Adobe® InDesign® CS6 Server をご利用いただき、ありがとうございます。このドキュメントには、InDesign Server のマニュアルに記載されていない最新の製品情報、アップデートおよびトラブルシューティング情報が含まれています。

必要システム構成

必要システム構成の最新情報については、http://www.adobe.com/go/indesignserver_systemreqs_jp を参照してください。

新機能

ping による正常性チェック

クライアントから ping 要求を送信することで、いつでも InDesign Server に対して ping を実行できるようになりました。応答では、サーバーがビジー状態にあるかハングアップ状態にあるかが示されます。

InDesign Server の強制終了

LBQ Web サービスを呼び出すことで、応答しなくなった InDesign Server プロセスを強制終了できるようになりました。

セッションのサポート

InDesign Server はステートレスとステートフルのクライアントが混在している状況を扱えるようになりました。セッションは互いに完全に分離されて、各クライアントが IDS の個別のインスタンスを対象にしているようになります。つまり、セッション間でドキュメントや設定を共有することはできません。セッションが閉じられると、そのセッションで作成されたすべてのスクリプティングオブジェクトと状態が解放されます。

  1. クライアントは、SOAP API の BeginSession() を呼び出すことで、セッション ID を取得する必要があります。
  2. クライアントは、取得したセッション ID を付けて各サーバー要求を送信する必要があります。
  3. 同じセッション ID の付いたすべての要求は「ExecutionContext」内で実行されます。つまり、あるセッションで使用される環境設定とドキュメントのセットは他のセッションから分離されます。
  4. 各セッションが個別のスレッド上に作成されるため、複数の異なるクライアントからの要求の同時実行が可能になり、スループットとスケーラビリティが向上しています。
  5. すべての要求が実行されると、クライアントは SOAP API の EndSession() を呼び出すことで、セッションを終了し、そのセッションのクリーンアップを行えることをサーバーに通知します。

電子ライセンス



この製品を使用するには、使用許諾条件と保証条件に同意する必要があります。詳しくは、www.adobe.com/jp/products/eulas を参照してください。

フォントのインストール

フォント関連のすべてのドキュメントは、オンラインで提供されます。OpenType のユーザーガイドと「お読みください」、フォント別の「お読みください」、CS 製品別にインストールされるフォントの一覧、および CS6 製品別の DVD に含まれるフォントの一覧については、http://www.adobe.com/jp/type/browser/landing/creativesuite/creativesuite6.html をご覧ください。

InDesign CS6 Server では、デフォルトのシステムフォントディレクトリにフォントがインストールされます。これらのフォントの多くは、InDesign CS5 Server によってインストールされたフォントの新しいバージョンです。デフォルトのシステムフォントフォルダーでこれらのフォントの古いバージョンが検出された場合、インストーラーによって古いバージョンはアンインストールされ、新しいフォルダーに保存されます。デフォルトのシステムフォントディレクトリは次のとおりです。

Apple Macintosh : /Library/Fonts

Windows : <System Disk>:¥Windows¥Fonts

以前のフォントは次の新しいディレクトリに保存されます。

Apple Macintosh : /Library/Application Support/Adobe/SavedFonts/current

Windows : <System Disk>:¥Program Files¥Common Files¥Adobe¥SavedFonts¥current

この新しいディレクトリには、「Read Me.html」という名前のファイルがあります。このファイルには、保存されたフォントと新旧のフォントファイルのバージョン番号の一覧があります。

以前のフォントを再インストールするには、デフォルトのシステムフォントディレクトリから新しいフォントファイルを削除し、以前のフォントファイルをそのディレクトリに戻します。

インストールディスクには追加のフォントが収録されています。これらのフォントのインストールについて詳しくは、http://www.adobe.com/go/learn_fontinstall_jp を参照してください。

その他のインストール / アンインストールシナリオ

InDesign Server CS6 はライセンス認証後に使用できるようになります。コンピューターがオンラインの場合、ライセンス認証はインストール時に自動的に行われます。インストール時に表示されるダイアログボックスで、Adobe ID とシリアル番号を入力する必要があります。ソフトウェアのライセンス認証を行わない限り、エラー「Adobe InDesign Server は適切にライセンスされていないため、終了します。」が表示されます。

コンピューターがインターネットに接続されていない場合は、Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition (APTEE) をダウンロードしてインストールします。APTEE を使用してソフトウェアのシリアル番号を登録し、ソフトウェアのライセンス認証を行うことができます。APTEE は Creative Suite のエンタープライズデプロイメントページからダウンロードできます。

注意:

ソフトウェアのライセンス認証はオフライン中のアンインストールでは解除されません。ライセンス認証を解除するには、オンライン中にアンインストールを行う必要があります。オフライン中にアンインストールを行うと、ライセンス認証回数を 1 回失うことになります。

APTEE による体験版のライセンス認証

体験版のライセンス認証を行うには、Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition (APTEE) をダウンロードしてインストールします。体験版は 90 日間、使用できます。

  1. ターミナルウィンドウまたはコンソールウィンドウで、次のコマンドを入力します。
    • Windows : adobe_prtk - -tool=StartTrial - -leid=InDesignServer-CS6-Win-GM
    • Mac OS : adobe_prtk - -tool=StartTrial - -leid=InDesignServer-CS6-Mac-GM
  2. 試用版のライセンス認証が正常に行われると、次のメッセージが表示されます。

StartTrial Successful

Return Code = 0

APTEE によるシリアル番号の登録(オンライン)

この手順を実行するときは、コンピューターがオンラインになっている必要があります。

  1. ターミナルウィンドウまたはコンソールウィンドウで、次のコマンドを入力します。
    • Windows : adobe_prtk --tool=Serialize --leid=InDesignServer-CS6-Win-GM --serial=<serialNumber> --adobeid=<email>
    • Mac OS : adobe_prtk --tool=Serialize --leid=InDesignServer-CS6-Mac-GM --serial=<serialNumber> --adobeid=<email>

  2. シリアル番号の登録が正常に行われると、次のメッセージが表示されます。

Return Code = 0

APTEE によるシリアル番号の登録 (オフライン)

コンピューターがオフラインになっている場合は、次の手順を使用して、ソフトウェアのシリアル番号を登録し、ソフトウェアのライセンス認証を行うことができます。インターネットに接続されたデバイスにアクセスできる必要があります。要求コードを生成して送信すると、応答コードを受信します。応答コードを入力すると、ソフトウェアのシリアル番号が登録されて、ソフトウェアのライセンス認証が行われます。

  1. ターミナルウィンドウまたはコンソールウィンドウに、次のコマンドを入力します。 adobe_prtk --tool=Type1Exception --generate --serial=<serialNumber>生成された要求コードを書き留めます。
  2. インターネットに接続されたデバイスで、www.adobe.com/go/getactivated にアクセスし、「レスポンスコードを作成」をクリックします。
    1. Adobe ID でログインします。
    2. 手順 1 で生成された要求コードを入力します。
    3. シリアル番号を入力します。
    4. 「レスポンスコードの作成」をクリックします。応答コードを書き留めます。
  3. コンピューターに戻り、ターミナルウィンドウまたはコンソールウィンドウで、次のコマンドを入力します。
    • Windows : adobe_prtk --tool=Type1Exception --accept --serial=<serialNumber> --responsecode=<responseCode> --leid=InDesignServer-CS6-Win-GM
    • Mac OS : adobe_prtk --tool=Type1Exception --accept --serial=<serialNumber> --responsecode=<responseCode> --leid=InDesignServer-CS6-Mac-GM
  4. シリアル番号登録とライセンス認証が正常に行われると、次のメッセージが表示されます。

Return Code = 0

既知の問題

すべての Creative Suite 6 アプリケーションの最新情報および既知の問題については、アドビのサポート Web サイト(http://www.adobe.com/go/customer_support_jp)を参照してください。

  • IPv6 アドレスで実行されている InDesign Server のインスタンスに対して、kill instance コマンドは実行されない。IPv4 がネットワーク上で無効になっている場合、kill instance コマンドは実行されません。(#3139916)
  • 外部リンクを更新しても、配置されているオブジェクトが自動的に更新されない。例えば、親のテキストフレームを更新しても、子のテキストフレームは更新されません。(#3142118)
  • Apple の実装が EPUB 規格ごとに異なるため、EPUB の埋め込みフォントが iBook で予期したとおりに表示されない。(#2993986)
  • タグを書き出しダイアログボックスでカスタムの「li」タグを作成した場合、EPUB が検証されない。これは設計上の制限です。独自のリストタグではなく、InDesign の組み込みのリストタグを使用してください。(#3128871)
  • ビデオレイヤー (YouTube クリップなど) を含むインラインフレームをレイアウト付きの EPUB3 に書き出すと、変形が適切に維持されない。変形されたビデオは、PDF や SWF など、その他の一部の形式でも再生されません。(#3074377)
  • p style で設定された line-height 値が適用され、span style で設定された文字レベルの行送りの値は無視される。InDesign では、段落レベルの行送りの指定のみがサポートされています。(#3000096)
  • ドキュメントに代替レイアウトが含まれている場合、EPUB 出力でコンテンツが重複する。回避策としては、アーティクルパネルを使用して 1 つのレイアウトのみが含まれるようにしてください。(#3013951)
  • スレッドテキストフレームからテキストを削除した場合、アプリケーションが突然終了し、削除したテキストも、段をまたぐテキストも、段に分割されるテキストも、通常の段に含まれるテキストに戻ることがある。(#3152971)
  • オブジェクトが一方のスレッドフレーム内にアンカーされていると、自動サイズ調整が有効なスレッドテキストフレームが正しく更新されない。(#3139955)
  • フレームの末尾の段落で段落中のすべての行の分離を禁止している場合、フレームのサイズを変更すると、InDesign が予期せず終了する。(#3142141)
  • PDF に書き出すと、マスターページ上に配置したボタンが動作しなくなることがある。(#3146506)
  • Acrobat でアクセント付き文字がテキストフィールドに表示されない。(#3148857)
  • Khand Ta 文字が正しく表示されない。(#3093545)
  • インド語系の筆記体フォントについて、Ra 文字の後置形が連接の後で正しく表示されない。(#3097656)
  • インド語系の筆記体フォントについて、ハラント付きの二重子音記号の後に非接合子を挿入すると、連接に後置形が表示されない。(#3103766)
  • 中東のみ:EPUB 書き出しが、アラビア語またはヘブライ語のテキスト文書でサポートされていない。(#295023)
  • 中東のみ:コンテンツコンベヤーからコンテンツを配置するために囲み線を描画した場合、右上から左下に囲み線を描画すると、フリップ変形が起動します。左上から右下に囲み線を描画して、テキストを保持します。

サポートについて

カスタマーサービス

アドビカスタマーサービスでは、製品情報、販売、登録など、技術的でない問題についてサポートを提供しています。アドビカスタマーサービスへの連絡方法については、お住まいの国 / 地域の Adobe.com にアクセスし、「お問い合わせ」をクリックしてください。

サポートプランオプションとテクニカルリソース

無料および有料サポートプランやトラブルシューティングリソースに関する情報など、製品の技術的な問題についてサポートが必要な場合、詳しくは、http://www.adobe.com/go/support_jp/ を参照してください。北米以外の地域では、http://www.adobe.com/go/intlsupport_jp/ にアクセスして、「Need a different country or region?」という質問の下のドロップダウンメニューをクリックし、国名を選択して「GO」をクリックします。または、画面下部の国名の横にある「Change」をクリックし、お住まいの国 / 地域を選択してください。

無料のトラブルシューティングリソースには、アドビサポートデータベースアドビユーザーフォーラムAdobe Support Advisor があります。アドビではその他にも、できる限り迅速に問題を解決するために柔軟に選択できるツールや情報をご用意し、常時オンラインでご利用になれる体制を整えています。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー