マニュアル キャンセル

PDF バーコードフォームフィールド

  1. Acrobat ユーザーガイド
  2. Acrobat の概要
    1. デスクトップ、モバイル、web から Acrobat にアクセス
    2. Acrobat の新機能
    3. ショートカットキー
    4. システム要件
  3. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. PDF を開いて表示
      1. PDF を開く
      2. PDF ページのナビゲーション
      3. PDF の環境設定の表示
      4. PDF の表示の調整
      5. PDF のサムネールプレビューを有効にする
      6. PDF をブラウザーで表示
    3. オンラインアカウントで操作
      1. Box からファイルにアクセス
      2. Dropbox からファイルにアクセス
      3. OneDrive からファイルにアクセス
      4. SharePoint からファイルにアクセス
      5. Google ドライブからファイルにアクセス
    4. Acrobat および macOS
    5. Acrobat 通知
    6. PDF のグリッド、ガイド、ものさし
    7. PDF での日中韓言語、キリル文字および右から左に表記されるテキスト
  4. PDF の作成
    1. PDF 作成の概要
    2. Acrobat での PDF の作成
    3. PDFMaker による PDF の作成
    4. Adobe PDF プリンターの使用
    5. Web ページを PDF に変換
    6. Acrobat Distiller による PDF の作成
    7. Adobe PDF 変換設定
    8. PDF のフォント
  5. PDF の編集
    1. PDF のテキストの編集
    2. PDF の画像またはオブジェクトの編集
    3. PDF ページの回転、移動、削除およびページ番号の付け直し
    4. スキャンされた PDF の編集
    5. モバイルデバイスのカメラで撮影した文書内の写真の補正
    6. PDF の最適化
    7. PDF のプロパティとメタデータ
    8. PDF 内のリンクと添付ファイル
    9. PDF レイヤー
    10. PDF のサムネール画像としおり
    11. アクションウィザード(Acrobat Pro)
    12. Web ページから変換された PDF
    13. プレゼンテーション用の PDF の設定
    14. PDF のアーティクル
    15. 地図情報 PDF
    16. PDF へのアクションおよびスクリプトの適用
    17. テキスト追加時にデフォルトのフォントを変更
    18. PDF からページを削除
  6. スキャンと OCR
    1. 文書をスキャンして PDF に変換
    2. 文書の写真を補正
    3. Acrobat を使用してスキャンする際のスキャナーの問題のトラブルシューティング
  7. フォーム
    1. PDF フォームの基本
    2. Acrobat で新規フォームを作成
    3. PDF フォームの作成と配布
    4. PDF フォームに入力
    5. PDF フォームフィールドのプロパティ
    6. PDF フォームの入力と署名
    7. PDF フォームでの操作ボタンの設定
    8. インタラクティブな PDF Web フォームの公開
    9. PDF フォームフィールドの基本
    10. PDF バーコードフォームフィールド
    11. PDF フォームデータの収集と管理
    12. フォームトラッカーについて
    13. PDF フォームヘルプ
    14. 電子メールまたは内部サーバーを使用して PDF フォームを受信者に送信する
  8. ファイルの結合
    1. 単一 PDF へのファイルの結合
    2. PDF ページの回転、移動、削除およびページ番号の付け直し
    3. PDF へのヘッダー、フッターおよび通し番号の追加
    4. PDF ページのトリミング
    5. PDF への透かしの追加
    6. PDF への背景の追加
    7. PDF ポートフォリオ内のコンポーネントファイルでの作業
    8. PDF ポートフォリオの公開と共有
    9. PDF ポートフォリオの概要
    10. PDF ポートフォリオの作成およびカスタマイズ
  9. 共有、レビュー、およびコメント
    1. オンラインでの PDF の共有とトラック
    2. 校正箇所の指示
    3. PDF レビューの準備
    4. PDF レビューの開始
    5. SharePoint または Office 365 サイトでの共有レビューのホスト
    6. PDF レビューへの参加
    7. PDF への注釈の追加
    8. PDF へのスタンプの追加
    9. 承認プロセス
    10. 注釈の管理 | 表示、返信、印刷
    11. 注釈の取り込みと書き出し
    12. PDF レビューのトラックと管理
  10. PDF の保存と書き出し
    1. PDF の保存
    2. PDF を Word に変換
    3. PDF を JPG に変換
    4. 他のファイル形式への PDF の変換または書き出し
    5. PDF 書き出し時のファイル形式オプション
    6. PDF コンテンツの再使用
  11. セキュリティ
    1. PDF の拡張セキュリティ設定
    2. パスワードによる PDF の保護
    3. デジタル ID の管理
    4. 証明書による PDF の保護
    5. 保護された PDF を開く
    6. PDF 内の機密情報の削除
    7. PDF のセキュリティポリシーの設定
    8. PDF のセキュリティ方法の選択
    9. PDF を開くときのセキュリティ警告
    10. Adobe Experience Manager による PDF の保護
    11. PDF の保護ビュー機能
    12. Acrobat と PDF のセキュリティの概要
    13. セキュリティリスクとしての PDF の JavaScript
    14. セキュリティリスクとしての添付ファイル
    15. PDF のリンクの許可またはブロック
  12. 電子サイン
    1. PDF 文書への署名
    2. モバイルデバイスでキャプチャした署名をあらゆるデバイスで使用
    3. 電子サイン用に文書を送信
    4. 証明書の署名について
    5. 証明書ベースの署名
    6. デジタル署名の検証
    7. Adobe Approved Trust List
    8. 信頼済み証明書の管理
  13. 印刷
    1. 基本の PDF 印刷処理
    2. 小冊子と PDF ポートフォリオの印刷
    3. PDF 印刷の詳細設定
    4. PDF に印刷
    5. PDF のカラー印刷(Acrobat Pro)
    6. カスタムサイズでの PDF の印刷
  14. アクセシビリティ、タグ、および折り返し
    1. アクセシビリティ対応の PDF の作成および検証
    2. PDF のアクセシビリティ機能
    3. PDF の読み上げ順序ツール
    4. 折り返しおよびアクセシビリティ機能を使用した PDF の読み上げ
    5. コンテンツパネルとタグパネルでの文書構造の編集
    6. アクセシブルな PDF の作成
  15. 検索とインデックスの作成
    1. PDF のインデックスの作成
    2. PDF ファイルの検索
  16. マルチメディアと 3D モデル
    1. PDF にオーディオ、ビデオおよびインタラクティブオブジェクトを追加
    2. PDF への 3D モデルの追加(Acrobat Pro)
    3. PDF での 3D モデルの表示
    4. 3D モデルのインタラクティブな操作方法
    5. PDF での 3D オブジェクトの測定
    6. PDF での 3D ビューの設定
    7. PDF 内の 3D コンテンツの有効化
    8. PDF へのマルチメディアの追加
    9. PDF での 3D デザインへの注釈の追加
    10. PDF でのビデオ、オーディオ、マルチメディアの再生
    11. ビデオへの注釈の追加
  17. 印刷工程ツール(Acrobat Pro)
    1. 印刷工程ツールの概要
    2. トンボとヘアライン
    3. 出力のプレビュー
    4. 透明の分割・統合
    5. カラー変換とインキの管理
    6. トラップ
  18. プリフライト(Acrobat Pro)
    1. PDF/X、PDF/A、PDF/E 準拠ファイル
    2. プリフライトプロファイル
    3. プリフライトの詳細な検査
    4. プリフライトレポート
    5. プリフライト結果、オブジェクトおよびリソースの表示
    6. PDF の出力インテント
    7. プリフライトツールでの問題のある領域の修正
    8. ドロップレットまたはプリフライトアクションによる文書の分析の自動化
    9. プリフライトツールを使用した文書の分析
    10. プリフライトツールでの追加のチェック
    11. プリフライトライブラリ
    12. プリフライト変数
  19. カラーマネジメント
    1. 一貫した色の保持
    2. カラー設定
    3. 文書のカラーマネジメント
    4. カラープロファイルでの作業
    5. カラーマネジメントの解説

この文書では、Acrobat DC の PDF バーコードフォームフィールドについて説明します(フォームフィールドのプロパティについて詳しくは、上記の該当するリンクをクリックしてください)。

 

バーコードについて

ユーザーがフォームのバーコードフィールドに入力したデータは、スキャンし解釈してデータベースに取り込める視覚的なパターンに変換されます。バーコードは、ユーザーが紙またはファックスでフォームを送付する場合に役立ちます。

バーコードの利点は、時間を節約して、回答を手作業で読んで記録する必要がなくなり、データ入力エラーを回避できることです。

バーコードを使用する場合の一般的なワークフローに含まれる各段階を次に示します。

  • フォーム作成者は、フォームの環境設定で「フィールド値の自動計算」を選択し、Acrobat でフォームを作成します。このとき、他のすべてのフィールドは通常どおりに設定します。

  • フォーム作成者はフォームにバーコードフィールドを追加し、必要なデータをキャプチャできるようにバーコードを設定します。

  • フォーム作成者は、Acrobat Reader ユーザーにフォームに対する拡張権限を付与します(Acrobat Reader DC ユーザーが入力済みフォームを保存できるようにする場合、またはフォームに特定のバーコードフィールドが含まれている場合)。

  • フォーム作成者は、フォームを他のユーザーに配布します。

  • ユーザーはコンピューター上でフォームに入力して電子的に送信または印刷し、コピーをフォームの配布者に送付します。

  • 受け取ったバーコードデータは、フォームを受け取ったユーザーがレビュー、整理、および使用できるように、次のいずれかの方法で解釈されます。

    ファックスサーバーにファックス送信されたフォームの場合

    フォームを受け取ったユーザーは、Adobe Acrobat Capture® を使用してファックスサーバーから TIFF 画像を収集し、Adobe LiveCycle の Barcoded Forms Decoder の監視フォルダーに配置します(これらの製品を持っている場合)。

    紙で送付されたフォームの場合

    フォームを受け取ったユーザーは、紙のフォームをスキャンし、LiveCycle Barcoded Forms Decoder などのアプリケーションでフォーム内のバーコードをデコードします。

注意:

Acrobat Capture および Adobe LiveCycle Barcoded Forms Decoder は、エンタープライズワークフローに適したスタンドアロン製品で、Acrobat とは別に単独で販売されています。

バーコードのデザインのヒント

バーコードのデザインや配置には、使い勝手やスペースなどの問題が影響します。例えば、エンコード可能なデータの量はバーコードのサイズによって制限されます。最適な結果を得るには、次のガイドラインに従います。

  • フォームを封筒に入れるときに折り目と重ならないような場所にバーコードを配置します。また、印刷時やファックス送信時に欠けてしまうことがないように、ページの端から遠ざけるようにしてください。

  • 見やすく、スキャンしやすい場所に配置します。ハンドヘルドスキャナーを使用する場合、バーコードの幅が 4 インチ(10.3 cm)を超えないようにしてください。一般に、ハンドヘルドスキャナーを使用する場合は、高さがあって幅が狭いバーコードの方が適しています。また、ハンドヘルドスキャナーを使用する場合は、バーコードの内容を圧縮しないでください。

  • バーコードが、エンコードするデータの量を格納できるサイズであることを確認してください。小さすぎる場合、バーコード領域はグレー一色になります。配布前に完成したフォームをテストし、バーコード領域のサイズが十分であることを確認してください。

バーコードフィールドの作成、テスト、編集

PDF フォームのバーコードの機能を高める方法の 1 つは、カスタムスクリプトを作成することです。そのようなスクリプトを記述するには、JavaScript の基本知識を持ち、Acrobat 固有の JavaScript に精通している必要があります。詳しくは、Developing Acrobat® Applications Using JavaScript™www.adobe.com/go/learn_acr_javascript_jp)(PDF 形式、英語のみ)を参照してください。基本的な JavaScript について詳しくは、このテーマに関するリソースが多数提供されているので、それらを参照してください。

注意:

最大サイズのバーコードを挿入した後にセルサイズやスキャン方法を変更すると、バーコードがページの境界線にかかってしまうことがあります。これを回避するには、バーコードに対して適切なセルサイズおよびスキャン方法を選択します。

バーコードフィールドの追加

  1. フォームを Acrobat で開きます。環境設定ダイアログボックスを開き(編集環境設定)、左側の「フォーム」を選択します。次に、「フィールド値の自動計算」を選択します。

  2. ツールフォームを準備を選択します。

  3. ツールバーのバーコードアイコン をクリックします。

  4. 長方形をドラッグしてバーコード領域を指定し、そのバーコードフィールドをダブルクリックしてプロパティダイアログボックスを開きます。
  5. 「値」タブで、次のいずれかの操作をおこないます。
    • エンコード方法」を選択し、フォーマット(「XML」または「タブ区切り」)を選択します。「選択」ボタンをクリックし、バーコードフィールドにエンコードするフィールドを選択します。バーコードデータにフィールド名を含めない場合は、「フィールド名を含める」の選択を解除します。

    • カスタムの演算スクリプト」を選択し、「編集」を選択して、JavaScript エディターダイアログボックスでカスタム JavaScript コードを入力します。

  6. 「オプション」タブで、次のいずれかの操作をおこないます。
    • PDF417」、「QR コード」または「 データマトリクス」のいずれかのコードオプションを選択します。

    • バーコードにエンコードする前にデータを圧縮する場合は、「バーコードをエンコードする前にデータを圧縮」を選択します。回収したフォームからハンドヘルドスキャナーでデータをキャプチャする場合は、このオプションを選択しないでください。

    • スキャンの方法」で、回収したフォームを処理するハードウェアの種類を、「ハンドヘルドバーコードスキャナー」、「ファックスサーバー」、「 ドキュメントスキャナー」または「カスタム」から選択します。

    • 必要に応じて、「カスタム」をクリックし、「X 次元」、「Y/X 比」および「エラー修正レベル」の値を入力します。

  7. また、「一般」タブと「アクション」タブでその他の設定を変更します。次に、パーコードフィールドのプロパティダイアログボックスを閉じます。

    選択されているフィールドを XML 形式またはタブ区切り形式でエンコードする JavaScript コードが自動的に生成されます。バーコードフィールドのプロパティダイアログボックスが閉じられ、値を指定したバーコードがフォームに表示されます。

    注意:

    バーコードを作成した後にフォームに新しいフィールドを追加した場合、そのフィールドは既存のバーコードのデータに自動的には含まれません。ただし、バーコードに含めるデータフィールドを手動で追加することができます。

バーコードフィールドのテスト

  1. ツールバーのプレビューボタンをクリックします。

  2. フォームに入力します。サンプルデータを使用して、各フィールドの最大情報量またはユーザーの入力例を示します。
  3. バーコードフィールドがグレー表示になる場合は、適切な手順に従って、バーコードフィールドのサイズを変更するか、コンテンツデータを調整します(以下の作業を参考にしてください)。
  4. バーコードフィールド領域が、入力したデータのすべてが収まる大きさであることを確認します。サンプルデータを削除するには、右側のパネルで、その他 フォームをクリアを選択します。

  5. ファイル保存を選択します。

これで、このバーコードフォームフィールドを含むフォームを配布する準備ができました。

バーコードへのデータフィールドの追加

  1. フォーム編集モードで作業をしていない場合は、ツールフォームを準備を選択します。

  2. バーコードフィールドをダブルクリックします。
  3. 「値」タブで、次のいずれかの操作をおこないます。
    • エンコード方法」が選択されている場合は、「選択」を選択し、エンコードする追加のフォームフィールドを選択します。

    • カスタムの演算スクリプト」が選択されている場合は、「編集」をクリックし、追加のフィールドを含めるための追加の JavaScript を記述します。

バーコードに新しいデータフィールドを含めた場合は、サンプルデータでテストして、バーコード領域のサイズが十分であることを確認してください。バーコード領域がグレー表示になる場合は、データコンテンツがバーコード領域に収まるように、バーコードのサイズまたはテキストフィールドのプロパティを調整します。

バーコードフィールドに収めるためのデータコンテンツの調整

  1. フォーム編集モードで作業をしていない場合は、ツールフォームを準備を選択します。

  2. バーコードフィールドをダブルクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • 「オプション」タブで、「カスタム」ボタンをクリックし、「エラー修正レベル」および「Y/X 比」に現在よりも小さな値を入力します。

    • 「オプション」タブで、「バーコードをエンコードする前にデータを圧縮」を選択します。ただし、このオプションを選択できるのは、別売りの Adobe のソフトウェアデコーダを使用する場合だけです。

    • 「値」タブで、データのエンコード形式として、「XML」ではなく「タブ区切り」を選択します。「XML」の方が「タブ区切り」よりも、情報のエンコードにより多くのバーコード領域を必要とします。

    • 「オプション」タブで、別のコードオプションを選択します。

    • 「値」タブで、「選択」ボタンをクリックし、エンコードの必要がないフィールドの選択を解除します。例えば、冗長な情報を含むフィールドはエンコードに含めないようにします。

    • 「値」タブで、ユーザーの入力したデータをエンコード時にすべて小文字またはすべて大文字に変換するカスタムスクリプトを入力します。

    注意:

    アメリカの国税庁が使用している NACTP(National Association of Computerized Tax Processors)のガイドラインでは、2D バーコードデータにはすべて大文字を使用することを推奨しています。

  3. データを格納するバーコード領域を最小限にするには、バーコードフィールドをダブルクリックし、「値」タブに、データを英数字の大文字か小文字のいずれかに制限するカスタムスクリプトを記述します。すべて大文字またはすべて小文字のテキストは、同じテキストを大文字と小文字を入れ混ぜて書いた場合よりも、必要なバーコード領域が小さくなります。
注意:

フォームに追加のバーコードフィールドを作成することや、各バーコードフィールドに異なるデータをマッピングすることを検討します。

フォームフィールドのナビゲーションの設定

PDF 文書にタブの順序が指定されていない場合、デフォルトのタブの順序は文書構造に基づいて決定されます。ただし、アクセシビリティの環境設定で「タブの順序」オプションの選択を解除した場合は除きます。

フィールドを作成した後でタブの順序を変更できます。フォーム編集モードで作業をしている場合は、文書構造(デフォルト)、行または列に基づいてタブの順序を指定できます。フィールドパネルのフィールドをドラッグ&ドロップして手動でタブの順序を指定することもできます。編集モードで作業をしていない場合は、ページのプロパティを変更して行または列に基づいてタブの順序を指定できます。ただし、タブの順序を手動で指定することはできません。

編集モードでのタブの順序の設定

  1. フォーム編集モードで作業をしていない場合は、ツールフォームを準備を選択します。

  2. 右側のフィールドパネルで、並べ替え タブの順序が選択されていることを確認します。

  3. (オプション)フィールドのタブの順序を表示するには、フィールドパネルで、タブの順序 タブ番号を表示を選択します。

  4. タブの順序」でオプションを選択します。

    タブの順序を構造に基づいて設定

    文書構造に基づいて移動し、次にタグで設定されている順序に従って移動します。

    タブの順序を行に基づいて設定

    左上のフィールドから開始して、まず左から右に移動し、次に下に 1 行ずつ移動します。

    タブの順序を列に基づいて設定

    左上のフィールドから開始して、まず上から下に移動し、次に左から右に 1 列ずつ移動します。

    タブの順序を手動で設定

    フィールドパネル内でフィールドを必要な位置にドラッグ&ドロップできます。フィールドを別のページやラジオボタンに移動したり、ラジオボタンを別のグループに移動したりすることはできません。

    タブの順序を指定しない

    タブの順序を指定しないことを指定します。タブの順序は、ページプロパティの設定によって決まります。

ページプロパティでのタブの順序の設定

  1. フォーム編集モードの場合は、ツールバーの右側にある十字ボタンをクリックして、このモードを終了します。

  2. ページサムネールボタン をクリックするか、表示表示切り替えナビゲーションパネル ページサムネールを選択して、ページサムネールパネルを開きます。

  3. 1 つまたは複数のページアイコンを選択し、ページサムネールパネル内のオプションメニューで、「ページプロパティ」を選択します。右クリックして「ページのプロパティ」を選択することもできます。

  4. タブの順序」でオプションを選択します。

    行の順序を使用

    左上のフィールドから開始して、まず左から右に移動し、次に下に 1 行ずつ移動します。

    列の順序を使用

    左上のフィールドから開始して、まず上から下に移動し、次に左から右に 1 列ずつ移動します。

    文書構造を使用

    タグ付きのフォームの場合、タグで設定した順序に従います。

    指定しない

    既存のシーケンスを使用します。

  5. OK」をクリックします。

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン