マニュアル キャンセル

グラデーション

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. InDesign でのワークスペースのカスタマイズ
      3. Toolbox
      4. 環境設定の指定
      5. プロパティパネル
      6. タッチワークスペース
      7. デフォルトのキーボードショートカット
      8. InDesign のヒストリーパネルを管理する
      9. ドキュメントの復元と取り消し
    3. 生成 AI
      1. テキストから画像生成
      2. 生成 AI に関する FAQ
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. InDesign(Beta)で PDF を InDesign ファイルに変換
      7. ブックファイルの作成
      8. 基本的なページ番号の追加
      9. ページ、章、セクションの番号の設定
      10. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      11. コンテンツの共有
      12. ファイル管理の基本ワークフロー
      13. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
      2. 定規を使用したオブジェクトの整列と分布
      3. ものさしツールを使用したオブジェクトの測定
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. 東南アジア言語のスクリプト
      4. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      5. パステキストの作成
      6. 箇条書きと自動番号の使用
      7. グリフと特殊文字
      8. テキスト組版
      9. テキスト変数
      10. QR コードの作成
      11. テキストの編集
      12. テキストの行揃え
      13. オブジェクトへのテキストの回り込み
      14. アンカー付きオブジェクト
      15. リンクコンテンツ
      16. 段落の書式設定
      17. 文字の書式設定
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. テキストのスタイルの自動設定
      3. スタイルパックの操作
      4. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. スペルチェックと言語の辞書
      1. スペルチェック、スペル自動修正、ダイナミックスペルチェック
      2. 辞書と単語を作成、追加、管理する
      3. 辞書の環境設定の変更
      4. Duden 辞書
    6. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 後注
      5. キャプション
    7. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. スタイルのマッピング、書き出し、管理
      3. オブジェクトスタイル
      4. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      5. スタイルの操作
      6. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    8. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
    9. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. フレームとオブジェクト
      10. オブジェクトの整列と分布
      11. リンクと埋め込み画像
      12. AEM Assets の統合
    10. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 検索と置換
    1. テキストの検索と置換
    2. フォントの検索と置換
    3. 字形の検索と置換
    4. 正規表現とクエリを使用した検索と置換
    5. オブジェクトの検索と置換
    6. カラーの検索と置換
    7. 検索および置換を行うための検索オプション
  6. 共有
    1. クラウドドキュメントの保存とアクセス
    2. クラウドドキュメントの整理、管理、共有
    3. クラウドドキュメントのバージョンの表示と管理
    4. InDesign クラウドドキュメントのよくある質問
    5. 共有とコラボレーション        
    6. レビュー用に共有
    7. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    8. フィードバックの管理 
  7. 公開
    1. 配置、書き出しおよび公開
      1. Publish Online
      2. Publish Online ダッシュボード
      3. グラフィックのコピーと挿入
      4. EPUB へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF オプション
      6. HTML へのコンテンツの書き出し
      7. Adobe PDF への書き出し
      8. JPEG 形式での書き出し
      9. HTML 形式で書き出し
      10. DPS および AEM Mobile の概要
      11. サポートされるファイル形式
      12. ユーザー設定の書き出しと読み込み
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  8. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
  9. トラブルシューティング
    1. 修正された問題
    2. 既知の問題
    3. 起動時のクラッシュ
    4. 環境設定フォルダー読み取り専用エラー
    5. ファイルの問題のトラブルシューティング
    6. InDesign ファイルを PDF に書き出すことができません
    7. InDesign 文書復旧

グラデーションについて

グラデーションとは、複数のカラー、または同じカラーの異なる濃度をブレンドして徐々に変化させたものです。使用する出力デバイスによって、グラデーションの色分解出力は異なります。

任意のカラーモードで定義した紙色、プロセスカラー、特色、混合インキカラーなどを使用してでグラデーションを作成することができます。グラデーションは、グラデーションバーの「グラデーション停止」によって定義されます。停止とは、グラデーションがカラーから次のカラーへ変化する地点で、グラデーションバーの下にあるカラーの四角形が「グラデーション停止」を表しています。デフォルトでは、グラデーションは 2 色のカラーで作成され、中間点は 50 %に設定されています。

注意:

複数のカラーモードのカラーを使用して作成したグラデーションを印刷または色分解出力すると、すべてのカラーが CMYK プロセスカラーに変換されます。カラーモードを変更すると、カラーが変化する可能性があります。最適な出力結果を得るには、CMYK カラーを使用してグラデーションを作成してください。

グラデーションスウォッチの作成

スウォッチパネルを使用して、グラデーションスウォッチを作成、登録、編集することができます。また、グラデーションパネルを使用して名称未設定グラデーションを作成することもできます。

  1. スウォッチパネルメニューから「新規グラデーションスウォッチ」を選択します。
  2. 「スウォッチ名」に、グラデーションの名前を入力します。
  3. 種類ポップアップメニューから「線形」または「円形」を選択します。
  4. グラデーションバーの下にある開始点のグラデーション停止を選択します。
    開始点のグラデーション停止

  5. ストップカラーポップアップメニューで、次のいずれかの操作を行います。
    • スウォッチパネルにあるカラーを選択するには、「スウォッチ」をクリックし、リストからカラーを選択します。

    • 名称未設定カラーでグラデーションを作成するには、任意のカラーモードを選択してカラー値を入力するか、スライダーをドラッグします。

      ヒント:デフォルトでは、開始点のグラデーション停止は「白」に設定されます。開始点のグラデーション停止を透明に設定するには、「紙色」を適用してください。

  6. グラデーションの終点になるカラーを変更するには、グラデーションバーの下にある終点のグラデーション停止を選択して、手順 5 を繰り返します。
  7. グラデーションカラーの位置を調整するには、次のいずれかの操作を行います。
    • グラデーションバーの下にある各グラデーション停止をドラッグします。

    • グラデーションバーの下にあるグラデーション停止を選択し、そのカラーの位置を設定する値を「位置」に入力します。この位置は、前のカラーと次のカラーの間の距離の割合を表します。

  8. 2 色のグラデーションカラーの中間点(カラーが 50 %になる地点)を調整するには、次のいずれかの操作を行います。
    • グラデーションバーの上にあるダイヤモンド形の中間点アイコンをドラッグします。

    • グラデーションバーの上にあるダイヤモンド形の中間点アイコンを選択し、「位置」にそのカラーの位置を設定する値を入力します。この位置は、前のカラーと次のカラーの間の距離の割合を表します。

  9. 「OK」または「追加」をクリックします。グラデーションが名前付きでスウォッチパネルに保存されます。

グラデーションパネルを使用した名称未設定グラデーションの適用

グラデーションの作成や保存には、スウォッチパネルを使用することを推奨しますが、Adobe Illustrator を使用している場合は、使い慣れたグラデーションパネル(ウィンドウ/カラー/グラデーションを選択)でグラデーションの作成や変更を行うこともできます。また、現在選択されているグラデーションは、いつでもスウォッチパネルに追加することができます。グラデーションパネルは、あまり使用しない名称未設定のグラデーションを作成するときに便利です。

グラデーションパネル

A. グラデーションの塗り B. グラデーションの種類メニュー C. 逆方向ボタン D. 開始点のグラデーション停止 E. 中間点 F. 終点のグラデーション停止 

注意:

登録済みグラデーションが適用されているオブジェクトを選択し、グラデーションパネルを使用して、適用されているグラデーションを編集すると、そのオブジェクトのグラデーションだけが変更されます。ドキュメント全体に適用されているグラデーションスウォッチを編集するには、スウォッチパネル内でグラデーションスウォッチをダブルクリックして編集するようにしてください。

  1. 変更するオブジェクトを選択します。
  2. スウォッチパネルまたはツールパネルで、塗りボックスまたは線ボックスをクリックします。グラデーションの塗りボックスが表示されていなければ、グラデーションパネルメニューから「オプションを表示」を選択します。
  3. グラデーションパネルを表示するには、ウィンドウ/カラー/グラデーションを選択するか、ツールパネルでグラデーションツール をダブルクリックします。
  4. グラデーションの開始点のカラーを定義するには、グラデーションバーの下の一番左側にある開始点のグラデーション停止をクリックしてから、次のいずれかの操作を行います。
    • スウォッチパネルから適用するスウォッチをドラッグし、グラデーション停止上にドロップします。

    • スウォッチパネルで、Alt キー(Windows)または Option キー(Macintosh)を押しながらカラースウォッチをクリックします。

    • カラーパネルで、スライダーまたはカラーバーを使用してカラーを作成します。

  5. グラデーションの終点のカラーを定義するには、グラデーションバーの下の一番右側にある終点のグラデーション停止をクリックします。手順 4 と同じ方法で、適用するカラーを選択します。
  6. 種類メニューで「線形」または「円形」を選択し、カラーおよび中間点の位置を調整します。詳しくは、グラデーションスウォッチの作成を参照してください。
  7. グラデーションの角度を調整するには、「角度」に値を入力します。

グラデーションの修正

カラーを追加してマルチカラーグラデーションを作成したり、グラデーション停止や中間点を調整することによって、グラデーションを修正することができます。グラデーションをオブジェクトに適用してから編集すると、変更内容をプレビューしながらグラデーションを調整できるので便利です。

注意:

Adobe Illustrator から AICB(Adobe Illustrator Clipboard)形式でペーストされたグラデーションも修正することができます(Illustrator グラフィックの InDesign へのペーストを参照してください)。グラデーションを選択するには、ダイレクト選択ツールを使用します。

注意:

カラースウォッチを編集すると、そのスウォッチを使用するグラデーション停止もすべて更新され、グラデーションも変更されます。

グラデーションへの中間色の追加

  1. スウォッチパネル内のグラデーションスウォッチをダブルクリックするか、グラデーションパネルを表示します。
  2. グラデーションバーの下の任意の位置をクリックして新しいグラデーション停止を追加します。追加したグラデーション停止には、クリックした位置のカラー値によって、自動的にカラー値が定義されます。
  3. 追加したグラデーション停止を調整します。
    注意:

    スウォッチをスウォッチパネルからグラデーションパネルのグラデーションバーにドラッグして、新しいグラデーション停止を定義することもできます。

グラデーションカラーからの中間カラーの削除

  1. 中間のグラデーション停止を選択し、パネルの外側までドラッグします。

グラデーションのカラーの移行の反転

  1. グラデーションが適用されているオブジェクト、グラデーションパネルの「グラデーションの塗り」またはグラデーションスウォッチをクリックして、グラデーションを有効にします。
  2. グラデーションパネルで逆方向ボタン をクリックします。

グラデーションツールでのグラデーションの調整

オブジェクトをグラデーションで塗りつぶした後、グラデーションスウォッチツール またはグラデーションぼかしツール を使用して、オブジェクト上をドラッグして塗りを「再ペイント」することで、そのグラデーションを修正することができます。グラデーションツールを使用して、グラデーションの方向を変えたり、グラデーションの開始点と終点を変更したり、複数のオブジェクトにわたってグラデーションを適用することができます。グラデーションぼかしツールを使用して、ドラッグした方向にグラデーションを半透明にすることができます。

  1. スウォッチパネルまたはツールパネルで、元のグラデーションが適用された場所に応じて、塗りボックスまたは線ボックスを選択します。
  2. グラデーションスウォッチツールまたはグラデーションぼかしツールを選択し、グラデーションの開始点にする位置にマウスポインターを置きます。グラデーションを適用する方向にオブジェクト上をドラッグします。Shift キーを押しながらドラッグすると、角度が 45 度単位に固定されます。

    グラデーションを横切ってグラデーションぼかしツールをドラッグすると、ドラッグした領域内のグラデーションのカラーが徐々に半透明になります。

  3. グラデーションの終点にする位置でマウスボタンを放します。

複数のオブジェクトへのグラデーションの適用

  1. 選択したすべてのオブジェクトにグラデーションが適用されていることを確認します。
  2. ツールパネルで、塗りボックスまたは線ボックスを選択します。
  3. グラデーションツール を選択し、グラデーションの開始点にする位置にマウスポイントを置きます。グラデーションを適用する方向にオブジェクト上をドラッグします。Shift キーを押しながらドラッグすると、角度が 45 度単位に固定されます。
  4. グラデーションの終点にする位置でマウスボタンを放します。
デフォルトのグラデーションの塗り(左)とオブジェクト全体に適用したグラデーション(右)

注意:

グラデーションが適用されている複合パスを選択すると、グラデーションパネルだけを使用してサブパス全部のグラデーションを編集できます。グラデーションツールは不要です。

テキストへのグラデーションの適用

単独のテキストフレーム内では、デフォルトの黒テキストおよびカラーテキストに、範囲を指定してグラデーションを適用することも可能です。

グラデーションの終点は、常にグラデーションのパスまたはテキストフレームの境界線ボックスに相対して固定されます。個々のテキストのカラーには、配置された位置のグラデーションのカラーが表示されます。テキストフレームのサイズを変更したり、テキストが改行されるような操作を行うと、テキストはグラデーション全体に再分配され、それに応じて個々の文字のカラーも変わります。

テキストにグラデーションの塗りを適用

A. グラデーションの塗り B. グラデーションが適用されたテキストの文字 C. テキストを追加したことによって、グラデーションの塗りの位置が移動し、色が変ったテキスト 

グラデーションの開始点から終点までのカラー全体がテキストの特定範囲に適用されるように調整するには、2 つの方法があります。

  • 選択した文字だけにグラデーションが適用されるように、グラデーションツールを使用してグラデーションの終点を再設定します。

  • テキストを選択してアウトライン(編集可能パス)に変換してから、そのアウトラインにグラデーションを適用します。この方法は、テキストフレーム内の一部の短いテキストに適用する場合に最適です。グラデーションはテキストフレームではなくアウトライン化したテキストに固定されており、他のテキストと共に位置が移動しても、グラデーションもその文字と共に移動します。ただし、アウトライン化したテキストは、インライングラフィックとして扱われるため、テキストを編集することはできなくなります。また、組版のオプションも適用されなくなります。例えば、アウトラインに変換されたテキストはハイフンで区切ることができません。

デフォルトでは、位置を移動した文字のカラーは、適用したグラデーションに応じて変化し(左)、文字をアウトラインに変換すると、適用したグラデーションがその文字と共に移動する(右)

テキストアウトラインからパスへの変換について詳しくは、テキストアウトラインを使用したパスの作成を参照してください。

1 つのテキストフレーム内の複数のグラデーション

1 つのテキストフレームで複数のテキスト範囲を選択し、各範囲に対して個々にグラデーションを適用することができます。各グラデーションはテキストフレームに追加され、各グラデーションを適用したときに選択した文字ごとに別々に塗り分けられます。ただし、各グラデーションの終点は、個々のテキスト範囲ではなく、テキストフレームの境界線ボックスになります。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン