マニュアル キャンセル

環境設定の指定

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
  8. トラブルシューティング
    1. 修正された問題
    2. 起動時のクラッシュ
    3. 環境設定フォルダー読み取り専用エラー
    4. ファイルの問題のトラブルシューティング
    5. PDF の書き出し不可
    6. InDesign 文書復旧

環境設定とデフォルトについて

環境設定には、パネルの位置、単位オプション、グラフィックやテキスト編集の表示オプションなどに関する設定が含まれています。環境設定では、InDesign のドキュメントとオブジェクトの初期状態を指定することができます。

一般環境設定の設定

この項では、環境設定ダイアログボックスの「一般」タブの環境設定について説明します。他の環境設定については、該当する設定を検索してください。

  1. 編集/環境設定/一般(Windows)または InDesign/環境設定/一般(macOS)を選択して、設定したい環境設定を選択します。
  2. 「ページ番号」セクションでは、表示ポップアップメニューからページ番号の表示方法を選択します(詳しくは、ページパネルでの絶対番号またはセクション番号の表示を参照してください)。
  3. 「フォントのダウンロードと埋め込み」セクションでは、フォントの文字数で、フォントをサブセットにするか、すべて埋め込むかの限界値を指定します。この設定は、プリントまたは書き出しダイアログボックスでフォントをダウンロードするオプションに影響します。
  4. 「拡大 / 縮小時」では、オブジェクトの拡大 / 縮小をパネルにどのように反映するかと、フレームの拡大 / 縮小時にフレームの内容がどのように反応するかを指定します。
    • テキストフレームを拡大 / 縮小するときにポイントサイズを変更する場合は、「内容に適用」を選択します(詳しくは、文字の拡大 / 縮小を参照してください)。このオプションを選択した状態でグラフィックフレームを拡大 / 縮小すると、画像のパーセンテージサイズは変更されますが、フレームのパーセンテージは 100 %に戻ります(詳しくは、オブジェクトの拡大 / 縮小を参照してください)。

    • テキストを拡大 / 縮小するときに、新しいポイントサイズを括弧で囲んで元のポイントサイズを表示するには、「拡大 / 縮小率を調整」を選択します。グラフィックフレームを拡大 / 縮小するときにこのオプションが選択されていると、フレームと画像の両方のパーセンテージサイズが変更されます。

  5. 「すべての警告ダイアログをリセット」をクリックすると、非表示に設定したすべての警告ダイアログボックスを表示します(警告ダイアログボックスが表示されたとき、チェックボックスを選択することで、その警告ダイアログボックスが再表示されないようにできます)。

UI の拡大・縮小のカスタマイズ

画面解像度に基づいてユーザーインターフェイスを均一に拡大・縮小するように、InDesign で拡大・縮小の設定を構成します。設定に応じてユーザーインターフェイスの要素が拡大・縮小されるため、高解像度モニターでも見やすくなります。InDesign を環境設定を更新して起動すると、画面の解像度が特定され、それに応じてアプリケーションの UI スケールが調整されます。

注意:UI の拡大・縮小は、解像度の低い画面ではサポートされません。

UI の拡大・縮小を設定するには:

  • (Win)編集環境設定UI の拡大・縮小を選択します。
  • (macOS)InDesign環境設定UI の拡大・縮小
    を選択します。

UI の拡大・縮小ダイアログで、次のオプションを使用してインターフェイスをカスタマイズします。

  • UI:必要に応じて UI サイジングスライダーを調整して、UI の拡大率を増減します。一般に、高解像度モニターでは拡大率を大きくする必要があります。スライダーの横には、拡大率を調整した UI のプレビューが表示されます。InDesign を再起動すると、更新した設定が適用されます。後で再起動する場合は、次回、InDesign を再起動したときに変更が有効になります。
    スライダーに表示される目盛りの数は、画面の解像度によって変わります。画面の解像度が高くなるほど、表示される目盛りの数が多くなります。
  • カーソル:このオプションをオンにすると(デフォルトではオン)、カーソルのアイコンが UI に合わせて拡大・縮小されます。
  • アンカーポイント、ハンドル、およびバウンディングボックスの表示サイズ:アンカーポイント、方向ハンドル、バウンディングボックスの表示サイズをスライダーで調整します。

デフォルトの設定

ドキュメントを開いていないときに設定を変更すると、その設定が次回より作成される新しいドキュメントのデフォルト設定になります。ドキュメントが開いているときに設定を変更すると、変更時に開いていたドキュメントにだけ適用されます。

同様に、オブジェクトを選択していないときに設定を変更すると、その設定が新しいオブジェクトのデフォルト設定になります。

新規ドキュメントのデフォルト設定の変更

  1. すべてのドキュメントを閉じます。
  2. メニュー項目、パネル、またはダイアログボックスの設定を変更します。
注意:

作成するドキュメントがほとんど同じ用紙サイズや言語である場合には、デフォルト設定を指定することで設定する手間を省くことができます。例えば、デフォルトのページサイズを変更するには、すべてのドキュメントを閉じて、ファイル/ドキュメント設定を選択し、適切なページサイズを選択します。デフォルトの辞書を設定するには、すべてのドキュメントを閉じて、編集/環境設定/欧文辞書(Windows)または InDesign/環境設定/欧文辞書(macOS)を選択し、言語ポップアップメニューからオプションを選択します。

ドキュメント内での新しいオブジェクトのデフォルト設定の指定

  1. ドキュメントを開いた状態で、編集/選択を解除を選択します。
  2. メニュー項目、パネル、またはダイアログボックスの設定を変更します。

すべての環境設定とデフォルト設定を元に戻す

InDesign でエラーが発生するときには、環境設定の削除によって多くの場合は問題が解決します。

InDesign Defaults および InDesign SavedData という名前の環境設定ファイルのバックアップコピーを作成しておくことをお勧めします。環境設定を削除する代わりに、これらのバックアップファイルを、問題のある壊れた環境設定ファイルに上書きコピーすると、カスタマイズの内容が失われません。

環境設定を復元するときに影響を受けるファイルの詳細な一覧については、Mike Witherell による Adobe InDesign Presets(PDF、英語)を参照してください。

お使いの OS に応じて、次の操作を行います。

  • Windows:InDesign を起動した後、Shift + Ctrl + Alt キーを押します。環境設定ファイルを削除するかどうか訊ねるメッセージが表示されたら「はい」をクリックします。

  • macOS:Shift + Option + Command + Ctrl キーを押しながら InDesign を起動します。環境設定ファイルを削除するかどうか訊ねるメッセージが表示されたら「はい」をクリックします。

プログラムの様々な環境設定とデフォルトの設定が Adobe InDesign 環境設定ファイルに保存されています。InDesign Defaults ファイルを含むこれらのファイルは、InDesign を終了するたびに保存されます。削除や名前の変更を手動で行う場合、環境設定ファイルは次の場所にあります。

注意:

[#] は、「15.0」または「14.0」の製品バージョン番号に置き換えてください。[言語] は、en_US や jp_JP などの選択したロケールに置き換えてください。 

 

macOS

Windows

環境設定

~/Library/Preferences/Adobe InDesign/Version [#]

  • Windows 10、7、または Vista:%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Adobe\InDesign\Version [#]
  • Windows XP:
    %USERPROFILE%\Application Data\Adobe\InDesign\Version [#]

キャッシュ

~/Library/Caches/Adobe InDesign/Version [#]

  • Windows 10、7、または Vista:
    %USERPROFILE%\AppData\Local\Adobe\InDesign\Version [#]
  • Windows XP:
    %USERPROFILE%\Application Data\Adobe\InDesign\Version [#]

InDesign Defaults

~/Library/Preferences/Adobe InDesign/Version [#]
/[言語]/InDesign Defaults

  • Windows 10、7、または Vista:
    %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Adobe\InDesign\Version [#]
    \[言語]\InDesign Defaults
  • Windows XP:
    %USERPROFILE%\Application Data\Adobe\InDesign\Version [#]\[言語]\InDesign Defaults

InDesign SavedData

~/Library/Caches/Adobe InDesign/Version [#]
/[言語]/Caches/InDesign SavedData

  • Windows 10、7、または Vista:
    %USERPROFILE%\AppData\Local\Adobe\InDesign\Version [#]
    \[言語]\Caches\InDesign SavedData
  • Windows XP:
    %USERPROFILE%\Application Data\Adobe\InDesign\Version [#]\[言語]\Caches\InDesign SavedData

注意:

InDesign 環境設定ファイルを再作成すると、カスタマイズした設定が削除されるため、アプリケーションの設定が初期化されます。 

InDesign のスタイルとプリセットについて

設定は、次に対するものを含め、保存して再利用できます。

一般に、スタイルの設定を変更する場合は、そのスタイルを設定したダイアログボックスで設定を変更し、保存します。スタイルとプリセットは、そのスタイルを作成したドキュメント内に保存されます。他のドキュメントからスタイルやプリセットを挿入したり、読み込むことで、他のドキュメントの設定のまま使用することができます。さらにほとんどのプリセットは、別ファイルとして書き出しまたは保存し、他のユーザーに配付することができます。

プリセットの詳細な一覧については、Mike Witherell による Adobe InDesign Presets(PDF、英語)を参照してください。

InDesign では、ブック機能を使うことによってスタイルやプリセットを共有することも可能です。詳しくは、ブックのドキュメントの同期を参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン