マニュアル キャンセル

フォーム

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト

フォームワークフロー

InDesign でフォームをデザインし、PDF に直接書き出すことができます。InDesign では、フォームフィールドとその他のフォームアクションがサポートされるようになりました。ボタンとフォームライブラリ(ウィンドウインタラクティブボタンとフォーム)に、インタラクティブフォームのデザインに使用できるフォームアイテムが用意されています。

InDesign を使用すると InDesign 内で簡単なフォームを作成でき、公開後に PDF ドキュメントを Acrobat で修正する必要がありません。ドキュメントページ内にシンプルなフォーム要素を追加できます。テキストフィールド、ラジオボタン、チェックボックス、署名などの一般的なフィールドの種類がサポートされています。フォームを電子メールで送信またはプリントするアクションを追加することもできます。

基本デザインに加えて InDesign のクリエイティブな機能を使用することで、フォームをデザイナー仕様のように仕上げることができます。

  • ベタ線やベタ塗りを PDF フォームフィールドに追加できます。
  • ボタン、チェックボックス、ラジオボタンにカスタムのオン、オフ、マウスによるポイントの各ステータスを追加できます。
  • テキスト入力フィールドのフォントサイズを指定できます。

例えば、クレジットカード情報を収集するには、クレジットカードアイコンをラジオボタンとして使用し、選択したステートには他の画像を使用することができます。

高度なフォームワークフローでは、基本フォームを書き出し、Adobe Acrobat で編集を続けることができます。

フォームフィールドの追加

フォームフィールドをレイアウトに追加するには、ボタンとフォームパネルを使用します。インタラクティブなフォームフィールドを追加する手順は、ボタンを追加する場合と同じで、手順を新たに覚える必要はありません。Adobe Reader や Adobe Acrobat で使用できるフォームを作成できます。InDesign を使用することで、Acrobat を普通に使用していては作成できない、見栄えのよいフォームを作成できます。

ボタンとフォームパネル
ボタンとフォームパネル

  1. フォームフィールドを配置したい位置にフレームを置きます。

  2. ボタンとフォームパネルを開きます(ウィンドウインタラクティブボタンとフォーム)。

  3. フレームを選択し、タイプのリストからフォーム要素の種類を選択します。または、フレームを右クリックしインタラクティブ[...] に変換
    を選択します。

  4. フォームフィールドに名前を入力します。ラジオボタングループを作成するには、個々のボタンすべてが同じ名前であることが必要です。

  5. イベントを選択し、それに関連付けるアクションを追加します。「フォームをクリア」、「フォームをプリント」、「フォームを送信」などのアクションが追加されます。「フォームを送信」アクションでは、URL を「mailto:xyz@example.com」のように指定します。

  6. ラジオボタンチェックボックスボタンの場合は、ステートごとに外観属性を設定します。各ステートには InDesign によりデフォルトのグラフィックが追加されますが、独自のグラフィックを追加することもできます。

  7. リストボックスコンボボックス、またはテキストフィールドの場合は、フォントファミリー、フォントタイプ、フォントサイズを選択します。

  8. PDF オプションを指定します。

    • 説明 - 入力された値がツールヒントに表示され、アクセスしやすいフォームの作成に使用されます。
    • ボタンの値 - この値は Acrobat の書き出し値に対応しており、アクセスしやすいフォームのグループのラジオボタンの特定に使用されます。

タブ順の指定

ユーザーにわかりやすくアクセスしやすいフォームを作成するには、使いやすいタブ順を指定する必要があります。ユーザーはポインティングデバイスを使用しなくてもフォームフィールド内を移動できます。Tab キーを押すと、フォーカスが次の論理フィールドに移動します。

タグ付き PDF でタブ順を設定する方法は 2 つあります。

  • アーティクルパネル(ウィンドウアーティクル)を使用して、カスタムのタブ順を指定します。
  • オブジェクトインタラクティブタブ順を設定を選択します。

アーティクルを使用したタブ順の指定

アーティクルパネルを使用したタブ順の指定
アーティクルパネルを使用したタブ順の指定

  1. アーティクルパネルを開きます(ウィンドウアーティクル)。

  2. フォームフィールドをアーティクルパネルにドラッグします。

  3. アーティクルパネルで、フィールドをドラッグして必要な順序に並べ替えます。

注意:

指定された順序をスクリーンリーダーで使用できるようにするには、アーティクルパネルメニューで「タグ付き PDF の読み上げ順序に使用」を有効にします。PDF の書き出し時に「タグ付き PDF を作成」オプションを有効にしてください。


構造を使用したタブ順の指定

  1. オブジェクトインタラクティブタブ順を設定」を選択します。

  2. 上へ移動」または「下へ移動」を使用して、アイテムを必要なタブ順に配置します。

インタラクティブ PDF に書き出す場合は、PDF 書き出しダイアログボックスの「タブ順の設定に構造を使用」を有効にします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン