PDF の最適化を使用した保存(Acrobat Pro DC)

PDF の最適化には、PDF ファイルのサイズを縮小するための多くの設定があります。PDF の最適化の設定の一部は、Distiller を使用して PDF ファイルを作成するときの設定と同じです。すべての設定を使用するか、または一部のみを使用するかは、そのファイルの使用目的と、ファイルに必要な基本のプロパティによって異なります。多くの場合は、デフォルト設定で最大の効果が得られます。つまり、不要な埋め込みフォントの削除、画像の圧縮、不要になった項目の削除を行うことで、PDF ファイルのサイズが縮小されます。

ファイルを最適化する前に、ファイルの使用容量を調査することをお勧めします。こうした容量の調査結果を見ることで、ファイルのサイズを最大限縮小する方法を決める判断材料を得ることができます。「ファイルサイズを縮小」コマンドを使用して PDF のサイズを縮小することもできます。

注意:

一部の圧縮方法を使用すると、印刷工程のワークフローで画像を使用できなくなる場合があります。破棄できない変更を行う前に、いろいろな設定を試す必要があります。

PDF の最適化ダイアログボックスを開く

  • 単一の PDF では、ファイルその他の形式で保存最適化された PDF を選択します。

注意:

PDF の最適化は、表示メニューで「折り返し」が選択されていると使用できません。

PDF の使用容量の調査(Acrobat Pro DC)

使用容量を調査すると、フォント、画像、しおり、フォーム、移動先、注釈など、特定の文書要素に使用されている合計バイト数、および合計ファイルサイズを示したレポートが得られます。調査結果は、バイト数とファイル全体のサイズに占める割合(パーセント)の両方で表示されます。

  1. ファイルその他の形式で保存最適化された PDF を選択します。PDF の最適化ダイアログボックスが開きます。
  2. ダイアログボックスの上部にある「容量の調査」ボタンをクリックします。

注意:

コンテンツパネルで PDF の容量を調査することもできます。表示/表示切り替え/ナビゲーションパネル/コンテンツを選択します。コンテンツパネルのオプションメニュー から、「容量を調査」を選択します。

PDF の最適化(Acrobat Pro DC)

  1. PDF の最適化ダイアログボックスを開きます(ファイルその他の形式で保存最適化された PDF)。

  2. デフォルト設定を使用するには、プリセットメニューの「標準」を選択して、手順 6 に進みます。PDF の最適化ダイアログボックスで設定を変更すると、プリセットメニューは自動的に「カスタム」に切り替わります。

  3. 互換性を確保メニューから「既存を保持」を選択して現在の PDF バージョンを維持するか、または Acrobat のバージョンを選択します(このパネルに表示されるオプションは、選択した Acrobat のバージョンによって異なります)。

  4. パネル(画像、フォント、透明など)の隣にあるチェックボックスを選択して、そのパネルのオプションを選択します。最適化の実行時にパネル内のオプションがまったく実行されないようにするには、そのパネルのチェックボックスの選択を解除します。

  5. (オプション)カスタマイズした設定を保存するには、「保存」をクリックして、設定に名前を付けます(保存した設定を削除するには、プリセットメニューでその設定を選択し、「削除」をクリックします)。

  6. 必要なオプションを選択したら、「OK」をクリックします。

  7. 最適化して別名で保存ダイアログボックスで「保存」をクリックし、元の PDF を最適化した PDF で上書きします。または必要に応じて、新しい名前や別の保存先を選択します。

    注意:

    複数の文書を一度に最適化する場合は、アクションウィザードの「出力オプション」を使用します。

PDF の最適化のオプション(Acrobat Pro DC)

PDF のサイズを縮小するには、PDF の最適化ダイアログボックスのパネルのオプションを使用します。

画像パネル

PDF の最適化の画像パネルを使用すると、カラー画像、グレースケール画像、白黒画像の圧縮および画像のダウンサンプルのオプションを設定できます。

Acrobat の PDF の最適化のオプション
PDF の最適化ダイアログボックスの画像パネルでの PDF の互換性の変更(Acrobat Pro DC)

必要に応じて次のオプションを指定します。

ダウンサンプル

画像の解像度を低くすることによってファイルサイズを縮小する方法です。この場合、元のカラーピクセルを結合して大きいピクセルが生成されます。

注意:マスクされた画像および 16 x 16 ピクセルより小さい画像はダウンサンプルされません。

圧縮

不要なピクセルデータを除去することによってファイルサイズを縮小します。一般に、写真などのカラーグラデーションを含む画像に対しては、JPEG 圧縮および JPEG2000 圧縮を使用すると高い圧縮率が得られます。広い領域が単色で塗りつぶされているイラストや、単色の組み合わせで構成されたパターンには ZIP が適しています。白黒画像の場合は、CCITT より JBIG2 圧縮が適しています。PDF の最適化では JBIG2 圧縮を使用できますが、Distiller では使用できません。

画質

JPEG および JPEG2000 形式でのみ使用できます。一般に、JPEG と JPEG2000 は、ピクセルデータの一部が完全に削除される非可逆圧縮方式です。カラー画像に対しては、劣化を伴う JPEG 圧縮または JPEG2000 圧縮を様々なレベル(最低、低、中、高、最高)で適用できます。JPEG2000 圧縮の場合は劣化なしを指定し、ピクセルデータが削除されないようにすることもできます。白黒画像の圧縮は、JBIG2 圧縮を除き劣化なしです。JBIG2 圧縮では、劣化ありと劣化なしの圧縮モードが用意されています。

タイルの大きさ

JPEG2000 形式でのみ使用できます。圧縮する画像を指定したサイズのタイルに分割します(画像の高さや幅がタイルサイズの倍数にならない場合は、端に部分的なタイルが使用されます)。各タイルの画像データは個別に圧縮されます。また個別に圧縮解除できます。デフォルト値の 256 をお勧めします。

サイズが縮小される場合のみ画像を最適化

このオプションを選択すると、画像の設定によってファイルサイズが増加する場合には、その画像の最適化が行われません。

フォントパネル

元の文書と完全に一致させるには、文書内で使用されているすべてのフォントを埋め込むことをお勧めします。完全に一致させる必要はなく、ファイルサイズを小さくしたい場合は、欧文テキストと日中韓言語テキスト(繁体中国語、簡体中国語、韓国語および日本語)のフォントを埋め込まないことを選択できます。元のフォントを持たないシステムで表示すると、これらの言語のテキストは代替フォントに置き換えられます。PDF の最適化フォントパネルには、埋め込み解除が可能なフォントと埋め込み解除を行うフォントの 2 つのリストが含まれています。一部のフォントは埋め込みを解除できず、フォントパネルに表示されません。文書に埋め込まれているフォントの埋め込みを解除するには、「埋め込むフォント」のリストで 1 つまたは複数のフォントを選択し、「埋め込みを解除」ボタンをクリックします。埋め込みフォントのサブセットを埋め込まない場合は、「すべての埋め込みフォントをサブセット化する」の選択を解除します。文書内のすべてのフォントの埋め込み解除を防止するには、「フォントの埋め込みを解除しない」を選択します。

透明パネル

PDF に透明効果を含むアートワークがある場合、PDF の最適化の透明パネルのプリセットを使用して、透明効果を統合してファイルサイズを小さくできます(分割・統合により、透明部分は、ベクトルベースの領域とラスタライズされた領域に分けられ、対応するアートワークに組み込まれます)。PDF の最適化では、他の最適化オプションを適用する前に、透明効果のオプションを文書内のすべてのページに適用します。

Acrobat 4.0 およびそれ以降」の互換性設定を選択した場合、透明パネルが有効になり、最適化時にファイル内のすべての透明部分が統合されます。これにより、透明効果をサポートしていない Acrobat 4.0 以前のバージョンとの互換性が維持されます。

分割・統合のプリセットを作成すると、透明パネルにデフォルトのプリセットと共に表示されます。

注意:

ファイルの保存後に、透明効果の統合を取り消すことはできません。

オブジェクトを破棄パネル

オブジェクトを破棄パネルでは、PDF から削除するオブジェクトを指定し、CAD 図面の曲線を最適化できます。Acrobat DC およびその他のアプリケーションで作成されたオブジェクトを破棄できます。オブジェクトを選択すると、PDF 内に出現するそのオブジェクトがすべて削除されます。

破棄するオブジェクトの設定」セクションでは、次に示すオプションやその他のオプションを選択できます。

フォームの送信、取り込み、およびリセットのアクションをすべて破棄

フォームデータの送信または取り込みに関連するすべてのアクションを無効にし、フォームフィールドをリセットします。このオプションでは、アクションがリンクされたフォームオブジェクトは保持されます。

フォームフィールドを統合

表示方法を変えることなく、フォームフィールドを使用不可にします。フォームデータはページに結合され、ページコンテンツになります。

すべての JavaScript アクションを破棄

JavaScript を使用している PDF 内のアクションをすべて削除します。

すべての代替画像を破棄

画面表示用の画像を除き、画像のすべてのバージョンを削除できます。一部の PDF には、低解像度での画面表示や高解像度での印刷などの様々な目的に対応するために、同じ画像の複数のバージョンが含まれています。

埋め込まれたサムネール画像を破棄

埋め込まれたサムネール画像を削除できます。「ページサムネール」ボタンをクリックした後、サムネールの描画に時間がかかるサイズの大きい文書では、このオプションは便利です。

文書タグを破棄

文書からタグを削除できます。このオプションを選択すると、テキストのアクセシビリティと折り返し機能も削除されます。

曲線のコントロールポイントを減らす

CAD 図面で曲線の作成に使用されるコントロールポイントの数を削減できます。この結果、PDF ファイルのサイズが小さくなり、画面のレンダリングが高速になります。

画像のフラグメントを検出して結合

薄いスライスにフラグメント化された画像またはマスクを探し、それらのスライスを 1 つの画像またはマスクに結合するよう試みることができます。

埋め込まれた印刷設定を破棄

文書に埋め込まれた印刷設定(ページの拡大 / 縮小や両面印刷モードなど)を削除します。

埋め込まれた検索用インデックスを破棄

埋め込まれた検索用インデックスを削除します。これによってファイルのサイズが小さくなります。

しおりを破棄

PDF からすべてのしおりを削除します。

ユーザーデータを破棄パネル

ユーザーデータを破棄パネルを使用して、配布したり他の人と共有したくない個人情報を削除できます。個人情報が見つからない場合は、非表示になっている可能性があります。「文書の検査」コマンド(ツール墨消し非表示情報を検索して削除)を使用して、非表示のテキストおよびユーザー関連情報を検索することができます。

すべての注釈、フォーム、マルチメディアを破棄

PDF からすべての注釈、フォーム、フォームフィールドおよびマルチメディアを削除します。

 

文書情報とメタデータを破棄

文書情報辞書およびすべてのメタデータストリーム内の情報を削除します(「名前を付けて保存」コマンドを使用して、メタデータストリームを PDF のコピーに戻します)。

 

すべてのオブジェクトデータを破棄

PDF からすべてのオブジェクトを削除します。

 

添付ファイルを破棄

注釈として PDF に追加された添付ファイルを含めて、すべての添付ファイルを削除します(PDF の最適化では、添付ファイルは最適化されません)。

 

外部相互参照を破棄

他の文書へのリンクを削除します。PDF 内の他の場所にジャンプするリンクは削除されません。

 

他のアプリケーションのプライベートデータを破棄

その PDF 文書を作成したアプリケーションでしか使用しない情報を文書から削除できます。これによって PDF の機能が影響を受けることなく、ファイルサイズが小さくなります。

 

非表示レイヤーの内容を破棄し、表示レイヤーを統合

ファイルサイズを縮小できます。最適化された PDF 文書は元の PDF と同じように見えますが、レイヤー情報を含まない文書となります。

最適化パネル

PDF の最適化ダイアログボックスの最適化パネルのオプションを使用すると、不要な項目を文書から削除できます。例えば、古くなった要素や、文書の使用目的に合わない項目を削除できます。特定の要素を削除すると、PDF の機能に重大な影響を与えることがあります。デフォルトでは、機能に影響を与えない要素だけが選択されています。オプションの削除による影響を十分に理解していない限り、デフォルトの設定を使用してください。

オブジェクト圧縮オプション

ファイルで Flate 圧縮を適用する方法を指定します。

エンコードされていないストリームに Flate 圧縮を使用

エンコードされていないすべてのストリームに Flate 圧縮を適用します。

LZW エンコーディングを使用するストリームで Flate 圧縮を使用

LZW エンコーディングを使用するすべてのコンテンツストリームおよび画像に Flate 圧縮を適用します。

無効なしおりを破棄

削除された文書内のページをポイントするしおりを削除します。

無効なリンクを削除

移動先が無効なリンクを削除します。

参照していない移動先を削除

PDF 文書内から参照されていない移動先を削除できます。このオプションは、他の PDF ファイルや Web サイトからのリンクをチェックしないので、一部のワークフローには適さない場合があります。

ページコンテンツを最適化

すべての行末文字をスペース文字に変換します。この結果 Flate 圧縮が向上します。

PDF を Web 表示用に最適化

PDF 文書を再構成し、Web サーバーから 1 ページ単位でダウンロード(バイトサービング)できるようにします。

PDF を Web 表示用に最適化

Web 表示用に最適化すると、PDF 文書が再構成され、Web サーバーからページ単位でダウンロード(バイトサービング)できるようになります。Web 表示用に最適化した場合、PDF 全体ではなく、要求したページだけが Web サーバーから送信されます。ダウンロードに時間がかかるサイズの大きい文書では、このオプションを選択すると特に効果的です。

Web 管理者に問い合わせて、使用している Web サーバーソフトウェアがページ単位のダウンロードをサポートしているかどうか確認してください。Web サイト上の PDF 文書を古いバージョンのブラウザーで表示できるようにするには、(ASP スクリプトや POST メソッドではなく)PDF 文書への HTML リンクを作成し、ファイルのパス名(URL)を短く(256 文字以下)します。

既存の PDF で「Web 表示用に最適化」が有効になっていることを確認

  • Acrobat DC で PDF を開き、ファイルプロパティを選択します。「概要」パネルの右下にある「Web 表示用に最適化」設定を確認します(「はい」または「いいえ」)。

Web 表示用に最適化の環境設定の確認

次の手順で、PDF の作成時に「Web 表示用に最適化」が有効に設定されていることを確認します。

  1. 環境設定ダイアログボックスの「分類」から「文書」を選択します。

  2. ダイアログボックスの右側の「保存の設定」セクションで、「Web 表示用に最適化して保存」が選択されていることを確認し、「OK」をクリックします。

既存の PDF を Web 表示用に最適化

Web 表示用に最適化」設定を環境設定で確認し、ファイルが「Web 表示用に最適化」に設定されていないことを PDF のプロパティで確認したら、この手順を使用します。

  1. PDF を開きます。

  2. ファイル名前を付けて保存を選択します。同じファイル名と保存先を選択します。

  3. 既存のファイルを上書きすることを確認するメッセージが表示されるので、「OK」をクリックします。

注意:

Acrobat Pro では、「Web 表示用に準備」アクションを使用して、Adobe PDF ファイルのフォルダー全体で「Web 表示用に最適化」をすばやく有効にすることもできます。アクションの実行を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー