オーバープリントについて

透明パネルでアートワークの透明度を変更していない場合、アートワークの塗りと線は不透明色で表示されます。この場合、一番上にあるカラーによってその下の部分が抜き合わせ(ノックアウト)になり、下のオブジェクトのカラーは印刷されません。抜き合わせにせずに、上のカラーを重ねて印刷するには、プリント属性パネルのオーバープリントのオプションを使用します。オーバープリントのオプションを設定した後、カラーの重なりをデスクトップ上でプレビューすることができます。

オーバープリントを使用していない 3 つの重なり合った円(左)とオーバープリントを使用した円(右)

InDesign には、特色インキとプロセスインキのオーバープリントの効果をコンポジット出力機器でシミュレートできる便利な機能があります。

テキストや InDesign で作成したオブジェクトに適用されたブラックインキは、デフォルトでオーバープリントが設定され、カラー領域の上または黒線で縁取られたカラー領域の中に配置されている小さな黒い文字の版ズレを防ぎます。「黒の表示方法」を使用して、ブラックインキの設定を変更できます。

デザインワークフローによっては、特定のカラーをオーバープリントに設定することが必要になる場合があります。例えば、パブリケーションのすべてのテキストを特定のカラーで印刷するような場合です。以下のオプションを検討してください。

  • 特色インキを使用するオブジェクトスタイルを、一致するオーバープリントの塗りまたは線のある塗りまたは線として作成します。

  • 特色を含むオブジェクトに対する別のレイヤーを作成し、オブジェクトを黒に割り当てます。

  • 合成 PDF を作成し、PDF 内でオーバープリントの設定を変更します。

  • RIP 内でオーバープリントの設定を割り当てます。

  • オーバープリントの設定を画像またはオブジェクトに適用してそれをライブラリに追加するか、または配置されるファイルを元のアプリケーションで編集します。

オーバープリントを手動で使用するかどうかの判別

InDesign 組み込みトラップや Adobe In-RIP トラップなど、InDesign の自動トラッピングでは、手動でオーバープリントを設定する必要はほとんどありません。しかし、手動のオーバープリントは、まれに自動トラッピングが使用できない場合、効率よく問題を解決することができます。

オーバープリントを使用するかどうかを決めるには、次のガイドラインを参考にしてください。

  • 出力に使用する機器が手動オーバープリントをサポートしているかどうかを印刷・出力会社に問い合わせます。

  • 特色インキを使用し、トラップ効果やオーバーレイ効果を出したい場合は、オーバープリントにします。異なるプロセスカラーや特色インキを使用している特色カラーをオーバープリントすると、前面のカラーが背面のカラーに重ね合わされます。例えば、100 %のシアンの塗りつぶしに、マゼンタ 100 %の塗りつぶしをオーバープリントすると、重なり合った部分はマゼンタではなく紫色になります。

  • 線を使用して 2 色のプロセスカラーをトラップする場合は、オーバープリントの必要はありません。オーバープリントする代わりに、元のカラーに対応するインキよりも大きい値を使用する CMYK 値で、線のカラーを指定します。

  • 手動オーバープリントをどの段階で、どのような方法で行うかは、プリントダイアログボックスで指定したトラップオプションに大きな影響を与えることになりますので、必ず印刷・出力会社と相談してください。一部を除き、PostScript レベル 2 および PostScript 3 対応のデバイスでは、オーバープリントをサポートしています。

ページアイテムのオーバープリント

線または塗り、段落境界線、脚注の上の境界線をオーバープリントできます。また、特色のオーバープリント処理を行うこともできます。

線または塗りのオーバープリント

選択した任意のパスの線または塗りに対して、プリント属性パネルを使用してオーバープリントの設定をすることができます。オーバープリントを設定した線または塗りは、隣接するカラーの間に隙間ができたとしても、オーバープリントによってカバーされるので、トラップの必要がありません。また、線をオーバープリントしてトラップ代わりに使うこともできます(2 色の隣接するプロセスカラーの CMYK 値を手作業で計算したカラーを線に設定してオーバープリントします)。

手動でオーバープリントを適用する際には、次の点に注意してください。

  • 黒 100 %が設定されている線や塗りに「塗りオーバープリント」オプションを設定しても、ブラックインキだけでは、下地の色を完全に隠すには、濃度が足りない可能性があります。これを防ぐには、黒 100 %の代わりに 4 色指定のブラック(リッチブラック)を使用します。黒へ追加する各カラーの濃度については、印刷・出力会社と相談してください。

  • 文字以外のオブジェクトに対するトラップのために線を使用する場合、線幅がパスの内側や中央でなく、パスまたはオブジェクトの外側に整列するように調整します。

  • 2 色の特色または特色とプロセスカラーを線を使用して 1 色ずつトラップするには、通常は明るい方のカラーを線に適用して、線をオーバープリントします。

    分版パネルを使用して、色がどのようにオーバープリントされるかをプレビューします。

  1. 選択ツールまたはダイレクト選択ツールを使用してパスを 1 つ以上選択するか、または文字ツールを使用して文字を選択します。フレームの内部にあるパスの線をオーバープリントするには、最初にダイレクト選択ツールを使って内部のパスを選択します。
    塗りと線のオーバープリント

    A. シアン(最下層) B. マゼンタ(中間層) C. イエロー(最上層) 
  2. ウィンドウ/出力/プリント属性を選択します。
  3. プリント属性パネルで、次のいずれか、または両方の操作を実行します。
    • 選択したオブジェクトの塗りをオーバープリントしたり、ストロークフォントではない文字をオーバープリントするには、「塗りオーバープリント」を選択します。

    • 選択したオブジェクトの線をオーバープリントするには、「線オーバープリント」を選択します。

    • 点線またはパターン線など線の間隔に適用した色をオーバープリントするには「間隔オーバープリント」を選択します。

段落境界線のオーバープリント

  1. オーバープリントに使用するカラースウォッチを確認します。
  2. 文字ツールを使用して、段落内でテキスト挿入点をクリックします。
  3. 段落パネルの段落パネルメニューから「段落境界線」を選択します。
  4. ダイアログボックスの一番上にあるポップアップメニューから、オーバープリントする段落境界線を選択し、「境界線を挿入」を選択します。
  5. 次のいずれかを選択して、「OK」をクリックします。
    • 境界線をオーバープリントするには、「線オーバープリント」を選択します。

    • 点線またはパターン線など線の間隔に適用した色をオーバープリントするには「間隔オーバープリント」を選択します。

注意:

段落境界線ダイアログボックスの「線オーバープリント」オプションおよび「間隔オーバープリント」オプションは、段落スタイルの一部として保存されます。

脚注上の境界線のオーバープリント

InDesign は、自動的に境界線を挿入して、ドキュメメントの本文と脚注を分けることができます。境界線のオーバープリントを選択できます。

  1. オーバープリントに使用するカラースウォッチを確認します。
  2. 書式/脚注オプションを選択します。
  3. 脚注オプションダイアログボックスで、「レイアウト」タブをクリックします。
  4. 「線オーバープリント」を選択して、「OK」をクリックします。

特色のオーバープリントのシミュレート

オーバープリントのシミュレーションは、ND 値が異なる特色(例えば、赤と青)をオーバープリントする際の効果のシミュレーションに便利です。オーバープリントのシミュレーションを使って、コンポジット出力機器で印刷すると、オーバープリントやノックアウトがどのようにカラーに設定されているかを実際に目で確認することができます。

  1. プリントダイアログボックスの色分解領域で、カラーポップアップメニューからコンポジットオプションを選択します。

    注意:

    「コンポジットの変更なし」を選択している場合、「オーバープリント処理」は選択することができません。

  2. 「オーバープリント処理」を選択します。

黒のオーバープリント設定の変更

InDesign で黒いオブジェクトを型抜き(抜き合わせ)するには、黒いスウォッチがオーバープリントされないようにする必要があります。デフォルトで型抜きされるほとんどのカラースウォッチとは異なり、黒い線、塗り、テキスト文字などの黒いスウォッチは、デフォルトでオーバープリントされます。100 %のプロセスブラックは、スウォッチパネルでは「黒」と表示されます。環境設定でオーバープリントのデフォルトの選択を解除するか、またはデフォルトの黒いスウォッチを複製し、複製したスウォッチを型抜きするオブジェクトに適用することで、黒いオブジェクトを抜き合わせにします。環境設定ダイアログボックスのオーバープリント設定を使用不可にすると、すべての黒が抜き合わせになります(黒の下にある色は印刷されません)。

注意:

印刷会社での印刷時にプロセスカラーの黒をオーバープリントすることは、トラッピングをする場合よりも簡単です。

  1. 編集/環境設定/黒の表示方法(Windows)、または InDesign/環境設定/黒の表示方法(Mac OS)を選択します。
  2. 「[黒] スウォッチを 100 %でオーバープリント」を選択または選択解除します。

注意:

「[黒] スウォッチを 100 %でオーバープリント」は、[黒] の濃度、名称未設定の黒カラー、透明設定や透明スタイルにより黒く表示されているオブジェクトには影響しません。これは、[黒] スウォッチで色付けされたオブジェクトやテキストにのみ影響します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー