マニュアル キャンセル

スクリプティング

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. スタイルパックの操作
      3. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. スタイルのマッピング、書き出し、管理
      3. オブジェクトスタイル
      4. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      5. スタイルの操作
      6. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. InDesign クラウドドキュメントの操作
    2. InDesign クラウドドキュメント | よくある質問
    3. 共有とコラボレーション        
    4. レビュー用に共有
    5. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    6. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 配置、書き出しおよび公開
      1. Publish Online
      2. グラフィックのコピーと挿入
      3. EPUB へのコンテンツの書き出し
      4. Adobe PDF オプション
      5. HTML へのコンテンツの書き出し
      6. Adobe PDF への書き出し
      7. JPEG 形式での書き出し
      8. HTML 形式で書き出し
      9. DPS および AEM Mobile の概要
      10. サポートされるファイル形式
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
  8. トラブルシューティング
    1. 修正された問題
    2. 起動時のクラッシュ
    3. 環境設定フォルダー読み取り専用エラー
    4. ファイルの問題のトラブルシューティング
    5. PDF の書き出し不可
    6. InDesign 文書復旧

InDesign のスクリプトパネルとスクリプトラベルパネルを使用した一般的なタスクの自動化について、説明します。

InDesign でのスクリプト

スクリプトは、様々な作業を実行するのに最適なツールです。一般的な作業を自動化する簡単なスクリプトもあれば、まったく新しい機能となる複雑なスクリプトもあります。独自のスクリプトを作成したり、他のユーザーが作成したスクリプトを実行したりできます。スクリプトについて詳しくは、スクリプティングガイド、スクリプティングの要件、その他の開発者向けリソースをご覧ください。

『スクリプティングガイド』には、スクリプトの説明やチュートリアルが収録されています。また、選択されたオブジェクトの周囲にガイドを描くスクリプトなど、多数の便利なスクリプトが用意されています。これらのスクリプトの一部は、スクリプトパネルにデフォルトで表示されます。

UXP スクリプティング

InDesign のスクリプティングは、Unified Extensibility Platform(UXP)で強化されたことで、最新の JavaScript(ES5 および ES6 のほとんどの機能)を使用してタスクを自動化できるようになりました。詳しくは、「UXP スクリプティング」を参照してください。

スクリプトパネルとスクリプトラベルパネルの概要

InDesign には、スクリプト用のパネルとして、スクリプトパネルスクリプトラベルパネルの 2 つがあります。

スクリプトパネルを使用すると、InDesign 内からスクリプトを実行できます。スクリプトパネルには、InDesign アプリケーションフォルダー内および Preferences フォルダー内の Scripts フォルダーにあるスクリプトが表示されます。

ウィンドウユーティリティスクリプトを選択して、スクリプトパネルを開きます。スクリプトを作成または取得した場合は、Scripts Panel フォルダーにスクリプトを配置すると、スクリプトパネルに表示されます。

macOS

Users/[ユーザー名]/Library/Preferences/Adobe InDesign/[バージョン]/[言語]/Scripts/Scripts Panel

Windows XP

Documents and Settings¥[ユーザー名]¥Application Data¥Adobe¥InDesign¥[バージョン]¥[言語]¥Scripts¥Scripts Panel

Windows Vista および Windows 7

Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Adobe\InDesign\[バージョン]\[言語]\Scripts\Scripts Panel

注意:

Scripts Panel フォルダーをすばやく見つけるには、スクリプトパネルでスクリプトを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(macOS)し、「エクスプローラーで表示」(Windows)または「Finder で表示」(macOS)を選択します。

スクリプトラベルパネルでは、テキストフレームやシェイプなどのページアイテムのラベルを指定できます。ページアイテムのラベルの指定は、オブジェクトを識別する必要があるスクリプトを作成する場合に特に役立ちます。ウィンドウユーティリティスクリプトラベルを選択して、スクリプトラベルパネルを開きます。

スクリプトの追加、実行、編集について詳しくは、「スクリプティングガイド」を参照してください。

サンプルスクリプト

スクリプトパネルでスクリプトをダブルクリックするか、「クイックアクセス」を使用してスクリプトを実行します。

AddGuides

選択したオブジェクトの周囲にガイドを追加します。

AddPoints

選択したオブジェクトのパスにアンカーポイントを追加します。

Add QR Code

QR コードはプレースガンに配置するか、ページアイテムとして直接配置することができます。

AdjustPageItems

偶数/奇数ページのコンテンツを指定した量だけ移動します。マスターページのマージン変更や、ページの挿入の後に、オブジェクトを正しく位置合わせするために使用します。

AlignToPage

オブジェクトをページ上の指定した位置に揃えます。

AnimationEncyclopedia

アニメーションの様々なプロパティを設定したボタンを自動作成します。

BreakFrame

選択したテキストフレームとその内容をストーリーから削除します。

CornerEffects

選択したアイテムのパスを様々な角の効果を使用して再描画します。角の効果は、パス上の選択したポイントに適用できます。

CreateCharacterStyles

選択したテキストに基づいて完成した文字スタイルを定義します。

CropMarks

選択したオブジェクトの周囲に内トンボやセンタートンボを追加します。

ExportAllStories

ドキュメントのすべてのストーリーを一連のテキストファイルとして書き出します。

FindChangeByList

タブ区切りテキストファイルを読み込んで、一連の一般的なテキスト検索/置換操作を実行します。

ImageCatalog

指定したフォルダー内のすべてのグラフィックを「コンタクトシート」レイアウトで配置します。

MakeGrid

選択したオブジェクトを分割または複製することによってグリッドを作成します。

Neon

選択したオブジェクトに「ブレンド」の効果を適用します。

PathEffects

選択したオブジェクトのパスのアンカーポイントの位置を変更して高度な効果を追加します。

PlaceMultipagePDF

PDF のすべてのページを配置します。

SelectObjects

オブジェクトの種類ごとにアクティブなスプレッド上のオブジェクトを選択します。

SortParagraphs

選択範囲内の段落をアルファベット順にソートします。

SplitStory

選択したストーリー内のテキストフレームを、個別のリンクされていないテキストフレームに分割します。

TabUtilities

選択したテキストにタブおよびインデントを適用します。

これらのサンプルスクリプトのインストールと使用について詳しくは、「自動処理」を参照してください。

コミュニティ投稿スクリプト

InDesign には、InDesign コミュニティによって作成されたスクリプトも追加されています。 

  • Kris Coppieters による Unicode Injector で、キーボードショートカットを使用して、1 つ以上の Unicode 文字を InDesign テキストに簡単に挿入できます。詳しくは、操作方法を参照してください。
  • Stefan Rakete による Insert Typographer Quote で、キーボードショートカットを使用して、選択したテキストの前後に定義済みのタイポグラフィ引用符を追加します。詳しくは、操作方法を参照してください。
  • Paolo Agostinetto による Layer Cloner のスクリプトで、あるレイヤーとその要素をドキュメント間でコピーできます。詳しくは、操作方法を参照してください。
  • Roland Dreger による Get x-Height  で、テキストの小文字の高さを決定します。詳しくは、操作方法を参照してください。
  • Ariel Walden による Snap Margins to Text Frame は、選択したテキストフレームに合わせてドキュメントの余白を変更するスクリプトです。詳しくは、操作方法を参照してください。
  • Ariel Walden による Break Text Thread は、テキストフレーム間のスレッドを簡単に分割する InDesign スクリプトです。詳しくは、操作方法を参照してください。
  • Kris Coppieters による InCopy Note Alert は、メモの存在をアラートする Adobe® InDesign®、Adobe InCopy® 用のスタートアップスクリプトです。詳しくは、操作方法を参照してください。
  • Kris Coppieters による Copy Paste Coordinates は、ページの項目に座標をコピーペーストするスクリプトです。詳しくは、操作方法を参照してください。
  • Gregor Fellenz による Chain Grep は、InDesign GREP クエリを新しいスクリプトにチェーンします。詳しくは、操作方法を参照してください。
  • Gregor Fellenz による Clear Overrides は、InDesign テキスト、テーブルまたはオブジェクトからスタイルのオーバーライドをクリアします。詳しくは、操作方法を参照してください。
  • Luis Felipe による Invert Selection  は、InDesign ドキュメントの選択を反転するスクリプトです。詳しくは、操作方法を参照してください。
  • Paolo Agostinetto による Layer Cloner のスクリプトで、あるレイヤーとその要素をドキュメント間でコピーできます。詳しくは、操作方法を参照してください。
  • Peter Kahrel による End Notes to End of Book Notes は、ドキュメント終わりの文末脚注をブック終わりの文末脚注に変換します。詳しくは、操作方法を参照してください。
  • Peter Kahrel による Renumbering Endnote References は、脚注を追加または削除しても参照が自動的に更新されない脚注を作成するスクリプトです。詳しくは、操作方法を参照してください。
  • Olav Kvern による Size Thing to Page は、画像などの現在の選択内容をページのサイズに変更します。詳しくは、操作方法を参照してください。
  • Olav Kvern による Size Page to Thing は、ページを、画像などの現在の選択内容のサイズに変更します。詳しくは、操作方法を参照してください。

アドビは、オープンソースコミュニティスクリプトのリポジトリを GitHub 上に保持しています。InDesign コミュニティスクリプトリポジトリーについて詳しくは、ReadMe ファイルを参照してください。この ReadMe ファイルには、スクリプトの提供に関する詳細と、スクリプト作成者へのリンクが含まれています。


その他の関連ヘルプ

アドビへのお問い合わせ

ご意見をお待ちしております。 Adobe InDesign コミュニティまでお知らせください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン