Mini Bridge が InDesign 2015(2015.4)の 6 月リリースでなくなっているのはなぜですか?

Adobe InDesign のパネル内でアセットを使用するための拡張機能である Mini Bridge は、旧式のテクノロジーをベースに構築されていたため、InDesign から削除されました。

Mini Bridge が InDesign 2015(2015.4)から削除されたのはなぜですか?

Mini Bridge パネルは、サポートを終了した Flash テクノロジーで構築されていたため、今後に向けて全面的に再設計する必要があります。お客様にはアセットにアクセスする他のオプションが用意されていることを踏まえて、Mini Bridge のテクノロジーを廃止することを決定し、今後のロードマップにその機能を追加しました。

Mini Bridge が削除されましたが、InDesign 内のアセットにアクセスするために他にどのようなオプションがありますか?

InDesign でアセットにアクセスしたり配置したりするには、複数のオプションがあります。

  • Adobe Bridge を引き続き使用して、アセットにアクセスできます。Bridge は独立したアプリケーションですが、Mini Bridge よりも使いやすく、はるかに強力です。InDesign 内から Bridge を直接インストールする(および開く)ことができます。
  • Creative Cloud ライブラリでは、アセットにアクセス、整理、および共有するためのアプリ内ソリューションを提供しています。
  • InDesign でも、ファイル/配置機能が備わっており、レイアウトで複数のアセットを参照して配置することができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー