詳しい情報と手順については、以下のリンクをクリックしてください。

マスター、重なり順、レイヤーについて

マスターは、多数のページに同一のレイアウトをすばやく適用できるようにするためのページです。マスター上のオブジェクトは、マスターが適用されているすべてのページに表示されます。ドキュメントページ上に表示されるマスターアイテムは、点線の境界で囲まれています。マスターに対して行った変更は、マスターが適用されているページにも自動的に反映されます。通常、マスターには、繰り返しのロゴ、ページ番号、ヘッダーおよびフッターを含めます。また、マスターには、ドキュメントページ上のプレースホルダーとしての役目をする、空のテキストフレームまたはグラフィックフレームを含めることもできます。マスターアイテムは、上書きする場合を除いて、ドキュメントページで選択することはできません。

マスターには、ドキュメントページと同様に、複数のレイヤーを含めることができます。単一レイヤーのオブジェクトは、そのレイヤー内で独自の順序で重なっています。マスターページのレイヤー上にあるオブジェクトは、ドキュメントページの同じレイヤーに配置されたオブジェクトの背面に表示されます。

マスターアイテムをドキュメントページオブジェクトの前面に表示するには、マスターオブジェクトをマスターの上位レイヤーに配置します。上位レイヤーのマスターアイテムは、下位レイヤーのすべてのオブジェクトの前面に表示されます。すべてのレイヤーを結合すると、マスターアイテムはドキュメントページのオブジェクトの背後に移動します。

マスター、重なり順、レイヤー
マスターアイテム(左上)は、同じレイヤー上のページオブジェクトの背面に表示される(左下)。マスターアイテムを上位レイヤーに移動すると(右上)、そのオブジェクトは下位レイヤーのすべてのオブジェクトより前面に表示される(右下)

マスターに関するヒントとガイドライン

  • 何種類ものマスターを作成し、それらを個別の内容を含むドキュメントページに順番に適用すると、複数のデザインを比較することができます。

  • 新しいドキュメントをすばやくレイアウトするには、段落および文字スタイル、カラーライブラリ、他のスタイルやプリセットと一緒に、マスターをドキュメントテンプレートに保存します。

  • マスター上の段組やマージン設定を変更する場合、または異なる段組とマージン設定の新しいマスターを適用する場合は、ページ上のオブジェクトが新しいレイアウトに自動的に調整されるようにすることができます(自動レイアウト調整機能についてを参照してください)。

  • マスターに自動ページ番号を挿入すると、マスターの適用先となるドキュメントの各セクションに正しいページ番号が表示されます(基本的なページ番号の追加を参照してください)。

マスターの作成

デフォルトでは、作成するドキュメントにはマスターページが 1 つあります。追加のマスターページは、新たに作成するか、既存のマスターページまたはドキュメントページを基に作成することができます。マスターページを別のページに適用した後、基になっているマスターに変更を加えると、それに基づいているマスターとドキュメントページにも変更が反映されます。このことを利用すれば、ドキュメント内の多くのページにわたって、レイアウトを容易に変更することができます。

マスターの新規作成

  1. ページパネルメニューから「新規マスター」を選択します。
  2. 次のオプションを指定して、「OK」をクリックします。
    • 「プレフィックス」に、各ページに適用されているマスターをページパネルで識別するためのプレフィックスを入力します。4 文字まで指定できます。

    • 「名前」に、マスタースプレッドの名前を入力します。

    • 「基準マスター」で、このマスタースプレッドの基準とする既存のマスタースプレッドを選択するか、「なし」を選択します。

    • 「ページ数」に、マスタースプレッドのページ数を入力します(10 ページ以下)。通常は、マスタースプレッドを適用するドキュメントスプレッドのページ数を指定します。

既存のページまたはスプレッドからのマスターの作成

  • ページパネルのページセクションから、スプレッド全体をマスターセクションへドラッグします。
  • ページパネルでスプレッドを選択し、ページパネルメニューから「マスターページとして保存」を選択します。

オリジナルのページまたはスプレッドにあるオブジェクトが、新しいマスターの一部になります。オリジナルのページにマスターが適用されていた場合は、新しいマスターはオリジナルのページのマスターが基準になります。

既存のページやスプレッドを基にして新しいマスターを作成
既存のページやスプレッドを基にして新しいマスターを作成

他のマスターに基づくマスター

同じドキュメント内に使用されているマスターを基にして、同時に更新できる別のマスター(親マスターと呼ばれる)を作成することができます。親マスターに基づいたマスタースプレッドは、子マスターと呼ばれます。例えば、章ごとにデザインがわずかに異なるドキュメントを 10 章作成する場合に、すべての章で共通するレイアウトとオブジェクトを含むマスタースプレッドを基にして、各章のドキュメントを作成します。この方法によって、基本デザインを変更する場合に、10 の章を個々に変更するのではなく、親マスターを変更するだけで済みます。子マスターのフォーマットを変更します。マスターアイテムをドキュメントページで上書き(オーバーライド)できるのと同様に、親マスターアイテムを子マスターで上書きして、マスターのバリエーションを作成することができます。これは、デザインの統一性を保ちながら更新するための有効な方法です。

親マスターと子マスター
オリジナルの親マスターと子マスター(左)。親マスターが変更されると子マスターも自動的に更新される(右)

  1. ページパネルの「マスター」セクションで、マスターを他のマスターの基準にするには、次のいずれかの操作を行います。
    • マスタースプレッドを選択し、ページパネルメニューから「マスターページ設定 "マスタースプレッド名"」を選択します。「基準マスター」で別のマスターを選択して、「OK」をクリックします。

    • 基準にするマスタースプレッド名を選択し、それが適用される別のマスタースプレッド名までドラッグします。

    A-マスターを基準とした B-マスター
    A-マスターを基準とした B-マスター

マスターのレイアウトの編集

マスターページ上のレイアウトは、いつでも編集することができます。レイアウトの変更は、そのマスターが適用されているすべてのページに自動的に反映されます。例えば、マスターページにテキストやグラフィックを追加すると、そのマスターが適用されているすべてのページに表示されます。

注意:

特定のページでマスターページオブジェクトを上書き(オーバーライド)または分離した場合は、そのオブジェクトにはマスターページ上の変更が反映されない場合があります。

  1. ページパネルで、編集したいマスターのアイコンをダブルクリックします。または、ドキュメントウィンドウ下部にあるページボックスのポップアップメニューから、マスターページ名を選択します。ドキュメントウィンドウにマスタースプレッドが表示されます。
  2. マスター上のレイアウトを編集します。

そのマスターが適用されているすべてのページが自動的に更新されます。

マスターページのサイズを変更するには、ページツールを使用してマスターページを選択し、コントロールパネルのオプションを使用してサイズを変更します。詳しくは、複数のページサイズの使用を参照してください。

注意:

マスター編集の結果を表示するには、複数のウィンドウを使用します。ウィンドウ/アレンジ/新規ウィンドウを選択してから、ウィンドウ/アレンジ/並べて表示を選択します。一方のウィンドウにページを表示し、もう一方のウィンドウにマスターを表示します。次に、マスターを編集し、ページの更新を確認します。

マスターページオプションの変更

マスターページのオプションでは、マスターの名前やプレフィックスを変更したり、基準とするマスターを指定したり、マスタースプレッドのページ数を変更したりすることができます。

  1. ページパネルで、マスタースプレッドの名前をクリックし、マスタースプレッドを選択します。
  2. ページパネルメニューから「マスターページ設定 "マスター名"」を選択します。
  3. オプションを変更し、「OK」をクリックします。

マスターページの適用

ドキュメントが、3 つ折りや観音開きのようなカスタムのスプレッドを含む場合は、どのマスターも同じページ番号になります。

マスターページとドキュメントページのページサイズが異なる場合、マスターページを適用すると、ドキュメントページのサイズが変化します。ドキュメントページにカスタムページサイズを使用している場合は、そのカスタムドキュメントページサイズを維持するか、マスターページのサイズを適用するかを指定できます。

注意:

ドキュメントページ上のマスターアイテムは、点線の境界で示されます。ドキュメントページ上にマスターアイテムが表示されない場合は、マスターアイテムが下位レイヤー上にあるか、またはマスターアイテムが非表示になっている可能性があります。ページパネルメニューから「マスターアイテムを表示」を選択します。

ドキュメントページまたはスプレッドへのマスターの適用

  • マスターを 1 つのページに適用するには、ページパネルでマスターページアイコンをページアイコンにドラッグします。目的のページが黒い四角形で囲まれたら、マウスボタンを放します。
  • マスターをスプレッドに適用するには、ページパネルでマスターページアイコンをスプレッドアイコンの角にドラッグします。目的のスプレッドアイコン全体が黒い四角形で囲まれたら、マウスボタンを放します。


    マスターをページに適用(左)、スプレッドに適用(右)

複数ページへのマスターの適用

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • ページパネルで、新しいマスターを適用するページを選択します。次に、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらマスターをクリックします。

    • ページパネルメニューから「マスターページを適用」を選択し、「マスターページ」で適用するマスターを選択します。次に、「適用ページ」にマスターを適用するページ範囲を入力し、「OK」をクリックします。マスターは一度に複数のページに適用できます。例えば、「5, 7-9, 13-16」と入力すると、5 ページ、7 ~ 9 ページ、13 ~ 16 ページに同じマスターを適用することができます(ページパネルでの絶対番号またはセクション番号の表示を参照してください)。

連続していないページ範囲にマスターを適用
連続していないページ範囲にマスターを適用

ドキュメントページからのマスターの割り当て解除

  1. ページパネルのマスターセクションから「[なし]」マスターを適用します。

    ドキュメントページからマスターの割り当てを解除すると、マスターのレイアウトとアイテムはドキュメントページに適用されなくなります。マスターに必要なデザイン要素の大部分を含んでいる状態で、ドキュメントページ内の数ページのレイアウトをカスタマイズする必要がある場合には、ドキュメントページでマスターの割り当てを解除する代わりに、マスターアイテムを上書き(オーバーライド)したり、編集または変更したりすることができます。

マスターのコピー

同じドキュメント内のマスターをコピーしたり、ドキュメントから他のドキュメントにマスターをコピーしたりして、新しく作成するマスターの原案として使用することができます。ブックのドキュメントを同期させたり、他のドキュメントからマスターページを読み込み、別のドキュメントにマスターをコピーすることもできます。

ドキュメント内のマスターのコピー

  1. ページパネルで、次のいずれかを選択します。
    • マスタースプレッドの名前を、ページパネル下部にあるページを挿入ボタンにドラッグします。

    • マスタースプレッドを選択し、ページパネルメニューから「マスタースプレッド "マスタースプレッド名" の複製」を選択します。

マスターをコピーする場合は、コピーされたマスターのページプレフィックスがアルファベットで次の文字になります。

別のドキュメントへのマスターのコピーまたは移動

  1. マスターを追加したいドキュメントを開きます。次に、コピーするマスターを含むドキュメントを開きます。
  2. コピーまたは移動元となるドキュメントのページパネルで、次のいずれかの操作を行います。
    • マスタースプレッドの名前をクリックして選択し、そのコピー先のドキュメントのウィンドウにドラッグします。

    • 移動またはコピーしたいマスターを選択します。レイアウト/ページ/マスターページの移動を選択し、移動先ポップアップメニューから目的となるドキュメント名を選択します。コピーまたは移動元となるドキュメントからページを削除する場合は、「移動後ページを削除」を選択して、「OK」をクリックします。

同じプレフィックスを持つマスターが既にターゲットドキュメントに存在する場合、移動したマスターには、アルファベット順で次に使用可能な文字が割り当てられます。

ドキュメントからのマスターの削除

  1. ページパネルでマスターページアイコンを選択します。

    注意:

    使用していないマスターページをすべて選択するには、ページパネルメニューから「未使用のマスターを選択」を選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 選択したマスターページまたはスプレッドアイコンを、パネルの下部にある削除アイコンにドラッグします。

    • パネルの下部にある削除アイコンをクリックします。

    • パネルメニューから「マスタースプレッド "マスタースプレッド名" の削除」を選択します。

マスターページを削除した場合、削除されたマスターページが適用されていたドキュメントページに [なし] マスターが適用されます。

マスターアイテムのオーバーライドまたは分離

マスターページをドキュメントページに適用すると、マスターページ上のすべてのオブジェクト(マスターアイテム)がドキュメントページに表示されます。特定のページを、マスターとは少しだけ違うレイアウトにしたい場合があります。そのような場合でも、ページのマスターレイアウトを再び作成したり、新しくマスターを作成したりする必要はありません。マスターアイテムをオーバーライド(上書き)または分離することができます。ドキュメントページ上の他のマスターアイテムは、引き続きマスターと連動して更新されます。

ドキュメントページ上のマスターアイテムをオーバーライドすることと分離することの相違点に注意してください。

マスターアイテム属性のオーバーライド

マスターアイテムをオーバーライドすると、マスターページとの連動性を損なうことなくドキュメントページにコピーすることができます。一度アイテム自体がオーバーライドされると、そのアイテムの 1 つ以上の属性を選択的にオーバーライドして、カスタマイズすることができます。例えば、ローカルコピーの塗りカラーの変更後に、再度、マスターページにあるアイテムの塗りのカラーに変更を加えても、ローカルコピーのカラーが更新されることはありません。ただし、サイズなどのその他の変更を加えなかった属性については、ローカルコピーでオーバーライドされていないため、引き続き更新されます。オーバーライドは後で削除して、オブジェクトをマスターと一致させることができます。

オーバーライドできるマスターページオブジェクトの属性には、線、塗り、フレームの内容、変形(回転、拡大/縮小、傾斜、サイズ変更)、角オプション、テキストフレームのオプション、ロック状態、透明度、オブジェクト効果などがあります。

マスターからのアイテムの分離

ドキュメントページで、マスターからマスターアイテムを分離することができます。アイテムを分離する前に、ローカルコピーを作成して、ドキュメントページでオーバーライドする必要があります。分離されたアイテムは、マスターページとの連動性がなくなるため、マスターと連動して更新されることはありません。

マスターアイテムのオーバーライド

  1. マスターページ上でマスターアイテムをオーバーライドできることを確認してください。

    ページパネルメニューでマスターアイテムの「選択範囲のマスターページアイテムのオーバーライドを許可」が選択されている場合にのみ、そのアイテムをオーバーライドできます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • ドキュメントページ上に配置された特定のマスターアイテムをオーバーライドするには、Ctrl+Shift キー(Windows)または Command+Shift キー(Mac OS)を押しながらそのアイテムをクリックします(複数のアイテムを選択する場合はドラッグします)。必要に応じて、選択したマスターアイテムを変更します。アイテムは、他のページアイテムと同様に選択および編集できるようになっていますが、マスターページとの連動性は維持されたままです。

    • ドキュメントスプレッド上のすべてのマスターページアイテムをオーバーライドするには、スプレッドをターゲットにし、ページパネルメニューから「すべてのページアイテムをオーバーライド」を選択します。これで、すべてのマスターアイテムを選択および編集することができるようになります。

    マスターアイテムをオーバーライドすると、点線で描かれた境界線ボックスは実線になり、ローカルコピーが作成されたことが示されます。

    注意:

    連結しているテキストフレームをオーバーライドすると、その連結で表示されているフレームは、スプレッドの別のページ上にある場合でも、すべてオーバーライドされます。

マスターアイテムの分離

  • マスターから単一のマスターアイテムを分離するには、最初に Ctrl+Shift キー(Windows)または Command+Shift キー(Mac OS)を押しながらドキュメントページ上のアイテムをクリックして、オーバーライドします。次に、ページパネルメニューから「選択部分をマスターから分離」を選択します。
  • スプレッド上でオーバーライドしているすべてのマスターアイテムを分離するには、分離したいマスターページアイテムをオーバーライドし、ドキュメント内でそのスプレッドをターゲットにします(元のマスターページに移動しないでください)。ページパネルメニューから「すべてのオブジェクトをマスターから分離」を選択します。このコマンドを使用できない場合は、そのスプレッド上にはオーバーライドされているオブジェクトがありません。

マスターアイテムのオーバーライドの防止

作業によっては、一部のマスターアイテムを除くすべてをオーバーライドしたい場合があります。例えば、ドキュメントページ上の背景画像などのマスターアイテムをオーバーライドしたいが、ページ番号のヘッダーはオーバーライドしたくない場合があります。ヘッダーがオーバーライドされるのを防ぐことで、ヘッダーを除くすべてのマスターアイテムをオーバーライドするには、「すべてのページアイテムをオーバーライド」オプションを選択できます。

  1. マスターページで、アイテムを選択します。
  2. ページパネルメニューの「選択範囲のマスターページアイテムのオーバーライドを許可」の選択を解除します。

オーバーライドが許可されていないマスターアイテムは、ドキュメントページに表示される際にフレーム枠がありません。連結テキストフレームのオーバーライドを防止する場合、その連結内のすべてのテキストフレームに同じ設定が適用されます。

マスターアイテムの再適用

マスターアイテムをオーバーライドした後に、マスターページと一致するようにマスターオブジェクトを復帰させることができます。このとき、オブジェクト属性は対応するマスター上のオブジェクト属性と連動して、マスターを編集するときに再び更新されます。オブジェクトのローカルコピーが削除され、点線の境界で示されるように、マスターアイテムを選択できません。選択されているオブジェクト、またはスプレッド上のすべてのオブジェクトのオーバーライドを削除できますが、ドキュメント全体のオーバーライドを一度に削除することはできません。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • オブジェクトからマスターのオーバーライドを削除するには、元はマスターアイテムであったオブジェクトを選択します。次にページパネルで、選択したオブジェクトが含まれているスプレッドをターゲットにし、ページパネルメニューから「指定されたローカルオーバーライドを削除」を選択します。

    • スプレッドからすべてのマスターオーバーライドを削除するには、ページパネルで、すべてのマスターオーバーライドを削除するスプレッド(またはマスタースプレッド)をターゲットにします。編集/選択を解除を選択して、オブジェクトが何も選択されていない状態にします。ページパネルメニューから「すべてのローカルオーバーライドを削除」を選択します。

分離したマスターページオブジェクトは、それらをマスターページに復帰させることはできません。逆に、分離したオブジェクトを削除してから、ページにマスターを再適用することは可能です。

オーバーライドされたマスターページオブジェクトを含んでいるページにマスターを再適用すると、オーバーライドされているオブジェクトは分離され、すべてのマスターページオブジェクトが再適用されます。この結果、いくつかのオブジェクトでは、オーバーライドしたものと再適用されたものという 2 つのコピーがページ上に存在する場合があります。分離したオブジェクトを削除して、マスターのデザインに正確に一致させる必要があります。

マスターアイテムの非表示

ドキュメントの 1 つまたは複数のページ上のマスターページアイテムを非表示にするには、「マスターアイテムを隠す」を使用します。非表示のマスターアイテムは、印刷も出力もされません。

  1. ページパネルで、マスターアイテムを非表示にするページまたはスプレッドを選択します。
  2. ページパネルメニューで「マスターアイテムを隠す」を選択します。

マスターアイテムを再び表示するには、ページパネルでページまたはスプレッドを選択し、ページパネルメニューから「マスターアイテムを表示」を選択します。

別のドキュメントからのマスターの読み込み

マスターは、別の InDesign ドキュメント(バージョンの制限なし)をアクティブなドキュメントに読み込むことができます。目的のドキュメントにコピーまたは移動元となるドキュメントのマスターページとは異なる名前を持つマスターページが含まれる場合、そのページとそのドキュメントページのオーバーライドは変更されません。

  1. ページパネルメニューで、「マスターページの読み込み」を選択します。
  2. 読み込むマスターページを含む InDesign ドキュメントを検索して、ダブルクリックします。
  3. 読み込んだマスターが現在のドキュメントのマスターと同じ名前である場合の処理を決定します。
    • ソースのマスターが同じ名前を持つ目的のドキュメントのマスターをオーバーライドしたい場合は、「マスターページの置換」を選択します。目的のドキュメントがオーバーライドされたアイテムを持っていない場合は、読み込み時にマスターページを置換するのが安全です。

    • アルファベットで次に使用可能な文字にページプレフィックスを変更するには、「マスターページ名の変更」を選択します。

読み込み先のドキュメントからマスターを読み込んだら、読み込み先と読み込み元のドキュメント間にはリンクが設定されます。同じ読み込み先のドキュメントのマスターを後で読み込んだ場合は、再読み込みされたマスターページのオーバーライドされたアイテムとその親アイテムとの連動性が維持されます。この連動性により、異なるドキュメント内のマスターページの(それらのドキュメントを 1 つのブックに入れなくても)整合性を保つことができます。

マスターページの整合性を保つこの方法を使用したい場合、マスター上の何らかのオブジェクトをオーバーライドする前に、マスターページを読み込み先のドキュメントから読み込む必要があります。ドキュメントがアイテムをオーバーライドし、読み込み先のドキュメントからマスターを読み込んでいない場合、読み込み先のドキュメントからマスターが読み込まれると、オーバーライドされたアイテムは分離され、オーバーライドされたアイテムの親マスターと同じ名前でマスターページを置換します。

ただし、最初にマスターを読み込んだドキュメントとは異なるドキュメントのマスターを後で読み込み、マスターページを置換する場合、オーバーライドされたアイテムは分離される場合があります。コピーまたは移動元となる新しいドキュメントの同じ名前のマスターは、2 セットのオブジェクトを作成して、オーバーライドされたアイテムを含むドキュメントページに適用されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー