InDesign の Adobe 多言語対応段落コンポーザーは、インド語、中東、および東南アジアの言語のサポートを提供しています。これらの言語のテキストを使用してドキュメントを作成できます。

注意:

Adobe アプリケーションのテキスト機能は、各アプリケーションが異なるテキストエンジンを利用している可能性があるため、必ずしも機能の均衡が取れているとは限りません。また、テキスト機能は、アプリケーションの主な使用状況 (画像の編集、ページレイアウト、イラストレーションなど)によって変わる可能性があるため、適用するテキスト処理に応じて、アプリケーション間で書式設定、スタイル、編集可能性の保持状態が異なる場合があります。

東南アジア (SEA) の言語またはスクリプト は、現在すべての Adobe 製品ではサポートされていません。 SEA テキストを、現在 SEA スクリプトをサポートしている Adobe アプリから 、サポートしていないアプリへ移動させると、テキストのコピーのやフォーマットなどの一部またはすべてを失う可能性があります。この場合、次の点に注意してください。

  • Photoshop から他のアプリケーションに移動する前に、画像ファイルの統合が必要になる場合があります。
  • Adobe Illustrator のテキストファイルは、他のアプリケーションで使用する前にアウトラインへの変換が必要になる場合があります。
  • テキスト変換を行うと、あるアプリケーションから別のアプリケーションに移動した場合に、編集可能性が失われることがあります。

サポートされているアジア言語

Adobe 多言語対応段落コンポーザーでは、以下の言語がサポートされています。

インド言語 中東言語 東南アジア言語
  • Bengali
  • Gujarati
  • Hindi
  • Kannada
  • Malayalam
  • Marathi
  • Oriya
  • Punjabi
  • Tamil
  • Telugu
  • Arabic
  • Hebrew
詳しくは、アラビア語とヘブライ語を参照してください。
  • Thai
  • Sinhala
  • Burmese 
  • Lao
  • Khmer

Windows でこれらの言語を正しく使用するには、使用する特定の言語の言語フォントパックをインストールする必要があります。

詳しくは、Microsoft のヘルプドキュメント:言語パックを参照してください。

言語の選択

使用する言語に関連するオプションは、「プロパティ」パネルの「文字」セクションの「言語」ドロップダウンメニューで選択できます。 このオプションは、ハイフネーションとスペルチェックに使用できます。

文字パネル

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー