マニュアル キャンセル

字形と特殊文字

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
  8. トラブルシューティング
    1. 修正された問題
    2. 起動時のクラッシュ
    3. 環境設定フォルダー読み取り専用エラー
    4. ファイルの問題のトラブルシューティング
    5. PDF の書き出し不可
    6. InDesign 文書復旧

字形パネルの概要

字形パネルによって字形を入力します。このパネルには、初めはカーソルが置かれているフォントの字形が表示されますが、別のフォントを表示したり、そのフォントのフォントスタイル(例えば、「Light」、「Regular」、「Bold」など)を表示したり、パネルにそのフォントの字形のサブセット(例えば、数学記号、数字、句読記号など)を表示させたりすることができます。

字形パネル

A. 字形のサブセットの表示 B. 検索ボックス C. 字形 ID、Unicode および名前を示すツールヒント D. フォントリスト E. フォントスタイル 

マウスポインターを字形の上に移動すると、その字形の CID/GID 値、ユニコード値、および名前がツールヒントに表示されます。

字形パネルを開く

  1. 書式/字形またはウィンドウ/書式と表/字形を選択します。

字形パネルの表示の変更

  • サイクルツール(字形パネルの「字形」の左側にあります)をクリックして、パネルのビューを変更できます。このツールをクリックすると、ビュー(縮小したパネル、パネル全体、および最近使用された字形がないパネル)が順番に切り替わって表示されます。
  • 字形パネルの右下隅にある「ズームイン」ボタンまたは「ズームアウト」ボタンをクリックします。
  • 右下隅をドラッグして、字形パネルのサイズを変更します。

表示する字形のフィルター

  1. 表示リストで次のいずれかの操作を行って、字形パネルに表示する字形を指定します。
    • 「すべての字形を表示」を選択して、そのフォントで使用可能なすべての字形を表示します。

    • 「すべての字形を表示」の下にあるオプションを選択して、リストを字形のサブセットに絞り込みます。例えば、「約物」を選択すると句読点などの約物を集めた字形のみが表示され、「数式記号」を選択すると選択項目が数式記号に絞り込まれます。

字形パネルの字形のソート

  1. 「CID/GID 順」または「Unicode 順」を選択し、字形パネルの字形のソート順を指定します。

字形パネルの字形の検索

  1. 字形パネルで、検索ボックスの内側をクリックして検索クエリを入力します。

    デフォルトでは、字形の名前、Unicode または字形 ID に基づく通常の検索が行われます。

  2. ただし、検索パラメーターを指定して検索結果をさらに絞り込むこともできます。

    これを行うには、検索ボックスの左側にあるドロップダウン矢印をクリックして、必要な検索パラメーターを選択します。

字形と特殊文字の挿入

字形とは、文字の特定の形を表します。例えば、あるフォントでは、大文字の「A」はスワッシュ字形や小文字のように、いくつかの形式で利用することができます。字形パネルを使用すると、フォントに定義されている字形を見つけることができます。

Adobe Caslon™ Pro や小塚明朝 OTF などの OpenType フォントでは、多くの文字に対して複数の異体字が用意されています。これらの異体字をドキュメントに挿入するには、字形パネルを使用します。字形パネルを使用して、飾り文字、スワッシュ字形、分数、合字などの OpenType 属性を表示したり挿入したりすることもできます。

注意:

OpenType フォントの特殊フォントプロパティを使って、文字を自由にデザインできます。簡単なチュートリアルはこちら。字形を簡単に選択.

特殊文字の挿入

EM ダッシュ、EN ダッシュ、登録商標記号、省略記号などの様々な特殊文字を挿入できます。

  1. 文字ツールを使用して、特殊文字を挿入する箇所をクリックし、テキスト挿入点を置きます。
  2. 書式/特殊文字を挿入を選択し、メニューのカテゴリーからオプションを選択します。

繰り返し使用する特殊文字がリストに表示されていなければ、作成した字形セットに追加します。

指定フォントでの字形の挿入

  1. 文字ツールを使用して、文字を入力する箇所をクリックし、テキスト挿入点を置きます。
  2. 書式/字形を選択して、字形パネルを表示します。
  3. 字形パネルに別の文字セットを表示するには、次のいずれかの操作を行います。
    • 使用可能な別のフォントおよびフォントスタイルを選択します。そして、表示メニューから「すべての字形を表示」を選択します。OpenType フォントを選択した場合には、表示メニューにリストされる OpenType 属性の各種オプションを選択します。

    • 表示メニューからカスタム字形セットを選択します(詳しくは、カスタム字形セットの作成と編集を参照してください)。

  4. 挿入したい文字が表示されるまで、文字の表示をスクロールします。OpenType フォントを選択した場合は、字形ボックスをクリックしたままにすると、その字形の異体字がポップアップ表示されます。
  5. 挿入したい文字をダブルクリックします。テキスト挿入点にその文字が表示されます。

最近使用した字形の挿入

InDesign では、最近挿入した 35 種類の異体字が記憶されており、それらの字形が字形パネルの「最近使用した字形」の項目下に表示されます(35 種類の字形を先頭行にすべて表示するには、パネルを拡張する必要があります)。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 「最近使用した字形」の下にある字形をダブルクリックします。

    • 表示メニューから「最近使用した字形」を選択し、最近使用されたすべての字形を字形パネルの本体に表示し、字形をダブルクリックします。

最近使用した字形の消去

  • 選択した字形を「最近使用した字形」セクションから消去するには、「最近使用した字形」セクションで字形を右クリック(Windows®)または Control キーを押しながらクリック(Macintosh)して、「最近使用した字形から字形を削除」を選択します。
  • 最近使用したすべての字形を消去するには、「最近使用した字形をすべて消去」を選択します。

異体字への文字の置換

InDesign ドキュメントで文字を選択すると、その文字に少なくとも 1 つの異体字がある場合、前後関係に依存するメニューに利用可能な異体字が表示されます。

「選択された文字の異体字を表示」の前後関係に依存するメニュー

注意:

単語を選択すると、その文字の下に青い下線が表示されます。その青い下線の上にマウスポインターを置くと、前後関係に依存するメニューが表示されます。

  1. ドキュメントで選択した文字を置換するには、前後関係に依存するメニューで異体字をクリックします。

    選択した文字について最大 5 つの異体字が表示されます。

    選択した文字に 5 つより多くの異体字がある場合、前後関係に依存するメニューの右端に右矢印が表示されます。

  2. 前後関係に依存するメニューに目的の異体字がない場合は、その右矢印をクリックします。

    すべての異体字を含む字形パネルが表示されます。

  3. 次のいずれかの操作を行って、ドキュメントで選択した文字を置換します。
    • 字形パネルで字形をダブルクリックします。

    • メニューで字形を選択します。

字形パネルでの OpenType 字形属性の表示

字形パネルでは、選択しやすいように、特定の OpenType 属性の文字だけを表示させることができるようになっています。字形パネルの表示メニューから各種オプションを選択できます。

注意:

これらの表示メニューに表示される各種オプションと、字形パネルメニューに表示されるオプションを混同しないでください。パネルメニューでは、選択したテキストに対して字形セットを適用できます(OpenType フォント属性の適用を参照してください)。

字形パネルのメニューオプションを表示します。

字形パネルのメニューオプションを表示します。

  1. 字形パネルで、フォントリストから OpenType フォントを選択します。
  2. 表示メニューからオプションを選択します。

表示されるオプションは、選択するフォントによって異なります。OpenType フォント属性について詳しくは、OpenType フォント属性の適用を参照してください。OpenType フォントについて詳しくは、http://www.adobe.com/go/opentype_jp を参照してください。

テキスト内の異体字のハイライト表示

  1. 編集/環境設定/組版(Windows)または InDesign /環境設定/組版(Mac OS)を選択します。
  2. 「代替字形」を選択して、「OK」をクリックします。テキスト中の代替字形が黄色でハイライト表示されます。ハイライト表示は印刷されることはありません。

カスタム字形セットの作成と編集

字形セットとは、1 つまたは複数のフォントから字形をまとめたものです。字形セットに字形を保存すると、目的の字形が必要になるたびにそれらを探す手間を省くことができます。字形セットは、特定のドキュメントに属するものではなく、他の InDesign 環境設定と共に共有可能な独立したファイルに保存されます。

字形セットでは、セットに含めた字形のフォントを保持するかどうかを設定することができます。例えば、他のフォントでは表示されないと思われる異体字を使用する場合などには、字形のフォントを保持させておくと便利です。字形を保持しているフォントがシステムにインストールされていない場合、字形パネルおよび字形セット編集ダイアログボックスでは、その字形がピンクで表示されます。また、「字形のフォントを保持」が選択されていない場合は、字形の横に「u」の文字が表示されます。これは、フォントのユニコード値が字形の外観を決定していることを示します。

カスタム字形セットの作成

  1. 書式/字形を選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 字形パネルメニューから「新規字形セット」を選択します。

    • 字形パネルのコンテキストメニューを開き、「新規字形セット」を選択します。

  3. 字形セットの名前を入力します。
  4. 字形セットに字形を追加する挿入順序を選択し、「OK」をクリックします。

    前面に追加

    新規字形は字形セットの先頭に追加されます。

    最後に追加

    新規字形は字形セットの最後に追加されます。

    Unicode 順

    すべて字形が、それぞれのユニコード値の順に並べられます。

  5. 字形をカスタムセットに追加するには、字形パネルの下部で追加する字形を含むフォントを選択してから字形を選択し、字形パネルメニューの字形セットメニューからカスタム字形セットの名前を選択します。

カスタム字形セットの表示

  1. 字形パネルで次のいずれかの操作を行います。
    • 表示リストで字形セットを選択します。

    • 字形パネルメニューから「字形セットを表示」を選択し、字形セットの名前を選択します。

カスタム字形セットの編集

  1. 字形パネルメニューから「字形セットを編集」を選択し、カスタム字形セットを選択します。
  2. 字形セットを編集ダイアログボックスの左側のリストから編集する字形を選択し、次のいずれかの操作を行って、「OK」をクリックします。
    • 字形のフォントを保持するには、「字形のフォントを保持」を選択します。フォントを保持している字形は、その字形をテキストに挿入するときに、ドキュメント上で選択されているテキストに適用されているフォントを無視します。また、字形パネルのフォントメニューで選択されているフォントも無視します。このオプションを選択しない場合は、現在のフォントの Unicode 値だけが参照されます。

    • 他の字形を表示するには、別のフォントまたはスタイルを選択します。字形のフォントが保持されていない場合は、別のフォントを選択することはできません。

    • 字形をカスタム字形セットから削除するには、「セットから削除」を選択します。

    • 字形セットに字形を追加する順序を変更するには、「挿入順序」オプションを選択します。「Unicode 順」は、字形セットの作成時に「前面に追加」または「最後に追加」が選択された場合は使用できません。

カスタム字形セットからの字形の削除

  1. 字形パネルの表示メニューからカスタム字形セットを選択します。
  2. 字形を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Macintosh)して、「セットから字形を削除」を選択します。

カスタム字形セットの削除

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 字形パネルメニューから「字形セットを削除」を選択します。

    • コンテキストメニューから「字形セットを削除」を選択します。

  2. カスタム字形セットの名前をクリックします。
  3. 「はい」をクリックして確定します。

字形セットの保存と読み込み

カスタム字形セットは、Glyph Sets フォルダー(Presets フォルダーのサブフォルダー)にあるファイルに保存されます。字形セットファイルは他のコンピューターにコピーできます。その際、他のユーザーがカスタム字形セットを使用できるようにすることができます。次のフォルダーとの間で字形セットファイルをコピーして、他のユーザーと共有します。

Mac OS

Users¥[username]¥Library¥Preferences¥Adobe InDesign¥[Version]¥[Language]¥Glyph Sets

Windows XP

Documents and Settings¥[username]¥Application Data¥Adobe¥InDesign¥[Version]¥[Language]¥Glyph Sets

Windows Vista および Windows 7

Users¥[username]¥AppData¥Roaming¥Adobe¥InDesign¥[Version]¥[Language]¥Glyph Sets

引用符の使用

入力に使用する言語に合わせて、引用符の種類を変更することができます。環境設定ダイアログボックスの「テキスト」セクションで「英文引用符の使用」が選択されていると、入力中は指定した引用符が自動的に使用されます。

使用する引用符の指定

  1. 編集/環境設定/欧文辞書(Windows)または InDesign/環境設定/欧文辞書(Macintosh)を選択します。
  2. 言語メニューから言語を選択します。
  3. 次のいずれかの操作を行って、「OK」をクリックします。
    • 「二重引用符」で、メニューから引用符の種類を選択するか、引用符として使用する文字をテキストボックスに一対で入力します。

    • 「引用符」で、メニューから引用符の種類を選択するか、引用符として使用する文字をテキストボックスに一対で入力します。

半角引用符の挿入

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 書式/特殊文字の挿入/引用符で、「半角二重引用符」または「半角一重引用符(アポストロフィ)」を選択します。

    • 環境設定ダイアログボックスの「テキスト」パネルで、「英文引用符の使用」チェックボックスの選択を解除した状態で、引用符またはアポストロフィを入力します。

    • Shift+Ctrl+Alt+'(Windows)または Shift+Command+Option+'(Mac OS)を押して、「英文引用符の使用」チェックボックスのオン/オフを切り替えます。

注意:

フィート、角度の分、時間の分を表すためによく使用される文字がプライム記号です。プライムマークは角度を付けたアポストロフィのように表示されます。インチ、角度の秒、時間の秒を表すためによく使用される文字がダブルプライム記号です。これらの記号は、アポストロフィや二重引用符とは異なります。フォントによっては、プライム記号やダブルプライム記号が含まれている場合もあります。これらの記号を挿入するには、字形パネルを使用します。フォントにプライム記号やダブルプライム記号が含まれていない場合は、半角引用符を挿入し、斜体にします。

スペースの挿入

ホワイトスペースは、文字と文字の間に使用する空白です。ホワイトスペースには、行末で 2 つの単語の分離を避けるといったような、通常のスペースとは異なる目的に使用できるものがあります。

  1. 文字ツールを使用して、一定量のホワイトスペースを挿入したい箇所をクリックし、テキスト挿入点を置きます。
  2. コンテキストメニューでスペースを挿入のいずれかのオプション(EM スペースなど)を選択します。
注意:

ホワイトスペースを表示するには、書式/制御文字を表示を選択します。非表示にするには書式/制御文字を隠すを選択します。

ホワイトスペースのオプション

書式/スペースの挿入には次のオプションがあります。

全角スペース 

アジア言語の全角 1 文字分の字幅を持つスペースのことを言います。他の全角文字と同じように、次の行に送られます。

EM スペース 

文字サイズと同じ幅です。例えば、12 ポイントの文字の場合、幅は 12 ポイントになります。

EN スペース 

EM スペースの 2 分の 1 の幅です。

改行なしスペース 

通常の半角スペース(スペースバーで入力されるスペース)と同じ幅です。このスペースは行末に位置したとき、両隣りの 2 つの単語と共に次行に送られるので、単語の分離を避けることができます。

改行なしスペース(固定幅) 

固定幅スペースは、スペースの場所で行が改行されないようにしますが、ジャスティフィケーションされたテキストでは拡張や縮小はされません。固定幅スペースは、InDesign CS2 に挿入された改行なしスペース文字と同様です。

1/3 スペース 

EM スペースの 3 分の 1 の幅です。

1/4 スペース 

EM スペースの 4 分の 1 の幅です。

1/6 スペース 

EM スペースの 6 分の 1 の幅です。

フラッシュスペース

両端揃えが適用されている段落の最終行で、不定量のスペースを追加します。最終行の文字間隔が空きすぎないようにするために使用できます(詳しくは、ジャスティフィケーション設定の変更を参照してください)。

極細スペース 

EM スペースの 24 分の 1 の幅です。

細いスペース 

EM スペースの 8 分の 1 の幅です。EM ダッシュまたは EN ダッシュの隣での使用に有効です。

数字の間隔 

数字の書体と同じ幅です。決算書など、数字を羅列する表で数字を整列する際に有用です。

句読点等の間隔 

半角の感嘆符(!)、ピリオド(.)、コロン(:)の書体と同じ幅です。

Adobe SING Glyphlet Manager について

Adobe SING Glyphlet Manager は、グリフレットのインストールと検索を行うユーティリティです。 Adobe Creative Suite 5 および以降のバージョンには含まれていません。

アドビのロゴ

アカウントにログイン