マニュアル キャンセル

トンボと裁ち落とし

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. スタイルパックの操作
      3. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. スタイルのマッピング、書き出し、管理
      3. オブジェクトスタイル
      4. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      5. スタイルの操作
      6. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. InDesign クラウドドキュメントの操作
    2. InDesign クラウドドキュメント | よくある質問
    3. 共有とコラボレーション        
    4. レビュー用に共有
    5. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    6. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 配置、書き出しおよび公開
      1. Publish Online
      2. グラフィックのコピーと挿入
      3. EPUB へのコンテンツの書き出し
      4. Adobe PDF オプション
      5. HTML へのコンテンツの書き出し
      6. Adobe PDF への書き出し
      7. JPEG 形式での書き出し
      8. HTML 形式で書き出し
      9. DPS および AEM Mobile の概要
      10. サポートされるファイル形式
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
  8. トラブルシューティング
    1. 修正された問題
    2. 起動時のクラッシュ
    3. 環境設定フォルダー読み取り専用エラー
    4. ファイルの問題のトラブルシューティング
    5. PDF の書き出し不可
    6. InDesign 文書復旧

トンボの指定

ドキュメントをプリントするとき、トンボの位置決めや校正刷りを作成する際のフィルム調整、適正なキャリブレーションとドット密度を得るためのフィルム調整などのために、いくつかのトンボを使用する必要があります。どのトンボのオプションを選択しても、トンボ、裁ち落とし(外トンボと内トンボの間の、アートワークをはみ出させて配置する印刷可能領域)、または印刷可能領域(ページや裁ち落としの外側に設定するプリンターの情報やカスタマイズしたカラーバーなどの情報を表示するような領域)が収まるように、印刷領域が拡張されます。

内トンボを設定するとき、アートワークに裁ち落としまたは印刷可能領域を含める場合は、内トンボを超えてアートワークを配置し、裁ち落としまたは印刷可能領域が含まれるようにします。また、用紙サイズが、ページやトンボ、裁ち落とし、印刷可能領域が収まるほど十分に大きいことを確認してください。ドキュメントが用紙サイズに合っていない場合、プリントダイアログボックスの「設定」セクションにある「ページの位置」オプションを使用して、アイテムをクリップする位置を指定することができます。

「内トンボ」オプションを選択した場合、スプレッドを印刷すると折り目が実線でプリントされます。

トンボ

A. 内トンボ B. センタートンボ C. ページ情報 D. カラーバー E. 外トンボ F. 印刷可能領域 

  1. ファイル/プリントを選択します。
  2. プリントダイアログボックスの左側のリストで「トンボと裁ち落とし」をクリックします。
  3. 「すべてのトンボとページ情報を印刷」を選択するか、必要なトンボを選択します。

裁ち落としと印刷可能領域は、ドキュメント設定ダイアログボックスで指定します。裁ち落としと印刷可能領域は、ドキュメントが最終的なページサイズに断裁されるときに削除されます。裁ち落としと印刷可能領域の外側のオブジェクトはプリントされません。

プリントするとき、「トンボと裁ち落とし」セクションの「裁ち落としと印刷可能領域」で、外トンボのデフォルト位置を変更できます。

PostScript 形式でファイルを保存すると、ポスト処理プログラムで可変裁ち落としが可能になります。

  1. ファイル/プリントを選択します。
  2. プリントダイアログボックスの左側のリストで「トンボと裁ち落とし」をクリックします。
  3. 「すべてのトンボとページ情報を印刷」を選択するか、必要なトンボを選択します。
  4. ドキュメント設定ダイアログボックスで裁ち落とし設定を変更するには、「ドキュメントの裁ち落とし設定を使用」をオフにし、単ページの場合は「上」、「下」、「左」、「右」に、見開きの場合は「天」、「地」、「ノド」、「小口」に 0 ~ 152.4mm の値を入力します。ページの全方向に均等にオフセットを拡張するには、すべての設定を同一にするアイコン をクリックします。
  5. ドキュメント設定ダイアログボックスで定義された印刷可能領域を使用してプリントする場合は、「印刷可能領域を含む」をクリックします。
注意:

プリントする前に裁ち落としと印刷可能領域をプレビューするには、ツールパネル下部にある裁ち落としモードアイコン または印刷可能領域モードアイコン をクリックします(これらのアイコンはプレビューモードアイコン で隠れている場合があります)。

トンボと裁ち落としのオプション

「トンボと裁ち落とし」セクションには次のオプションがあります。

すべてのトンボとページ情報をプリント

すべてのトンボ(内トンボ、外トンボ、センタートンボ、カラーバー、ページ情報など)を選択します。

内トンボ

ページをトリミングする位置を定義するための水平と垂直の細い罫線(ヘアライン)を追加します。内トンボは、色分解出力した各色版の位置を正確に見当合わせするためにも使用します。外トンボを合わせて使用することによって 2 重トンボを指定できます。

外トンボ

定義されているページサイズの外側を表す余白を定義するための細い罫線(ヘアライン)を追加します。

センタートンボ

カラードキュメント内の各色版を正しく重ねるために、ページ範囲の外側に小さな「ターゲット」を追加します。

カラーバー

CMYK のインキとグレーの階調(10 %ずつ増加)を表す小さなカラーの四角形を追加します。このマークは、出力センターや印刷会社が印刷機のインキ濃度を調節するために使用します。

ページ情報

用紙またはフィルムの各シートに、ファイル名、ページ番号、現在の日時、色版名をプリントします。「ページ情報」オプションは、ページの横方向の端に沿って 0.5 インチ(13 mm)必要です。

なお、ページ情報は、GothicBBB-Medium-83pv-RKSJ-H(中ゴシック体)フォントで印刷されます。

タイプ

デフォルトトンボまたはカスタムトンボ(日本語のページ用など)を選択できます。カスタムトンボを作成したり、他の会社が作成したトンボを使用したりすることができます。

線幅

内トンボと外トンボの線の指定可能な線幅を表示します。

オフセット

(裁ち落としではなく)ページの端からどれくらいの位置にトンボを描画するかを指定します。デフォルトでは、ページの端から 6 ポイントの位置にトンボが描画されます。トンボが裁ち落とし上に配置されないようにするには、「オフセット」に「裁ち落とし」より大きい値を入力します。

ページ位置の変更

ドキュメントをドキュメントサイズより大きいカットシート用紙サイズにプリントする場合、プリントダイアログボックスの「設定」セクションにある「ページの位置」オプションを使用して、裁ち落としと印刷可能領域、トンボ、用紙内のページの位置を調節することができます。ドキュメントと用紙の大きさが合っておらず、用紙からはみ出している場合は、ドキュメントをトリミングする位置を指定することができます。設定の結果は、プリントダイアログボックスのプレビューに表示されます。

注意:

裁ち落としと印刷可能領域、およびトンボを確認するには、「ページの位置」ではなく「幅に合わせる」オプションを選択します。この場合、ページ位置は常に中央揃えになります。「幅に合わせる」、「サムネール」、または「タイル」を選択している場合は、「ページの位置」オプションは使用できません。

  1. プリントダイアログボックスの「設定」セクションにある「ページの位置」で位置を選択します。
アドビのロゴ

アカウントにログイン