配置したグラフィックのカラーの使用

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. マスターページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. スクリプティング

配置したグラフィックのカラーの使用

InDesign では、ドキュメントに配置したグラフィックからのカラーの読み込み、サンプリング、再定義を行うための様々な方法が用意されています。配置した PDF または EPS ファイルの特色や Adobe Photoshop(PSD)と TIFF ファイルのスポットカラーチャンネルが、スウォッチパネルで特色として表示されます。これらのカラーは、ドキュメント内でオブジェクトに適用したり、プロセスカラーに変換することができますが、再定義したり、削除することはできません。配置したグラフィックを削除すると、カラーは残りますが、InDesign のネイティブカラーに変換され、編集や削除することができるようになります。

スポイトツールを使用したカラーのサンプリング

スポイトツール を使用して、配置したグラフィックからドキュメントにカラーを追加したり、ドキュメント内のオブジェクトにカラーを適用することができます。これは、レイアウトカラーと画像を調整するときに便利です。

最適な色分解出力結果を得るには、InDesign でサンプリングしたカラーのカラー名、カラータイプ(特色、プロセスカラーなど)、カラーモデル(RGB、CMYK など)を、配置したグラフィックのカラー定義と確実に一致させるようにします。設定について不明な点がある場合は、担当の印刷・出力会社にお問い合わせください。

Adobe Photoshop(PSD)ファイルのスポットカラーチャンネルを使用した作業

Photoshop のネイティブファイル(PSD)や TIFF ファイルを InDesign に読み込んだ場合、読み込まれたファイルに保存されているスポットカラーチャンネルがスウォッチパネルに特色インキとして表示されます。ドキュメント内でそれらのスウォッチを選択し、他のオブジェクトに適用することができます。削除するには配置したファイルを最初に削除する必要があります。

初期設定では、読み込むファイルにドキュメント内の特色と同名で異なるカラー値を持つスポットカラーチャンネルが含まれる場合、ドキュメント内のカラー値が保持されます。ただし、ドキュメント内のカラー値を、読み込まれたドキュメントのカラー値に置き換えることができます。これを行うには、次の手順に従います。

  1. 環境設定ダイアログを開きます(編集/環境設定/一般)。
  2. 「一般」セクションで、オプション、
    同じ名前の既存のスウォッチを新しい特色で置き換えることを許可を確認します。
  3. 「OK」をクリックします。

これで、ドキュメント内の特色と同名のスポットカラーチャンネルを含むファイルを読み込むと、次の警告メッセージが表示されるようになります。

EPS または PDF ファイルのカラーを使用した作業

PDF ファイル、EPS グラフィックまたは Adobe Illustrator 形式のファイル(.AI)を配置すると、グラフィック内で使用している特色名がドキュメントのスウォッチパネルに追加されます。これにより、不必要な特色版が印刷されて印刷の追加コストがかかるのを防いだり、追加された特色をドキュメント上で使うことができることを確認することができます。

配置したグラフィックが、ドキュメント内の特色と同名で異なるカラー値を持つ特色に変換される場合、ドキュメント内のカラー値が使用されます。

読み込んだ特色のプロセスカラーへの変更

特色(またはスポットカラーチャンネル)が使用されている EPS、PSD、TIFF または PDF グラフィックを配置すると、スウォッチパネルに特色名とその定義が追加されます。読み込まれた特色スウォッチは、プロセスカラースウォッチに変更することができます。これにより、配置したグラフィックの場合でも、カラーを現在の出力条件に適応させることができるようになります。

  1. スウォッチパネルで、編集するスウォッチをダブルクリックします。
  2. スウォッチ設定ダイアログボックスで、カラータイプメニューから「プロセス」を選択します。
注意:

これによって変更されるのは、InDesign ドキュメントのカラータイプだけです。グラフィック内のカラーのカラータイプを恒久的に変更するには、グラフィックの作成に使用したアプリケーションでグラフィックファイルを開き、カラーを編集してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン