マニュアル キャンセル

QR コードの生成 | CC

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト

QR コードについて

QR コードはデータを機械で読み取り可能なコードとして印刷したもので、様々な業界で活用されています。QR コードは消費者向け広告では一般的です。スマートフォンを所有している消費者は、QR スキャナー機能を備えたアプリケーションをインストールしてコードを読み取り、URL 情報を解読して、スマートフォンの Web ブラウザーで企業の Web サイトを直接表示できます。

QR コードをスキャンすることで、テキストが表示される、デバイスに名刺の連絡先が追加される、Web ハイパーリンクが開く、電子メールまたはテキストメッセージが作成されるなどの操作が行われます。

InDesign での QR コードの管理

InDesign で高品質の独立した QR コードグラフィックを生成して編集できます。生成される QR コードは、InDesign でネイティブなベクトルオブジェクトとまったく同様に動作する高精度のグラフィックオブジェクトです。このオブジェクトは簡単にサイズを変更できるうえ、特定のカラーで塗りつぶすことができます。効果、不透明度に加え、オーバープリントや特色インキ、トラップなどのプリント属性をオブジェクトに適用することもできます。コードグラフィックは、ベクトルグラフィックオブジェクトと同様に Adobe Illustrator などの標準的なグラフィック編集ツールにコピー&ペーストできます。

QR コードの生成

  1. メニューからオブジェクトQR コードを生成を選択します。QR コードを生成ダイアログボックスが表示されます。

    QR コードを生成ダイアログボックス

    QR コードを生成または QR コードを編集ダイアログボックスには、「内容」と「カラー」の 2 つのタブがあります。

  2. 内容」タブの「種類」ドロップダウンリストで、次のいずれかのデータの種類を選択します。

    • Web ハイパーリンク
    • 書式なし
    • テキストメッセージ
    • 電子メール
    • 名刺

    選択した種類に基づいて、QR コードの作成に必要な情報を指定するためのフィールドが表示されます。

  3. カラー」タブにはスウォッチリストが表示されます。QR コードに特定の色を適用する場合は、「カラー」タブに切り替え、色を選択します。初期設定では、QR コードは透明の背景に黒で生成されます。

  4. OK」をクリックします。

  5. QR コードを生成する前にフレームが選択されている場合は、選択したフレームの内容に代わってコードが直接配置されます。

    フレームが選択されていない場合、QR コードは配置アイコンに読み込まれ、従来の EPS オブジェクトと同様に配置できます。

    • ドキュメント内の任意の場所をクリックすると、元の初期設定サイズである 30 X 30(単位は mm)で配置されます。
    • 既存のフレーム内をクリックすると、コードがフレーム内に初期設定サイズで配置されます(Alt キーを押しながらフレーム内をクリックすると、既存の内容は置き換えられます)。
    • クリックしてドラッグすると、新しいフレームが固定の縦横比で描画され、マウスを放すとフレーム内にコードが配置されます。

ドキュメントに配置された QR コードは、オブジェクト上にカーソルを移動したときに内容の詳細が埋め込みコードの形式でツールヒントとして表示されることを除き、従来の EPS オブジェクトと同様に扱われます。

生成した QR コードの配置

QR コードのコンテンツと色の編集

  1. QR コードオブジェクトまたはフレーム(フレーム内をダブルクリック)を選択します。

  2. メニューからオブジェクトQR コードを編集を選択します。右クリックしてコンテキストメニューでQR コードを編集を選択することもできます。

  3. QR コードを編集ダイアログボックスに既存の内容およびカラー情報が表示されます。

  4. 内容」タブで、必要に応じてデータの種類および内容を変更します。

  5. QR コードに別の色を選択するには、「カラー」タブをクリックして、適切な色を選択します。

  6. OK」をクリックします。

QR コードのフレーム属性の変更

QR コードフレームの初期設定の背景は透明です。ただし、カラー線種太さなど、フレーム塗りおよびの属性は、従来のコントロールを使用して変更できます。

QR コードのフレームの属性を変更します。

QR コードオブジェクトの変形

配置した QR コードオブジェクトは、選択ツールを使用して移動、サイズ変更、回転できます。フレームのボックスをドラッグすると、フレームのサイズのみが変更されます。以下の点に注意してください。

  • Shift キーを押しながらドラッグすると、フレームの縦横比が維持されます。
  • Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac)を押しながらドラッグすると、縦横比が維持されたままフレームと内容の両方のサイズが変更されます。
  • Shift + Alt キー(Windows)または Option キー(Mac)を押しながらドラッグすると、フレームが中心点から拡大/縮小します。縦横比は維持されません。Shift キーを押すと縦横比を維持できます。
QR コードオブジェクトの変形

アドビのロゴ

アカウントにログイン