Admin Console でユーザー ID(Enterprise ID または Federated ID)を設定するときは、ディレクトリを作成し、その後それらのディレクトリをセットアップしてドメインをリンクする必要があります。Enterprise ID または Federated ID タイプのユーザーを Admin Console に追加すると、これらのユーザーもディレクトリユーザーとしてマークされます。すべてのユーザーは Admin Console の「ユーザー」リストで確認できます。ただし、これらのユーザーは「ディレクトリユーザー」リストでも確認できます。「ディレクトリユーザー」リストのユーザーは、ディレクトリごとにグループ化されます。これは、複数のドメインが単一のディレクトリにリンクされている場合、すべてのドメインの電子メールアドレスを持つユーザーがこのディレクトリにリストされることを意味します。

ディレクトリユーザーを表示する

組織のディレクトリユーザーを表示するには、次のようにします。

  1. Admin Console で、ユーザーディレクトリユーザーに移動します。

    この組織で作成されたすべてのディレクトリのリストが表示されます。

  2. ディレクトリ内のユーザーを表示するには、そのディレクトリの名前をクリックします。

    異なる電子メールドメインを持つユーザーが同じディレクトリにリストされる場合があることに注意してください。これは、様々なドメインがこのディレクトリにリンクされているためです。

ユーザーを完全に削除する

Admin Console からユーザーを(個別にまたは一括で)削除すると、そのユーザーが「ユーザー」リストから削除されます。ただし、これらのユーザーは「ディレクトリユーザー」リストには残ります。次の手順を使用して、Admin Console から削除されたユーザーを完全に削除します。

警告:

ユーザーを永続的に削除すると、そのユーザーが、そのユーザーに属するすべての Creative Cloud アセットとともに削除されます。その場合、ユーザーとアセットは復元できません。

  1. Admin Console で、ユーザーディレクトリユーザーに移動します。

  2. ディレクトリのリストから、ユーザーが属するディレクトリを選択します。

  3. 表示されるユーザーのリストから、ユーザー名の左にあるチェックボックスをクリックして、ユーザーを選択します。

  4. ユーザーを削除」をクリックします。

  5. 表示される「ユーザーを削除」ダイアログボックスで、「ユーザーを削除」をクリックします。

ユーザーが Admin Console から永続的に削除されます。

削除されたユーザーを復元する

誤って Admin Console から(個別にまたは一括で)ユーザーを(個別にまたは一括で)削除した場合、「ディレクトリユーザー」リストに移動してそれらのユーザーを復元できます。

  1. Admin Console で、ユーザーディレクトリユーザーに移動します。

  2. ディレクトリのリストから、削除されたユーザーが属するディレクトリを選択します。

  3. 「ユーザーの書き出し」をクリックします。

    このディレクトリ内のユーザーのリストが CSV ファイルに書き出され、コンピューターにダウンロードされます。

  4. 必要に応じて、誤って削除したユーザーのユーザーデータのみが含まれるようにリストを変更します。

  5. ユーザーユーザーに移動し、これらのユーザーを Admin Console に再度読み込みます。

    複数のユーザーを追加する方法については、このドキュメントの手順を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー