マニュアル キャンセル

デバイスライセンスの管理

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版:管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. Admin Console の概要
      6. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
      3. Adobe Acrobat のデプロイ 
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Google Classroom で Adobe Express を有効にする
      3. Canvas LMS との連携
      4. Blackboard Learn との連携
      5. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      6. Kivuto のよくある質問
      7. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID の設定
      1. ID タイプ | 概要
      2. Enterprise ID を使用した組織の設定
      3. Federated ID を使用した組織の設定
        1. SSO の概要
        2. Azure Connector と Sync の設定
          1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
          2. Azure Sync のディレクトリへの追加
          3. Azure Connector の FAQ
        3. Google Federation と Sync の設定
          1. Google Federation を使用した SSO の設定
          2. ディレクトリへの Google Sync の追加
          3. Google Federation の FAQ
        4. 汎用 SAML
          1. 他の SAML プロバイダーとの SSO の設定
          2. Microsoft ADFS を使用した SSO の設定
          3. SSO のよくある質問
          4. SSO のトラブルシューティング
        5. 教育機関の SSO
          1. 教育委員会ポータルと LMS 用の SSO の構成
          2. よくある質問
      4. ドメインの所有権の確認
      5. ドメインの追加と管理
      6. ドメインをディレクトリにリンクする
      7. 既存のドメインとディレクトリの管理
      8. ディレクトリの信頼を使用した事前クレームされたドメインの追加
      9. 新しい認証プロバイダーへの移行
    2. アセットの設定
    3. 認証の設定
    4. プライバシーとセキュリティの担当者
    5. Console の設定
    6. 暗号化の管理
  4. 製品および使用権限の管理  
    1. ユーザーの管理
      1. 概要
      2. 管理ロール
      3. ユーザー管理テクニック
        1. ユーザーの個別管理   
        2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
        3. ユーザー同期ツール(UST)
        4. Microsoft Azure Sync
        5. Google Federation Sync
      4. ユーザーの ID タイプの変更
      5. ユーザーグループの管理
      6. ディレクトリユーザーの管理
      7. 開発者の管理
      8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
      9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
    2. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. セルフサービスポリシーの管理
      4. アプリ統合を管理
      5. Admin Console での製品権限の管理  
      6. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      7. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      8. オプションのサービス
    3. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. デバイスライセンスからの移行
      6. プロファイルの管理
      7. Licensing Toolkit
      8. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  5. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. アドビストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  6. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Acrobat Sign
      1. Adobe Acrobat Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Acrobat Sign - グループ版機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Acrobat Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版 – 無料メンバーシップ
      1. 概要
      2. はじめに
  7. アプリおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. Microsoft Intune を使用したアドビパッケージのデプロイ
      3. SCCM によるアドビパッケージのデプロイ
      4. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      5. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      6. Creative Cloud 製品のアンインストール
      7. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      8. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. Adobe Remote Update Manager で使用するチャネル ID
      3. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリ)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  8. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書の管理
      4. 契約所有者の変更
      5. 販売店の変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. 更新
      1. グループ版メンバーシップ:更新
      2. VIP エンタープライズ版:更新とコンプライアンス
    5. ETLA 契約の自動期限切れステージ
    6. 既存の Adobe Admin Console 内での契約タイプの切り替え
    7. 購入リクエストコンプライアンス
    8. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    9. VIP Select のヘルプ
  9. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  10. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション
注意:

Creative Cloud Packager は開発を終了しており、今後アップデートは提供されません。また Creative Cloud Packager は、CC 2019 アプリ以降を含むパッケージの作成には使用できません。詳細情報

Creative Cloud Packager は、CC 2019 アプリ以降を含むパッケージの作成には使用できません。詳細情報。CC 2019 以降のアプリを使用する場合は、共有デバイスライセンスへの移行をお勧めします

共有デバイスライセンスについて詳しくは、デプロイメントガイドを参照してください。

Creative Cloud 教育機関向けデバイスライセンスを購入する

デバイスライセンスを使用すると、バリューインセンティブプラン(VIP)に登録している機関は、特定のコンピューターに対してソフトウェアをライセンス認証できます。また、アプリを使用するためにユーザーがログインしたりシリアル番号を入力したりする必要はありません。Creative Cloud 教育機関向けデバイスライセンスの購入にあたり機関は、アドビ認定教育機関担当販売店またはアドビビジネスダイレクトを通じて VIP にご参加いただく必要があります。

Admin Console にログインする

  1. 上部のグローバルナビゲーションバーの「ログイン」をクリックした後に、VIP メンバーシップに関連付けられたメールアドレスとパスワードを入力して、adobe.com にログインします。

    Admin Console の必要システム構成については、必要システム構成 | Admin Console を参照してください。

  2. ライセンス管理のために Admin Console を開くには、「グループの管理」をクリックします。

    Creative Cloud 教育機関向けデバイスライセンスを購入すると、VIP 管理者は Admin Console にアクセスしてデバイスライセンスを管理したり、Creative Cloud Packager をダウンロードしたりできます。

デバイスライセンスの管理

デバイスライセンスを表示するには、Admin Console の「製品」に移動します。

デバイスライセンスをパッケージ化/デプロイする

管理者は Creative Cloud Packager を使用して、デプロイメント用のインストールパッケージを作成できます。インストールパッケージを作成したら、管理者は、企業への導入ツール(Microsoft System Center Configuration Manager(SCCM)、Apple Remote Desktop、JAMF Pro など)を使用して、教室やラボ内のコンピューターに製品のパッケージをインストールします。詳しくは、ARD による Adobe パッケージのデプロイおよび SCCM による Adobe パッケージのデプロイを参照してください。デバイスライセンスをパッケージ化およびデプロイする方法について詳しくは、デバイスライセンスを使用したパッケージの作成を参照してください。

Creative Cloud Packager のダウンロード

  1. Admin Console で「製品デバイスライセンス詳細情報」の順に移動します。

  2. デバイスをデプロイする方法」をクリックします。

  3. 「デバイスライセンスの展開」ダイアログで、ご使用の OS に基づいて Creative Cloud Packager を選択します。

    デバイスのデプロイ

デバイスでライセンスをアクティベートする

管理者は、Admin Console から直接デバイスにライセンスを割り当てることはできません。デバイスライセンスは初回起動時に初回ライセンスの原則(アプリ(Photoshop、Dreamweaver など)がデバイスで初めて起動されるときに、ライセンスファイルがデバイス上に作成されアクティベートされる)に基づいてアクティベートされます。このプロセスは、購入したすべてのライセンスの使用が開始されるまで継続されます。

デバイスの初回アクティベーションには Adobe サーバーへの接続が必要です。その後、お客様のサービス契約期間が終了するまで少なくとも 30 日に 1 度、認証が必要になります。

デバイスでライセンスがアクティベートされると、Admin Console にデバイス名が表示されます。アクティベートされたデバイスのリストを表示するには、次の操作を行います。

  1. Admin Console で、製品に移動します。

    購入したすべてのライセンス(製品ライセンスとデバイスライセンス)のリストが表示されます。

  2. ライセンス認証されたデバイスを表示するデバイスライセンスをクリックします。

    すべてのデバイス」タブに、アクティベートされたデバイスのリストが表示されます。

    ディアクティベートされたデバイスを表示するには、「ライセンスをディアクティベートしたデバイス」をクリックします。

デバイスライセンスをディアクティベートする

ディアクティベーションプロセスを開始するには、「製品」に移動し、デバイスライセンスを選択します。「すべてのデバイス」のリストから該当するデバイスのチェックボックスを選択し、「デバイスのライセンス認証を解除」をクリックします。ディアクティベートを確認するポップアップメニューが表示されます。
また、デバイスの行で、チェックボックス以外の場所をクリックし、「ライセンス認証を解除」をクリックすると、そのデバイスのライセンスをディアクティベートできます。

デバイスをディアクティベートする

デバイスのライセンスをディアクティベートした後、別のデバイスでアクティベートすることができます。次のライセンス認証されていないデバイスからデプロイメントプールのアプリが起動されると、利用可能なライセンスが使用されます。

管理者がデバイスからライセンスをディアクティベートすると、「ライセンス認証を解除したデバイス」にエントリが表示され、ここで、製品名、デバイス名、ライセンスをディアクティベートした日などを確認できます。ライセンスをディアクティベートしたデバイスがない場合は、このリストは空白になります。

リストを表示するには、Admin Console で「製品」に移動し、「ライセンス認証を解除したデバイス」をクリックします。

注意:

ライセンス認証を解除したデバイス」リストは履歴を示すものです。したがって、同じデバイスがライセンスをディアクティベートされ、再度アクティベートされてからディアクティベートされた場合は、複数回表示されることがあります。

ライセンスを再アクティベートする

管理者は、次の 2 つの方法で、ライセンスをディアクティベートしたデバイスを再アクティブ化できます。

オプション 1:

前に示したデバイスライセンスをパッケージ化/デプロイするに従ってライセンスを再デプロイします(最新バージョンの Creative Cloud Packager がインストールされている必要があります)。このプロセスは、次の場合に使用できます。

  A. Creative Cloud 教育機関向けをデバイスから削除またはアンインストールした場合。

  B. 管理者がデバイスにあるアプリセットとは異なるセットをインストールする必要がある場合

  C. 製品が暫くの期間アップデートされていない場合

オプション 2:

ライセンスファイルの作成。このオプションは、現在インストールされている製品のライセンスファイルを新しいものに置き換える場合に便利です。例えば、ライセンスをディアクティベートする前に Creative Cloud コンプリートプランがデバイスにインストールされ使用されていた場合、デバイス用の新しい Creative Cloud コンプリートプランのライセンスファイルを作成するだけで済み、デバイスに対して初めから再デプロイを実行する必要がありません。

デバイスでデバイスライセンスをアクティベートできない場合は、アーカイブされたコンピューターでのデバイスライセンスの再認証を参照してください。

ライセンスを再デプロイしたら、デバイス上のアプリを起動して、ライセンスをアクティベートします。ライセンスがアクティベートされると、デバイスとそのステータスが、Admin Console の製品デプロイメントプールに表示されます。

一時ライセンス

ライセンスが認証されたデバイスの数が購入したライセンスの数を超えると、「すべてのデバイス」に警告メッセージが表示され、「お支払いが必要です」というステータスと、有効期限までの日数が表示されます。管理者はライセンスのアクティベーションから 60 日以内に Adobe の担当者にお問い合わせのうえ、一時ライセンスを購入済みライセンスに変更して、ご注文していただく必要があります。

支払いが必要

また、管理者は前に示したデバイスライセンス認証を解除するに従って、一時ライセンスをディアクティベートすることもできます。管理者が有効期限までに追加のライセンスを購入せず、一時ライセンスをディアクティベートしない場合は、ユーザーはそのライセンスに関連付けられたいずれのアプリにもアクセスできなくなります。

追加ライセンスを購入する

現在、管理者は Admin Console を通じてデバイスライセンスを追加(購入)することはできません。追加デバイスライセンスの購入をご希望の場合は、アドビビジネスダイレクトにお電話(800-443-8158)でお問い合わせいただくか、Adobe 認定教育機関担当販売店までお問い合わせください。。

デバイスを検索する

  1. 製品」に移動し、デバイスライセンスをクリックします。

  2. すべてのデバイス」で、検索ボックスにデバイス名を入力します。検索文字列は 3 文字以上である必要があります。

    検索結果が表示されます。

管理者の管理

システム管理者は組織のスーパーユーザーであり、Admin Console 内のすべての管理タスクを実行することができます。また、システム管理者は、全体的なコントロールを保持しながら、システム管理者のロールに管理者を追加または削除する権限を持っています。その方法については、管理ロールを参照してください。

注意:

バリューインセンティブプラン(VIP)では、システム管理者のロールのみを持つことができます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン