InDesign(バージョン 15.0)の 2019 年 11 月リリースの新機能と強化機能について説明します。
SVG の読み込み

SVGの読み込み

InDesign での SVG ファイルの読み込みをサポートしています。 

段間罫線

段間罫線

複数列のテキストフレームで段間罫線をサポートしています。

逆方向のスペルチェック

逆方向のスペルチェック

スペルがエラーになるドキュメント内のテキストを InDesign でスキャンするための方向または順序を指定します。

似た画像を検索

似た画像を検索

ドキュメントに配置されているものと同じようなグラフィックアセットに直接アクセスします。

南米アジア言語のサポート

言語バージョンの選択

5 つの東南アジア言語スクリプトのサポート

バリアブルフォント

バリアブルフォント

バリアブルフォントをサポートします。

Adobe アセットリンク

Adobe アセットリンク

(大規模法人のユーザーに適用可能)

InDesign から離れずに、AEM アセットに保存されている内容に直接アクセスして変更できます。

ホーム画面

アプリケーション内のオンボードリソース

InDesign で利用可能な新しいセルフサービスのリソースですぐに始めることができます。

データ結合

データ結合

ユーザー操作の向上。

Flash Player EOL

Flash 形式の削除

Flash Player の提供が終了したため、InDesign では Flash 形式ファイルのサポートが削除されます。

v1artboard_1_copy14

アプリケーション内のトラブルシューティングサポート

ファイルを開いたり保存したりするときに問題が発生した場合のトラブルシューティングをサポートしています。

製品の安定性

安定性とパフォーマンス

製品の安定性、アプリケーションのパフォーマンス、ユーザーエクスペリエンスが改善されました。

SVGの読み込み

InDesign ドキュメント内の SVG(スケーラブルベクターグラフィック)形式ファイルを読み込んで配置できるようになりました。SVG は、インタラクティブ機能をサポートするための XML ベースのベクター画像形式です。以前のリリースでは、CC ライブラリの SVG は InDesign で PNG ファイルとして読み込まれていましたが、直接読み込むことができるようになりました。

詳細は、SVG ファイルの読み込みを参照してください。

段間罫線

複数列を含むドキュメントをデザインすることが多い場合は、新しい段間罫線の機能を使用すると、複数列テキストフレーム内の列間の行を追加して、制御することができます。段間罫線を追加すると、列のスタイルを作成したり、デザインエレメントを追加したりすることができます。デフォルトでは、一番上の行の上端から一番下の行の下端で段間罫線を引くことができます。

段間罫線
段間罫線

詳しくは、段間罫線の設定を参照してください。

東南アジア言語のサポート

InDesign に新しいテキストエンジンが追加され、5 つの新しい東南アジア言語(タイ語、ビルマ語、ラオス語、クメール語およびシンハラ語)がサポートされるようになりました。これで、これらのスクリプトで作成されたテキストをドキュメントに含めることができるようになりました。

詳しくは、東南アジア言語のスクリプトを参照してください。

バリアブルフォント

InDesign に、バリアブルフォントのサポートが追加されました。これは線幅、幅、傾斜、オプティカルサイズなどのカスタム属性をサポートする新しい OpenType フォント形式です。これらのカスタム属性は、コントロールパネル、文字パネル、文字スタイルパネル、段落スタイルパネルで をクリックすると、使いやすいスライダーコントロールを使用して変更できます。

フォントリストで可変アイコンを検索して、バリアブルフォントを探します。または、フォント名の横にある変数アイコンを探します。

詳細については、バリアブルフォントを参照してください。

逆方向のスペルチェック

手動でのスペルチェック中にスペルミスを見逃したとしても、心配する必要はありません。InDesign がスペルチェックでドキュメントのテキストをスキャンする方向や順序を指定できるようになりました。

2 つの新しいオプション「逆方向」と「順方向」がスペルチェックダイアログに追加されています。これらのオプションを使用すると、前の単語に簡単に戻ってスペルミスを修正できます。

詳細は、スペルチェックと言語の辞書を参照してください。

強化されたデータ結合

このリリースでは、データ結合パネルに以下の機能強化が追加されています。

  • フレーム調整オプションとして新たに「既存のものを使用」が追加されました。このオプションを選択すると、イメージフレームでデータ結合操作を実行したときに個々のフレーム調整が維持されます。
  • タブとコンマに加えて、セミコロン(;)もフィールド区切り文字としてサポートされるようになりました。

詳しくは、コンテンツ配置オプションを参照してください。

Adobe アセットリンクを使用すると、InDesign 2020 ドキュメント内から AEM Assets 内のアセットに直接リンクできます。元のアセットが AEM Assets 内で変更された場合は、リンクを迅速に更新して、InDesign ドキュメントに最新バージョンのアセットを含めることができます。

Adobe Asset Link に新たに導入された主要な機能は次のとおりです。

  • InDesign ドキュメント内で参照によって AEM Assets からアセットを読み込む機能。
  • より効率的なデザインを作成するために、InDesign ドキュメントで低解像度のレンディションを読み込み、後で高解像度の元の画像に置き換える機能。
  • 関連性順にアセットを並べ替える機能。
  • 大きいプレビューサムネールが表示されるギャラリービュー。
Adobe アセットリンク

詳しくは、Adobe Assets Link を参照してください。

似た画像を検索

InDesign ドキュメントに配置されたアセットに視覚的に類似したグラフィックアセットを直接検索できるようになりました。以前のバージョンでは、CC ライブラリパネルでのみこの操作を行いましたが、キャンバスでも似たアセットを検索できるようになりました。 

詳しくは、似た画像を検索するを参照してください。

オンボードリソース

充実した学習体験を通して始めていただけるように、InDesign のホーム画面には、ガイド付きチュートリアル、ドキュメントテンプレート、プリセット、最新のドキュメントリストなど、様々なリソースを用意しています。この画面には、最新バージョンのアプリケーションでリリースされた注目の新機能についての紹介も表示されます。

ホーム画面

詳しくは、アプリケーション内の学習とインスピレーションを参照してください。

Flash 形式の削除

Adobe では、Flash Player の更新と配布を停止することを決定しました。この決定に従い、InDesign では Flash ファイル(.FLV、.F4V、.SWF)の配置、読み込み、書き出し、リンクのサポートが削除されました。 

Flash 形式の削除により、いくつかのユーザーインターフェイスの変更が必要になりました。Flash 形式に関連するオプションが削除されます。

詳細は、 Flash Player の提供終了 | InDesign への影響を参照してください。

アプリケーション内のトラブルシューティングサポート

今回のリリースでは、InDesign ファイルを開いて保存する処理が改善されました。

ただし、問題が解決されず、ファイルが自動修復されない場合、InDesign は、ファイルのリカバリオプションを示す情報エラーメッセージを表示します。

安定性とパフォーマンス

すべてのリリースにおいて安定した優れた製品を提供することを当社の目的としています

このリリースの InDesign では、お客様から報告された 50 件以上の問題が解決されています。例えば、中心的機能、ワークフロー、パフォーマンス、安定性、ユーザーエクスペリエンスなどに関する問題が改善されました。さらに、InDesign バージョン 14.0 でリリースされた機能(PDF に追加されたコメントの読み込み、レイアウトの調整など)も改善されています。

詳しくは、解決済みの問題を参照してください。

その他の機能強化

  • テキストを入力および構成するときのパフォーマンスが向上します。複数列、テキストのフレーム揃え、列揃えを実行した場合のテキストの構成が速くなります。
  • ハイパーリンクパネルに、2 つのタブ「外観」および「アクセシビリティ」が追加されました。代替テキストは、「アクセシビリティ」タブの代替オプションで指定できます。
  • プロパティパネルが拡張され、操作性が向上しました。 
  • リンクパネルのスケール係数を数値として並べ替えできるようになりました。以前のリリースでは、スケール係数はアルファベット順に並べ替えられていました。
  • テンキーを使用せずに、スタイル(段落、文字、オブジェクト、テーブル、セルなど)にキーボードショートカットを割り当てることができるようになりました。

会話に参加する

Ask the community

ご質問がある場合や、ご共有いただけるアイデアをお持ちの場合は、Adobe InDesign コミュニティにご参加ください。ご意見をお待ちしております。


本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー