この文書では、墨消し機能を使用して、Adobe Acrobat で PDF 上の機密情報を塗りつぶして表示させないようにする方法について説明します。墨消し部分は黒で塗りつぶす以外にも、「社外秘」などのテキストで覆い隠すことも可能です。

墨消しツールの使用方法

  1. 墨消し処理を行う PDF ファイルを Acrobat で開きます。
  2. ツールタブをクリックし、保護と標準化セクションの中から「墨消し」を選択します。

  3. 「プロパティ」を選択します。

  4. 墨消しツールのプロパティダイアログボックスで設定を行い、「OK」をクリックします。

    「墨消し領域の塗りつぶしの色」で塗りつぶす色を指定します。また、「オーバーレイテキストの使用」にチェックを入れると、テキストでの塗りつぶし効果が適用されます。

    その他の設定は、以下の通りです。

    • フォント : 
      選択したフォントでカスタムテキストを表示します。
    • フォントサイズ : 
      選択したポイントサイズでカスタムテキストを表示します。
    • 墨消し領域に合わせてテキストのサイズを自動的に変更 : 
      墨消し領域に合わせてカスタムテキストのサイズを変更します。このオプションが選択されていると、オーバレイテキストのフォントサイズ設定は無効になります。
    • オーバーレイテキストの繰り返し : 
      カスタムテキストのインスタンスを、フォントサイズを変更することなく必要な数だけ墨消し領域に配置します。例えば、カスタムテキストとして文字 x やハイフン(-)を指定すると、墨消し領域全体にこれらの文字が繰り返し表示されます。
    • テキスト整列 : 
      テキストを左、右、または中央に揃えます。
    • フォントカラー : 
      選択したカラーでカスタムテキストを表示します。カラーは、カラースウォッチをクリックして変更できます。
    • カスタムテキスト
      入力したテキストを、墨消しマークの上に表示します。
  5. 「墨消しとしてマーク」を選択し、「テキストと画像」または「ページ」のいずれかを選択します。

    ※ ここでは、「テキストと画像」を選択します。

    注意:

    「ページ」を選択すると、ページ全体を墨消しすることが可能です。

  6. 墨消しツールの手順についてメッセージが表示されます。確認して「OK」をクリックします。

    ※ 「次回から表示しない」にチェックを入れると次回からこのメッセージ画面を省略できます。

  7. 「テキストと画像」を選択した場合は、以下のいずれかの操作で削除する項目を範囲選択します。

    • ダブルクリックして単語(欧文のみ)またはクリックして画像を選択します。
    • ドラッグして線、テキストのブロック、オブジェクト、または領域を選択します。
    • Ctrl キーを押しながらドラッグして、文書内のページの領域を選択します。

    ※ マーク後に赤枠の領域上にマウスポインターを置くと、墨消しマークの外観をプレビューできます。

  8. 墨消しを適用するすべての項目のマークが終了したら、「適用」をクリックします。

  9. 警告メッセージが表示されるので、問題なければ「OK」をクリックします。

  10. 非表示情報を削除するかどうかの確認メッセージが表示されます。文書内で非表示になっている情報を検索して削除する場合は「はい」を、そうでない場合は「いいえ」をクリックします。

  11. 墨消しが適用されます。
     

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー