マニュアル キャンセル

Adobe Creative Cloud:グループ向けとエンタープライズ向けのアカウントの更新

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版: 管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Canvas LMS との連携
      3. Blackboard Learn との連携
      4. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      5. Kivuto のよくある質問
      6. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID の設定
      1. ID タイプ | 概要
      2. Enterprise ID を使用した組織の設定
      3. Federated ID を使用した組織の設定
        1. SSO の概要
        2. Azure コネクタと Sync の設定
          1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
          2. Azure Sync のディレクトリへの追加
          3. Azure コネクタの FAQ
        3. Google Federation と Sync の設定
          1. Google Federation を使用した SSO の設定
          2. ディレクトリへの Google Sync の追加
          3. Google Federation の FAQ
        4. 汎用 SAML
          1. 他の SAML プロバイダーとの SSO の設定
          2. Microsoft ADFS を使用した SSO の設定
          3. SSO のよくある質問
          4. SSO のトラブルシューティング
        5. 教育機関の SSO
          1. 教育委員会ポータルと LMS 用の SSO の構成
          2. よくある質問
          3. 接合
      4. ドメインの所有権の確認
      5. ドメインの追加と管理
      6. ドメインをディレクトリにリンクする
      7. ディレクトリの信頼を使用した事前クレームされたドメインの追加
      8. 新しい認証プロバイダーへの移行
    2. アセットの設定
    3. 認証の設定
    4. プライバシーとセキュリティの担当者
    5. Console の設定
    6. 暗号化の管理
  4. 製品および使用権限の管理  
    1. ユーザーの管理
      1. 概要
      2. 管理ロール
      3. ユーザー管理テクニック
        1. ユーザーの個別管理   
        2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
        3. ユーザー同期ツール(UST)
        4. User Management API(UMAPI)
        5. Microsoft Azure Sync
        6. Google Federation Sync
      4. ユーザーの ID タイプの変更
      5. ユーザーグループの管理
      6. ディレクトリユーザーの管理
      7. 開発者の管理
      8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
      9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
    2. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. セルフサービスポリシーの管理
      4. アプリ統合を管理
      5. Admin Console での製品権限の管理  
      6. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      7. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      8. オプションのサービス
    3. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. デバイスライセンスからの移行
      6. プロファイルの管理
      7. Licensing Toolkit
      8. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  5. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. アドビストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  6. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager 6.x アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Sign
      1. Adobe Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Sign - グループ版の機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版無償メンバーシップ
      1. 概要
      2. はじめに
  7. アプリケーションおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリケーションとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリケーションのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリケーションのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. SCCM による Adobe パッケージのデプロイ
      3. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      4. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      5. Creative Cloud 製品のアンインストール
      6. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      7. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. Adobe Remote Update Manager で使用するチャネル ID
      3. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリケーションのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリケーション)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  8. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書の管理
      4. 契約オーナーの変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. 更新
      1. グループ版メンバーシップ(Adobe.com):更新
      2. VIP メンバーシップ:更新とコンプライアンス
    5. 購入リクエストコンプライアンス
    6. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    7. VIP Select のヘルプ
  9. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  10. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション

Admin Console をアップグレードして、Creative Cloud に保存されているコンテンツに対する組織の制御を強化し、ストレージ容量と使用状況をより詳細に把握できるようにします。

お客様の組織が Business ID とエンタープライズストレージを使用するようにアップグレードされた際に、発生する可能性のあるアップデートや問題について詳しくは、Business ID | 既知の問題点を参照してください。

注意:

影響を最小限に抑えるために、通常の営業時間外に Admin Console を更新します。更新中、ほとんどの組織では、Admin Console は約 30 分間使用できなくなります。10,000 人以上のユーザーがいる組織の場合、数時間かかることがあります。

Admin Console の更新はユーザーに影響しません。ただし、アドビアカウントからログアウトするため、再度ログインする必要があります。

注意:

Creative Cloud 製品の利用についてお困りの方は、以下のコミュニティ記事も合わせてご参照ください。
Creative Cloud製品が利用できない場合の対処方法【グループ版ユーザー様向け】

Adobe Creative Cloud または Document Cloud の法人版を実際にご利用されているお客様(エンドユーザー)で、「ログアウトされた」「体験版になる」という場合は以下をご参照ください。
Admin Console ストレージ新機能のエンドユーザー利用開始手順

新しいストレージの機能

Admin Console の更新により、組織はユーザーが会社を辞めたときにユーザーのコンテンツを簡単に転送できるようになりました。また、チームの柔軟性を高めるために、組織のストレージをプールしました。新しい「ストレージ」タブには、ストレージの使用状況の概要が表示されます。

さらに、法人のお客様は、ストレージ管理者の役割を割り当てて、ストレージ管理タスクを委任できるようになりました。

このアップデートには、以下のストレージ関連の機能追加が含まれています。

アセットの再利用

適用される製品:Creative Cloud グループ版および Creative Cloud エンタープライズ版

ユーザーが Creative Cloud のビジネスプランから削除されたとき(例えば、ユーザーがその会社を辞めたとき)に、組織がそのユーザーのファイルを Creative Cloud ストレージから別のアカウントに簡単に転送できるようにします。

コンテンツは ZIP ファイル(コンテンツが 5 GB を超える場合は複数の ZIP ファイル)で転送されます。ZIP ファイルへのリンクは、転送されたファイルを受信するために管理者によって委任されたユーザーに送信されます。委任されたユーザーは ZIP ファイルをダウンロードし、コンテンツを解凍して個々のユーザーフォルダーにアップロードできます。対応するホームディレクトリが完全に削除されるまで、ZIP ファイルは入手できます。詳しくは、ユーザーからのアセットを再利用するを参照してください。

プールされた容量によるストレージの柔軟性の向上

適用される製品:Creative Cloud グループ版および Creative Cloud エンタープライズ版

これで、すべてのユーザーストレージの容量が結合され、チーム全体で共有されます。これにより、より多くのストレージを必要とするユーザーが、ストレージの必要容量が少ないユーザーの未使用のストレージにアクセスできるようになります。

以前は、アドビのストレージはライセンスごとにストレージ制限付きで割り当てられていました。例えば、ある組織が Creative Cloud のライセンスを 50 個購入した場合、各ライセンスには使用権限に応じた容量のストレージが割り当てられていました。ユーザーがこの制限に達すると、一部のコンテンツを削除する必要がありました。また、たとえ他のユーザーがその容量を完全に使用していなくても、組織でストレージを追加購入する必要がありました。

今回のアップデートでは、ストレージの割り当てはライセンスごとではなく、購入した合計ストレージ容量に基づいて行われるようになりました。そのため、組織が Creative Cloud のライセンスを 50 個購入した場合、各ユーザーは使用権限に応じた容量のストレージを得ることができます。ただし、組織が割り当てられたストレージの合計量を超えていない限り、どのユーザーも利用可能な容量を超えることができます。詳しくは、アドビストレージの管理を参照してください。

ストレージ分析

適用される製品:Creative Cloud グループ版および Creative Cloud エンタープライズ版

新しいストレージ分析機能により、組織のストレージの概要と、アクティブな各ユーザーのストレージ量がわかります。ストレージの制限を超えたときにアラートを受信します。そして、これらのストレージのレポートを表示およびダウンロードして、さらに分析します。

ユーザーエクスペリエンスとアカウントの更新

適用される製品:Creative Cloud グループ版、Creative Cloud エンタープライズ版、Document Cloud グループ版、Experience Cloud

今回のアップデートでは、Adobe ID を持つユーザーと共同利用券を所有する組織のユーザーを Business ID にアップグレードします。Creative Cloud グループ版または Creative Cloud エンタープライズ版の場合、組織がこれらのアカウントに関連付けられたアセットを管理します。

ユーザーはアドビアカウントからログアウトするため、再度ログインする必要があります。一部のユーザーのアカウントは、アカウントの更新中にログインしようとすると、数分間利用できなくなる場合があります。この場合、数分後に正常にログインできます。

エンドユーザーのログインエクスペリエンスの更新

アドビの単体のビジネスプランをお持ちのほとんどのユーザーには、ログインの操作性に変更はありません。以前と同じようにアドビのアプリケーションやサービスに引き続きアクセスできます。

同じメールアドレスに関連付けられている Adobe プランが既にある場合、アドビはプロファイルを個別に作成し、それぞれのプランに専用のストレージを用意します。ビジネスおよび個人向けプラン全体でコンテンツを簡単に操作および整理するために、ログイン時にプロファイル(ビジネスまたは個人)を選択することができます。

これは、ユーザーが特定のプロファイルを選択した場合、そのプロファイルに関連付けられたアプリとサービスのみにアクセスできることを意味します。ユーザーは、他のプロファイルからアプリやサービスにアクセスできません。例えば、あるプロファイルで Photoshop の使用権限が付与され、別のプロファイルで InDesign の使用権限が付与されている場合、特定のアプリを使用するには、あるプロファイルからログアウトし、別のプロファイルにログインする必要があります。ただし、Adobe Stock はすべてのプロファイルで使用できます。

詳しくは、「アドビプロファイルの管理」を参照してください。

注意:

ほとんどの場合、適切なプロファイルが自動選択されます。場合によっては、ログイン時にプロファイルを選択する必要があります。

管理者のログインエクスペリエンスの更新

Adobe Admin Console で単一の組織の管理者権限を与えられている管理者のほとんどは、ログインエクスペリエンスに変更はありません。Admin Console へのログインとアクセスは以前と同様に行うことができます。

しかし、同じ メールアドレスで複数の組織に管理者特権がある場合は次の変更点が表示されます。

  • ログイン時にプロファイル選択画面が表示され、管理者権限を持つ組織ごとに 1 つのプロファイルが示されます。プロファイルについて詳しくは、「アドビプロファイルの管理」を参照してください。
  • プロファイルを選択すると、プロファイル選択画面で選択した組織にログインします。
  • ただし、ログアウトして再度ログインしなくても、別のプロファイルに切り替えることができます。これを行うには、Admin Console の右上隅にある組織スイッチャーで別の組織を選択します。
注意:

現在、ここで説明する新しいストレージ機能にすべての組織を移行しています。

  • まだ移行されていない組織が 1 つ以上存在する場合、移行されていない組織のプロファイルはプロファイル選択画面に表示されません。ただし、個人プロファイルでログインし、組織スイッチを使ってそのプロファイルを選択してアクセスすることができます。
  • 複数の組織を管理している場合、Admin Console にログインするとすぐに、組織を選ぶように求められることがあります。また、組織が現在移行中の場合は、選択画面に表示されません。

お客様が契約者で、チームの組織が Business ID に移行している場合は、請求関連のタスクを実行するために、個人プロファイル個人アカウントとも呼ばれます)でログインする必要があります。

Business ID

認証に Adobe ID を使用する組織の新規および既存のチームメンバーは、Business ID にアップグレードされます。エンタープライズ版の組織には、以前と同様に Enterprise ID と Federated ID を追加するオプションがあります。

アドビでは、エンタープライズ版およびグループ版のお客様向けに、組織がアセットをより細かく管理できる Business ID の導入を進めています。Adobe ID は、個人のお客様のみを対象にサポートを続けます。 

重要な詳細:

  • Business ID は、移行完了後は、すべての新規および既存の組織で使用できます。
  • 組織が移行されるまでは、引き続き Adobe ID、Enterprise ID または Federated ID タイプを使用して組織にアクセスしてください。
  • Business ID には、ドメインの要求や SSO の設定などの特定の設定は必要ありません。
  • gmail.comoutlook.com などの公開メールドメインを含むメールアドレスを持つユーザーを追加できます。
  • 組織内の既存の Adobe ID アカウントは、Business ID に移行されます。

その他の機能強化

Creative Cloud ライブラリの管理と共有の改善

適用される製品:Creative Cloud グループ版および Creative Cloud エンタープライズ版

Creative Cloud ライブラリを使用すると、チーム内で作成したクリエイティブアセットをキャプチャ、整理、および共有できます。最も改善された点としては、ユーザーは組織の Creative Cloud ストレージにライブラリを保存し、同じビジネスプランで購入した他のすべてのユーザーがそのデータにすぐにアクセスできるようにすることができます。これにより、チームはクリエイティブの一貫性を効率的に維持し、アセットを社内にとどめることができます。また、チームライブラリは、組織内外の無制限の数の共同作業者と共有することもできます。詳細は、ビジネス用の Creative Cloud ライブラリを参照してください。

拡張バージョン履歴

適用される製品:Creative Cloud グループ版および Creative Cloud エンタープライズ版

クラウドドキュメントと Creative Cloud ファイルの以前のバージョンを最大 180 日間表示または復帰できます。

共有制限

適用される製品:Creative Cloud エンタープライズ版

新機能で IT 部門は、ユーザーが共有および共同作業を行う方法に関する制限を設定できます。詳しくは、共有制限を使用したアセットの保護を参照してください。

コンテンツログ

適用される製品:Creative Cloud エンタープライズ版

新しいコンテンツログで IT 部門は、ファイルやフォルダーの使用状況と利用者を表示できます。詳しくは、コンテンツログを参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン