マニュアル キャンセル

InDesign/よくある質問

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
  8. トラブルシューティング
    1. 修正された問題
    2. 起動時のクラッシュ
    3. 環境設定フォルダー読み取り専用エラー
    4. ファイルの問題のトラブルシューティング
    5. PDF の書き出し不可
    6. InDesign 文書復旧

基礎知識

印刷やデジタルパブリッシング用のプロフェッショナルページレイアウトアプリケーションである Adobe InDesign では、印刷、web およびタブレットアプリ用の幅広いコンテンツをデザイン、プリフライト、パブリッシュできます。また、テキスト編集の正確なコントロール、内蔵のクリエイティブツール、直感的なデザイン環境が用意されており、Adobe Photoshop、Illustrator、Acrobat および Adobe Animate と密接に連携して使用できます。

InDesign は、雑誌社、デザイン会社、広告代理店、新聞社、出版社、小売/カタログ会社、企業のデザイン部門、商業印刷会社などの最先端のパブリッシング環境から仕事を請け負うデザイナー、プリプレスプロフェッショナル、制作プロフェッショナル、印刷サービスプロバイダー向けに設計されています。InDesign の詳細情報。

InDesign は、Adobe Creative Cloud で提供されているので、リリースと同時に最新アップデートや最新バージョンをすべて入手できます。Creative Cloud コンプリートプランがあれば、InDesign 内から Adobe Digital Publishing Suite, Single Edition* を使用して、iPad アプリを数に制限なくデザイン、パッケージし、Apple App Store に出品することもできます。詳しくは、Creative Cloud を参照してください。

詳しくは、「新機能」を参照してください。

InDesign のバージョン比較を参照してください。

InDesign は、Photoshop、Illustrator、Acrobat Pro、InCopy、Flash Professional と緊密に連携します。InDesign では、Photoshop、Illustrator、Flash Professional、InCopy と共通のユーザーインターフェイス、コマンド、パネル、ツールを使用するので、いずれかのプログラムに慣れていれば、それを簡単に応用して他のプログラムの操作方法を習得し、プログラム間をスムーズに移動できます。Photoshop および Illustrator のネイティブファイルを読み込めるので、グラフィックのレイアウト、編集、アップデートを簡単に行えます。PDF ファイルをネイティブにサポートし、印刷物、web、デバイスなどの出力先を問わず、確実に一貫した出力が可能です。InDesign と Flash Professional の強力な連携により、ドキュメントに配置されたアニメーション、サウンド、ビデオファイルを維持したまま、ページレイアウトをより忠実に再現して受け渡すことが可能になります。さらに、InDesign と InCopy を連携させることで、小規模なクリエイティブチームの編集ワークフローを管理できます。

InDesign は、InCopy、InDesign Server なども含む統合パブリッシングファミリー製品の主要コンポーネントです。InCopy は、InDesign と連携し、デザイナー、ライター、編集者間の共同編集ワークフローを実現するプロフェッショナルな文書作成・編集アプリケーションで、Creative Cloud コンプリートプランでもご利用いただけます。InDesign Server は、編集ワークフローの自動化、販促ツールの作成、データ駆動型のパーソナライズ印刷、テンプレートベースの web to Print ソリューションを新たなレベルへと進化させ、サーバープラットフォームにおいてハイエンドな組版およびレイアウトを可能にします。

はい。InDesign を中核としたカスタムソリューションの構築が必要なお客様には、世界中どこでも、システムインテグレーターが InCopy および InDesign に対応しているパブリッシングシステムをご提供します。詳しくは、「カスタム編集パブリッシングソリューション」を参照してください。

はい。InDesign は、小規模なデザイン会社から大手出版社まで、世界中の数多くの企業で採用されています。強固なパートナーエコシステムに支えられ、業界リーダーのアドビが提供する InDesign は、ユーザーの要望に基づく製品であり、ペースの速いパブリッシング環境に最適です。

InDesign は全バージョンで共通のファイルフォーマットを使用しているため、インド言語、日本語、中東言語、中国語、韓国語のレイアウトを InDesign の欧米言語版やインド言語版で開いて編集することも、欧米言語やインド言語のファイルを日本語版、中東言語版、中国語版、韓国語版で開いて編集することもできます。ただし、欧米言語版の InDesign では、日本語版、中東言語版、中国語版および韓国語版で提供されているような、中東言語やアジア言語のテキスト編集用のタイポグラフィツール、レイアウトグリッドツールおよびフレームグリッドツールは利用できません。

InDesign Server は、InDesign でのデザイン、レイアウト、タイポグラフィ機能の自動化を可能にする、堅牢、柔軟かつスケーラブルなレイアウト・組版エンジンです。InDesign と同じコードベースに基づいているため、web to Print、VDP、編集ワークフローソリューションなど多様な自動パブリッシングソリューションを扱うことができるだけでなく、InDesign を使用した場合と同じ出力品質を実現できます。InDesign Server を利用したソリューションでは、ほとんどの場合、デザイナーが InDesign のデスクトップバージョンで作成したテンプレートを使用します。

InDesign Server はデスクトップバージョンの InDesign とコードベースを共有していますが、重要な違いが多数あります。

  • InDesign Server は、より大規模な自動パブリッシングソリューションをさらに強力なものにするためのエンジンです。
  • ユーザーインターフェイスが内蔵されていないヘッドレスアプリケーションで、ユーザーまたはソリューションパートナーが、InDesign Server で扱う自動パブリッシングソリューションに合わせてユーザーインターフェイスをデザインします。
  • InDesign と同様に、InDesign Server はスクリプティングまたは C++ のプラグインによって操作できます。さらに、InDesign Server は、SOAP インターフェイスまたは Java API 経由で操作することもできます。また、InDesign Server をスケーラブルで堅牢なバックエンドサーバーコンポーネントとして利用すれば、Flex フレームワークおよび Adobe Flash Builder(個別に入手可能)を使用して魅力的なリッチインターネットアプリケーション(RIA)を構築し、web ブラウザー内や Adobe AIR ランタイムを使用してスタンドアロンクライアントとして動作させることができます。
  • InDesign Server を利用した自動パブリッシングソリューションは、マルチプロセッサー上で稼動している複数のインスタンスにより、要件の変化に応じて拡張することができます。
  • 厳しい動作確認テストを経た InDesign Server は、長時間連続稼動が可能です。
  • InDesign Server は、Microsoft Windows Server 2008 R2 を含む Windows および Mac OS のサーバーバージョンで動作するように設計され、テストされています。
  • InDesign Server は Creative Cloud に含まれないので、別途購入する必要があります。

InDesign Server が最適なテクノロジーかどうか判断しかねる場合は、営業担当者(電話:888-649-2990)にお電話いただくか、アドビストアの InDesign Server 製品ページにある体験版のリンクをクリックし、体験版をダウンロードしてお試しください。

技術的な質問

詳しくは、「必要システム構成」を参照してください。

はい。デベロッパーは、ActionScript、C++、JavaScript、AppleScript、VBScript などの標準のプログラミング技術を使用して、InDesign の拡張および自動化を行うことができます。InDesign に統合されている Adobe Exchange を使用して、Creative Cloud のインストール全体に対する拡張機能を販売したり配布したりすることもできます。

InDesign のソフトウェア開発キット(SDK)には、InDesign プラグインのカスタマイズと構築に役立つドキュメント、ツール、サンプルコードが含まれています。詳しくは、InDesign デベロッパーセンターをご覧ください。InDesign でのパブリッシングタスクの自動化について詳しくは、「スクリプティングのリソース」を参照してください。

InDesign では、Photoshop、Illustrator、Adobe Premiere Pro といった他のアドビのプロフェッショナル製品に合わせ、デフォルトで UI の色が暗めに設定されています。ただし、UI の明るさは環境設定ダイアログボックスで簡単に変更できます。編集/環境設定/ユーザーインターフェイス(Windows)または InDesign/環境設定/ユーザーインターフェイス(Mac OS)の順に選択してください。

無償体験版

無料の Creative Cloud メンバーシップを利用して、InDesign の体験版を含む、Creative Cloud のアプリケーションをダウンロードできます。コンプリートプランにアップグレードすると、すべての Creative Cloud アプリケーションのフルバージョンのダウンロードが可能になります。

InDesign をダウンロードする前にお支払いの詳細を入力するように求められた場合は、体験版使用期間の終了後に自動的に有償プランに切り替わります。それ以外の場合は、Creative Cloud web サイトから直接プランを購入できます。

ご購入について

購入オプションについて詳しくは、Creative Cloud プランのページを参照してください。

InDesign の学習

作業の開始に必要なすべての情報とビデオ、チュートリアル、およびアドビと専門知識を持つコミュニティによる包括的な製品サポートについては、「InDesign ラーニングとサポート」を参照してください。

InDesign マニュアルの web および PDF バージョンは、InDesign ヘルプページにあります。

アドビのロゴ

アカウントにログイン