必要システム構成

必要システム構成の最新情報については、http://www.adobe.com/go/indesign_systemreqs_jp をご覧ください。

その他の Creative Cloud 製品の最新の必要システム構成については、http://www.adobe.com/jp/products/creativecloud/tech-specs.html#requirements を参照してください。

体験版ソフトウェア

Creative Cloud 体験版は、それぞれの製品やエディションを評価してからインストールされた体験版を完全版に変更できる、「試してから購入する」製品です。体験版から完全版へは、サブスクリプションに登録することでいつでも変更できます。サブスクリプションを購入する場合は、完全版の使用を開始するためにオンラインであること、また Adobe ID でログインしていることを確認してください。

使用許諾契約

本製品をライセンス認証して使用するには、インターネット接続、Adobe ID、使用許諾契約への同意が必要です。本製品は、特定のアドビまたはサードパーティのオンラインサービスに連携またはアクセスできる場合があります。アドビのサービスは、13 歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件およびアドビのプライバシーポリシー(http://www.adobe.com/jp/aboutadobe/legal.html)に同意していただく必要があります。アプリケーションとサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、予告なく変更または中止となることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。

このリリースの新機能

InDesign CC 2017 年 10 月リリースで提供される新機能の一覧については、新機能の概要を参照してください。

対処済みの重要な問題

  • スウォッチパネルに「塗り」と「線」のアイコンがより大きくはっきりと表示されるようになった。
  • テキストを 3 回クリックしても、テキストボックスの行全体がハイライト表示されない。
  • コントロールパネルに基準点がより大きく表示されるようになった。
  • Retina ディスプレイのカーソル下にある非常に小さな変形値。
  • 書き出し後に、ピリオドを含むフォームフィールドの名前が変更される。
  • Retina ディスプレイ上のコントロールパネルにある非常に小さな表の罫線。
  • InDesign CC 2015 および InDesign CC 2017 で作成されたドキュメントを開くと、段落の陰影のカラーが変更される。
  • URL の末尾が数字を含むサブディレクトリになっている場合、「URL をハイパーリンクに変換」に失敗する。
  • URL をハイパーリンクに変換」で、文字および数字の中にピリオドが混入しているテキストが正しく検出されない。
  • コントロールパネルで、ハイライト表示よりも多くの文字が削除される。
  • 検索と置換ダイアログボックスの「検索文字列」テキストボックスに入力すると、文字が逆の順序で表示される。
  • 情報パネルの情報が不完全である。
  • コントロールパネルが下部に結合されている場合、不透明度スライダーが機能しない。
  • 以前に発行されたページを削除すると、Publish Online に失敗する。
  • ツールバーのポップアップメニューが 2 台目のモニターの不適切な側に開く。
  • ドキュメントが開いていないときに、ショートカットキー Cmd + h で InDesign を最小化できない。
  • 字形パネルをスクロールできない。
  • [Mac のみ] 拡大/縮小時に画像がぼやける。
  • プレゼンテーションモードが正常に機能しない。
  • Cmd + N で開くダイアログのタブ順序が、「幅」、「単位」、「高さ」の順に変更される。
  • スタートアップスクリプト「New Document/afterNew」が機能しない。
  • 表のコピー/ペースト/移動/複製時に、一時的にヘッダー行およびフッター行が非表示になる。
  • [Windows のみ] メニューをクリックすると、メニューが表示されなくなる。
  • 新規ドキュメントが不適切な幅と高さで作成される。
  • idml として保存されたドキュメントを開き直すと、段間幅が変更される。
  • レイヤーパネルに小さく表示されている行をユーザーが選択した場合、オブジェクトのドラッグのレイヤーが機能しない。

安定性に関する修正

  • レイヤーパネルで「すべてをロック解除」オプションをクリックしたときに InDesign がクラッシュする。
  • 「保存」、「別名で保存」、「複製を保存」などの操作を実行したときにランダムクラッシュが発生する。
  • PDF 書き出しなどのバックグラウンド処理の実行中にドキュメントを閉じると保護シャットダウンが発生する。
  • 一部のシナリオで、ネットワーク経由で共有されたドキュメントを繰り返し配置すると InDesign がクラッシュする。
  • ファイルをネットワーク上で削除した後で保存すると InDesign がクラッシュする。
  • 文字の異体字 UI がアクティブなときにメニューアクションを実行すると InDesign がクラッシュする。
  • 他のドキュメントが既に開いている場合に、フライアウトメニューからスクリプトを実行すると InDesign がクラッシュする。
  • 一部の設定で、ドキュメントの JPEG への書き出し時に InDesign がクラッシュする。
  • Shift キーを押してテキストを選択した直後にズームを実行すると InDesign がクラッシュする。
  • ネットワーク上のドキュメントに対して「保存」、「別名で保存」、「複製を保存」などの操作を実行したときに保護シャットダウンが発生する。
  • ScriptUI ベースのダイアログでタブ付きパネルを表示すると InDesign がクラッシュする。
  • グラフィックセル内の画像/テキストがグループ化されたテーブルをコピーすると InDesign がクラッシュする。
  • [macOS] 特定のシナリオで、QuarkXPress ドキュメントを開くときに InDesign がクラッシュする。
  • 特定のドキュメントを繰り返し配置すると InDesign で保護シャットダウンが実行される。
  • 特定のドキュメントを他のドキュメントに配置した後でそのドキュメントをまた別のドキュメントに配置すると 1 つのリンクが変更されて InDesign がクラッシュする。
  • パッケージ化の際に「キャンセル」をクリックすると InDesign がクラッシュする。
  • 特定のシナリオでテーブル内のセルを上書きすると InDesign がクラッシュする。
  • 一部の特定のドキュメントでページをスクロールまたは削除したときに InDesign がクラッシュする。
  • 破損したドキュメントを修復する復元ワークフローの拡張機能により、ランダムクラッシュが回避されます。

オンラインリソース

一般的なアドビフォーラムについては、http://www.adobe.com/go/forums_jp を参照してください。

ソフトウェアのダウンロード、インストール、使用方法に関するトピックのヘルプについては、https://forums.adobe.com/community/international_forums/japanese/installation_jp を参照してください。

製品に関するヘルプ、およびコミュニティベースのアドバイス、ヒント、サポートについては、http://www.adobe.com/go/learn_InDesign_support_jp をご覧ください。

カスタマーサポート

製品のヘルプやサポートについては、https://helpx.adobe.com/jp/support.html#/product/indesign を参照してください。

チャットや電話サポートのご利用は、https://helpx.adobe.com/jp/contact.html?step=IDSN をご覧ください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー