PDF 印刷出版ツールについて

一部の印刷出版ワークフローでは、ドキュメントは作成元アプリケーションの形式で配布されます(これは、ネイティブ形式と呼ばれます)。デザインが承認されると、PostScript 形式か、プリプレス作業や最終印刷用の適切な形式で保存されることになります。ただし、アプリケーションの多くは様々な方法で PostScript を生成するので、PostScript ファイルはサイズが大きく複雑になる可能性があります。さらに、出力時におけるフォントの欠落、ファイルの破損、画像の消失、およびサポートされていない機能といった信頼性の問題が生じることがあります。これに対応するため、アドビ システムズ社ではパートナーと共に、引き続き、PDF に基づいた信頼性の高い出版ワークフローソリューションを作成しています。

InDesign から、ドキュメントをデジタルマスターと呼ばれるコンポジット PDF ファイルに書き出すことができます。これらのデジタルマスターは、印刷・出力会社での表示、編集、編成、校正刷りが可能なサイズの小さい信頼性の高いファイルです。印刷・出力会社は、ワークフローの適切な段階で PDF ファイルを直接出力するか、プリフライトチェック、トラップ、面付け、および色分解出力のような後処理タスクに関する様々なツールを使用して、その PDF ファイルを処理します。

ワークフローでの PDF ファイル

大規模な出版社の多くが、PDF を使用して校閲と製作の工程を合理化しています。例えば、多くの雑誌や新聞は、衛星回線や ISDN 回線経由で地域の出版オフィスに広告を配信するための標準形式として PDF を採用しています。地域の出版社では、PDF によって、デザインされたとおりの広告を直ちに表示し、最終段階でテキストを編集し、どのようなコンピューターでも信頼性の高い印刷をすることができます。

PDF ワークフローのテクノロジーと要件

アドビ システムズ社では、印刷・出力会社のワークフローの需要に随時対応しており、最新の開発状況をアドビ システムズ社の Web サイト(www.adobe.com/jp)で公開しています。現在、アドビでは、次のテクノロジーを統合したシステムを提供することで、出版ワークフローの需要に対処しています。

  • Adobe PDF 1.7 をサポートする Adobe Acrobat 9。

  • デバイスに依存しない、Adobe In-RIP トラップ、In-RIP 色分解出力、および滑らかなグラデーションの出力に関する Adobe PostScript 3 テクノロジー。

  • 高解像度ページレイアウト機能と PDF の直接処理機能を備える Adobe InDesign CS4。

  • PDF/X。印刷上の問題を引き起こす原因となるカラー、フォントおよびトラップ値の多くを除外するためのグラフィックコンテンツ交換用の ISO 標準規格。

高解像度コンポジット PDF ワークフローには、通常、In-RIP 色分解出力をサポートする RIP を備えた PostScript 3 出力デバイスが組み込まれています。したがって、出力デバイスで PostScript レベル 2 を使用している場合や、In-RIP 色分解出力をサポートしていない場合は、あらかじめ色分解出力された PostScript 印刷ワークフローを使用します。

書き出し前の文書のチェック

印刷・出力会社用の PDF を作成する前に、InDesign ドキュメントが印刷・出力会社の仕様に一致しているかどうかを確認します。推奨事項は以下のとおりです。

  • 正しい画像の解像度とカラースペースが使用されること、フォントが使用でき埋め込むことができること、画像が最新のものであることを確実にするには、InDesign のプリフライト機能を使用します。

  • 書き出しの前に Adobe PDF 書き出しの設定を確認し、必要に応じて変更します。「概要」セクションの「警告」には、プリセットの設定に矛盾があったときに警告が表示されます。

  • アートワークにオーバープリント、ドロップシャドウや透明部分が含まれており、高解像度で出力する必要がある場合は、ファイルを保存する前に、分割プレビューパネルを使用して分割・統合の結果を確認することをお勧めします。

  • アートワークに透明部分が含まれる場合は、印刷・出力会社と相談して、分割・統合されている PDF ファイルを使用するか、分割・統合されていない PDF ファイルを使用するかを決定します。統合は、できる限りワークフローの最終段階に印刷・出力会社で行います。ただし、印刷・出力会社に送る前に透明を統合する場合は、PDF/X-a に準拠したファイルを送ります。

  • ドキュメントに色分解が含まれる場合は、分版パネルを使用して、色分解とインキ適用限界をプレビューできます。

  • 高解像度の画像だけを使用します。

  • 4 色分解作業で最適な結果を得るには、CMYK 画像だけを使用します。または、Adobe PDF を書き出しダイアログボックス(色分解カテゴリー)で、RGB 画像を CMYK に変換することもできます。

  • 書き出す PDF ドキュメントから、非表示レイヤーや印刷しないレイヤーを除外できます(プリントまたは PDF への書き出しを行うレイヤーの選択を参照してください。)

高解像度 PDF 出力用の InDesign ドキュメントの準備について詳しくは、印刷・出力会社向け Adobe InDesign CS 印刷ガイド(英語)を参照してください。

PDF のパススルー印刷

PDF Print Engine 搭載のプリンターを製造するプリンターメーカーは、PDF をパススルーモードで処理できる、Adobe PDFDriver SDK に基づく新しいドライバーをリリースしています。このようなプリンターを InDesign で選択すると、その PPD でプリンターが PDF プリンターであることを指示できます(プリンターメーカーに依存します)。

InDesign では、高品質の PDF を PDF の書き出しによって生成できるので、PDF プリンターへの出力ではその機能を活用して高品質の PDF がプリンターに渡され、中間の PostScript は発生しません。
通常、アプリケーションの PDF ドライバー経由の印刷品質は、PostScript 印刷と同等です(またはそれよりも優れています)。Adobe PDF プリンターによる PDF 印刷では、ライブ透明度と ICC カラーマネジメントもサポートします。すべてのカラーマネジメントは印刷品質を向上させるためにデバイス上で実行されるので、InDesign のプリントダイアログでは、カラーマネジメント、色分解、グラフィックに関連するオプションは無効になっています。

プリントダイアログ
プリントダイアログ

「コンポジットの変更なし」がデフォルトで選択され、変更できません。

印刷に適した Adobe PDF ファイルの生成

印刷・出力会社は、Acrobat 7.0 Professional 以降を使用して、プリフライトチェックや色分解出力を実行することができます。新しい Acrobat Professional では、特定の修正が自動的に行われる機能などを含め、より高度なプリフライトツールを使用できます。プリプレス用のアプリケーションや In-RIP テクノロジーを使用して、デジタルマスターのページのプリフライトチェック、トラップ、面付け、色分解出力を実行することもできます。

Adobe PDF ファイルを作成する際に画像を省略するように選択した場合は、印刷・出力会社が正しい出力に必要な高解像度の元の画像を入手できるようにしてください。さらに、テキストとカラー画像を正確に表示するために、印刷・出力会社が Acrobat 7.0 以降を所有していることを確認してください。最も正確に表示するには、Acrobat 8 Professional 以降を使用します。

カラー管理されたワークフローで作業している場合は、カラープロファイルの精度で画面上にプレビュー(ソフト校正)することができます。特定の出力デバイスで、ドキュメントのカラーがどのように再現されるかを調べることができます。

注意:

ICC プロファイルが正確にキャリブレーションされたカラーマネジメントシステム(CMS)を使用していない場合で、モニターが正しくキャリブレーションされていない場合は、画面上に表示されるカラーは信頼できません。

  1. ドキュメントを Adobe PDF に書き出す準備をします。
  2. 印刷・出力会社で提供される .joboptions ファイルを使用して書き出します。推奨 .joboptions ファイルがない場合は、PDF/X プリセットを使用します。
  3. Acrobat 7.0 Professional 以降で PDF のプリフライトを行います。
  4. PDF ファイルを校正し、修正します。
  5. 印刷に適した PDF を印刷・出力会社に入稿します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー