注意:

セキュリティに関する記事の完全なリストについては、Acrobat および PDF コンテンツのセキュリティの概要を参照してください。

Acrobat DC および Acrobat Reader DC では、URL(Web サイト)や、許可されていないファイルタイプの添付ファイルを開こうとすると、警告が表示されます。URL にアクセスしたり、許可していないファイルタイプの添付ファイルを開くと、コンピューターに損傷を与えるプログラム、マクロ、ウィルスなどが転送されたり、実行されたりする恐れがあります。許可されないファイルタイプの例として、.exe や .zip ファイルなどがあります。

文書は、いくつかの方法で保護することができます。Acrobat または Reader で、文書のセキュリティ設定を表示するには、ファイルプロパティを選択します。文書のプロパティダイアログボックスで、「セキュリティ」タブをクリックします。PDF を開くことができない場合、または制限により特定の機能を使用できない場合は、PDF の作成者に問い合わせてください。

パスワード保護

パスワードで保護された PDF を開くには、またはそのような PDF で制限された操作を実行するには、パスワードが必要です。文書の機能が制限されている場合は、その機能に関連するツールやオプションはグレーで表示されます。

証明

文書の証明は、受信者に文書が認証済みであることを保証します。証明用署名には、フォームへの入力や文書の変更などの特定のアクションの許可または禁止に関する情報も含まれます。証明されたフォームを送信すると、そのフォームは有効な作成者に確実に返されます。有効な証明書を持つ文書には青いリボンのアイコン が表示されます。有効な証明書を含む PDF ポートフォリオには、署名バッジが表示されます。

証明用署名を含む PDF ポートフォリオ
証明用署名を含む PDF ポートフォリオ

Adobe LiveCycle Rights Management ES の設定

Adobe LiveCycle Rights Management ES(ALCRMS)により、アカウントを管理し、組織のセキュリティポリシーを設定できます。ALCRMS を使用して文書にポリシー を適用する場合、電子署名や証明書は不要です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー