マニュアル キャンセル

パスとシェイプ

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト

パスとシェイプの種類

InDesign では、様々な方法でパスを作成でき、それらのパスを組み合わせて使用することができます。InDesign では、次のようなパスとシェイプを作成できます。

単純パス

単純パスは、複合パスと複合シェイプの基本構成要素です。パスとシェイプには、オープンパスとクローズパスがあり、それが自己交差している場合もあります。

複合パス

複合パスは、複数の単純パスで構成され、それらのパスが相互に作用したり交差したりしています。複合パスは複合シェイプよりも基本的な形で、PostScript準拠のアプリケーションで認識されます。複合パスで結合しているパスは 1 つのオブジェクトとして機能し、色や線種などの属性を共有します。

複合シェイプ

複合シェイプは、複数のパス、複合パス、グループ、ブレンド、テキストアウトライン、テキストフレームまたは相互に作用したり交差しているシェイプ、編集可能なシェイプなどで構成されています。複合シェイプによっては、複合パスとして表示されますが、それらを構成しているパスはパスごとの基本的な編集ができ、属性を共有する必要がありません。

パスとシェイプの種類

A. 3 つの単純パス B. 複合パス C. 複合シェイプ 

パスについて

描画すると、パスと呼ばれる線が作成されます。パスは、直線または曲線のセグメントで構成されます。各セグメントの始点と終点はアンカーポイントで示され、ワイヤーを固定するピンのような働きをします。パスには、クローズパス(例えば、円)と離れた端点をもつオープンパス(例えば、波形線)とがあります。

パスの形状を変更するには、パスのアンカーポイント、アンカーポイントに表示される方向線の先端にある方向点、またはパスセグメント自体をドラッグします。

パスの構成要素

A. 選択されている(黒い正方形)端点 B. 選択されているアンカーポイント C. 選択されていないアンカーポイント D. 曲線のパスセグメント E. 方向線 F. 方向点 

パスには、コーナーポイントとスムーズポイントという 2 種類のアンカーポイントが作成されます。コーナーポイントでは、パスの方向が大きく変わります。スムースポイントでは、パスセグメントは連続する曲線として連結されます。コーナーポイントとスムーズポイントを自由に組み合わせてパスを作成できます。不適切な種類のポイントを作成した場合は、いつでも変更できます。

パス上のポイント

A. 4 つのコーナーポイント B. 4 つのスムーズポイント C. コーナーポイントとスムーズポイントの組み合わせ 

コーナーポイントでは、2 つの直線セグメントまたは曲線セグメントを連結できますが、スムーズポイントでは 2 つの曲線セグメントだけを連結できます。

コーナーポイントでは、直線セグメントと曲線セグメントの両方を連結可能

注意:

コーナーポイント、スムーズポイントを直線セグメント、曲線セグメントと混同しないように注意してください。

は、パスのアウトラインを指します。塗りはオープンパスまたはクローズパスの内側の領域に適用されるカラーまたはグラデーションを指します。線には、太さ、色および破線パターン(Illustrator および InDesign)、または定型化された線のパターン(InDesign)を指定できます。線と塗りの属性は、パスやシェイプを作成した後でも変更できます。

InDesign では、各パスにセンターポイントも表示されます。これは、シェイプの中央を示しますが、パスの一部ではありません。センターポイントを使用してパスをドラッグしたり、パスを他の要素に整列させたり、パス上のすべてのアンカーポイントを選択したりすることができます。センターポイントは常に表示され、非表示にしたり削除したりすることはできません。

方向線と方向点について

曲線セグメントを連結するアンカーポイントを選択すると(またはセグメント自体を選択すると)、セグメントを連結するアンカーポイントに方向ハンドルが表示されます。方向ハンドルは、方向線で構成され、その先端には方向ポイントがあります。方向線の角度と長さによって、曲線セグメントの形状とサイズが決まります。方向点を移動すると、曲線の形状が変化します。方向線は、最終出力には表示されません。

アンカーポイントを選択した状態(左)と、アンカーポイントで連結されている曲線セグメント上に方向線が表示された状態(右)

スムーズポイントには、常に同時に動く一直線上の 2 本の方向線があります。スムーズポイント上の方向線を移動すると、そのアンカーポイントで連結されたセグメントは連続する曲線を維持したまま、両側の曲線セグメントが同時に調整されます。

これに対して、コーナーポイントには、結合されている曲線セグメントの数(2 つ、1 つまたはなし)と同じ数の方向線(2 本、1 本またはなし)があります。コーナーポイントの方向線の角度はそれぞれ異なります。コーナーポイント上の方向線を移動すると、そのポイントに対して方向線と同じ側の曲線だけが調整されます。

アンカーポイントを選択した状態(左)と、アンカーポイントで連結されている曲線セグメント上に方向線が表示された状態(右)

スムーズポイント上(左)とコーナーポイント上(右)の方向線の調整

方向線は、アンカーポイントの位置で、曲線の半径に対して常に垂直に接しています。各方向線の角度によって曲線の弧が決定され、長さによって曲線の高さと深さが決定されます。

方向線を移動したり、長さを変更したりすると、曲線の弧が変わる

注意:

Illustrator では、表示/境界線を表示を選択するか、表示/境界線を隠すを選択することにより、アンカーポイント、方向線および方向点を表示するか、非表示にするかを指定できます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン