マニュアル キャンセル

カーニングと字送り

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. InDesign でのワークスペースのカスタマイズ
      3. Toolbox
      4. 環境設定の指定
      5. プロパティパネル
      6. タッチワークスペース
      7. 初期設定のキーボードショートカット
      8. ドキュメントの復元と取り消し
    3. 生成 AI
      1. テキストから画像生成
      2. 生成 AI に関する FAQ
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. InDesign(Beta)で PDF を InDesign ファイルに変換
      7. ブックファイルの作成
      8. 基本的なページ番号の追加
      9. ページ、章、セクションの番号の設定
      10. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      11. コンテンツの共有
      12. ファイル管理の基本ワークフロー
      13. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
      2. 定規を使用したオブジェクトの整列と分布
      3. ものさしツールを使用したオブジェクトの測定
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. 東南アジア言語のスクリプト
      4. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      5. パステキストの作成
      6. 箇条書きと自動番号の使用
      7. グリフと特殊文字
      8. テキスト組版
      9. テキスト変数
      10. QR コードの作成
      11. テキストの編集
      12. テキストの行揃え
      13. オブジェクトへのテキストの回り込み
      14. アンカー付きオブジェクト
      15. リンクコンテンツ
      16. 段落の書式設定
      17. 文字の書式設定
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. テキストのスタイルの自動設定
      3. スタイルパックの操作
      4. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. スペルチェックと言語の辞書
      1. スペルチェック、スペル自動修正、ダイナミックスペルチェック
      2. 辞書と単語を作成、追加、管理する
      3. 辞書の環境設定の変更
      4. Duden 辞書
    6. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 後注
      5. キャプション
    7. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. スタイルのマッピング、書き出し、管理
      3. オブジェクトスタイル
      4. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      5. スタイルの操作
      6. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    8. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
    9. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. フレームとオブジェクト
      10. オブジェクトの整列と分布
      11. リンクと埋め込み画像
      12. AEM Assets の統合
    10. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 検索と置換
    1. テキストの検索と置換
    2. フォントの検索と置換
    3. 字形の検索と置換
    4. 正規表現とクエリを使用した検索と置換
    5. オブジェクトの検索と置換
    6. カラーの検索と置換
    7. 検索および置換を行うための検索オプション
  6. 共有
    1. クラウドドキュメントの保存とアクセス
    2. クラウドドキュメントの整理、管理、共有
    3. クラウドドキュメントのバージョンの表示と管理
    4. InDesign クラウドドキュメントのよくある質問
    5. 共有とコラボレーション        
    6. レビュー用に共有
    7. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    8. フィードバックの管理 
  7. 公開
    1. 配置、書き出しおよび公開
      1. Publish Online
      2. Publish Online ダッシュボード
      3. グラフィックのコピーと挿入
      4. EPUB へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF オプション
      6. HTML へのコンテンツの書き出し
      7. Adobe PDF への書き出し
      8. JPEG 形式での書き出し
      9. HTML 形式で書き出し
      10. DPS および AEM Mobile の概要
      11. サポートされるファイル形式
      12. ユーザー設定の書き出しと読み込み
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  8. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
  9. トラブルシューティング
    1. 修正された問題
    2. 既知の問題
    3. 起動時のクラッシュ
    4. 環境設定フォルダー読み取り専用エラー
    5. ファイルの問題のトラブルシューティング
    6. PDF の書き出し不可
    7. InDesign 文書復旧

カーニングと字送りについて

カーニングとは、特定の文字の組み合わせの文字間隔を調整する処理です。字送りとは、テキストブロック全体の文字間隔を調整する処理です。

注意:

カーニング値および字送り値は日本語のテキストにも有効ですが、通常、これらのオプションは欧文文字間のアキを調整するために使用されます。

カーニングの種類

メトリクスカーニングまたはオプティカルカーニングを使用すると、自動的に文字をカーニングすることができます。メトリクスカーニングでは、多くの欧文フォントに含まれているペアカーニングを使用します。ペアカーニングには、特定の文字の組み合わせ(ペア)のアキに関する情報が含まれています。ペアの例としては、LA、P.、To、Tr、Ta、Tu、Te、Ty、Wa、WA、We、Wo、Ya および Yo などがあります。

InDesign ではメトリクスカーニングを使用するように初期設定されているので、テキストの入力または読み込み時に、特定の文字の組み合わせに対して自動的にカーニングが行われます。メトリクスカーニングを無効にするには、「0」を選択します。

オプティカルカーニングでは、文字の形状に基づいて、隣接する文字の間隔が調整され、欧文字形用に最適化されています。欧文フォントの中には、固有のペアカーニング情報を持っているフォントもありますが、最小限のカーニングしか定義されていないか、まったくカーニングが定義されていないフォントを使用する場合や、1 行内に異なるフォントやサイズを使用している場合は、オプティカルカーニングオプションを使用して、ドキュメント内の欧文テキストのカーニングを調整します。

「W」と「a」のペアにオプティカルカーニングを適用する前(上)と適用した後(下)

手動カーニングを使用して、2 つの文字間の間隔を調整することもできます。字送りと手動カーニングで設定した値は、テキストに対してそれぞれ適用されるので、まず個々の文字間隔を調整してからテキストブロック全体の文字間隔を調整すると、文字間の相対的なカーニングを保持できます。

単語のカーニングは、ジャスティフィケーションダイアログボックスの「単語間隔」とは異なり、単語の先頭文字とその前のスペースのカーニング値だけを変更します。

カーニングと字送り

A. オリジナル B. 「W」と「a」との間に適用されたカーニング C. 字送りの適用後 

カーニングと字送りの適用方法

テキスト(通常は欧文テキスト)を選択して、カーニング、字送りまたはその両方を適用して、文字間隔を調整することができます。字送りとカーニングの値は、現在の文字サイズを基準とした 1/1000 em 単位で指定します。1 em は、6 ポイントのフォントでは 6 ポイントになり、10 ポイントのフォントでは 10 ポイントになります。カーニングと字送りは、現在のフォントサイズに比例します。

字送りと手動カーニングで設定した値は、テキストに対してそれぞれ適用されるので、まず個々の文字間隔を調整してからテキストブロック全体の文字間隔を調整すると、文字間の相対的なカーニングを保持できます。

2 つの文字の間をクリックしてテキスト挿入点を置くと、InDesign では、文字パネルとコントロールパネルにカーニング値が表示されます。メトリクスとオプティカルカーニングの値(ペアカーニング)は、括弧内に表示されます。同様に、単語またはテキストの範囲を選択すると、InDesign では、文字パネルとコントロールパネルに字送り値が表示されます。

テキストに対するカーニングの適用

文字間隔は、2 種類の自動カーニング(メトリクスカーニングまたはオプティカルカーニング)のいずれかを適用するか、手動で調整できます。

メトリクスカーニングの使用

  1. ペアカーニングする文字間にテキスト挿入点を置くか、テキストを選択します。
  2. 文字パネルまたはコントロールパネルで、カーニング メニューから「メトリクス」を選択します。
  3. 文字パネルまたはコントロールパネルで、カーニング メニューから「メトリクス」または「和文等幅」を選択します。
注意:

ペアカーニング情報のないフォント(一部の日本語 OpenType フォントなど)に「メトリクス」を適用した場合、各文字間は「0」に設定されるため、文字は詰まりません。

選択しているテキストでフォントのペアカーニング情報を使用しない場合は、カーニング メニューで「0」を選択します。

注意:

フレームのデフォルト設定は「和文等幅」です。欧文 OpenType フォントに「和文等幅」を適用した場合は、「メトリクス」を選択したときと同じカーニングになります。CJK の OpenType フォントに「和文等幅」を適用した場合は、「メトリクス」を設定したときと同様に、欧文文字だけにペアカーニングが適用されます。CJK 文字にはカーニングは適用されず、「0」が設定されたようになります。そのため、ペアカーニングしない場合は、「0」を選択してください。

注意:

日本語 OpenType フォントのメトリクスカーニングを使用する場合は、コントロールパネルメニューから、OpenType 機能/プロポーショナルメトリクスを選択することをお勧めします。これによって、手動カーニングによる不要な調整を避けることができます。

オプティカルカーニングの使用

  1. ペアカーニングする文字間にテキスト挿入点を置くか、カーニングするテキストを選択します。
  2. 文字パネルまたはコントロールパネルで、カーニング メニューから「オプティカル」を選択します。
注意:

オプティカルカーニングは、欧文文字の形状を基にデザインされています。この機能を CJK フォントに適用することはできますが、適用結果を必ず確認するようにしてください。

カーニングの手動調整

  1. 文字ツール を使用して、文字間にテキスト挿入点を置きます。
    注意:

    テキスト範囲を選択した場合は、カーニングを手動で調整することはできません(「メトリクス」、「オプティカル」または「0」だけを選択できます)。選択したテキストのアキを調整する場合は、字送りを使用します。

    注意:

    テキスト範囲を選択した場合は、カーニングを手動で調整することはできません(「メトリクス」、「和文等幅」、「オプティカル」または「0」だけを選択できます)。選択したテキストのアキを調整する場合は、字送りを使用します。

  2. 必要に応じて次の操作を行います。
    • 文字パネルまたはコントロールパネルで、「カーニング」に値を入力するか、カーニングメニューからカーニング値を選択します。

    • Alt+ 右 / 左向き矢印キー(Windows)または Option+ 右 / 左向き矢印キー(Mac OS)を押して、2 つの文字間のカーニングを増減します。

単語のカーニング調整の量は、環境設定ダイアログボックスの「単位と増減値」セクションにある「カーニング」の値と同じです。Ctrl キーまたは Command キーを押しながらショートカットキーを押すと、カーニングの量が「カーニング」の設定値の 5 倍になります。

カーニングのデフォルトの増減値の変更

  1. 環境設定ダイアログボックスの「単位と増減値」セクションで、「カーニング」オプションの新しい値を入力し、「OK」をクリックします。

選択されているテキストのカーニングの解除

  1. テキストを選択します。
  2. 文字パネルまたはコントロールパネルの「カーニング」で「0」を入力するか選択します。

Alt+Ctrl+Q キー(Windows)または Option+Command+Q キー(Mac OS)を押すと、カーニングと字送りをリセットすることができます。リセットを行うと、カーニング値が適用されているかどうかにかかわらず、カーニングは「和文等幅」に設定されます。

字送りの調整

  1. 文字の範囲を選択します。
  2. 文字パネルまたはコントロールパネルで、「字送り」 に数値を入力するか選択します。

カーニングと字送りがカスタマイズされたテキストのハイライト表示

カスタマイズされた字送りとカーニングが適用されているテキストを確認しなければならない場合もあります。環境設定の「カスタマイズされた字送り/カーニング」オプションを選択すると、カスタマイズされた字送りとカーニングが適用されているテキストが緑色でハイライト表示されます。

  1. 編集/環境設定/組版(Windows)または InDesign /環境設定/組版(Mac OS)を選択します。
  2. 「カスタマイズされた字送り/カーニング」を選択し、「OK」をクリックします。

単語間のカーニングの調整

  1. 文字ツール を使用して、テキストの範囲を選択し、次のいずれかの操作を行います。
    • 文字間のスペースを増加するには、Alt+Ctrl+¥ キー(Windows)または Option+Command+¥ キー(Mac OS)を押します。

    • 文字間のスペースを減少するには、Alt+Ctrl+Backspace キー(Windows)または Option+Command+Delete キー(Mac OS)を押します。

    • カーニングの調整値を 5 倍にするには、Shift キーを押しながらショートカットキーを押します。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合