カスタムフォントのアップロードと共有

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版: 管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Canvas LMS との連携
      3. Blackboard Learn との連携
      4. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      5. Kivuto のよくある質問
      6. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID の設定
      1. ID タイプ | 概要
      2. Enterprise ID を使用した組織の設定
      3. Federated ID を使用した組織の設定
        1. SSO の概要
        2. Azure コネクタと Sync の設定
          1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
          2. Azure Sync のディレクトリへの追加
          3. Azure コネクタの FAQ
        3. Google Federation と Sync の設定
          1. Google Federation を使用した SSO の設定
          2. ディレクトリへの Google Sync の追加
          3. Google Federation の FAQ
        4. 汎用 SAML
          1. 他の SAML プロバイダーとの SSO の設定
          2. Microsoft ADFS を使用した SSO の設定
          3. SSO のよくある質問
          4. SSO のトラブルシューティング
        5. 教育機関の SSO
          1. 教育委員会ポータルと LMS 用の SSO の構成
          2. よくある質問
          3. 接合
      4. ドメインの所有権の確認
      5. ドメインの追加と管理
      6. ドメインをディレクトリにリンクする
      7. ディレクトリの信頼を使用した事前クレームされたドメインの追加
      8. 新しい認証プロバイダーへの移行
    2. アセットの設定
    3. 認証の設定
    4. プライバシーとセキュリティの担当者
    5. Console の設定
    6. 暗号化の管理
  4. 製品および使用権限の管理  
    1. ユーザーの管理
      1. 概要
      2. 管理ロール
      3. ユーザー管理テクニック
        1. ユーザーの個別管理   
        2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
        3. ユーザー同期ツール(UST)
        4. User Management API(UMAPI)
        5. Microsoft Azure Sync
        6. Google Federation Sync
      4. ユーザーの ID タイプの変更
      5. ユーザーグループの管理
      6. ディレクトリユーザーの管理
      7. 開発者の管理
      8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
      9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
    2. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. セルフサービスポリシーの管理
      4. アプリ統合を管理
      5. Admin Console での製品権限の管理  
      6. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      7. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      8. オプションのサービス
    3. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. デバイスライセンスからの移行
      6. プロファイルの管理
      7. Licensing Toolkit
      8. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  5. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. アドビストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  6. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager 6.x アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Sign
      1. Adobe Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Sign - グループ版の機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版無償メンバーシップ
      1. 概要
      2. はじめに
  7. アプリケーションおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリケーションとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリケーションのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリケーションのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. SCCM による Adobe パッケージのデプロイ
      3. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      4. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      5. Creative Cloud 製品のアンインストール
      6. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      7. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. Adobe Remote Update Manager で使用するチャネル ID
      3. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリケーションのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリケーション)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  8. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書の管理
      4. 契約所有者の変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. 更新
      1. グループ版メンバーシップ:更新
      2. VIP エンタープライズ版:更新とコンプライアンス
    5. 購入リクエストコンプライアンス
    6. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    7. VIP Select のヘルプ
  9. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  10. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション

組織内の Creative Cloud エンタープライズ版ユーザーとカスタムフォントを共有する方法を説明します。

ユーザー向けのクイックヘルプ
Creative Cloud デスクトップアプリケーションを開きます。これには、タスクバー(Windows)またはメニューバー(macOS)で アイコンを選択します。

右上のフォントアイコン を選択します。次に「フォントを参照」を選択します。

概要

Creative Cloud エンタープライズ版のカスタムフォントを使用すると、Creative Cloud ユーザーが必要とするフォントのアップロード、共有、管理をおこなうことができます。

フォントファイルは Creative Cloud にアップロードできます。追加されたカスタムフォントは、Creative Cloud デスクトップアプリケーションや他のサポート対象のアプリケーションやデバイスを通じて、Creative Cloud ユーザーがデスクトップコンピューター上で使用できます。追加されたカスタムフォントは、クリエイティブなデザインやプロジェクトで使用できます。

1.管理者は、Admin Console からカスタムフォントを使用できます。
詳細情報

2.「カスタムフォント」ページで、管理者はカスタムフォントを追加または削除します。
詳細情報

3.管理者は、Admin Console からカスタムフォントへのアクセスを管理します。
詳細情報

4.Creative Cloud デスクトップアプリケーションから、エンドユーザーはカスタムフォントにアクセスします。
詳細情報

カスタムフォントの特典を受け取る

組織の管理者は、 Admin Console でカスタムフォントの特典を受けることができます。特典を受け取り、製品リストでカスタムフォントを探します。

フォントファイルを追加すると、Creative Cloud を介してユーザーのデバイス間で同期されるため、サポートされているモバイルアプリケーションや Creative Cloud デスクトップ対応デバイスで使用できます。

  1. Admin Console で、製品すべての製品およびサービスに移動します。カスタムフォントの特典
    を受け取ります。

    無料優待

  2. 利用条件に同意します。

    利用条件に同意

  3. 電子メールが届きます。 カスタムフォントカードが「製品」タブの製品リストに追加されます。

    カスタムフォント製品

注意:

そのオファーを受け入れる必要があるのは一度だけです。

カスタムフォントを追加または削除

カスタムフォントを使用すると、フォントライセンスの配布と管理のプロセスを合理化できるので、準備の時間を減らし、作業により時間をかけられます。

Creative Cloud アプリケーションでのフォントの使用方法について詳しくは、Creative Cloud で独自フォントを使用するを参照してください。

フォントをアップロードする前に

フォントファイルを追加する前に、次のことを確認してください。

  • ファイルサイズが 512 MB を超えないこと。
  • フォントが TrueType(.ttf)フォントまたは OpenType®(.otf)フォントのいずれかであること。
  • アップロードするフォントに対する使用権とライセンスを持っていること。
注意:

カスタムフォント」ページには、製品管理者のみがアクセスできます。まず、製品プロファイルを作成し、カスタムフォント製品に自分自身を割り当てる必要があります。そうでない場合、カスタムフォントページにアクセスできなくなります。

カスタムフォントの製品管理者になる

  1. Admin Console で、ユーザーユーザーに移動します。

  2. ユーザーのリストから、ユーザー名を選択します。

  3. 管理者権限を編集するには、「管理者権限」セクションの右上隅にある を選択し、「管理者権限を編集」を選択します。

  4. 管理者権限を編集ページで、自分をカスタムフォント製品管理者として追加します。

    管理者権限を編集

  5. 保存」をクリックします。

管理者アクセスの管理について詳しくは、「管理者ロール」を参照してください。

フォントを追加

以下の手順に従って、組織のカスタムフォントにフォントをアップロードします。

  1. Admin Console で、「製品」に移動します。カスタムフォントの製品カードで「カスタムフォントの追加と管理」をクリックして、カスタムフォントページを開きます。

    カスタムフォントの追加と管理

  2. カスタムフォントをアップロードする組織を選択します。「開始」を選択します。

  3. コンピューター上のフォントファイルを選択し、ドラッグして Creative Cloud にアップロードします。

    カスタムフォントのアップロード

  4. 選択したフォントファイルを確認します。

  5. ユーザー数に対して十分なライセンスがあることを確認し、Adobe, Inc. にフォントライセンスに関する情報を共有する権限を与えます。

    • お客様は、Creative Cloud を通じて、これらのフォントをアップロードして使用するために、必要かつ有効なライセンスを持っていることを確認します。ライセンスの購入シート数を超える数のユーザーは、これらのフォントへアクセスすることはできません。
    • お客様は、Adobe, Inc. がお客様のフォントライセンスに関する情報として、例えば会社名やお客様がプロビジョニングしたシート数などをフォントファウンドリーと共有する権限を付与するものとします。
  6. 追加」を選択して、組織のカスタムフォントにフォントをアップロードします。

    ファイルを選択

  7. (オプション)「さらに追加」を選択すると、フォントをさらに付け加えることができます。

    さらに追加

    「追加に失敗しました」または「処理に失敗しました」というエラーが発生した場合は、インターネット接続を確認し、もう一度やり直してください。

フォントを削除

組織で不要になったフォントは、Creative Cloud から削除できます。また、必要に応じて、古いフォントファイルを削除し、新しいフォントファイルに置き換えることもできます。

エンドユーザーは、削除したカスタムフォントを表示したり、使用したりすることはできません。

注意:

追加したフォントを削除しても、それらのフォントを使用して作成されたアセットやデザインは引き続き保存されます。削除したフォントを使用するファイルが正しくレンダリングされず、フォントが見つからないとアプリケーションでフラグが付けられる場合があります。

  1. Admin Console で、「製品」に移動します。カスタムフォントの製品カードで「カスタムフォントの追加と管理」をクリックします。

    カスタムフォントの追加と管理

  2. カスタムフォントをアップロードする組織を選択します。「開始」を選択します。

  3. 削除するフォントを選択します。

  4. 詳細オプション」を選択し、「削除」を選択します。

    フォントを削除

    削除したフォントについては、必ずユーザーに知らせてください。

カスタムフォントへのアクセスの管理

管理者は Admin Console でユーザーのカスタムフォントへのアクセスを管理できます。以下のことをおこなうことができます。

  • カスタムフォントへのユーザーの割り当て
  • 製品プロファイルを使用した権限の管理

カスタムフォントへのユーザーの割り当て

Admin Console を使用して、ユーザーをカスタムフォントに割り当てます。カスタムフォントに割り当てられたユーザーは、サポートされているモバイルアプリケーションや Creative Cloud デスクトップ対応デバイスで、フォントを表示して使用できます。

  1. カスタムフォントの製品カードで「ユーザーを割り当て」をクリックします。

    ユーザーの割り当て

  2. ユーザーを追加」画面で、ユーザーの名前または電子メールアドレスを入力し、表示されるドロップダウンリストからユーザーを選択します。

    追加するユーザーが Admin Console で組織内に存在しない場合は、ユーザーのメールアドレスを入力します。ユーザーの詳細入力を求めるメッセージが表示されます。

  3. カスタムフォントの製品のプロファイルを選択し、「保存」をクリックします。

    ユーザーの追加

    更新されたユーザーのリストが表示され、ユーザーは通知メールを受信します。

ユーザーのアクセスを管理する方法について詳しくは、Admin Console でのユーザーの割り当てを参照してください。

製品プロファイルを使用した権限の管理

特定のフォントに権限を設定し、別の製品プロファイルにデプロイできます。これにより、特定のフォントを製品プロファイルに割り当てることができます。例えば、ビジュアルデザイナーのグループの製品プロファイルを作成し、ロゴの作成に使用するカスタムフォントをプロファイルに割り当てることができます。

製品やプロファイルについて詳しくは、「製品の管理」と「製品プロファイルの管理」を参照してください。

  1. 製品」に移動し、「カスタムフォント」製品を選択します。

  2. 製品プロファイル」タブで、「新規プロファイル」を選択します。

  3. このプロファイルを識別するための、プロファイル名と説明を入力します。

    このプロファイルに追加または削除されたときに、通知の切り替えを使用してユーザーに通知することもできます。

  4. 保存」をクリックします。これでプロファイルが作成されました。

  5. 製品プロファイルの名前をクリックして、「権限」に移動します。
    権限」タブで、様々なプロファイルのカスタムフォントの権限を設定します。

    特定のプロファイルに割り当てられたユーザーのみが、そのプロファイルのカスタムフォントを使用できます。

    プロファイルのアクセス権限を構成

エンドユーザーと Creative Cloud フォント

Admin Console 内のカスタムフォントにユーザーを割り当てると、そのユーザーには、アクセス権が付与されたことを知らせる電子メールが届きます。カスタムフォントは、サポートされるアプリケーションや、Creative Cloud デスクトップ対応デバイスで使用できます。

注意:

Creative Cloud デスクトップアプリケーションがエンドユーザー向けにバージョン 5.3 にアップデートされていることを確認します。

エンタープライズ版のエンドユーザーは、Creative Cloud デスクトップアプリケーションから有効なフォントとカスタムフォントの 2 種類のフォントを使用できるようになりました。

有効なフォント

有効なフォントは、Adobe Fonts サービスで提供されます。エンドユーザーは、アドビアプリケーションやその他のデスクトップアプリケーションで使用するフォントをアクティベートまたはディアクティベートにすることができます。

現在、エンタープライズ版のユーザーは、Creative Cloud にフォントを追加できません。

エンドユーザーは、どのようにして Creative Cloud デスクトップアプリケーションからフォントをアクティベートできますか。

ccda-custom-fonts

カスタムフォント

カスタムフォントは、エンドユーザーが使用するために管理者によって共有されているフォントです。追加や共有は、Creative Cloud によってエンタープライズの管理者のみがおこなうことができます。

注意:

管理者がエンドユーザーにカスタムフォントのアクセス権を与えたにもかかわらず、エンドユーザーの Creative Cloud デスクトップアプリケーションに「カスタムフォント」タブが表示されない場合は、次のいずれかの操作を行う必要があります。

  • Creative Cloud デスクトップアプリケーションからログアウトして再びログインします。
  • アプリケーションを再起動します。以下のキーボードショートカットを使用して、アプリケーションを強制的に閉じ、アプリケーション自体と関連するすべてのプロセスを再起動します。

                Windows: Ctrl+Alt+R

                macOS:Command+Option+R

アプリケーションを再起動してもカスタムフォントが表示されない場合は、管理者に連絡してカスタムフォントを表示し、使用する必要があります。

ccda-custom fonts

エンドユーザーが管理者によって共有されたカスタムフォントを表示するには、「カスタムフォント」タブを選択します。

カスタムフォント CCDA

アドビのロゴ

アカウントにログイン