マニュアル キャンセル

Web ページを PDF に変換

  1. Acrobat ユーザーガイド
  2. Acrobat の概要
    1. デスクトップ、モバイル、web から Acrobat にアクセス
    2. Acrobat の新機能
    3. ショートカットキー
    4. システム要件
  3. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. PDF を開いて表示
      1. PDF を開く
      2. PDF ページのナビゲーション
      3. PDF の環境設定の表示
      4. PDF の表示の調整
      5. PDF のサムネールプレビューを有効にする
      6. PDF をブラウザーで表示
    3. オンラインアカウントで操作
      1. Box からファイルにアクセス
      2. Dropbox からファイルにアクセス
      3. OneDrive からファイルにアクセス
      4. SharePoint からファイルにアクセス
      5. Google ドライブからファイルにアクセス
    4. Acrobat および macOS
    5. Acrobat 通知
    6. PDF のグリッド、ガイド、ものさし
    7. PDF での日中韓言語、キリル文字および右から左に表記されるテキスト
  4. PDF の作成
    1. PDF 作成の概要
    2. Acrobat での PDF の作成
    3. PDFMaker による PDF の作成
    4. Adobe PDF プリンターの使用
    5. Web ページを PDF に変換
    6. Acrobat Distiller による PDF の作成
    7. Adobe PDF 変換設定
    8. PDF のフォント
  5. PDF の編集
    1. PDF のテキストの編集
    2. PDF の画像またはオブジェクトの編集
    3. PDF ページの回転、移動、削除およびページ番号の付け直し
    4. スキャンされた PDF の編集
    5. モバイルデバイスのカメラで撮影した文書内の写真の補正
    6. PDF の最適化
    7. PDF のプロパティとメタデータ
    8. PDF 内のリンクと添付ファイル
    9. PDF レイヤー
    10. PDF のサムネール画像としおり
    11. アクションウィザード(Acrobat Pro)
    12. Web ページから変換された PDF
    13. プレゼンテーション用の PDF の設定
    14. PDF のアーティクル
    15. 地図情報 PDF
    16. PDF へのアクションおよびスクリプトの適用
    17. テキスト追加時にデフォルトのフォントを変更
    18. PDF からページを削除
  6. スキャンと OCR
    1. 文書をスキャンして PDF に変換
    2. 文書の写真を補正
    3. Acrobat を使用してスキャンする際のスキャナーの問題のトラブルシューティング
  7. フォーム
    1. PDF フォームの基本
    2. Acrobat で新規フォームを作成
    3. PDF フォームの作成と配布
    4. PDF フォームに入力
    5. PDF フォームフィールドのプロパティ
    6. PDF フォームの入力と署名
    7. PDF フォームでの操作ボタンの設定
    8. インタラクティブな PDF Web フォームの公開
    9. PDF フォームフィールドの基本
    10. PDF バーコードフォームフィールド
    11. PDF フォームデータの収集と管理
    12. フォームトラッカーについて
    13. PDF フォームヘルプ
    14. 電子メールまたは内部サーバーを使用して PDF フォームを受信者に送信する
  8. ファイルの結合
    1. 単一 PDF へのファイルの結合
    2. PDF ページの回転、移動、削除およびページ番号の付け直し
    3. PDF へのヘッダー、フッターおよび通し番号の追加
    4. PDF ページのトリミング
    5. PDF への透かしの追加
    6. PDF への背景の追加
    7. PDF ポートフォリオ内のコンポーネントファイルでの作業
    8. PDF ポートフォリオの公開と共有
    9. PDF ポートフォリオの概要
    10. PDF ポートフォリオの作成およびカスタマイズ
  9. 共有、レビュー、およびコメント
    1. オンラインでの PDF の共有とトラック
    2. 校正箇所の指示
    3. PDF レビューの準備
    4. PDF レビューの開始
    5. SharePoint または Office 365 サイトでの共有レビューのホスト
    6. PDF レビューへの参加
    7. PDF への注釈の追加
    8. PDF へのスタンプの追加
    9. 承認プロセス
    10. 注釈の管理 | 表示、返信、印刷
    11. 注釈の取り込みと書き出し
    12. PDF レビューのトラックと管理
  10. PDF の保存と書き出し
    1. PDF の保存
    2. PDF を Word に変換
    3. PDF を JPG に変換
    4. 他のファイル形式への PDF の変換または書き出し
    5. PDF 書き出し時のファイル形式オプション
    6. PDF コンテンツの再使用
  11. セキュリティ
    1. PDF の拡張セキュリティ設定
    2. パスワードによる PDF の保護
    3. デジタル ID の管理
    4. 証明書による PDF の保護
    5. 保護された PDF を開く
    6. PDF 内の機密情報の削除
    7. PDF のセキュリティポリシーの設定
    8. PDF のセキュリティ方法の選択
    9. PDF を開くときのセキュリティ警告
    10. Adobe Experience Manager による PDF の保護
    11. PDF の保護ビュー機能
    12. Acrobat と PDF のセキュリティの概要
    13. セキュリティリスクとしての PDF の JavaScript
    14. セキュリティリスクとしての添付ファイル
    15. PDF のリンクの許可またはブロック
  12. 電子サイン
    1. PDF 文書への署名
    2. モバイルデバイスでキャプチャした署名をあらゆるデバイスで使用
    3. 電子サイン用に文書を送信
    4. 証明書の署名について
    5. 証明書ベースの署名
    6. デジタル署名の検証
    7. Adobe Approved Trust List
    8. 信頼済み証明書の管理
  13. 印刷
    1. 基本の PDF 印刷処理
    2. 小冊子と PDF ポートフォリオの印刷
    3. PDF 印刷の詳細設定
    4. PDF に印刷
    5. PDF のカラー印刷(Acrobat Pro)
    6. カスタムサイズでの PDF の印刷
  14. アクセシビリティ、タグ、および折り返し
    1. アクセシビリティ対応の PDF の作成および検証
    2. PDF のアクセシビリティ機能
    3. PDF の読み上げ順序ツール
    4. 折り返しおよびアクセシビリティ機能を使用した PDF の読み上げ
    5. コンテンツパネルとタグパネルでの文書構造の編集
    6. アクセシブルな PDF の作成
  15. 検索とインデックスの作成
    1. PDF のインデックスの作成
    2. PDF ファイルの検索
  16. マルチメディアと 3D モデル
    1. PDF にオーディオ、ビデオおよびインタラクティブオブジェクトを追加
    2. PDF への 3D モデルの追加(Acrobat Pro)
    3. PDF での 3D モデルの表示
    4. 3D モデルのインタラクティブな操作方法
    5. PDF での 3D オブジェクトの測定
    6. PDF での 3D ビューの設定
    7. PDF 内の 3D コンテンツの有効化
    8. PDF へのマルチメディアの追加
    9. PDF での 3D デザインへの注釈の追加
    10. PDF でのビデオ、オーディオ、マルチメディアの再生
    11. ビデオへの注釈の追加
  17. 印刷工程ツール(Acrobat Pro)
    1. 印刷工程ツールの概要
    2. トンボとヘアライン
    3. 出力のプレビュー
    4. 透明の分割・統合
    5. カラー変換とインキの管理
    6. トラップ
  18. プリフライト(Acrobat Pro)
    1. PDF/X、PDF/A、PDF/E 準拠ファイル
    2. プリフライトプロファイル
    3. プリフライトの詳細な検査
    4. プリフライトレポート
    5. プリフライト結果、オブジェクトおよびリソースの表示
    6. PDF の出力インテント
    7. プリフライトツールでの問題のある領域の修正
    8. ドロップレットまたはプリフライトアクションによる文書の分析の自動化
    9. プリフライトツールを使用した文書の分析
    10. プリフライトツールでの追加のチェック
    11. プリフライトライブラリ
    12. プリフライト変数
  19. カラーマネジメント
    1. 一貫した色の保持
    2. カラー設定
    3. 文書のカラーマネジメント
    4. カラープロファイルでの作業
    5. カラーマネジメントの解説

Web ページと PDF

Web ページの基幹となるのは Hypertext Markup Language(HTML)で記述されたファイルです。通常、HTML ファイルには、web ページに表示される他のファイルまたは web ページの外観や動作を調整するファイルとの関連付けが含まれています。

Web ページを PDF に変換する際に、HTML ファイルおよびそれに関連するすべてのファイル(JPEG 画像、Adobe FLA ファイル、CSS、テキストファイル、画像マップ、フォームなど)が変換処理に組み込まれます。

生成された PDF は、元の web ページと同じように動作します。例えば、画像、リンク、画像マップ、およびほとんどのメディアファイルは、PDF 内でも正常に表示されて動作します(アニメーション GIF ファイルは、アニメーションの最後のフレームを表示した静止画像になります)。

また、web ページから変換した PDF は他の PDF と同じように機能します。例えば、スクロールやしおりによるファイル内の移動、ユーザーによる注釈の追加、セキュリティやフォームフィールドなどの高度な機能の追加をおこなうことができます。

Web ページを PDF に変換する場合は、以下の点に留意します。これらは変換処理の方法に影響します。

  • どの程度の範囲を変換するか

    現在開いている web ページを変換する場合は、Internet Explorer の PDFMaker ツールバーにある web ページを PDF に変換ボタンを使用します(Windows のみ)。Mac OS で変換をおこなう場合と、表示中のページだけでなく web サイトの階層の一部または web サイト全体の変換をおこなう場合は、Acrobat で作業を行います。

  • Web ページから新しい PDF を作成するか、または変換したページを既存の PDF に追加するか

    新しい PDF を作成するか、既存の PDF に追加するかは、Acrobat または Internet Explorer のどちらでも可能です。それぞれのコマンドを選択します。

注意:

日中韓言語の web ページを Windows の欧文システムの PDF に変換するには、Acrobat のインストール時に日中韓言語サポートファイルもインストールしておく必要があります。また、HTML 変換設定で該当するエンコーディングを選択することをお勧めします。

Internet Explorer、Google Chrome および Firefox で Web ページを PDF に変換(Windows)

Acrobat は、Internet Explorer(バージョン 8.0 以降)、Google Chrome および Firefox に Adobe PDF ツールバーをインストールします。このツールバーのコマンドを使用して、現在表示されている web ページを様々な方法で PDF に変換できます。例えば、web ページ全体あるいは選択した領域を変換できます。または、PDF を作成したり、既存の PDF に変換した web ページを追加したりできます。ツールバーには、新しい PDF を新しい電子メールメッセージに添付したり印刷したりする操作など、変換後の追加操作を実行するコマンドもあります。

PDF ツールバー[PDF つーるばー]
PDF ツールバーのメニューを使用して、変換と印刷を簡単に実行できます。

PDF への Web ページの変換

Web ページを PDF に変換するには、次の操作を行います。

  1. Web ページに移動します。
    • Windows の場合、Internet Explorer、Firefox または Chrome を使用します。

    • Mac の場合、Firefox を使用します。

  2. Adobe PDF ツールバーの変換メニューを使用し、次のいずれかの操作をおこないます。
    • 現在開いている web ページから PDF を作成するには、「Web ページを PDF に変換」を選択します。保存先を選択し、ファイル名を入力して、「保存」をクリックします。

    • 現在開いている web ページを他の PDF に追加するには、「既存の PDF に Web ページを追加」を選択します。既存の PDF を検索して選択し、「保存」をクリックします。

    • (Internet Explorer および Firefox のみ)現在開いている web ページから PDF を作成し、印刷するには、「Web ページを印刷」を選択します。変換が完了したら、表示される印刷ダイアログボックスでオプションを指定し、「OK」をクリックします。

    • (Internet Explorer および Firefox のみ)現在開いている web ページから PDF を作成し、空の電子メールメッセージに添付するには、「Web ページを変換して電子メールで送信」を選択します。次に、PDF の保存先とファイル名を指定し、「保存」をクリックします。変換の完了後に開く電子メールメッセージ画面に、メールの件名や本文を入力します。

    • いずれのオプションでも、変換後の出力 PDF を開くには、「結果の Adobe PDF を表示」を選択します。

注意:

Adobe の PDF を作成アイコンは、Acrobat のインストール時にサポートされているブラウザーに追加されます。「PDF を作成」アイコンが表示されない場合は、次の操作をおこないます。

  • Internet Explorer では、表示ツールバーAdobe Acrobat PDF を作成ツールバーを選択します。

  • Firefox では、ツールアドオン拡張機能を選択し、「Adobe Acrobat - Create PDF」拡張機能を有効にします(詳しくは、Mozilla Firefox での Create PDF 拡張機能の有効化を参照してください)。

  • Google Chrome では、カスタマイズメニューの「設定」を選択し、左側の「拡張機能」をクリックします。Adobe Acrobat - Create PDF 拡張機能を有効にします(詳しくは、Google Chrome での Create PDF 拡張機能の有効化を参照してください)。

Web ページの一部を PDF に変換(Internet Explorer および Firefox)

  1. 変換したい web ページのテキストや画像をマウスでドラッグして選択します。
  2. 選択したコンテンツを右クリックし、次のいずれかを選択します。
    • 新しい PDF を作成する場合は、「Adobe PDF に変換」か「Web ページを Adobe PDF に変換」(Internet Explorer)、または「選択項目を Adobe PDF に変換」(Firefox)を選択します。PDF の名前と保存先を選択します。

    • 選択したコンテンツを別の PDF に追加する場合は、「既存の PDF に追加」(Internet Explorer)または「選択項目を既存の PDF に追加」(Firefox)を選択します。選択項目の追加先の PDF を検索して、選択します。

Web 内の選択した領域の変換 ページから PDF(Internet Explorer のみ)

「選択」オプションを使用すると、web ページの特定の領域を選択して変換できます。このオプションを使用して、web ページから広告などの不要なコンテンツを除いて、必要なコンテンツだけを変換できます。

  1. Adobe PDF ツールバーで、「変換」の隣にある「選択」をクリックします。

  2. Web ページ上でポインターを移動すると、web ページ上の選択可能な領域が赤の点線で示されます。変換する領域をクリックします。選択した領域が青のボックスで表示されます。領域を選択解除するには、その領域を再度クリックします。
  3. 通常の方法で変換操作を続けます。
  4. すべての領域を選択解除し、選択モードを終了するには、再度「選択」をクリックします。

リンク先の Web ページを PDF に変換

  1. 開いている web ページで、リンクされているテキストを右クリックし、次のいずれかを選択します。
    • リンク先の web ページを既存の PDF に追加するには、「リンクの参照先を既存の PDF に追加」を選択します。既存の PDF を検索して選択し、「保存」をクリックします。

    • リンク先の web ページを新しい PDF に変換するには、「リンクの参照先を Adobe PDF に変換」を選択します。

注意:

右クリックして表示されるメニューにも、「既存の PDF に追加」オプションと「Adobe PDF に変換」オプションが含まれています。これらのオプションのいずれかを選択すると、選択したリンクではなく、現在開いている web ページが変換されます。

Acrobat で Web ページを PDF に変換

Internet Explorer、Google Chrome または Firefox で開いている web ページを PDF に変換できますが、Acrobat から変換を実行する場合は追加のオプションも利用できます。例えば、web サイト全体を PDF に含めることも、web サイトの一部のレベル(階層)だけを含めることもできます。

PDF への Web ページの変換

  1. Acrobat を開き、ツールPDF を作成Web ページを選択します。

  2. Web ページへの完全なパスを入力するか、「参照」をクリックして HTML ファイルを見つけて選択します。

  3. 変換する web サイトのレベル数を変更するには、「複数レベルをキャプチャ」をクリックします。含めるレベル数を入力するか、「サイト全体」を選択して web サイトの全階層をダウンロードします。

    注意:

    Web サイトによっては、ページ数が数百や数千単位の場合があります。大規模な web サイトを変換すると、システムの速度が遅くなったり、応答しなくなったりすることがあります。また、ハードディスクの空き容量や空きメモリがすべて使用されて、システムがクラッシュする場合もあります。そのため、まず 1 レベル分のページをダウンロードし、それらのページからダウンロードが必要なリンクを探す方法をお勧めします。

  4. 「サイトの一部 N レベル」を選択した場合は、次のオプションのいずれかまたは両方を選択します。

    同じパスのページだけを取得

    指定した URL の下位の web ページのみをダウンロードします。

    同一サーバーを使用

    同じサーバーに格納されている web ページのみをダウンロードします。

  5. 設定/詳細設定をクリックして、必要に応じて Web ページの変換設定ダイアログボックスで選択されているオプションを変更し、「OK」をクリックします。

  6. 作成」をクリックします。

    注意:

    ダウンロードしているときに PDF ページを表示できますが、ダウンロードが完了するまではページを修正できません。

追加の要求をおこなう場合、既に実行している変換処理が終了するまで待つ必要はありません。変換処理の実行中でも、別のページを PDF に変換する処理をキューに追加することができます。キュー内の要求数は、ダウンロード状況ダイアログボックスの「変換を待機中」フィールドに示されます。

既存の PDF に Web ページを追加

書き込み可能な PDF に web ページを以下の手順で追加できます。元の PDF が読み取り専用の場合、追加せずに新しい PDF が生成されます。

  1. Acrobat で web ページを追加するための書き込み可能な PDF を開きます。
  2. ツールページを整理挿入Web ページからを選択します。

  3. Web ページに追加する URL を入力し、必要であれば設定を変更して、「追加」をクリックします。

  4. Web ページが PDF に変換されると、ページを挿入ダイアログボックスが表示されます。既存の PDF のどこにこのページを追加するかを厳密に選択して、「OK」をクリックします。

既存の PDF に Web リンクをすべて追加

  1. リンクを含む PDF を Acrobat で開きます。必要に応じて、リンクを含むページをスクロールして表示します。
  2. Web リンクを右クリックし、「現在の文書に Web リンクを追加」を選択します。

    注意:

    ページを変換すると、そのページへのリンクは内部リンクに変更され、リンクをクリックすると web 上の元の HTML ページではなく PDF のページが表示されます。

Web リンクを新規文書として PDF に変換

  1. リンクを含む PDF を Acrobat で開きます。必要に応じて、変換するリンクを含むページをスクロールして表示します。
  2. Web リンクを右クリックし、「Web リンクを新規文書として開く」を選択します。

注意:

Windows では、Internet Explorer、Google Chrome または Firefox に表示されている web ページから、同じ機能を持つ右クリックコマンドでリンク先のページを変換することもできます。

Web リンクを他の目的に使用するには、次の手順で web リンクの URL をクリップボードにコピーします。

  1. リンクを含む PDF を Acrobat で開きます。必要に応じて、URL をコピーするリンクを含むページをスクロールして表示します。
  2. Web リンクを右クリックし、「URL をコピー」を選択します。

Web ページ変換設定の変更

Web ページを PDF に変換するための設定は、変換処理に適用されます。設定の変更は、既存の PDF には影響しません。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • Internet Explorer、Google Chrome または Firefox の Adobe PDF ツールバーで、変換環境設定を選択します。
    • Acrobat で、ファイル作成Web ページから PDF を選択し、「設定」をクリックします。
    • Acrobat で、ツールPDF を作成Web ページを選択し、「詳細設定」をクリックします。
  2. 必要に応じて、「一般」タブの「変換設定」と「PDF 設定」でオプションを選択します。「設定」ボタンをクリックすると、選択したファイルの種類に応じた追加のオプションが表示されます。

  3. ページレイアウト」タブでページのサイズ、向き、倍率を必要に応じて選択します。

Web ページ変換設定

Web ページの変換設定ダイアログボックスは、Internet Explorer、Google Chrome、Firefox および Acrobat 内から使用できます。

「一般」タブ

変換設定

HTML とテキストの変換設定を指定します。ファイルタイプを選択し、「設定」をクリックして、フォントのプロパティや他の属性を選択します。

しおりを作成

Web ページのタイトル(HTML の Title タグ)をしおり名に使用して、変換される各 Web ページにタグ付きしおりを作成します。ページにタイトルがない場合は、URL がしおりの名前として使用されます。

PDF タグを作成

Web ページの HTML 構造に対応する構造を PDF に格納します。この構造により、HTML 要素を使用する段落やリスト要素などの項目にタグ付きしおりを作成することができます。

新規ページにヘッダーとフッターを挿入

すべてのページにヘッダーとフッターを設定します。ヘッダーには web ページのタイトルが表示されます。タイトルがない場合は、web ページの URL またはファイルパスが表示されます。フッターにはその web ページの URL またはファイルパス、ダウンロードした日時が表示されます。

「ページレイアウト」タブ

ページレイアウト」のオプションでは、ページサイズ、ページの幅、高さ、余白の寸法および用紙の向きを指定できます。

下部の「拡大縮小」セクションには、次のオプションが表示されます。

幅広の内容をページに合わせる

ページのコンテンツを必要に応じて拡大または縮小し、ページの幅に合わせます。このオプションを選択しない場合は、必要に応じて用紙サイズがページの内容に合わせて調整されます。

指定した倍率 (%) より小さい場合は横長に切り替える

縮小後のページサイズが元のページサイズの指定したパーセンテージ未満の場合、ページの向きを横長に変更します。縦長の向きを選択した場合にのみ使用できます。

HTML 変換設定

このダイアログボックスは、Web ページの変換設定ダイアログボックスの「一般」タブで HTML を選択し、「設定」ボタンをクリックすると開きます。

デフォルトエンコーディング

次のオプションを指定します。

デフォルトエンコーディング

エンコーディングのドロップダウンメニューからファイルのテキストの入力エンコーディングを設定します。

常に調整

HTML ソースファイルで指定されたエンコーディングを無視し、「デフォルトのエンコーディング」オプションに表示された選択項目を使用します。

エンコーディング指定がないページの場合

HTML ソースファイルでエンコーディングの種類が指定されていない場合にのみ、「デフォルトのエンコーディング」オプションに表示された選択項目を使用します。

言語特有のフォント設定

言語スクリプト、本文のフォント、基本フォントサイズを変更するときに使用します。

デフォルトの色

テキスト、ページ背景、web リンクのデフォルトの色を設定します。色のボタンをクリックするとパレットが表示されるので、色を選択します。ここで指定する色を PDF で使用する場合は、「この設定をすべてのページに適用」を選択します。このオプションを選択解除すると、カラースキームが指定されていないページにのみデフォルトの色が適用されます。

マルチメディアコンテンツ

マルチメディアのキャプチャを無効にするか、可能であればマルチメディアファイルを埋め込むか、マルチメディア(SWF ファイルなど)を URL で参照するかを設定します。

ページの背景を保持

ページ背景の色と並べて貼られた画像、テーブルのセルの色を表示するかどうかを指定します。オプションをオフにすると、変換された web ページは web ブラウザーでの表示とは変わることもありますが、印刷する場合に読みやすくなります。

画像を変換

PDF への変換時に画像も変換されます。

リンクに下線

ページ上のテキストによる web リンクが下線付きで表示されます。

スクロール可能なブロックを広げる

スクロール可能なブロックを広げて、変換された PDF に完全な情報を含めます。

テキスト変換設定

入力エンコーディング

ファイルのテキストの入力エンコーディングを設定します。

言語特有のフォント設定

言語スクリプト、本文のフォント、基本フォントサイズを変更するときに使用します。

デフォルトの色

テキストおよびページ背景のデフォルトの色を設定します。色のボタンをクリックするとパレットが表示されるので、色を選択します。

余白で折り返し

ページのテキスト領域の右端にソフトリターンを挿入してテキストを折り返して表示します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン