グリッド

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. マスターページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. スクリプティング

グリッドの使用

プリントされないグリッドとして、段落を揃えるベースライングリッドとオブジェクトを揃えるドキュメントグリッドの 2 種類を使用できます。ベースライングリッドは罫線入りのノート、ドキュメントグリッドは方眼紙と似ています。どちらのグリッドもカスタマイズできます。

ベースライングリッド(左)とドキュメントグリッド(右)

グリッドには、以下のような特徴があります。

  • ベースライングリッドがスプレッド全体に表示されるのに対し、ドキュメントグリッドはペーストボード全体に表示されます。

  • ベースライングリッドとドキュメントグリッドは、すべてのスプレッドに表示されますが、マスターに割り当てることはできません。

  • ドキュメントグリッドは、すべてのガイド、レイヤー、オブジェクトの前面または背面に表示できますが、レイヤーに割り当てることはできません。

ベースライングリッドの設定

ドキュメント全体に対するベースライングリッドの設定を行うには、グリッド環境設定を使用します。

注意:

テキストフレームに対するベースライングリッドの設定は、テキストフレーム設定を使用します(テキストフレームのプロパティの変更を参照してください)。

  1. 編集/環境設定/グリッド(Windows)または InDesign/環境設定/グリッド(Mac OS)を選択します。

  2. 「ベースライングリッド」のカラーポップアップメニューから既定の色を選択して、ベースライングリッドの色を指定します。また、ポップアップメニューから「カスタム」を選択することもできます。

  3. 相対ポップアップメニューで、ページの先頭または天マージンのいずれかをグリッドの開始位置として指定します。

  4. 「開始」には、相対ポップアップメニューから選択するオプションに応じて、ページの先頭またはページの天マージンからどれだけの位置からグリッドを開始するかの値を入力します。垂直定規をベースライングリッドに揃えるのが困難な場合は、0 を指定してみてください。

  5. 「グリッドの間隔」には、グリッドラインの間隔を指定します。通常は、テキストの行がベースライングリッドに完全に揃うように、本文の行送りと同じ値を入力します。

    ドキュメントウィンドウでのベースライングリッド

    A. 最初のグリッドライン B. グリッドラインの間隔 

  6. 「ズーム度限界」では、グリッドが表示される表示倍率の下限を指定します。この値を大きくすることで、表示倍率が小さいときにグリッドラインが密集してドキュメントが見づらくなるのを防ぐことができます。

    「ズーム度限界」より小さい表示倍率のときのベースライングリッド(左)、「ズーム度限界」より大きい表示倍率のときのベースライングリッド(右)

  7. 「OK」をクリックします。

注意:

「ガイドにスナップ」コマンドは、ガイドへのスナップと、ベースライングリッドへのスナップの両方を制御します。

ドキュメントグリッドの設定

  1. 編集/環境設定/グリッド(Windows)または InDesign/環境設定/グリッド(Mac OS)を選択します。

  2. 「ドキュメントグリッド」のカラーポップアップメニューから既定の色を選択して、ドキュメントグリッドの色を指定します。また、カラーポップアップメニューから「カスタム」を選択することもできます。

  3. 水平方向のグリッド間隔を設定するには、「横組み」セクションで「グリッドの間隔」を指定してから、各グリッドライン間を細分する値を「分割線」で指定します。

  4. 垂直方向のグリッド間隔を設定するには、「縦組み」セクションで「グリッドの間隔」を指定してから、各グリッドライン間を細分する値を「分割線」で指定します。

  5. 次のいずれかの操作を行い、「OK」をクリックします。

    • ドキュメントグリッドとベースライングリッドを他のすべてのオブジェクトの背面に置くには、「背面にグリッドを表示」を選択します。

    • ドキュメントグリッドとベースライングリッドを他のすべてのオブジェクトの前面に置くには、「背面にグリッドを表示」の選択を解除します。

注意:

ガイドを他のすべてのオブジェクトの背後に表示するには、ドキュメントウィンドウで何もない領域を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、コンテキストメニューのグリッドとガイド/背面にガイドを表示を選択します。

グリッドの表示と非表示の切り替え

  • ベースライングリッドを表示または非表示にするには、表示/グリッドとガイド/ベースライングリッドを表示、またはベースライングリッドを隠すを選択します。

  • ドキュメントグリッドを表示または非表示にするには、表示/グリッドとガイド/ドキュメントグリッドを表示、またはドキュメントグリッドを隠すを選択します。

オブジェクトのグリッドへのスナップ

スナップが有効になっている場合、オブジェクトをグリッドに近づけ、スナップが機能する範囲内に入ると、オブジェクトがグリッドに吸着します。

ドキュメントグリッドへのオブジェクトのスナップ

  1. 表示/グリッドとガイドを選択し、「グリッドにスナップ」が選択されている(チェックマークが表示されている)ことを確認します。選択されていない場合は、クリックして選択します。
    注意:

    「ガイドにスナップ」コマンドは、ガイドへのスナップと、ベースライングリッドへのスナップの両方を制御します。

  2. スナップが機能する範囲を指定するには、編集/環境設定/ガイドとペーストボード(Windows)、または InDesign/環境設定/ガイドとペーストボード(Mac OS)を選択し、「スナップの範囲」に値を入力して、「OK」をクリックします。「スナップの範囲」の値は、常にピクセル単位で指定します。

オブジェクトをグリッドにスナップするには、オブジェクトをグリッドに向かってドラッグし、オブジェクトの 1 つ以上の境界がグリッドのスナップ範囲内に入るようにします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン