アニメーション効果を使用すると、SWF ファイルに書き出したオブジェクトを動作させることができます。例えば、画像にモーションプリセットを適用し、画像が画面の左側から縮小および回転しながら飛んで来るように見せることができます。次のツールやパネルを使用してドキュメントをアニメーション化します。

再生ボタンをクリックして、アニメーションを表示します。
再生ボタンをクリックして、アニメーションを表示します。

アニメーションパネル

モーションプリセットを適用し、アニメーションの長さや速度などの設定を編集します。

ダイレクト選択ツールとペンツール

アニメーションオブジェクトが移動するパスを編集します。

タイミングパネル

ページ上のオブジェクトをアニメーション化する順序を指定します。

プレビューパネル

InDesign パネルでアニメーションを表示します。

注意:

関連するアニメーションタイプとして、InDesign ではボタンのロールオーバー効果を追加できます。詳しくは、ボタンの作成を参照してください。

レイアウトのアニメーション化に関するビデオ概要については、Infiniteskills.com の Jeff Witchel による Animating layouts(英語)を参照してください。

モーションプリセットによるドキュメントのアニメーション化

モーションプリセットは、オブジェクトにすばやく適用できる作成済みのアニメーションです。アニメーションパネルを使用して、モーションプリセットを適用し、アニメーションの長さや速度などの設定を変更します。アニメーションパネルでは、アニメーションオブジェクトを再生するタイミングを指定できます。

これらのモーションプリセットは、Adobe Flash CS5 Professional に搭載されているモーションプリセットと同じものです。 Flash Professional で作成した任意のカスタムモーションプリセットを読み込むことができます。作成したモーションプリセットを保存し、InDesign または Flash Professional で使用することもできます。

注意:

アニメーション機能は、Adobe Flash Player(.SWF)に書き出した場合にだけサポートされます。インタラクティブ PDF に書き出した場合はサポートされません。PDF ファイルにアニメーション効果を追加するには、選択範囲を SWF ファイルとして InDesign から書き出し、その SWF ファイルを InDesign ドキュメントに挿入します。

  1. アニメーション化するオブジェクトをドキュメント内に挿入します。

  2. アニメーションパネル(ウィンドウ/インタラクティブ/アニメーション)で、プリセットメニューからモーションプリセットを選択します。

  3. モーションプリセットのオプションを指定します。

  4. モーションパスを編集するには、ペンツールとダイレクト選択ツールを使用します。

  5. タイミングパネルを使用して、アニメーション効果の順序を指定します。

  6. プレビューパネルを使用して、InDesign でアニメーションをプレビューします。

オブジェクトからアニメーションを削除するには、そのオブジェクトを選択し、アニメーションパネルの削除アイコンをクリックします。

注意:

フェードインなどのアニメーション効果とページ効果やページめくり効果を組み合わせている場合、プレビューパネルや書き出された SWF ファイルではアニメーションが期待通りに動作しないことがあります。例えば、「フェードイン」に設定されているオブジェクトは、非表示で始まるはずですが、ページをめくるときに表示されます。こうした競合を避けるために、アニメーションのあるページではページ効果を使用しないようにし、SWF 書き出しダイアログボックスの「インタラクティブなページめくり効果を含む」オプションをオフにしてください。ページ効果およびページめくり効果と組み合わせると期待通りに動作しない場合があるモーションプリセットには、表示、フェードイン、各種のフライインプリセット、ズームイン(2D)、スウォッシュ(噴出)などがあります。

選択したオブジェクトをモーションパスに変換

オブジェクトとパスを選択し、それをモーションパスに変換することで、アニメーションを作成できます。2 つの長方形など、2 つの閉じたパスを選択すると、手前のパスがモーションパスになります。

  1. アニメーション化するオブジェクトと、モーションパスとして使用するパスを選択します。

    2 つまでのオブジェクトを選択し、変換できます。

  2. アニメーションパネルで、モーションパスに変換ボタン  をクリックします。

  3. アニメーションパネルで設定を変更します。

モーションプリセットのオプション

モーションプリセットのオプションは、アニメーションパネルに表示されます。「プロパティ」オプションをクリックすると、詳細設定が表示されます。

名前

アニメーションの名前を指定します。アニメーションをトリガーするアクションを設定する場合は、わかりやすい名前を指定します。

プリセット

定義済みのモーション設定のリストからプリセットを選択します。

イベント

デフォルトでは、「ページ読み込み時」が選択されます。ページを SWF ファイルで開くと、アニメーションオブジェクトが再生されます。「ページクリック時」を選択すると、ページをクリックしたときにアニメーションがトリガーされます。「クリック時(セルフ)」または「ロールオーバー時(セルフ)」を選択すると、それぞれオブジェクト自体をクリックするか、マウスでロールオーバーしたときにアニメーションがトリガーされます。アニメーションをトリガーするボタンアクションを作成する場合は、「ボタンイベント時」を選択します。(ボタンへのアクションの追加を参照してください。)アニメーションを開始するための複数のイベントを指定することができます。

「ロールオーバー時(セルフ)」を選択する場合は、「ロールオフ時に反転」も選択できます。このオプションでは、マウスがオブジェクトから離れると、アニメーションのアクションが反転されます。

ボタントリガーを作成

既存のオブジェクトまたはボタンからアニメーションをトリガーするには、このボタンをクリックします。ボタントリガーを作成  をクリックし、その後でアニメーションをトリガーするオブジェクトをクリックします。オブジェクトはボタンに変換され、必要に応じて、ボタンパネルが開きます。

期間

アニメーションの所要時間を指定します。

再生

アニメーションの再生回数を指定します。または、アニメーションを停止するまで繰り返し再生する場合は、「ループ」を選択します。

速度

アニメーションの速度として、一定の速度(「なし」)、徐々に加速(「イーズイン」)、徐々に減速(「イーズアウト」)などのオプションを選択します。

注意:

「プロパティ」を展開すると、次のオプションが使用できます。

実行

アニメーションの開始位置としてオブジェクトの現在のプロパティ(倍率、回転角度、位置)を使用するには、「現在の外観から開始」を選択します。

アニメーションの終了位置としてオブジェクトのプロパティを使用するには、「現在の外観で終了」を選択します。このオプションは、特にスライドショーで便利です。例えば、ページ外からページ内に飛来するオブジェクトは、ペーストボード上ではなくページ上に表示すると、プリントしたドキュメントの見栄えがよくなります。

現在のオブジェクトのプロパティをアニメーションの開始位置とし、オブジェクトの位置を終了位置として使用するには、「現在の外観から開始(現在位置で終了)」を選択します。このオプションは、オブジェクトが現在の位置で終わってモーションパスがオフセットされる点を除いて、「現在の外観から開始」と同じです。このオプションをぼかしやフェードなどのプリセットで使用すると、アニメーションの最後にオブジェクトが適切な状態で表示されます。

注意:

モーションパスの最後にプロキシを表示するには、アニメーションパネルの下部のアニメーションプロキシを表示をクリックします。

アニメーション設定
アニメーション設定

A. アニメーション前のオブジェクトとパス B. 現在の外観から開始 C. 現在の外観で終了 D. 現在の外観から開始(現在位置で終了) 

回転

アニメーション中にオブジェクトが回転する角度を指定します。

作成元

基準点アイコンを使用して、アニメーションオブジェクトのモーションパスの開始位置を指定します。

拡大・縮小率

再生中にオブジェクトのサイズを増減するパーセント値を指定します。

不透明度

アニメーションを常に表示する(「なし」)、徐々に表示する(「フェードイン」)、または徐々に非表示にする(「フェードアウト」)をオプションとして選択します。

表示 / 非表示

再生前または再生後にオブジェクトを非表示にするには、それぞれ「実行前まで隠す」または「実行後に隠す」を選択します。

モーションプリセットの管理

アニメーション設定をモーションプリセットとして保存し、InDesign で簡単に再利用できます。XML ファイルから既存のプリセットを読み込んで、Flash Professional で開いたり、他の InDesign ユーザーと共有することもできます。

モーションプリセットの保存と再利用

カスタムプリセットは、アニメーションパネルのプリセットメニューの上部に表示されます。

  1. アニメーションパネルで、必要に応じて、その設定を変更します。

  2. アニメーションパネルメニューから「保存」を選択します。

  3. プリセットの名前を入力し、「OK」をクリックします。

カスタムモーションプリセットの削除

保存または複製したモーションプリセットや読み込んだモーションプリセットを削除するには、プリセットを管理ダイアログボックスを使用します。InDesign に組み込まれている括弧つきのモーションプリセットを削除することはできません。モーションプリセットを削除すると、プリセットメニューとコンピューターの両方から削除されます。

  1. アニメーションパネルメニューから「プリセットを管理」を選択します。

  2. 削除するプリセットを選択して、「削除」をクリックします。

モーションプリセットの複製

  1. アニメーションパネルメニューから「プリセットを管理」を選択します。

  2. 複製するプリセットを選択して、「複製」をクリックします。

XML ファイルとしてのモーションプリセットの保存

モーションプリセットを XML ファイルとして保存すると、それを他の InDesign ユーザーと共有したり、Flash Professional で開くことができます。

モーションプリセットを XML ファイルとして保存するときに、モーションパスは期間、速度、拡大/縮小率、回転および不透明度の設定と共に保存されます。

  1. アニメーションパネルメニューから「プリセットを管理」を選択します。

  2. プリセットを選択して、「別名で保存」をクリックします。

  3. モーションプリセットの名前と保存先を指定し、「保存」をクリックします。

モーションプリセットの読み込み

InDesign または Flash Professional から書き出したモーションプリセットを XML ファイルとして読み込むことができます。

  1. アニメーションパネルメニューから「プリセットを管理」を選択します。

  2. 「読み込み」ボタンをクリックします。

  3. 読み込む .xml ファイルをダブルクリックします。

モーションパスの編集

アニメーションを含むオブジェクトを選択すると、オブジェクトの横にモーションパスが表示されます。

モーションパス
モーションパス

A. 開始位置 B. 終了位置 
  1. モーションパスを編集するには、次のいずれかの操作を行います。

    • パスの編集と同じ方法でモーションパスを編集するには、ペンツールとダイレクト選択ツールを使用します。パスの編集を参照してください。

    • 既存のパスからモーションパスを作成するには、パスとオブジェクトを選択し、アニメーションパネルのモーションパスに変換ボタン をクリックします。

    • パスの方向を変更するには、アニメーションパネルの「プロパティ」をクリックし、次に実行メニューからオプションを選択します。(モーションプリセットのオプションを参照してください。)モーションパスを選択して、オブジェクト/パス/パスの反転を選択することもできます。オブジェクトを移動せずにパスを反転するには、アニメーションを削除してからパスを反転し、その後でアニメーションをやり直します。

タイミングパネルを使用したアニメーションの順序の変更

タイミングパネルを使用してアニメーションオブジェクトの再生順を変更します。タイミングパネルには、現在のスプレッド上にあるすべてのアニメーションが、アニメーションに割り当てたページイベント別に一覧表示されます。例えば、ページ読み込み時やページクリック時のイベントに応じたアニメーションのセットが表示され、これをセット別に変更することができます。

アニメーションオブジェクトは、作成した順に表示されます。デフォルトでは、ページ読み込み時イベントが割り当てられたアニメーションは順に続けて再生されます。ページクリック時イベントが割り当てられたアニメーションは、ページをクリックするたびに順に再生されます。

アニメーションの順序は変更できます。複数のオブジェクトを同時に再生したり、アニメーションを遅延することもできます。

  1. ウィンドウ/インタラクティブ/タイミングを選択して、タイミングパネルを表示します。

  2. ページ読み込み時やページクリック時のイベントのタイミングを編集するには、イベントメニューのオプションを使用します。

    ページ読み込み時やページクリック時のイベントは、1 つ以上のアイテムが割り当てられている場合にのみ表示されます。

  3. タイミングを編集するには、次のいずれかの操作を行います。

    • アニメーションの順序を変更するには、リスト内でアイテムを上下にドラッグします。一番上のアニメーションから再生されます。

    • アニメーションを遅延させるには、そのアイテムを選択し、遅延させる秒数を指定します。

    • 複数のアニメーションオブジェクトを同時に再生するには、リストで各アイテムを選択し、同時に再生ボタン  をクリックして複数のアイテムをリンクします。複数の連続したアイテムを選択するには、Shift キーを押しながら最初と最後のアイテムをクリックします。複数の連続していないアイテムを選択するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら各アイテムをクリックします。

    • 同時に再生するアイテム群からいくつかを除外する場合は、除外する各アイテムを選択し、別々に再生ボタン  をクリックします。

    • リンクした複数のアイテムを特定の回数または連続再生する場合は、リンクした各アイテムを選択し、アニメーションの再生回数を指定するか、「ループ」を選択します。

    • アニメーションをトリガーするイベントを変更するには、そのアイテムを選択し、タイミングパネルメニューの「ページの読み込み時に再割り当て」または「ページクリック時に再割り当て」を選択します。

    • 現在選択しているイベント(ページ読み込み時またはページクリック時)からアイテムを削除するには、タイミングパネルメニューの「項目の削除」を選択します。どのイベントにも割り当てられていないアイテムは、「割り当てなし」カテゴリーに表示され、イベントメニューから選択することができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー