マニュアル キャンセル

変更のトラックとレビュー

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト

変更のトラック

重要な機能の 1 つとして、各寄稿者が作成および編集過程でストーリーに加えた変更をトラックすることができます。InDesign のストーリーエディターまたは InCopy のゲラビューおよびストーリービューでは、既存のストーリー内でテキストを追加、削除または移動すると、その変更にマークが付けられます。その変更は、適用するか、取り消すかを選択できます。

変更をトラックパネル(InDesign)や変更をトラックツールバー(InCopy)で、「変更をトラック」を有効または無効にしたり、寄稿者による変更の表示、非表示、適用または取り消しをおこなうことができます。

変更をトラックするストーリーエディター(InDesign)

A. 変更バー B. 追加したテキスト C. 削除したテキスト D. 移動したテキスト(移動元) E. 移動したテキスト(移動先) 

変更トラックの有効化

  1. InDesign でウィンドウ/編集関連/変更をトラックを選択し、変更をトラックパネルを開きます。または、InCopy でウィンドウ/変更をトラックを選択し、変更をトラックツールバーを開きます。

  2. テキスト内に挿入点を置いて、次のいずれかの操作をおこないます。

    • 現在のストーリーでのみ変更をトラックするには、現在のストーリーで変更のトラックを有効にするアイコン をクリックします。

    • (InDesign)すべてのストーリーでトラックを有効にするには、変更をトラックパネルメニューの「全ストーリーでトラックを有効にする」を選択します。

    • (InCopy)複数のストーリーで構成されるドキュメントのすべての開かれているストーリーでトラックを有効にするには、変更/全ストーリーでトラックを有効にするを選択します。

  3. 必要に応じて、ストーリー内でテキストを追加、削除または移動します。

変更トラックの表示方法

「変更をトラック」を有効にすると、InDesign のストーリーエディターまたは InCopy のゲラビューおよびストーリービューでは、デフォルトで、変更ごとに次のいずれかのマークが付けられます。

注意:

環境設定ダイアログボックスの「変更をトラック」セクションで、変更を識別するカラーを選択できます。さらに、トラックする変更の種類(テキストの追加、削除、移動)やトラックの外観を選択することもできます。

追加したテキスト

ハイライト表示されます。

削除したテキスト

ハイライト表示され、打ち消し線が引かれます。

移動されたテキスト(カット&ペーストされたテキスト)

移動元のテキストは、ハイライト表示され、打ち消し線が引かれます。移動後のテキストは、ハイライト表示され、ボックスで囲まれます。

注意:

2 つのドキュメント間でテキストをカットしてペーストすると、元のドキュメントでは削除されたテキストとして表示され、ペースト先のドキュメントでは追加されたテキストとして表示されます。

コピーされたテキスト

新しい場所にコピーされたテキストはハイライト表示されます。コピー元のテキストは変更されません。

変更バー

変更バーは、変更されたテキストがある行の左側に垂直に表示されます。作業中に変更バーを表示するかどうか選択することができます。また、変更バーの表示に使用するカラーを指定することもできます。

変更の表示と非表示の切り替え

変更を隠すと、変更トラック機能が無効であるときのようにテキストが表示されます。つまり、追加したテキストは表示され、削除したテキストは隠され、移動またはペーストしたテキストは挿入先にのみ表示されます。

(InDesign)変更トラック機能を有効にすると、ストーリーエディターまたはドキュメントレイアウトのいずれを使用した場合でも、編集がトラックされます。変更は、ストーリーエディターでのみ表示できます。レイアウトでは表示できません。

(InCopy)変更トラック機能を有効にすると、ゲラビュー、ストーリービュー、レイアウトビューのいずれを使用した場合でも、編集がトラックされます。変更を表示できるのはゲラビューとストーリービューのみで、レイアウトビューでは表示できません。

  1. 変更をトラックパネル(InDesign)または変更をトラックツールバー(InCopy)で、変更を表示 / 隠すボタン をクリックします。

変更トラックの無効化

  1. テキスト内に挿入点を置いて、次のいずれかの操作をおこないます。

    • 現在のストーリーでのみ変更のトラックを無効にするには、現在のストーリーで変更のトラックを無効にするアイコン をクリックします。

    • (InDesign)すべてのストーリーでトラックを無効にするには、変更をトラックパネルメニューの「全ストーリーでトラックを無効にする」を選択します。

    • (InCopy)複数のストーリーで構成されるドキュメントのすべての開かれているストーリーでトラックを無効にするには、変更/全ストーリーでトラックを無効にするを選択します。

注意:

トラックを無効にすると、それ以降の変更はトラックされません。トラックを無効にする前の変更のトラックは有効のまま、無効にはなりません。

変更をトラックパネルでの変更情報の表示

  1. ウィンドウ/変更をトラックを選択します。

  2. 変更があった場所をクリックし、挿入点を置きます。日時やその他の変更情報が、変更をトラックパネルに表示されます。

変更の適用と取り消し

変更トラック機能により、どの寄稿者がストーリーに変更を加えたかにかかわらず、すべての変更を再確認し、ストーリーに適用するかどうかを決定することができます。1 つの変更、トラックされた変更の一部のみまたはすべての変更を一度に適用または取り消すことができます。

変更を適用すると、それはテキストの流れの一部となり、変更としてハイライト表示されなくなります。変更を取り消すと、テキストは変更前の状態に戻ります。

  1. InDesign のストーリーエディターまたは InCopy のゲラビューやストーリービューで、ストーリーの先頭に挿入点を置きます。

  2. 変更をトラックパネル(InDesign)または変更をトラックツールバー(InCopy)で、次の変更ボタン をクリックします。

  3. 必要に応じて次の操作をおこないます。

    • ハイライト表示されている変更を適用し、テキストの流れに組み込むには、変更を適用ボタンをクリックします。
    • 変更を取り消して元のテキストに戻すには、変更を取り消しボタン

      をクリックします。
    注意:

    強調表示されている変更を適用するか取り消して次の変更に移動するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、変更を適用ボタンまたは変更を取り消しボタンをクリックします。

    • 前の変更に戻る場合は、前の変更ボタン  をクリックします。次の変更に進むには、次の変更ボタン をクリックします。

    • すべての変更を確認せずに適用するには、ストーリーに対するすべての変更を適用ボタン  をクリックします。すべての変更を確認せずに取り消すには、ストーリーに対するすべての変更を取り消しボタン  をクリックします。

    • ストーリーやドキュメント内のすべての変更を適用または取り消したり、特定のユーザーによるすべての変更を適用または取り消すには、変更をトラックパネル(InDesign)または変更メニュー(InCopy)から適切なオプションを選択します。

注意:

変更の適用や取り消しをキャンセルするには、編集/取り消しを選択するか、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら Z キーを押します。

「すべての変更を適用」コマンドまたは「すべての変更を取り消し」コマンドの選択は、非表示の条件テキストにも適用されます。

変更をトラック環境設定の設定

環境設定で、様々なトラックオプションを設定することができます。変更を識別するためのカラーを選択したり、トラックする変更種類(テキストの追加、削除、移動)を選択することができます。また、トラックされた変更の外観を種類ごとに設定したり、マージンに表示される変更バーのカラーで変更が識別されるようにすることもできます。

  1. 編集/環境設定/変更をトラック(Windows)または InDesign/環境設定/変更をトラック(Mac OS)を選択します。

  2. トラックする変更の種類を選択します。

  3. それぞれの変更の種類について、テキストカラー、背景カラーおよびマーク付け方法を指定します。

  4. 「ユーザーカラーの重複を防ぐ」を選択すると、ユーザーごとに異なるカラーが割り当てられるようになります。

  5. 変更バーを表示するには、「変更バー」オプションを選択します。変更バーに使用するカラーメニューからカラーを選択し、変更バーを左または右のどちらのマージンに表示するかを指定します。

  6. 削除したテキストとしてマークが付けられているテキストも欧文スペルチェックの対象にする場合は、「削除したテキストをスペルチェックの対象として含める」を選択します。

  7. 「OK」をクリックします。

ユーザー名およびカラーの変更

  1. ファイル/ユーザーを選択します。
  2. 変更トラックおよび注釈に使用するユーザー名およびカラーを指定し、「OK」をクリックします。

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン