平等な言葉遣い:アドビのコアとなる包括性の価値を反映するために、InDesign 2022(バージョン 17.0)以降の非包括的言語を置き換えます。英語、デンマーク語、ハンガリー語、スペイン語、イタリア語、ブラジル語、ポルトガル語、および日本語のロケールのヘルプ記事では、マスターページへの参照はすべて親ページに置き換えられます

整列パネルの概要

選択範囲、マージン、ページまたはスプレッドに合わせてオブジェクトを水平方向または垂直方向に整列または均等に配置するには、整列パネル(ウィンドウ/オブジェクトとレイアウト/整列)を使用します。整列パネルの操作では、次の点に注意してください。

  • 整列パネルで指定しても、「ロック」コマンドでロックしたオブジェクトや、フレーム内のテキスト段落の行揃えは変更されません。

  • テキストの整列には「オブジェクトの整列」オプションは適用されません(詳しくは、テキストの整列または均等配置を参照してください)。

  • キーボードショートカットダイアログボックス(編集/キーボードショートカット)を使用して、整列および配列機能のカスタムショートカットを作成できます。機能エリアから「オブジェクト編集」を選択します。

整列パネル

A. 垂直方向の整列ボタン B. 垂直方向の分布ボタン C. 間隔を指定 D. 水平方向の整列ボタン E. 水平方向の分布ボタン F. 整列の位置オプション 

オブジェクトの整列または分布

選択したオブジェクトを選択範囲、マージン、ページまたはスプレッドに合わせて水平方向または垂直方向に整列または分布するには、整列パネルを使用します。

選択範囲(上)およびマージン(下)に合わせて水平方向に分布したオブジェクト

  1. 整列または分布するオブジェクトを選択します。
  2. ウィンドウ/オブジェクトとレイアウト/整列を選択して、整列パネルを開きます。
    注意:

    整列パネルの他のオプションを表示または非表示にするには、パネルメニューの「オプションを表示」または「オプションを隠す」を選択します。

  3. パネル下部のメニューで、選択範囲、マージン、ページまたはスプレッドに基づいてオブジェクトを整列または配列するかどうかを指定します。
  4. 次のいずれかの操作を行います。
    • オブジェクトを整列するには、目的の整列の種類のボタンをクリックします。
    • オブジェクトを分布するには、目的の分布の種類のボタンをクリックします。例えば、「選択範囲に揃える」がオンの状態で左端を基準に分布ボタンをクリックすると、選択した各オブジェクトの左端が等間隔に配置されます。
    水平方向中央を基準に分布ボタンを使用した等間隔の配置

    A. 各オブジェクトの中央が等間隔になる B. オブジェクトの全体の幅は実行前と同じに保たれる 

    • オブジェクト間(中央または端)の間隔を指定するには、「オブジェクトの分布」の「間隔を指定」を選択して、適用したい間隔を入力します。それから、水平軸および垂直軸に沿ってオブジェクトを配置するための、希望するオブジェクト分布ボタンをクリックします。

    水平方向中央を基準に分布ボタンを「間隔を指定」に値を指定して使用

    A. オブジェクトの中央から指定値の間隔で配置される B. オブジェクトの全体の幅が変更される 

    • オブジェクト間の間隔(向かい合った端と端の間)を指定するには、「等間隔に分布」の「間隔を指定」を選択して、オブジェクト間の間隔を入力します(「等間隔に分布」オプションが表示されていなければ、整列パネルメニューから「オプションを表示」を選択します)。それから、いずれかの等間隔に分布ボタンをクリックして、水平軸または垂直軸に沿ってオブジェクトを配置します。
    水平方向に等間隔に分布ボタンを「間隔を指定」に値を指定して使用

    A. 指定値の間隔で各オブジェクトが配置される B. オブジェクトの全体の幅が変更される 

垂直分布で間隔を指定すると、選択したオブジェクト間に上から下の順に指定した間隔で配置されます。水平分布で間隔を指定すると、選択したオブジェクト間に左から右の順に指定した間隔で配置されます。

注意:

また、スマートスペーシング機能を使用すると、オブジェクトを移動しながら整列したり、均等に配置したりできます。例えば、垂直に配置されている 2 つのオブジェクトが 12 ポイント離れている場合、3 番目のオブジェクトを 2 番目のオブジェクトの 12 ポイント下に移動すると、一時的なガイドが表示されるので、そのオブジェクトを揃えにスナップすることができます。

間隔ツールを使用したオブジェクトの整列

間隔ツールを使用すると、複数のオブジェクト間の間隔をすばやく調整できます。また、エッジが揃っている複数のオブジェクトを、オブジェクト間の間隔を維持したまま、同時にサイズ変更することもできます。間隔ツールは、オブジェクト間の間隔を直接操作することで、ワンステップでレイアウトを調整します。

間隔ツールでは、ロックされたオブジェクトや親ページのアイテムは無視されます。

  1. 間隔ツール を選択します。

  2. 2 つのオブジェクトの間にポインターを移動し、次のいずれかの操作を行います。

    • ドラッグして間隔を移動し、間隔と整列してエッジが揃っているすべてのオブジェクトをサイズ変更します。

    • Shift キーを押しながらドラッグして、カーソル位置に近接する 2 つのオブジェクト間のみの間隔の位置とオブジェクトのサイズを変更します。

    • Ctrl キー(Windows)または Command キー(macOS)を押しながらドラッグし、間隔の位置を移動せずにサイズだけを変更します。Shift キーも押しながらドラッグすると、カーソル位置に近接する 2 つのオブジェクト間でのみ間隔のサイズを変更します。

    • Alt キー(Windows)または Option キー(macOS)を押しながらドラッグし、間隔とオブジェクトの位置を同じ方向に移動します。Shift キーも押しながらドラッグすると、カーソル位置に近接する 2 つのオブジェクトのみを移動します。

    • Ctrl キーと Alt キー(Windows)または Command キーと Option キー(macOS)を押しながらドラッグし、間隔をサイズ変更し、オブジェクトを移動します。Shift キーも押しながらドラッグすると、カーソル位置に近接する 2 つのオブジェクトのみの間隔をサイズ変更し、オブジェクトを移動します。

注意:

間隔ツールの使用時にヒントを表示するには、間隔ツールを選択し、ツールヒントパネルを開きます(ウィンドウ/ユーティリティ/ツールヒントを選択します)。

ライブ分布を使用したオブジェクトの分布

複数の選択されたオブジェクトを分布して配置する場合、実際に個別のオブジェクトの間隔のサイズを変更する代わりに、間隔の比率を保ったまま、まとめてサイズ変更することができます。例えば、5 つの整列した長方形間の間隔を変更する場合、「分布」コマンドを 1 つも使わずに変更できます。

  1. オブジェクトを選択します。

  2. 選択ハンドルのドラッグを開始してから、スペースバーを押します。そのままドラッグすると、オブジェクト間の間隔を変更できます。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合