更新ウィンドウ

Adobe VIP エンタープライズ版では、各製品のライセンスは年に 1 回の更新時期を迎えます。アドビでは、契約応当日の前後に更新期間を設けています。この更新期間のいつでも製品のライセンスを更新できます。

更新期間になると、ライセンスを更新するかどうか確認する次のメッセージが Admin Console の「概要」タブと「製品」タブの上部に表示されます。

更新ウィンドウの開始

更新期間中、ライセンスが更新されていないか、一部のみ更新されているかに応じて Admin Console にメッセージが表示されます。

更新ウィンドウが終了した後

まだ更新していないライセンスがある場合、それらのライセンスの有効期限が切れます。新しいサブスクリプションを購入するには、販売店に問い合わせる必要があります。

更新期間中にどのようにライセンスを管理するかに基づいた様々なシナリオについては、このドキュメントの次の節を参照してください。またこの節では、ライセンスの更新、管理、または一部のライセンスの更新に必要な手順を紹介しています。

更新期間に更新の注文をした場合、注文の確認メールが届きます。

ライセンス更新のステータス:要約数

更新期間中は、Admin Console の「概要」タブと「製品」タブでライセンスのステータスを確認できます。表示されるライセンスのステータスは、購入の状況と、このステータスを表示したときの更新ウィンドウの期間によって異なります。

ライセンス更新のステータス:要約数

License used(使用中ライセンス):

これは、購入したライセンス数に対する、特定の製品で現在使用中のライセンスの数を示します。上記の例では、現在 50 ライセンスを使用しており、更新ウィンドウでは 45 ライセンスを購入しています。

Need renewal(更新が必要):

更新期間中のみ表示され、更新された割り当て済みのライセンス数を示します。これらのライセンスが更新ウィンドウで更新されない場合、これらのライセンスを使用するユーザーが利用できなくなる可能性があります。

すべてのライセンスを更新するかライセンスを追加した場合、更新期間中、この数字は表示されません。

Need Payment(お支払いが必要):

これは、「概要」タブの「ライセンスを追加」または「製品を追加」ワークフローで購入リクエストを行った、支払いが保留中のライセンスの数を示します。上の例では、5 つのライセンスを使用し、これらについてまだ支払いを行っていません。このステータスは、お客様の期間に追加した未払いのライセンスがある場合に表示されます。

アクセスなし:

更新ウィンドウで支払いを行わなかったためにライセンスが足りなくなった場合、超過ユーザーは割り当てられた製品にアクセスできなくなります。

次の節では、更新タイムライン上のどこにいるかによって、これらの数字がどのように変化するかを説明します。

シナリオ 1:完全更新

すべてのライセンス、または現在使用しているよりも多くのライセンスを更新した場合、Admin Console の「概要」タブと「製品」タブの上部に次のメッセージが表示されます。

完全更新

このメッセージは情報提供のみを目的としています。何らかの特定の操作は必要ありません。

要約数には、新しいライセンスの数が反映されます。上記の例では、現在 Acrobat DC の 60 ライセンスを使用しており、更新ウィンドウでは 70 ライセンスを購入しています。

シナリオ 2:部分更新

一部のライセンスを購入し、契約応当日が過ぎていない場合、Admin Console の「概要」および「製品」タブの上部に次のメッセージが表示されます。

部分更新:契約応当日前

これらのメッセージは、残りのライセンスについて注文する必要があることを示します。

一部のライセンスを購入し、契約応当日が過ぎている場合、Admin Console の「概要」および「製品」タブの上部に次のメッセージが表示されます。

部分更新:契約応当日後

このメッセージは、次のいずれかの操作を実行する必要があることを示しています。

  • 残りのライセンスを注文する
  • ライセンスの不足に対応するために、その製品からユーザーを割り当て解除

部分更新した製品の製品ページにも、ライセンスの更新ステータスが表示されます。

この場合、不足分は Need renewal(更新が必要)ステータスによって表されます。

更新が必要:契約応当日前

契約応当日後のステータス

ライセンスが更新されていないが、契約応当日後にライセンスが割り当てられる場合、次のステータスが表示されます。

部分更新:契約応当日後

上の例では、使用済み Creative Cloud コンプリートプランライセンスの数が 50 で、現在の期間で使用できるライセンスの数は 45 です。したがって、Licenses used(使用中ライセンス)ステータスは「[KM1] 50/45」と表示されます。

現在 50 ライセンスを使用中であるため、これは、5 ライセンスを更新する必要があることを意味します。この製品について 5 つ以上のライセンスを追加購入するか、不足分に対処するため 5 人のユーザーを割り当て解除できます。猶予期間が終了する前までに、これらのいずれかの手順を行わなかった場合、更新期間が終了するとすぐに 5 ユーザーが自動的に割り当て解除されます。

製品からの割り当て解除では、その製品に最も最近割り当てられたユーザーから割り当て解除されます。割り当て解除されるすべてのユーザーの一覧を確認するには、「すべてのユーザー」タブの左上隅の「Need renewal(更新が必要)」をクリックします。

更新の必要があるユーザー

製品からのユーザーの割り当て解除

製品からユーザーを割り当て解除するには、その製品の「ユーザー」タブを使用します。詳しくは、製品構成からのユーザーとユーザーグループの削除を参照してください。

Users Need Renewal(更新の必要があるユーザー)一覧に含まれないユーザーを割り当て解除した場合、一覧の最初のユーザーから削除されます。

次にユーザーを割り当て解除すると、一覧のその次のユーザーといった具合に続きます。

ライセンスの不足を管理した後、割り当てられたライセンス数は、使用可能なライセンス数と同じになります。

ユーザーの割り当て解除

Need renewal(更新が必要)インジケーターは、不足したライセンスがないため、表示されなくなります。

注意:

Users Need Renewal(更新の必要があるユーザー)一覧に割り当て解除する必要があるユーザーがいる場合、特に必要な操作はありません。これらのユーザーは、猶予期間が終了すると自動的に削除されます。

シナリオ 3:更新しない場合

更新ウィンドウに製品のライセンスを更新しない場合、更新ウィンドウが終了すると、次のメッセージが表示されます。

更新なし

この場合、単に更新ができなくなり、このためには、新しいサブスクリプションを購入して、ユーザーを新たに割り当てる必要があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー