マニュアル キャンセル

テキストの連結

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
注意:

平等な言葉遣い:アドビのコアとなる包括性の価値を反映するために、InDesign 2022(バージョン 17.0)以降の非包括的言語を置き換えます。英語、デンマーク語、ハンガリー語、スペイン語、イタリア語、ブラジル語、ポルトガル語、および日本語のロケールのヘルプ記事では、マスターページへの参照はすべて親ページに置き換えられます

テキストフレームの連結

テキストフレーム内のテキストは、他のテキストフレームから独立させることも、連結しているフレームに流し込むこともできます。連結しているフレーム(テキストボックスとも呼ばれる)にテキストを流し込むには、まずフレームを連結する必要があります。連結しているフレームは、同じページ、スプレッドまたはドキュメントの他のページにレイアウトすることができます。フレーム間でテキストを連結する処理をテキスト連結と呼びます。また、テキストフレームのリンクまたはテキストボックスのリンクと呼ばれることもあります。

各テキストフレームには、他のテキストフレームと連結させるためのインポート(入口)とアウトポート(出口)があります。四角形の中が空白になっているインポートまたはアウトポートは、ストーリーの先頭または末尾を示します。インポートまたはアウトポートに表示されている矢印は、そのフレームが他のフレームとリンクしていることを示しています。アウトポートの赤いプラス記号(+)は、ストーリーにまだ割り付けられていないテキストが残っているが、それを配置するテキストフレームがないことを示しています。表示されていないこのようなテキストをオーバーセットテキストと呼びます。

連結しているフレーム

A. ストーリーの先頭を示す空白のインポート B. 次のフレームへの連結を示すアウトポート C. テキスト連結 D. 前のフレームへの連結を示すインポート E. オーバーセットテキストがあることを示すアウトポート 

テキスト連結を示すマーカーを表示するには、表示/エクストラ/テキスト連結を表示を選択します。テキストフレームまたはフレームグリッドは、テキストが含まれているかどうかにかかわらず連結することができます。

新しい連結テキストフレームの追加

  1. 選択ツール でテキストフレームを選択し、テキストフレームのインポートまたはアウトポートをクリックします。ポインターがテキスト配置アイコンに変わります。

    選択したフレームよりも前にフレームを作成するにはインポートを、後にフレームを作成するにはアウトポートをクリックします。

  2. 新規テキストフレームを配置する場所にテキストの流し込みアイコン を置き、クリックまたはドラッグして新規テキストフレームを作成します。
注意:

テキストの流し込みアイコンが表示されている間でも、ページをめくったり、新しいページを作成したり、拡大/縮小したりするなど、様々な操作を行うことができます。新しいテキストフレームを配置する前に 2 つのフレームの連結を取り消したい場合、ツールパネルのいずれかのツールをクリックします。テキストは削除されません。

既存のテキストフレームの連結

  1. 選択ツールでテキストフレームを選択し、フレームのインポートまたはアウトポートをクリックします。ポインターがテキスト配置アイコンに変わります。
  2. 連結するフレームにテキストの流し込みアイコンを置きます。テキストの流し込みアイコンが連結アイコンに変わります。
    既存のフレームの連結

  3. フレームの内側をクリックすると、2 つのフレームが連結されます。

フレームグリッドをプレーンテキストフレームまたは異なるグリッド設定の他のフレームグリッドに連結すると、連結先のテキストフレームは、連結元のフレームグリッドの設定に合わせて再定義されます。

注意:

ページ間にわたって連結フレームがある場合、他のページから続く、または他のページへ続くストーリーを追跡するためのジャンプ行(例えば「42 ページへ続く」など)を自動的に追加することができます(詳しくは、ストーリーのジャンプに対する自動ページ番号の追加を参照してください)。

連結テキストフレームの中間へのフレームの追加

  1. 選択ツールを使用して、フレームを追加するストーリーのアウトポートをクリックします。ポインターがテキストの流し込みアイコンに変わります。
  2. ドラッグして新規フレームを作成するか、別のテキストフレームをクリックします。ストーリーを含んでいる場合も同様に連結するフレームを追加することができます。
連結したフレームの間に新たにフレームを追加(上)、その結果(下)

テキストフレームの連結解除

テキストフレームの連結を解除すると、連結されているすべてのフレーム間でのつながりが分断されます。連結フレームにまたがって表示されていたテキストはオーバーセットテキストになりますが、ストーリー内のテキストが削除されることはありません。連結を解除したフレームは空になります。

  1. 選択ツールで、次のいずれかの操作を行います。
    • インポートまたはアウトポートをダブルクリックしてフレーム間の連結を解除します。
    • 連結が表示されているインポートまたはアウトポートをクリックします。例えば、2 つの連結フレームの場合なら、1 つ目のアウトポートまたは 2 つ目のフレームのインポートをクリックします。連結解除アイコン を表示するには、テキストの流し込みアイコンを前または次のフレームに置きます。連結を解除したいフレーム内をクリックします。
    フレームの連結の解除

注意:

1 つのストーリーを 2 つのストーリーに分割するには、2 つ目のストーリーに含めたいテキストをカットしてから、フレームの連結を解除し、カットしたテキストを 2 つ目のストーリーの最初のフレームにペーストします。

連結されたテキストフレームのカットまたは削除

テキストフレームをカットまたは削除しても、テキストは削除されずに連結されたままの状態になります。

連結テキストフレームからの一部のフレームのカット

連結テキストフレームからフレームをカットし、別のフレームにペーストすることができます。テキストのコピーと同時にフレームは削除されますが、元のストーリーからテキストは削除されません。連結している複数のテキストフレームを一度にカットしてペーストした場合、ペーストされたフレームは互いの連結を保持していますが、元のストーリーの他のフレームとの連結は解除されます。

  1. 選択ツールを使用して、フレームを選択します(複数のフレームを選択するには、Shift キーを押しながらフレームをクリックします)。
  2. 編集/カットを選択します。カットしたフレームは削除されますが、フレーム内のテキストはストーリー内の次のフレームに流れ込みます。ストーリーの最後のフレームをカットすると、含まれていたテキストはオーバーセットテキストとして、その前のフレームに移動します。
  3. カットしたフレームをドキュメントの別の場所で使用するには、カットしたフレームをペーストするページを表示してから、編集/ペーストを選択します。

連結テキストフレームからの一部のフレームの削除

連結テキストの一部のテキストフレームを削除すると、テキストは削除されず、前のフレームでオーバーセットテキストになるか、ストーリー内の次のフレームに流れ込みます。削除したフレームがいずれのフレームとも連結していない場合は、フレームと共にテキストも削除されます。

  1. 次のいずれかの操作を行って、テキストフレームを選択します。
    • 選択ツールを使用して、フレームをクリックします。
    • 文字ツールを使用して、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらフレームをクリックします。
  2. Backspace キー(Windows)または Delete キー(Macintosh)を押します。

手動または自動によるテキストの流し込み

テキストを配置したり、インポートまたはアウトポートをクリックすると、ポインターはテキストの流し込みアイコン になります。このテキストの流し込みアイコンを使用して、ページにテキストを流し込みます。修飾キー押すことにより、テキストの流し込み方法を指定することができます。テキストの流し込みアイコンの外観は、配置される場所に応じて変わります。

テキストの流し込みアイコンを既存のフレーム内に置くと、括弧で囲まれたアイコン が表示されます。テキストの流し込みアイコンを、ガイドまたはグリッドに吸着する場所に置くと、ポインターの黒い矢印が白い矢印 になります。

テキストを流し込むには 4 つの方法があります。

方法

説明

手動テキスト流し込み

テキストを 1 つのフレームに追加します。テキストの流し込みを続行するには、テキストの流し込みアイコンを再度表示させる必要があります。

半自動流し込み :Alt キー(Windows)または Option キー(Macintosh)を押しながらクリック

手動テキスト流し込みとほぼ同じですが、流し込みが止まった時点で、割り付けられていないテキストが残っていると、ポインターがテキストの流し込みアイコンのままであるため、すべてのテキストが流し込まれるまで流し込みを続行することができます。

自動流し込み :Shift キーを押しながらクリック

すべてのテキストがドキュメントに流し込まれるまで、ドキュメントページとフレームが追加されます。

固定ページ自動流し込み :Shift+Alt キー(Windows)または Shift+Option キー(Macintosh)を押しながらクリック

ページを追加することなく、必要に応じてフレームを追加してドキュメントにすべてのテキストを流し込みます。入り切らないテキストはオーバーセットします。

テキストをフレームに流し込むとき、InDesign は横組みか縦組みかを検出します。半自動流し込みまたは自動流し込みで流し込むと、ストーリーパネルで設定されているフレームの種類と組み方向でテキストが流し込まれます。流し込むときのアイコンの表示で、テキストの組み方向がわかります。

テキストの手動流し込み

  1. 「配置」コマンドを使用して、ファイルを選択するか、選択したテキストフレームのアウトポート をクリックします。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • テキストの流し込みアイコンを既存のフレームまたはパスの内側に置いて、クリックします。テキストは、クリックしたフレームとそれに連結している他のすべてのフレームに流し込まれます。フレームに段組が設定されている場合は、別の段をクリックしても、テキストの流し込みは常に左端の段の一番上(横組みの場合)または一番上の右端のフレーム(縦組みの場合)から開始されます。
    • テキストの流し込みアイコンをレイアウトグリッドで設定されている段に置き、クリックします。クリックした位置から、段の幅と同じ幅のフレームが自動的に作成されます。
    • テキストの流し込みアイコンをドラッグして、幅と高さを任意に設定したテキストフレームを作成します。
  3. 配置するテキストがさらにある場合は、アウトポートをクリックして、すべてのテキストが配置されるまで手順 1 および 2 を繰り返します。
注意:

他のフレームと連結しているフレームにテキストを流し込むと、流し込みの方法にかかわらず、テキストは他の連結したフレームに自動的に流し込まれます。

テキストの半自動流し込み

  1. テキストの流し込みアイコンが表示されているときに、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、ページ、フレーム、段のいずれかをクリックします。

手動流し込みと同様に、1 つの段にテキストが流し込まれますが、流し込みが止まった時点で割り付けられていないテキストが残っていると、テキストの流し込みアイコンが表示されたままになり、流し込みを続行することができます。

テキストの自動流し込み

  1. テキストの流し込みアイコンが表示されているときに、Shift キーを押しながら、次のいずれかの操作を行います。
    • テキストの流し込みアイコンで段をクリックします。すべてのテキストが割り付け終わるまで、その段の幅のフレームが自動的に作成され、テキストが流し込まれます。1 ページで割り付けられない場合は、自動的にドキュメントページが作成されます。
    • ドキュメントページのプライマリテキストフレームの内側をクリックします。テキストがドキュメントページのフレームに自動的に流し込まれ、必要に応じて、プライマリテキストフレームの属性に基づいて新規ページが作成されます(詳しくは、親ページ、重なり順、レイヤーについてを参照してください)。

固定自動流し込み

  1. Shift+Alt キー(Windows)または Shift+Option キー(Mac OS)を押しながらテキストの流し込みアイコンをクリックします。

スマートテキストのリフロー処理の使用

スマートテキストのリフロー処理機能を使用すると、テキストの入力時や編集時にページを追加または削除できます。InDesign をテキストエディターとして使用している場合、この機能を使用すると、入力テキストが現在のページに収まらなくなったとき新しいページが追加されるため便利です。テキストの編集や条件テキストの表示 / 非表示などの変更に伴ってテキストの流し込みが変わる場合に、オーバーセットテキストや空白ページを避けることもできます。

デフォルトでは、スマートテキストのリフロー処理はプライマリテキストフレーム(親ページ上のテキストフレーム)でのみ使用できます。ドキュメントに見開きページがある場合、スマートテキストのリフロー処理を使用するには、左右両方の親ページに表示されるプライマリテキストフレームが連結されている必要があります。

親ページに基づかないテキストフレームで作業する場合は、ページを追加または削除できるように設定を変更できます。ただし、スマートテキストのリフロー処理を使用するには、テキストフレームが別のページの最低 1 つのテキストフレームと連結されている必要があります。

スマートテキストのリフロー処理設定は、テキスト環境設定ダイアログボックスから設定することができます。これらの設定は、現在のドキュメントに適用されます。すべての新規ドキュメントに対するデフォルト設定を変更するには、すべてのドキュメントを閉じた状態で設定します。

  1. 編集/環境設定/テキスト(Windows)または InDesign/環境設定/テキスト(macOS)を選択します。

  2. スマートテキストのリフロー処理を選択します。

  3. 次のいずれかのオプションを選択し、「OK」をクリックします。

ページの追加先

新規ページの作成先を指定します。例えば、3 ページのドキュメントのうち最初の 2 ページにテキストフレームがあり、最後の 1 ページは全体がグラフィックページであるとします。ここで 2 ページ目の末尾までテキストを入力した場合に、3 ページ目であるグラフィックページの前に新しいページが追加されるようにするか、後に追加されるようにするかを指定できます。「ストーリーの最後」を選択すると、新規ページは 2 ページ目の直後に追加されます。「ドキュメントの最後」を選択すると、新規ページはグラフィックページの後に追加されます。

ドキュメントが複数のセクションで構成されている場合は、「セクションの最後」を選択してセクションの最後にページを追加できます。

プライマリテキストフレームに制限する

このオプションがオフの場合は、親ページに基づかないテキストフレームの編集時にもページを追加または削除できます。不要なテキストの流し込みを避けるために、編集しているテキストフレームが別のページの最低 1 つのテキストフレームに連結されている場合にのみ、スマートテキストのリフロー処理が機能します。

注意:親ページに基づかないテキストフレームでスマートテキストのリフロー処理を使用すると、連結元のテキストフレームの属性は無視され、追加されたページにはマージンガイドと同じサイズで 1 段のテキストフレームが作成されます。

見開きページスプレッドを保持

ドキュメントの途中にテキストを流し込んだときに見開きスプレッドを保持するかどうかを指定します。このオプションを選択してドキュメントの途中にテキストを流し込むと、新しい 2 ページのスプレッドが追加されます。このオプションを選択解除すると、1 ページのみ追加され、後続のページが順送りされます。

レイアウトのデザイン要素の位置をスプレッドの右側または左側に固定する場合は、このオプションをオンにします。ページの位置を右側や左側に固定しない場合は、このオプションをオフにします。ドキュメントに見開きページがない場合、このオプションはグレー表示になります。

空のページを削除

テキストを編集したり条件を隠したりしたときに空白になったページを削除するには、このオプションを選択します。テキストの削除などでページ上のオブジェクトが空白のテキストフレームだけになった場合にページが削除されます。

注意:

スマートテキストのリフロー処理で InDesign をテキストエディターとして使用するには、新規ドキュメントダイアログボックスで「見開きページ」をオフにし、「プライマリテキストフレーム」をオンにしてドキュメントを作成します。テキストの環境設定ダイアログボックスで、「スマートテキストのリフロー処理」と「空のページを削除」が選択されていることを確認します。最初のページで、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら Shift キーを押し、プライマリテキストフレームをクリックしてオーバーライドします。このテキストフレームの末尾まで入力すると、新しいページとテキストフレームが自動的に追加されます。テキストを削除してテキストフレームが空になると、ページが削除されます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン