Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版: 管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Canvas LMS との連携
      3. Blackboard Learn との連携
      4. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      5. Kivuto のよくある質問
      6. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID の設定
      1. ID タイプ | 概要
      2. Enterprise ID を使用した組織の設定
      3. Federated ID を使用した組織の設定
        1. SSO の概要
        2. Azure コネクタと Sync の設定
          1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
          2. Azure Sync のディレクトリへの追加
          3. Azure コネクタの FAQ
        3. Google Federation と Sync の設定
          1. Google Federation を使用した SSO の設定
          2. ディレクトリへの Google Sync の追加
          3. Google Federation の FAQ
        4. 汎用 SAML
          1. 他の SAML プロバイダーとの SSO の設定
          2. Azure ADFS を介した Microsoft との SSO の設定
          3. SSO のよくある質問
          4. SSO のトラブルシューティング
        5. 教育機関の SSO
          1. 教育委員会ポータルと LMS 用の SSO の構成
          2. よくある質問
          3. 接合
      4. ドメインの所有権の確認
      5. ドメインの追加と管理
      6. ドメインをディレクトリにリンクする
      7. ディレクトリの信頼を使用した事前クレームされたドメインの追加
      8. 新しい認証プロバイダーへの移行
    2. アセットの設定
    3. 認証の設定
    4. プライバシーとセキュリティの担当者
    5. Console の設定
    6. 暗号化の管理
  4. 製品および使用権限の管理  
    1. ユーザーの管理
      1. 概要
      2. 管理ロール
      3. ユーザー管理テクニック
        1. ユーザーの個別管理   
        2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
        3. ユーザー同期ツール(UST)
        4. User Management API(UMAPI)
        5. Microsoft Azure Sync
        6. Google Federation Sync
      4. ユーザーの ID タイプの変更
      5. ユーザーグループの管理
      6. ディレクトリユーザーの管理
      7. 開発者の管理
      8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
      9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
    2. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. セルフサービスポリシーの管理
      4. アプリ統合を管理
      5. Admin Console での製品権限の管理  
      6. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      7. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      8. オプションのサービス
    3. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. デバイスライセンスからの移行
      6. プロファイルの管理
      7. Licensing Toolkit
      8. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  5. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. Adobe ストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  6. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager 6.x アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Sign
      1. Adobe Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Sign - グループ版の機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版無償メンバーシップ
      1. 概要
      2. はじめに
  7. アプリケーションおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリケーションとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリケーションのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリケーションのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. SCCM による Adobe パッケージのデプロイ
      3. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      4. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      5. Creative Cloud 製品のアンインストール
      6. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      7. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. Adobe Remote Update Manager で使用するチャネル ID
      3. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリケーションのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリケーション)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  8. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書の管理
      4. 契約所有者の変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. 更新
      1. グループ版メンバーシップ:更新
      2. VIP エンタープライズ版:更新とコンプライアンス
    5. 購入リクエストコンプライアンス
    6. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    7. VIP Select のヘルプ
  9. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  10. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション

このドキュメントは、エンタープライズタームライセンス契約(ETLA)またはバリューインセンティブプラン(VIP)のサブスクリプションを通じて、既存の Creative Cloud、Document Cloud および Acrobat DC のライセンスを保有しており、別の購入プログラムまたはライセンスの種類に移行する組織を対象としています。

注意:

組織のライセンスタイプが変更された場合、エンドユーザーが作業を続けるには Adobe 製品またはサービスからログアウトし、同じ資格情報で再度ログインする必要があります。

Photoshop、Acrobat、Illustrator などのデスクトップ製品については、ヘルプメニューの「ログアウト」オプションと「ログイン」オプションを使用してください。Adobe.com で、右上隅のアイコンを使用してログアウトしてから、もう一度ログインします。

製品に対するエンドユーザーのアクセス権が失効しないように、既存の VIP サブスクリプション契約期間が終了する前に、Adobe Admin Console でライセンスを割り当ててください。

  • ETLA のお客様の場合は、製品同士の期間が少なくとも 30 日間は重複するようにしてください。
  • VIP のお客様は、契約応当日前にライセンスを購入し、現在の VIP サブスクリプション契約の更新期間が終了する前に割り当ててください。
  • CLP または TLP のお客様は、こちらの移行手順を実行することで、シリアル化された Acrobat または Creative Suite から、ユーザー指定ライセンスに移行できます。

VIP を通じて Creative Cloud エンタープライズ版または Acrobat DC(エンタープライズ版)を購入した現在の VIP メンバーは、更新期間中に Quick License Assignment を使用してライセンスをすばやく割り当てることができます。Quick License Assignment をご利用になれるのは、次の条件を満たしているお客様です。

  • 同じ製品
    1. 顧客の更新期間中である(VIP 契約応当日の前後 30 日間)。
    2. 注文するエンタープライズ製品が新しい SKU であり、今期のグループ版製品と同等の価値である。
    3. エンタープライズ版ライセンスの注文数が、既存のグループ版ライセンス数と同じまたはそれ以上。
  • 高価値の製品
    1. 顧客の更新期間中である。
    2. 注文するエンタープライズ版製品が新しい SKU で、今期のグループ版製品よりも「高価値」な製品である。
    3. エンタープライズ版ライセンスの注文数が、既存のグループ版ライセンス数と同じまたはそれ以上。
  • 以下の場合、Quick License Assignment はご利用になれません
    • 注文するエンタープライズ版ライセンス数が、既存のグループ版ライセンスの数よりも少ない。
    • 注文するエンタープライズ版製品の方がグループ版製品より「高価値」であるが、注文したエンタープライズ版ライセンス数が既存のグループ版ライセンス数より少ない。
    • 数量にかかわらず、注文する製品にグループ版とエンタープライズ版が混ざっている。
    • 顧客が、更新期間の前に、既にグループ版とエンタープライズ版製品を購入している。
    • 新しいエンタープライズ版の注文に、エンタープライズ版更新 SKU を使用する。
    • 別の VIP 契約番号でエンタープライズ製品を注文する。
    • エンタープライズ版のない製品が現在のグループ版製品に含まれる。

組織のエンタープライズ版の購入が Adobe で処理されると、手順が記載されたメールが届きます。

ユーザーがアクセス権を失わないように Admin Console でユーザーをグループ版ライセンスからエンタープライズ版ライセンスに移行する必要がある期限が、電子メールに記載されています。

Admin Console では、Quick License Assignment を使用してライセンスを割り当てるよう求めるメッセージが表示されます。

割り当てるライセンスの数を確認します。

割り当てが解除されるグループ版製品ライセンスと、割り当てられるエンタープライズ版ライセンスが一致することを確認します。 

完了すると、確認メールが届きます。

Admin Console 内で結果レポートをダウンロードし、すべてのライセンスが割り当てられたことを確認します。

確認メールで指定されている日付までに完了した場合、エンドユーザーの製品サービスが失効することはありません。

次に、オンボーディング専任スタッフとの導入に関する 1 対 1 の電話セッションを予約し(まだお済みでない場合)、管理ロールID など、Admin Console で提供されるすべての機能についてご確認ください。

注意:

グループ版 Admin Console で招待を保留しているユーザーは、Quick License Assignment では移行されません。

Admin Console からダウンロードできる CSV テンプレートを使用すると、ユーザーに一括操作でライセンスを割り当てることができます。このシナリオは、以下のお客様向けに提供されています。

  • Quick License Assignment の要件を満たしていない VIP のお客様
  • 更新期間以外にユーザーにライセンスを割り当てる必要がある VIP のお客様
  1. Admin Console にアクセスしてライセンスが追加された後、ユーザーユーザーに移動します。

  2. ユーザーページ右上の をクリックし、ドロップダウンリストで「ユーザーの詳細を一括編集」を選択します。

  3. ユーザーを一括編集ダイアログボックスで、「CSV テンプレートをダウンロード」をクリックし、現在のユーザーリストを選択します。

    ダウンロードしたファイルのフィールドの説明については、CSV ファイル形式を参照してください。

  4. ダウンロードした CSV ファイルにライセンスの割り当てを追加します。その後、更新した CSV ファイルをユーザーを一括編集ダイアログボックスにドラッグして、「アップロード」をクリックします。

    完了すると、確認メールが届きます。

Admin Console 内で結果レポートをダウンロードし、すべてのライセンスが割り当てられたことを確認します。

次に、オンボーディング専任スタッフとの導入に関する 1 対 1 の電話セッションを予約し(まだお済みでない場合)、管理ロールID など、Admin Console で提供されるすべての機能についてご確認ください。

現在 VIP サブスクリプションを持っていて、ユーザーを ETLA に移行する場合は、次の一括手順を使用してユーザーをすばやく移行してください。

  1. Admin Console にログインし、VIP ユーザーが所属する組織に移動します。

  2. ユーザーユーザーに移動します。

  3. ユーザーページの右上隅の をクリックして、「ユーザーリストを CSV に書き出し」を選択します。

  4. VIP ユーザーの移行先の ETLA 組織に移動します。

  5. ユーザーユーザーに移動します。

  6. ユーザーを一括追加」をクリックします。

  7. CSV テンプレートをダウンロード」をクリックします。

    ダウンロードした CSV ファイルに、上記の手順 3 でダウンロードした CSV ファイルから VIP ユーザーを追加します。

  8. 更新された CSV ファイルをアップロードします。

ユーザーが ETLA 組織に追加されると、確認メールが届きます。

コンソール内で結果レポートをダウンロードし、すべてのライセンスが割り当てられたことを検証します。

次に、オンボーディング専任スタッフとの導入に関する 1 対 1 の電話セッションを予約し(まだお済みでない場合)、管理ロールID など、Admin Console で提供されるすべての機能についてご確認ください。

Admin Console に一括アップロードする際のトラブルシューティングのヒントについては、ユーザーの一括アップロードに関するトラブルシューティングを参照してください。

現在 ETLA サブスクリプションを持っていて、ユーザーを VIP に移行する場合は、次の一括手順を使用してユーザーをすばやく移行してください。

  1. Admin Console にログインし、ETLA ユーザーが所属する組織に移動します。

  2. ユーザーユーザーに移動します。

  3. ユーザーページの右上隅の をクリックして、「ユーザーリストを CSV に書き出し」を選択します。

  4. ETLA ユーザーの移行先の VIP 組織に移動します。

  5. ユーザーユーザーに移動します。

  6. ユーザーを一括追加」をクリックします。

  7. CSV テンプレートをダウンロード」をクリックします。

    ダウンロードした CSV ファイルに、上記の手順 3 でダウンロードした CSV ファイルから ETLA VIP ユーザーを追加します。

  8. 更新された CSV ファイルをアップロードします。

ユーザーが VIP 組織に追加されると、確認メールが届きます。

コンソール内で結果レポートをダウンロードし、すべてのライセンスが割り当てられたことを検証します。

次に、オンボーディング専任スタッフとの導入に関する 1 対 1 の電話セッションを予約し(まだお済みでない場合)、管理ロールID など、Admin Console で提供されるすべての機能についてご確認ください。

Admin Console に一括アップロードする際のトラブルシューティングのヒントについては、ユーザーの一括アップロードに関するトラブルシューティングを参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン