マニュアル キャンセル

AUSST の一般的な使用例

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版:管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. Admin Console の概要
      6. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
      3. Adobe Acrobat のデプロイ 
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Google 管理コンソールでアドビアプリを承認
      3. Google Classroom で Adobe Express を有効にする
      4. Canvas LMS との連携
      5. Blackboard Learn との連携
      6. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      7. Google アプリライセンスを通じて Adobe Express をデプロイする
      8. Roster Sync を使用したユーザーの追加
      9. Kivuto のよくある質問
      10. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID タイプ | 概要
    2. ID の設定 | 概要
    3. Enterprise ID を使用した組織の設定
    4. Azure AD フェデレーションと同期の設定
      1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
      2. Azure Sync のディレクトリへの追加
      3. 教育機関向けのロールの同期
      4. Azure Connector の FAQ
    5. Google Federation と Google Sync の設定
      1. Google Federation を使用した SSO の設定
      2. ディレクトリへの Google Sync の追加
      3. Google Federation の FAQ
    6. Microsoft ADFS を使用した組織の設定
    7. 組織の教育委員会ポータルと LMS の設定
    8. 他の ID プロバイダーを使用した組織の設定
      1. ディレクトリの作成
      2. ドメインの所有権の確認
      3. ディレクトリへのドメインの追加
    9. SSO に関するよくある質問とトラブルシューティング
      1. SSO のよくある質問
      2. SSO のトラブルシューティング
      3. 教育機関に関するよくある質問
  4. 組織の設定の管理
    1. 既存のドメインとディレクトリの管理
    2. アカウントの自動作成の有効化
    3. ディレクトリの信頼を介した組織の設定
    4. 新しい認証プロバイダーへの移行 
    5. アセットの設定
    6. 認証の設定
    7. プライバシーとセキュリティの担当者
    8. Console の設定
    9. 暗号化の管理  
  5. ユーザーの管理
    1. 概要
    2. 管理ロール
    3. ユーザー管理テクニック
      1. ユーザーの個別管理   
      2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
      3. ユーザー同期ツール(UST)
      4. Microsoft Azure Sync
      5. Google Federation Sync
    4. ユーザーの ID タイプの変更
    5. ユーザーグループの管理
    6. ディレクトリユーザーの管理
    7. 開発者の管理
    8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
    9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
  6. 製品および使用権限の管理
    1. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. 自動割り当てルールの管理
      4. 製品リクエストのレビュー
      5. セルフサービスポリシーの管理
      6. アプリ統合を管理
      7. Admin Console での製品権限の管理  
      8. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      9. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      10. オプションのサービス
    2. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. プロファイルの管理
      6. Licensing Toolkit
      7. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  7. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. アドビストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  8. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Acrobat Sign
      1. Adobe Acrobat Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Acrobat Sign - グループ版機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Acrobat Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版 – 無料メンバーシップ
      1. 概要
  9. アプリおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. Microsoft Intune を使用したアドビパッケージのデプロイ
      3. SCCM によるアドビパッケージのデプロイ
      4. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      5. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      6. Creative Cloud 製品のアンインストール
      7. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      8. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリ)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  10. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書と領収書の管理
      4. 契約所有者の変更
      5. 販売店の変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. 更新
      1. グループ版メンバーシップ:更新
      2. VIP エンタープライズ版:更新とコンプライアンス
    5. ETLA 契約の自動期限切れステージ
    6. 既存の Adobe Admin Console 内での契約タイプの切り替え
    7. 購入リクエストコンプライアンス
    8. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    9. VIP Select のヘルプ
  11. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  12. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション

増分同期を実行するか、フィルターを使用して特定の製品やアップデートをダウンロードします。

Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)を使用すると、アドビアプリとアップデートをサーバー上の 1 つの場所に一元的にダウンロードすることができます。

AUSST ツール

サーバーの保守

サーバーのセットアップ

一般的な使用例

4. AUSST の一般的な使用例 

社内アップデートサーバーをセットアップするには、--fresh オプションを使用して、Adobe Update Server からすべてのアドビアプリとアップデートをダウンロードするように指定します。--fresh オプションを使用して同期するには、関連するパーティションに 600 GB のディスク容量が必要です。しかし、通常、この同期を実行するのは、アップデートサーバーを初期セットアップする際の 1 回限りです。

この後は、以下のような選択的な同期を行うことができます。

  • 増分同期を実行して、アプリの新しいバージョンやアップデートのみを取得する。
  • フィルターを作成して、特定の製品をダウンロードする。

AUSST を様々なシナリオで使用する方法については、以下の一般的な使用例を参照してください。

増分同期

Adobe Update Server から増分アップデートを取得するには、次のコマンドを使用します。

Windows

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="C:\inetpub\wwwroot\updates" --incremental

macOS

AdobeUpdateServerSetupTool --root="/Library/WebServer/Documents/ausst/" --incremental

このコマンドを定期的に実行するには、反復ジョブをスケジュールします。Windows ではタスクスケジューラー、macOS では Crontab を使用します。

一般的な使用例

一般的なシナリオで AUSST を使用する方法について理解を深めるため、次の使用例を参照してください。

注意:

AUSST は、現在のアドビのデスクトップアプリと、各アプリの最新のメジャーバージョンを同期します。(Acrobat は例外です。AUSST では、最新のセキュリティアップデートを確実に使用するために、現在のバージョンのみが同期されます)。AUSST では、提供を終了したアプリのアップデートは同期されません。ダウンロード可能なアプリへのリンクは、ここを参照してください。​

 次の使用例には、SAP コードが含まれています(例えば、Photoshop 製品の SAP コードは PHSP です)。必要な場合は、SAP コード完全リストを参照してください。

使用例

コマンド

すべての製品とアップデートを同期する。

レガシー製品を含まない

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ルートフォルダー>" --incremental

特定の製品の最新のアップデートを同期する。

:Photoshop

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ルートフォルダー>" --incremental --filterProducts=<SAP コード>

 

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="C:\inetpub\wwwroot\updates" --incremental --filterProducts="PHSP"

特定のグループに対してのみ、製品の最新バージョンを同期する。

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="C:\inetpub\wwwroot\updates" --incremental --filterProducts="g1(PHSP)"

特定のグループに対してのみ、製品の特定のバージョンを同期する。

特定のサブバージョンが必要な場合は、SAP コード、メインバージョン、サブバージョンをすべて指定する必要があります。

例:グループ名:g1。Photoshop v18.1.3。

「PHSP#18.0#18.1.3」は、製品が Photoshop、メインバージョンが 18、サブバージョンが 18.1.3 であることを示します

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="C:\inetpub\wwwroot\updates" --incremental --filterProducts="g1(PHSP#18.0#18.1.3)"

g1 グループのクライアント構成ファイルを生成する。

注意:

バージョン番号は、目安となるバージョンです。製品の実際のバージョン番号は異なる場合があります。

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ルートフォルダー>" --genclientconf="<出力フォルダー>" --url="<ルートフォルダーへの URL パス>" --groupName=g1

1 つのグループに特定のバージョンを同期し、別のグループに最新のバージョンを同期する。

:g1 に PHSP 18.3.1 を同期し、g2 グループに Dreamweaver の最新バージョンを同期する。

注意:

バージョン番号は、目安となるバージョンです。製品の実際のバージョン番号は異なる場合があります。

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ルートフォルダー>" --genclientconf="<出力フォルダー>" --url="<ルートフォルダーへの URL パス>" -- groupName=g1

 

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ルートフォルダー>" --genclientconf="<出力フォルダー>" --url="<ルートフォルダーへの URL パス>" -- groupName=g2

 

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="C:\inetpub\wwwroot\updates" --incremental --filterProducts="g1(PHSP#18.0#18.1.3)|g2(DRWV)"

以前に作成したグループのすべての製品を同期する。

注意:フィルターやグループを定義した場合は、--incremental オプションとともに指定します。

AdobeUpdateServerSetupTool.exe m--root="<ルートフォルダー>" --incremental

どのグループにも含まれないすべての製品とアップデートを同期する。

注意:

すべてのフィルターやグループを削除し、最新のアプリと製品をすべて同期します。

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ルートフォルダー>" --incremental --filterProducts="()"

不要な古い製品を削除します。

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ルートフォルダー>" --cleanup

  • cleanup オプションは、incremental オプションで使用された最後のフィルターに基づいて AUSST サーバーでダウンロードされた製品を削除します。つまり、クリーンアップを実行するには、incremental オプションとは別のコマンドで実行する必要があります。
    また、クリーンアップ操作後に一部の製品を保持する場合は、incremental オプションの一部として filterProducts でそれらの製品を指定する必要があります。
    例:Photoshop と Illustrator を除くすべての製品をクリーンアップするには、次のコマンドを個別に実行します。
  1. AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ルートフォルダー>" --incremental --filterProducts="PHSP, ILST"
  2. AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ルートフォルダー>" --cleanup
  • incremental を使用した直後に cleanup オプションを使用することはできないため、次のように incremental オプションで最後に使用したフィルターを確認することができます。
    コマンドウィンドウ(Windows)またはターミナル(macOS)で、次のコマンドを実行します。
    Windows
    powershell -command "& {Get-Content <ffc.xml ファイルのパス> -Tail 5}"
    FFC ファイルがサーバー上にある場合のサンプルパス:/<サーバー>/ACC/services/ffc/products/ffc.xml
    macOS
    tail -f <ffc.xml ファイルのパス>
    FFC ファイルがサーバー上にある場合サンプルパス: /<サーバー>/ACC/services/ffc/products/ffc.xml
    これらのコマンドにより、ffc.xml ファイルの最後の数行が表示されます。
フィルターコマンドを示す FFC XML ファイル

製品を含むすべてのグループを取得します。

groups.xml ファイルは filterFilePath の場所に作成されます。

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ルートフォルダー>" --gengroupconfig --filterFilePath="<出力フォルダー>\groups.xml"

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合