この文書では、Adobe InDesign でマスターページを利用したページ作成について説明します。

A. マスターページとは

マスターページとは、複数のページに同一のレイアウトをすばやく適用できるようにするためのページです。マスターページにロゴやヘッダー、フッター、ページ番号などを含めておくことで、レイアウト作業の手間を大幅に省略することができます。

※ マスターページに関して詳しくは「マスターページについて」をご確認ください。

B. マスターページの作成および編集

マスターページの作成や管理は、ページパネルで行います。マスターページにはアートワークなどのオブジェクトのほかに、テキストフレームやグラフィックフレームを含めることもできます。マスターには複数のレイヤーを含めることができ、マスター上のオブジェクトがドキュメントページ上のオブジェクトにどのように重なるかを、レイヤーによって制御できます。マスターページを編集すると、マスターページが適用されたすべてのページにも自動的に変更が反映されます。

  1. InDesign を起動し、新規ファイルを作成するか、既存のファイルを開きます。

  2. ウィンドウ/ページ を選択してページパネルを表示します。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    ・ 現在のマスターページを編集する場合は、ページパネル上方のマスターページをダブルクリックします。

    ページパネルのマスターページをダブルクリック

    ・ 新しくマスターページを作成する場合は、ページパネルのオプションメニューから「新規マスター」を選択します。新規マスターダイアログボックスでページサイズなどを設定し、「OK」をクリックします。

    ・ 既存のページやスプレッドを元に作成する場合は、ページパネルのマスターセクションに、ページまたはスプレットをドラッグします。

  4. 必要に応じて、マスターページの編集(ページ装飾やヘッダーやフッターなど)を行います。

    マスターページの編集

C. マスターページの適用

  1. InDesign を起動し、新規ファイルを作成するか、既存のファイルを開きます。

  2. ウィンドウ/ページ を選択してページパネルを表示します。
    ※ 新規ファイルの場合は、マスターページを作成するか、またはオプションパネルの マスターページ/マスターページの読み込み を選択し、ドキュメントテンプレートを読み込みます。作成方法については、上記「B.マスターページの作成および編集」をご確認ください。

  3. マスターページアイコンをページアイコンにドラッグします。

  4. ページにマスターページのレイアウトが適用されます。ページの上部端には、適用しているマスターページ番号が表示されます。

    ページ上端にマスターページ番号が表示

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー