InDesign でプロパティパネルを使用して前後関係に依存するコントロールにアクセスする方法について説明します。

InDesign のプロパティパネルでは、現在のタスクやワークフローのコンテキストに応じた設定およびコントロールを表示できます。この新しいパネルは、必要なときに適切なコントロールにアクセスできるように使いやすさを考慮して設計されています。

プロパティパネルは、デフォルトでは初期設定ワークスペースで使用できます。また、ウィンドウプロパティでも使用できます。

各プロパティパネル領域でよく使用されるコントロールが先頭に表示されます。領域の右下隅の詳細オプションボタン(楕円形)をクリックするか、下線付きのオプションをクリックして、追加のコントロールにアクセスできます。

注意:

詳細オプションボタン(…)の状態は、すべてのセッションにわたって持続します。

プロパティパネル
プロパティパネル

選択なし

ドキュメント内で選択されているオブジェクトがないときに選択ツールを選択すると、プロパティパネルには、ページ、定規、グリッド、ガイド、スナップ、およびいくつかのよく使用される環境設定に関連するコントロールが表示されます。この状況では、ドキュメントに画像を配置するクイック操作ボタンがプロパティパネルに表示されます。

選択なし

選択されたオブジェクト

各選択について、プロパティパネルには 2 セットのコントロールが表示されます。

  • 変形と外観のコントロール: 幅、高さ、塗り、線、不透明度など。
  • 動的コントロール:選択したコンテンツに応じて、追加のコントロールが使用可能になることがあります。例えば、テキストオブジェクトの文字属性と段落属性を調整できます。画像オブジェクトの場合、プロパティパネルには、シェイプの変換、配置、画像の置換、埋め込みまたは埋め込み解除、編集ツール、エクスプローラーで表示の各コントロールが表示されます。
properties-panel-selected-objects
プロパティパネルで利用可能なコンテキストに応じたオプション

A. その他のオプションを表示 B. テキストオブジェクトに使用できるコントロール C. 長方形オブジェクトに使用できるコントロール D. リンクファイルに使用できるコントロール 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー