グラフィックフレームを使用したオブジェクトの修正

Adobe InDesign のオブジェクトには、ドキュメントウィンドウ上に追加したり作成したりできるあらゆるアイテム(オープンパスやクローズパス、複合シェイプおよびパス、文字、ラスタライズされたアートワーク、3D オブジェクト、配置した画像など)が含まれます。

フレームにグラフィックが含まれている場合(読み込まれたグラフィックはすべてこれに該当します)、以下の例に示すように、グラフィックとそのフレームの関係を変更することでオブジェクトを編集できます。

  • フレームを小さくすることで、グラフィックをトリミングします。

  • マスキングおよびレイアウトの様々な効果を作成するには、フレーム内にオブジェクトをペーストします。

  • グラフィックに主線やアウトラインを追加するには、グラフィックのフレームを選択して、フレームの線幅とカラーを変更します。

  • 四角形の背景の中央にグラフィックを配置するには、グラフィックのフレームを拡大して、フレームの塗りカラーを設定します。

フレーム内へのオブジェクトのペースト

「選択範囲内へペースト」コマンドでグラフィックを親フレーム内に入れ子にします。入れ子になったフレーム内にグラフィックを入れ子にすることもできます。

フレーム内にペーストされた背景画像
フレーム内にペーストされた背景画像

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • フレーム内にオブジェクトをペーストするには、1 つのオブジェクトを選択します。

    • 1 つのフレームに対してペーストできるオブジェクトは 1 つだけなので、フレーム内に複数のオブジェクトをペーストするには、オブジェクトをグループ化します。

    • テキストフレームを別のフレームにペーストし、その現在の外観を維持するには、文字ツールではなく、選択ツール またはダイレクト選択ツール を使用してテキストフレーム全体を選択します。

  2. 編集/コピー(元のオブジェクトを残さない場合は、編集/カット)を選択します。
  3. パスまたはフレームを選択し、編集/選択範囲内にペーストを選択します。

フレームの内容の削除

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • グラフィックフレームまたはテキストフレームを削除する場合は、ダイレクト選択ツール を使用してオブジェクトを選択します。または、選択ツールを使用して画像のコンテンツグラバーをクリックします。

    • テキスト文字を削除する場合は、文字ツール を使用して選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 内容を完全に削除するには、Delete キーまたは Backspace キーを押します。

    • 内容をレイアウト上の任意の位置に配置するには、編集/カットを選択し、フレームの選択を解除してから、編集/ペーストを選択します。

注意:

読み込まれた画像には、常にフレームが必要です。読み込まれた画像をフレームからカットし、ドキュメント内の別の場所にペーストすると、新しいフレームが自動的に作成されます。

フレームに合わせたオブジェクトの調整

フレームとその内容のサイズが異なる場合は、「オブジェクトサイズの調整」コマンドを使用して、サイズを一致させることができます。

フレーム調整オプションは、グラフィックまたは別のテキストフレーム(別のフレーム内に入れ子になったテキストフレーム)を含んだフレームに適用できますが、テキストフレーム内の段落には影響しません。テキスト自体の整列と配置は、「テキストフレーム設定」コマンドや、段落パネル、段落スタイルおよびストーリーの各パネルを使用して行います。

フレームに合わせたオブジェクトの調整

  1. オブジェクトのフレームを選択します。

  2. オブジェクト/オブジェクトサイズの調整を選択して、次のいずれかのオプションを選択します。

    縦横比を変えずにコンテンツのサイズをフレームに合わせる

    内容のサイズがフレームに合わせて変更されます。内容の縦横比率は維持されません。フレームのサイズは変更されませんが、内容とフレームの縦横比率が異なる場合は、内容が引き伸ばされます。

    フレームを内容に合わせる

    フレームのサイズが内容のサイズに合わせて変更されます。フレームの縦横比率は、内容の縦横比率と完全に一致します。これは、誤って変更したグラフィックフレームをリセットするのに便利です。

    注意:

    フレームをその内容にすばやく合わせるには、フレームのいずれかの隅のハンドルをダブルクリックします。フレームは、クリックした点から遠い方がサイズ変更されます。辺をクリックすると、フレームはその方向でのみサイズ変更されます。

    グラフィックフレーム内のオブジェクトの整列
    グラフィックフレーム内のオブジェクトの整列

    A. オリジナル B. 内容に合わせてフレームをサイズ変更 C. フレームに合わせて内容をサイズ変更 

    内容を中央に揃える

    内容がフレーム内の中央に配置されます。フレームのサイズは変更されず、内容の縦横比率は維持されます。内容とフレームのサイズは変更されません。

    内容を縦横比率に応じて合わせる

    内容の縦横比率を維持しながら、内容のサイズがフレームに合わせて変更されます。フレームのサイズは変更されません。そのため、内容とフレームの縦横比率が異なる場合は、フレームと内容の間に空間が生じます。

    フレームに均等に流し込む

    内容の縦横比率が維持されながら、内容のサイズがフレーム全体に合わせて変更されます。フレームのサイズは変更されません。フレームと内容の縦横比率が異なる場合には、内容の一部がフレームによってトリミングされます。

    注意:

    「オブジェクトサイズの調整」コマンドを使用すると、内容の外側の境界がフレームの線幅の中心に合わせられます。フレームの線幅が太い場合は、内容の境界が見えにくくなったり、見えなかったりします。フレームの線の位置は、フレーム枠の中心、内側、外側に調整することができます(詳しくは、線の設定を参照してください)。

    意図しないフィット設定が自動フィットによって適用された場合、設定を削除するには、オブジェクト/オブジェクトサイズの調整/フレーム調整オプションを消去を選択します。

自動フィットの使用

「自動フィット」を選択していない場合、画像フレームのサイズを変更すると、画像サイズは変わらずにフレームのサイズが変更されます。「自動フィット」を選択すると、画像はフレームと一緒にサイズ変更されます。画像を切り抜くか変形する場合は、ダイレクト選択ツールを使用して画像を変形します。または、「自動フィット」を選択解除し、画像を変形した後で、再び「自動フィット」を選択します。

「自動フィット」オプションは、コントロールパネルまたはフレーム調整オプションダイアログボックスで選択できます。

フレーム調整オプションの設定

フレーム調整オプションをプレースホルダーフレームに適用して、新しい内容がフレームに配置された場合に必ず「オブジェクトサイズの調整」コマンドを適用することができます。

  1. フレームを選択します。

  2. オブジェクト/オブジェクトサイズの調整/フレーム調整オプションを選択します。

  3. 次のオプションを指定して、「OK」をクリックします。

    自動フィット

    フレームのサイズを変更するときに画像のサイズも同時に変更する場合は、このオプションを選択します。

    基準点

    トリミングとサイズ調整のための基準点を指定します。例えば、基準点として右上隅を選択し、「内容を縦横比率に応じて合わせる」を選択すると、(基準点から遠い)左辺または下辺で画像がトリミングされる場合があります。

    トリミング量

    画像の境界線ボックスの位置をフレームとの関係で指定します。プラスの値で画像をトリミングします。例えば、配置された画像から境界線を取り除きたい場合があります。画像の境界線ボックスとフレームの間に空白を入れるには、マイナスの値を使用します。例えば、画像とフレームの間に空白を入れたい場合があります。

    画像が見えなくなるようなトリミング値を入力すると、値は無視されますが、サイズ調整オプションはそのまま有効になっています。

    空のフレームに合わせる

    内容をフレームに合わせるか(画像が歪む場合があります)、内容を縦横比率に応じて合わせるか(空白ができる場合があります)、フレームに均等に流し込むか(1 つ以上の辺がトリミングされる場合があります)を指定します。

サイズ調整が行われるのは、内容がフレームに配置される場合だけです。フレームのサイズを変更したとき調整オプションが自動的に再適用されるのは、「自動フィット」を選択している場合のみです。

グラフィックフレームとその内容の移動

選択ツールを使用してグラフィックフレームを選択する場合、フレームまたはフレーム内の画像を選択できます。コンテンツグラバー以外の場所をクリックしてドラッグすると、フレームの内容がフレームと共に移動します。コンテンツグラバーをドラッグすると、フレーム内で画像が移動します。

以下の説明には、フレームとその内容を個別に移動する方法が含まれています。これは、フレーム内でのトリミングまたはマスキングでグラフィックを調整する場合に便利です。

注意:

選択ツールを使用しても期待通りの結果が得られない場合は、最初にすべての選択を解除してみてください。この操作のショートカットキーは、Ctrl+Shift+A キー(Windows)または Command+Shift+A キー(Macintosh)です。

  • 必要に応じて次の操作を行います。
    • フレームと内容を同時に移動するには、選択ツール を使用し、コンテンツグラバー以外の場所をクリックします。

    • フレームを移動せずに、読み込まれたコンテンツを移動するには(フレームの外側に内容をパンするには)、コンテンツグラバーをドラッグします。ダイレクト選択ツール を使用して、画像を選択し、ドラッグすることもできます。

    フレームを移動せずに内容だけを移動
    フレームを移動せずに内容だけを移動

    注意:

    グラフィックを移動する前にマウスボタンを押したままにすると、画像がフレームの外側にはみ出ている部分は半透明で表示され、フレームの内側部分は通常どおりに表示されます。これによって、フレーム内で画像をどの位置に配置すればよいかがわかりやすくなります。

    • 内容を移動せずにフレームを移動するには、まず、選択ツールを使用してフレームをクリックします。次に、ダイレクト選択ツールに切り替えて、センターポイントをドラッグします。
    内容を移動せずにフレームだけを移動
    内容を移動せずにフレームだけを移動

    • 複数のフレームを移動するには、選択ツールで対象オブジェクトを選択してドラッグします。ダイレクト選択ツールを使用して複数のオブジェクトを選択した場合、ドラッグしたアイテムのみが対象になります。

境界線または背景の作成

グラフィックフレームは、その内容には関係なく線と塗りを適用できるので、内容の周囲に境界線または背景を作成することができます。

グラフィックフレームへの境界線の追加
グラフィックフレームへの境界線の追加

A. グラフィックフレーム内の写真 B. 線が適用されたフレーム C. 線と塗りが適用され、拡大されたフレーム 
  1. 選択ツール を使用して、読み込まれたグラフィックのコンテンツグラバー以外の場所をクリックし、そのフレームを選択します。
  2. 境界線ボックスのいずれかのハンドルを外側へドラッグし、グラフィックのサイズを変更せずにフレームを拡大します。フレームの縦横比率を維持するには、Shift キーを押しながらドラッグします。
  3. スウォッチパネルとツールパネルを使用して、線と塗りのカラーを適用します。
  4. 線パネルを使用して、フレームの線幅、種類、位置を設定します。

注意:

フレームの四辺をドラッグによって中心から均等に拡大するのは難しい作業です。これは、変形パネルやコントロールパネルを使用すると簡単にできます。ダイレクト選択ツール を使用してフレームを選択し、パネルの基準点アイコン で中央のポイントに設定し、フレームの幅と高さの値を指定します。

オブジェクトのトリミングとマスキング

トリミングマスキングはどちらも、オブジェクトの一部を非表示にすることを表す用語です。通常、トリミングは四角形を使用して画像の周囲を非表示にする(または切り取る)のに対して、マスキングは任意の形を使用してオブジェクトの背景を透明にします。一般的によく知られているマスクの例としては、クリッピングパスがあります。

InDesign では、グラフィックフレームを使用して、オブジェクトをトリミングまたはマスキングすることができます。読み込まれたグラフィックは自動的にフレームに組み込まれるので、専用のフレームを作成しなくても、ただちにトリミングまたはマスキングを行うことができます。読み込まれたグラフィックのフレームを手動で作成していない場合は、フレームがグラフィックと同じサイズで自動的に作成されているので、フレームの存在に気づかないことがあります。

注意:

ドキュメントを出力するときには、トリミングまたはマスキングされた画像の表示部分のデータのみが印刷されます。画像をドキュメントに読み込む前に、画像ファイル自体を目的の形状やサイズにトリミングまたはマスキングしておくと、ディスク容量と RAM を節約することができます。

  • 読み込まれた画像、または既に四角形のフレーム内に含まれているグラフィックをトリミングするには、選択ツール を使用してオブジェクトをクリックし、表示される境界線ボックスのハンドルをドラッグします。Shift キーを押しながらドラッグすると、フレームの元の縦横比率が維持されます。


    グラフィックフレームを使用してトリミングした画像

  • オブジェクトをトリミングまたはマスキングするには、選択ツールまたはダイレクト選択ツール を使用して、マスキングしたいオブジェクトを 1 つ選択します。編集/コピーを選択し、オブジェクトよりも小さい空のパスまたはフレームを選択してから、編集/選択範囲内へペーストを選択します。
  • フレームの内容を正確にトリミングするには、ダイレクト選択ツールを使用してフレームを選択し、変形パネルまたはコントロールパネルを使用してフレームのサイズを変更します。
  • 空のプレースホルダーフレームのトリミングを設定するには、オブジェクト/オブジェクトのサイズ調整/フレーム調整オプションを選択して、トリミング量を指定します。

注意:

読み込まれたグラフィックでは、既存のフレームの形状を描画ツールを使用して変更することによって、画像をマスキングすることもできます。

オブジェクト書き出しオプション

オブジェクト書き出しオプションの紹介

オブジェクト書き出しオプションを使用して、EPUB、HTML、アクセシビリティに対応した PDF など、別の形式に書き出すときに必要な書き出しパラメーターを指定できます。

 

オブジェクト書き出しオプションは、テキストフレームやグラフィックフレーム、グループにも適用できます。オブジェクト書き出しオプションは、次の目的に使用します。

  • 配置した画像とグラフィックの Alt テキストを定義します。

  • タグ付き PDF にタグと実際のテキスト設定を適用します。

  • オブジェクトごとに異なる変換設定を作成し、画面サイズや解像度が違っても正しくレンダリングされるようにします。これらのオプションを使用して、レイアウトを HTML や EPUB に書き出す際にドロップシャドウやベベルなどのテキスト効果に適用されるラスタライズの品質を制御できます。

注意:

ハイパーリンクのオブジェクトについても、書き出しがサポートされています。

オブジェクト書き出しオプションの適用

  1. レイアウトのフレームまたはグループを選択します。
  2. オブジェクト/オブジェクト書き出しオプションを選択します。

    または

    オブジェクトを右クリックし、オブジェクト書き出しオプションを選択します。

  3. 設定を適用します。

注意:

レイアウトで他のオブジェクトを選択して設定を適用する場合は、オブジェクト書き出しオプションダイアログボックスをそのままにすることができます。

Alt テキストオプション

代替テキスト(Alt テキスト)は、画像またはグラフィックの簡単なテキストベースの説明です。このテキストは画像がレンダリングされない場合に使用されたり、スクリーンリーダーで使用されます。

Alt テキストソース

選択したフレームまたはグループの Alt テキストに割り当てるソースを選択します。

注意:

Microsoft Word からコンテンツを読み込むとき、InDesign では、画像に適用されている Alt テキストも読み込まれます。

カスタム

テキストを手動で入力します。

構造要素から

構造で指定されたテキストを使用します。スクリーンリーダーソフトウェアで使用するグラフィックのラベル付けを参照してください。

XMP : タイトルから | XMP : 詳細から | XMP : ヘッドラインから

共通の XMP フィールドに保存されているデータを使用します。Adobe Bridge など別のアプリケーションを使用して XMP データを更新する場合は、リンクを更新するとテキストが自動的に更新されます。

その他の XMP から

他の XMP フィールドにテキスト文字列が保存されている場合は、プロパティフィールドに <ns>:<property> 形式で完全な名前空間とプロパティ名を入力します。例えば、Adobe Bridge ユーザーインターフェイスでサポートされている IPTC コアには、「IPTC 件名コード」というフィールドがあります。このフィールドを使用してテキスト文字列を保存すると、プロパティ値は「Iptc4xmpCore:SubjectCode[1]」になります。

タグ付き PDF オプション

タグを適用

選択したフレームまたはグループの PDF タグに割り当てるソースを選択します。

構造要素から

構造で指定されたテキストを使用します。

ページ装飾

スクリーンリーダーで読み上げたときに重要な意味を持たないグラフィック要素に使用します。

オブジェクトを基準にする

フレームのコンテンツを自動的に特定し、「Story」または「Figure」タグを適用します。

Actual テキストソース

PDF では、Alt テキスト以外に Actual テキストもサポートされています。Actual テキストはテキストのように見えるグラフィック要素に適用することができます。例えば、スキャンした TIFF 画像などがあります。Actual テキストを使用して、アートワークに変換された語句を表すことができます。Actual テキストは、タグ付き PDF にのみ適用されます。

カスタム

テキストを手動で入力します。

構造要素から

構造で指定されたテキストを使用します。スクリーンリーダーソフトウェアで使用するグラフィックのラベル付けを参照してください。

XMP : タイトルから | XMP : 詳細から | XMP : ヘッドラインから

共通の XMP フィールドに保存されているデータを使用します。Adobe Bridge など別のアプリケーションを使用して XMP データを更新する場合は、リンクを更新するとテキストが自動的に更新されます。

その他の XMP から

他の XMP フィールドにテキスト文字列が保存されている場合は、プロパティフィールドに <ns>:<property> 形式で完全な名前空間とプロパティ名を入力します。例えば、Bridge ユーザーインターフェイスでサポートされている IPTC コアには、「IPTC 件名コード」というフィールドがあります。このフィールドがテキスト文字列の保存場所である場合、プロパティ値は「Iptc4xmpCore:SubjectCode[1]」になります。

EPUB と HTML オプション

EPUB オプションと HTML オプションを使用して、個々のオブジェクトの画像変換設定を指定します。これらの設定を指定しない場合、EPUB の画像の書き出し変換設定が使用されます。EPUB の画像オプションを参照してください。

オブジェクト書き出しオプション
オブジェクト書き出しオプション

epub:type

リーダーがドキュメントを読み込む順序を選択するには、矢印アイコンをクリックします。

レイアウトのアピアランスを保持

オンにすると、選択したフレームにカスタム画像変換設定が指定されます。

デフォルト

書き出しダイアログの設定ダイアログにマップされたデフォルト設定です。

グラフィックオブジェクトに既存の画像を使用

グラフィックオブジェクトに既存の画像を使用します。

コンテナをラスタライズ

オブジェクトを画像に変換します。例えば、テキストフレームを画像に変換します。

コンテンツをラスタライズ

外観は CSS で保持されます。

ラスタライズのカスタム設定

オンにすると、選択したフレームにカスタム画像変換設定が指定されます。

形式

ドキュメントの最適化画像を GIF、JPEG または PNG のいずれに変換するかを選択します。

解像度(ppi)

画像の解像度を ppi で指定します。オペレーティングシステムは 72 ppi または 96 ppi で標準化されていますが、モバイルデバイスは 132 ppi(iPad)~172 ppi(Sony リーダー)、300 ppi(iPhone 4)以上と範囲が異なります。選択したオブジェクトごとに ppi 値を指定できます。値には、72、96、150(現在のすべての eBook デバイスの平均)、および 300 があります。

パレット

最適化 GIF ファイルを作成する場合の、InDesign でのカラーの処理を調整します。GIF 形式は、256 色以下のカラーパレットを使用しています。

「使用中の色に合わせて割り付ける(ディザなし)」を選択すると、ディザ処理(色の小さな点を混ぜて存在しない色を表現する)をせずに、グラフィックで中心的に使われているカラーを抽出してパレットを作成します。「Web」を選択すると、Web セーフカラーのパレットを作成します(Windows と Mac OS のシステムカラーのサブセットです)。組み込みのカラーパレットを使用してパレットを作成するには、「システム(Windows)」または「システム(Mac OS)」を選択します。これにより、予想外の結果になることがあります。

「インターレース」を選択すると、読み込み速度が遅い画像は、表示されていない行を埋めるようにして徐々に表示されます。このオプションを選択していない場合、ぼやけて表示されていた画像が、元の解像度に近くなるにつれて徐々に明確になります。

画質

作成する JPEG 画像ごとの圧縮率(ファイルサイズをより小さくするため)および画質を決定します。低解像度の場合はファイルサイズは最小になり、画質も最も低くなります。

方法

HTML ページを開いてから、どれぐらい速く JPEG 画像が表示されるかを指定します。「プログレッシブ」を選択すると、JPEG 画像は Web ブラウザーにダウンロードされるにしたがって徐々に詳細が表示されます。このオプションを指定して作成されたファイルは、サイズがやや大きくなります。また、表示のためによりメモリが要求されます。「ベースライン」を選択すると JPEG ファイルがダウンロードされてから表示されます。ダウンロードが終了するまでは、JPEG ファイルの代わりにプレースホルダーが表示されます。

カスタムレイアウト

ドロップダウンリストからレイアウト調整設定を選択します。

  • 整列と間隔:画像の左揃え、中央揃え、右揃え、上および下の間隔を指定します。
  • 左にフロート:フローティングを左に整列します。
  • 右にフロート:フローティングを右に整列します。

改ページを挿入

このオプションを選択すると、改ページが画像に挿入されます。改ページは、画像の前、画像の後、または画像の前後に挿入できます。

サイズ

次のオプションでカスタム CSS の幅と高さを選択します。

  • なし:CSS の幅または高さがオブジェクトに適用されません。
  • デフォルト:初期設定の CSS の幅と高さが使用されます。
  • 固定:固定 CSS の幅と高さが適用されます。
  • テキストの方向を基準にする:CSS の幅のみに適用されます。CSS 幅はテキストフローに合わせて調整されます。
  • テキストサイズを基準にする:CSS 幅のみに適用されます。CSS 幅はテキストフローに合わせて調整されます。
  • 幅のカスタム設定:幅のカスタム値を入力します。
  • 高さのカスタム設定:高さのカスタム値を入力します。

注意:

サイズドロップダウンリストは、リフロー可能な EPUB と HTML レイアウトにのみ適用できます。EPUB 固定レイアウトには適用できません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー