マニュアル キャンセル

内部アップデートサーバーのセットアップ

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版:管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. Admin Console の概要
      6. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
      3. Adobe Acrobat のデプロイ 
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Google 管理コンソールでアドビアプリを承認
      3. Google Classroom で Adobe Express を有効にする
      4. Canvas LMS との連携
      5. Blackboard Learn との連携
      6. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      7. Google アプリライセンスを通じて Adobe Express をデプロイする
      8. Roster Sync を使用したユーザーの追加
      9. Kivuto のよくある質問
      10. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID タイプ | 概要
    2. ID の設定 | 概要
    3. Enterprise ID を使用した組織の設定
    4. Azure AD フェデレーションと同期の設定
      1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
      2. Azure Sync のディレクトリへの追加
      3. 教育機関向けのロールの同期
      4. Azure Connector の FAQ
    5. Google Federation と Google Sync の設定
      1. Google Federation を使用した SSO の設定
      2. ディレクトリへの Google Sync の追加
      3. Google Federation の FAQ
    6. Microsoft ADFS を使用した組織の設定
    7. 組織の教育委員会ポータルと LMS の設定
    8. 他の ID プロバイダーを使用した組織の設定
      1. ディレクトリの作成
      2. ドメインの所有権の確認
      3. ディレクトリへのドメインの追加
    9. SSO に関するよくある質問とトラブルシューティング
      1. SSO のよくある質問
      2. SSO のトラブルシューティング
      3. 教育機関に関するよくある質問
  4. 組織の設定の管理
    1. 既存のドメインとディレクトリの管理
    2. アカウントの自動作成の有効化
    3. ディレクトリの信頼を介した組織の設定
    4. 新しい認証プロバイダーへの移行 
    5. アセットの設定
    6. 認証の設定
    7. プライバシーとセキュリティの担当者
    8. Console の設定
    9. 暗号化の管理  
  5. ユーザーの管理
    1. 概要
    2. 管理ロール
    3. ユーザー管理テクニック
      1. ユーザーの個別管理   
      2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
      3. ユーザー同期ツール(UST)
      4. Microsoft Azure Sync
      5. Google Federation Sync
    4. ユーザーの ID タイプの変更
    5. ユーザーグループの管理
    6. ディレクトリユーザーの管理
    7. 開発者の管理
    8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
    9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
  6. 製品および使用権限の管理
    1. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. 自動割り当てルールの管理
      4. 製品リクエストのレビュー
      5. セルフサービスポリシーの管理
      6. アプリ統合を管理
      7. Admin Console での製品権限の管理  
      8. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      9. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      10. オプションのサービス
    2. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. プロファイルの管理
      6. Licensing Toolkit
      7. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  7. Global Admin Console の使用を開始
    1. グローバル管理の導入
    2. 組織を選択
    3. 組織階層の管理
    4. 製品プロファイルの管理
    5. 管理者の管理
    6. ユーザーグループの管理
    7. 組織ポリシーの更新
    8. ポリシーテンプレートの管理
    9. 子組織への製品の割り当て
    10. 保留中のジョブの実行
    11. インサイトの探究
    12. 組織構造の読み込みまたは書き出し
  8. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. アドビストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  9. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Acrobat Sign
      1. Adobe Acrobat Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Acrobat Sign - グループ版機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Acrobat Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版 – 無料メンバーシップ
      1. 概要
  10. アプリおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. Microsoft Intune を使用したアドビパッケージのデプロイ
      3. SCCM によるアドビパッケージのデプロイ
      4. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      5. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      6. Creative Cloud 製品のアンインストール
      7. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      8. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリ)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  11. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書と領収書の管理
      4. 契約所有者の変更
      5. 販売店の変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. Adobe Express でのグループの管理
    5. 更新
      1. グループ版メンバーシップ:更新
      2. VIP エンタープライズ版:更新とコンプライアンス
    6. ETLA 契約の自動期限切れステージ
    7. 既存の Adobe Admin Console 内での契約タイプの切り替え
    8. 購入リクエストコンプライアンス
    9. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    10. VIP Select のヘルプ
  12. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  13. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション

内部アップデートサーバーを設定した後、サーバーを使用するクライアントを設定します。

Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)を使用すると、アドビアプリとアップデートをサーバー上の 1 つの場所に一元的にダウンロードすることができます。

AUSST ツール

サーバーの保守

サーバーのセットアップ

2. 内部アップデートサーバーのセットアップ 

一般的な使用例

AUSST を使用して、内部アップデートサーバーをセットアップすることができます。内部アップデートサーバーを設定するには、あらかじめインストールおよび導入済みの HTTP サーバー(Apache や IIS など)が必要です。HTTP サーバーは、静的なファイルコンテンツをホストして提供できます。 

アドビアプリとアップデートは、Adobe Update Server から内部アップデートサーバーにダウンロードできます。内部アップデートサーバーからアプリやアップデートを入手するには、クライアントまたはエンドユーザーのコンピューターを設定する必要があります。

必要システム構成を確認するには、AUSST web サーバーの必要システム構成を参照してください。

AUSST で使用するための HTTP サーバーのセットアップ

この節では、HTTP サーバーのセットアップ方法について説明します。最初の手順では、Mac で Apache サーバーをセットアップする方法について説明します。2 つ目の手順では、AUSST で Internet Information Services(IIS)サーバー(Windows)をセットアップする方法について説明します。

注意:

AUSST サーバーは、HTTP または HTTPS を介した接続を許可するように構成できます。これらのプロトコルはサポートされているためです。ただし、HTTPS プロトコルを使用している場合は、HTTPS 証明書が、アプリケーションと更新プログラムをインストールするコンピューターによって有効であると認識されていることを確認する必要があります。

Apache HTTP サーバーのセットアップ

任意の Apache サーバーを使用できます。この例では、Mac OS X 版 XAMPP が使用されます。

  1. HTTP サーバーをダウンロードしてインストールします。 

  2. AUSST によって同期されたアップデートとインストールファイルを、web サーバーを介してアクセスできるサブディレクトリにコピーします。

    • AUSST ファイルをまだダウンロードしていない場合は、AUSST ファイルをコピーするコマンドを HTTP サーバーフォルダー下のフォルダー(ここでは htdocs フォルダー)に渡します。詳しくは、エンドユーザーのコンピューターで複数のアプリおよびアップデートが表示される場合に新規同期オプションを使用するを参照してください。
    • AUSST ファイルを既にダウンロードしている場合は、AUSST ファイルを HTTP サーバーのフォルダー内のフォルダーにコピーします。(この例では <xamppserver>¥htdocs¥<create a folder called AUSSTFiles>)。この手順で作成した新しいフォルダーについて(ここでは AUSSTFiles)、権限で「選択されたアイテムに適用」が選択されるよう変更します。
  3. HTTP サーバー(ここでは Xamppserver)を起動します。 

  4. HTTP web サーバーを起動します。例えば、xampp サーバーで「サーバーを管理」タブに移動し、Apache web サーバーを起動します。

    Apache サーバー

  5. .override ファイルを生成します。.override ファイルを生成する手順については、クライアント構成ファイルの生成を参照してください。

IIS のセットアップ

始める前に:Windows Server 2008 R2 以上などのプラットフォームが必要です。

別のコンピューターからサーバーに Ping を実行して、サーバーに到達できるかどうかを確認します。

Ping <サーバーの IP またはホスト名>

Ping を実行

注意:

AUSST ツールと、CCD および RUM で使用されるアップデートメカニズムは、クライアントワークステーションにオーバーライドファイルが配置されている場合に IIS 7.5 以降をサポートします。次のスクリーンショットと手順は、IIS 8.5 の例を示していますが、他のバージョンの IIS でも同じ設定を使用できます。

  1. Windows Server 2019 など、任意のプラットフォームで IIS 8.5 をセットアップします。IIS 8.5 の構成手順については、http://www.iis.net/learn/install/installing-iis-85/installing-iis-85-on-windows-server-2012-r2 を参照してください。

    • IIS 8.5 の構成時に、ISAPI 拡張機能ISAPI フィルターの 2 つのロールサービスを手動で追加します。
    ロール

    • 確認画面で、「インストール」をクリックします。
    インストールの確認

    上記の追加のロールをインストールしたら、必ずサーバーを再起動してください。 

  2. IIS でディレクトリブラウジングが有効になっていることを確認します。

    • Server Manager で、ツールIIS Manager を選択します。
    • IIS Manager で左側のペインに表示されるサーバーを選択します。
    • ディレクトリブラウジング」をダブルクリックして、ディレクトリサービスを有効にします。
    ディレクトリブラウジング

    • ディレクトリブラウジングサービスを有効にします。
    ディレクトリブラウジングを有効化

  3. 左側のペインに表示されるサーバーを選択します。 

  4. 必要な web サイトのハンドラーマッピングをクリックします。

    ハンドラーマッピング

    注意:

    構成の変更は、この web サイト(この例では既定の web サイト)を参照するすべてのデータに適用されます。したがって、アップデーター関連のデータ用に web サイトを別途作成し、構成関連の変更をこの独立した web サイトに適用することで、他のサイトへの影響を防ぐ必要があります。

  5. モジュールマップの追加」オプションを選択します。

    モジュールマップを追加

  6. 拡張子 .xml のモジュールマップを追加します。詳細は、サンプルダイアログボックスに表示されているとおりに使用できます。

    モジュールマップを追加

  7. 拡張子を追加すると、「モジュールマップの追加」ダイアログボックスが表示されます。「はい」をクリックします。

    拡張子が追加されました

  8. 同様に、指定した拡張子のモジュールマップを追加します。

    • ·crl
    • .zip
    • .dmg
    • .sig
    • .json
    • .arm 
    モジュールマップ

    上記のすべての拡張子に対してモジュールマップを追加したことを確認します。

  9. Acrobat および Adobe Reader では、.msp、.pkg、および .arm の拡張子で application/octet-stream MIME タイプを追加する必要があります。

    • 左側のペインに表示されるサーバーを選択します。 
    • MIME タイプを追加します。
    MIME タイプを追加

    • サンプルダイアログボックスに表示されているとおりに詳細を追加します。
    MIME タイプを追加

  10. 同様に、拡張子 .pkg.armMIME タイプも追加します。

    MIME タイプ

    上記の 3 つの拡張子すべてに MIME タイプが追加されたことを確認します。 

  11. web ブラウザーを開いて、サーバー自体の上で web サーバーが動作することを確認します。http://localhost アドレスを使用すると、次のデフォルトの web ページが表示されることを確認します。

    ローカルホスト

AUSST ツールを使用した内部アップデートサーバーのセットアップ

次の節では、内部アップデートサーバーをセットアップする方法について説明します。ただし、次に進む前に、静的なファイルコンテンツをホストおよび提供できる HTTP サーバー(ApacheIIS など)をインストールおよび導入しておく必要があります。

AUSST で使用する IIS のセットアップ手順については、IIS のセットアップを参照してください。

AUSST のダウンロード

AUSST はコマンドラインツールのため、個別のインストール手順は必要ありません。AUSST はコンピューター上のどこに配置してもかまいません。

Admin Console で、パッケージツールに移動します。

ツール

Adobe Update Server Setup Tool カードで、お使いのオペレーティングシステムアプリ向けの AUSST をクリックしてダウンロードします。

Ausst ツール

内部アップデートサーバーのセットアップ

Admin Console から最新バージョンAdobe Update Server Setup Tool をダウンロードして、内部アップデートサーバーをセットアップしたことを確認します

注意:

アップデートサーバーの中断のない実行を確保するには、Adobe Creative Cloud ネットワークエンドポイントに示されるエンドポイントへのアクセスが許可されていることを確認してください。

次のセクションのコマンドラインオプションで指定するパスは、絶対パスを使用する必要があります。AUSST は相対パスをサポートしていません

  1. Web フォルダー内で、Adobe Update Server からアドビアプリとアップデートをダウンロードするために使用するフォルダー(ルート)を作成します。

    例:C:\inetpub\wwwroot\updates

    updates フォルダー

    ルートフォルダーの場所は、web サーバー上の有効な HTTP URL と対応している必要があります。これを検証するには、ブラウザーに移動して、http 要求を介してフォルダールートにアクセスできることを確認します。

    例:http://ausstserver.example.com/updates/

    サーバールート

  2. Adobe Update Server Setup Tool をダウンロードしたフォルダーに移動し、次のコマンドを入力します。

    • cd <Adobe Update Server Setup Tool が入っているフォルダーの絶対位置>

           例 cd C:\AUSST 

    web サーバーのルートアップデートフォルダー(このドキュメント全体で例として使用します)は、ファイルシステムの場所にあります。

    以下に例を示します。

    • macOS/serverroot/updates/
    • WindowsC:\inetpub\wwwroot\updates

    ルートの場所に適切な書き込み権限があることを確かめます。

  3. 次のコマンドを入力して、内部アップデートサーバーの新規インストールを行います。

    • Windows:
      AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<上記の手順 1 で指定したフォルダーの絶対パス>" --fresh
    • macOS
      AdobeUpdateServerSetupTool --root="<上記の手順 1 で指定したフォルダーの絶対パス>" --fresh

    以下に例を示します。

    AdobeUpdateServerSetupTool --root="c:\inetpub\wwwroot\updates" --fresh

    = 記号の前後に不要なスペースがないことを確認してください。また、すべてのオプションの前に --(二重マイナス)記号が付いていることを確認します。

    注意:

    初回の同期は時間のかかるプロセスです。完了までに最大約 24 時間かかる場合があります。初回同期の途中でプロセスが失敗した場合でも、プロセスを再度実行する必要はありません。残りの製品は、incremental コマンドを使用してダウンロードできます。
    Windows

    AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="<ルートフォルダー>" --incremental

    macOS

    AdobeUpdateServerSetupTool --root="<ルートフォルダー>" --incremental

注意:

完全な新規同期には約 600 GB が必要です(アドビアプリのサイズによって異なる場合があります)。選択的な同期については、一般的な使用例を参照してください。

アプリとアップデートを Adobe Update Server と同期した後、AUSST ツールはルートフォルダーの場所に更新されたディレクトリ構造を作成します。

フォルダー構造は Adobe Update Server のフォルダー構造と一致し、使用可能なすべてのアプリおよびアップデートを Adobe Update Server から内部アップデートサーバーにダウンロードする初期同期が実行されます。

内部アップデートサーバーのセットアップの確認

  1. Web サーバーが適切に実行されていることを確認するために、クライアントコンピューターからブラウザーで web サーバーのホームページにアクセスできることを確かめます。

    ディレクトリリンクをクリックして、ディレクトリを参照できることを確認します。

    サーバーホスト

  2. サーバーが拡張子のないファイルをサポートしていることを確認する場合は、web ブラウザーで以下の URL を開けば文字列が表示されます:

    http://<サーバー名>/updates/ACC/services/ffc/icons/producticon

    以下に例を示します。

    http://ausstserver.example.com/updates/ACC/services/ffc/icons/producticon

    ausst_producticon

  3. サーバーが拡張子付きファイルをサポートしていることを確認するには、サーバーから web ブラウザーで次の XML ファイルを開けることをテストします:

    • 製品構成グループを設定していない場合:

    http://<サーバー名>/updates/ACC/services/ffc/products/ffc.xml

    • 製品構成グループを設定済みの場合:

    http://<サーバー名>/updates/ACC/services/ffc/products/<groupName>ffc.xml   

    注意:

    サーバーの URL には、プロトコル(http:// など)を含める必要があります。ポート番号が初期設定値の 80 ではない場合は、ポート番号も指定します。

    クライアントコンピューターでの確認が正常に行われない場合は、サーバーのファイアウォール設定を確認します。 

増分同期

社内アップデートサーバーをセットアップするには、--fresh オプションを使用して、Adobe Update Server からすべてのアドビアプリとアップデートをダウンロードするように指定します。しかし、これは通常、アップデートサーバーを最初にセットアップしたときに一度だけ実行する操作です。その後は、アプリの新しいバージョンとアップデートのみを入手することができます。

Adobe Update Server から増分アップデートを取得するには、次のコマンドを使用します。

注意:

次のコマンドは、サーバーをセットアップするための必須オプションのみを示しています。
使用できるすべてのコマンドオプションについて詳しくは、AUSST のメンテナンスの節を参照してください。または、下記の一般的な使用例の節に記載された一般的に使用される AUSST コマンドを参照して、すぐに開始することもできます。

Windows

AdobeUpdateServerSetupTool.exe --root="C:\inetpub\wwwroot\updates" --incremental

macOS

AdobeUpdateServerSetupTool --root="/Library/WebServer/Documents/ausst/" --incremental

このコマンドを定期的に実行するには、反復ジョブをスケジュールします。Windows ではタスクスケジューラー、macOS では Crontab を使用します。

注意:

完全な新規同期には約 600 GB が必要です(アドビアプリのサイズによって異なる場合があります)。選択的な同期については、一般的な使用例の節を参照してください。

内部アップデートサーバーを使用するためのクライアントのセットアップ

Adobe Update Server からアドビアプリとアップデートをダウンロードするように内部アップデートサーバーをセットアップした後、内部アップデートサーバーからアプリとアップデートを取得するようにエンドユーザーをセットアップする必要があります。

例えば、エンドユーザーが Creative Cloud デスクトップアプリを使用してあるアプリの最新バージョンを取得する場合、Adobe Update Server からアプリをダウンロードおよびインストールすることはできません。アプリは、内部アップデートサーバーからインストールする必要があります。パッケージを作成してエンドユーザーのコンピューターでデプロイする場合は、パッケージ内のアプリのインストールは内部アップデートサーバーから行う必要があります。

注意:

あるバージョンの AUSST を別のバージョンに移行する場合は、次のコマンドを実行してクライアント構成ファイルを再生成し、クライアントコンピューターでこれらをアップデートします。

クライアント構成(.override)ファイルの生成

製品グループを作成するには、クライアント構成(.override ファイル)が必要です。生成されたクライアント構成(.override ファイル)は、後から別のユーザーグループにデプロイできます。構成ファイルを生成するには、(自身のサーバーの情報を使用して)次のコマンドをコマンドシェルまたはターミナルに入力します。

注意:

クライアント構成ファイルの生成は、内部アップデートサーバーをセットアップして Adobe Update Server と同期させた後で行う必要があります。

  1. Adobe Update Server Setup Tool をダウンロードしたフォルダーに移動し、次のコマンドを入力します。

  2. (自身のサーバーの情報を使用して)次のコマンドをコマンドシェルまたはターミナルに入力します。

    • AdobeUpdateServerSetupTool --genclientconf="/serverroot/AdobeUpdaterClient" --root="/serverroot/updates/Adobe/CC" --url="http://<サーバー名>"

    以下に例を示します。

    AdobeUpdateServerSetupTool.exe --genclientconf="C:\inetpub\wwwroot\updates\config" --root="C:\inetpub\wwwroot\updates" --url="http://ausstserver.example.com/updates"

     

    • サーバールートはルートフォルダーのパスです
    • config は、AdobeUpdaterClient 設定ファイルを生成するための AUSST ツール用のフォルダーです
    • url 、ルートフォルダーの有効な http パスです。

    このコマンドを実行すると、2 つのクライアント構成ファイル(Windows プラットフォーム用のファイルと macOS プラットフォーム用のファイル)が作成され、--genclientconf オプションで指定されたパスにある、プラットフォーム固有の次のフォルダーに書き込まれます。

     

    注意:

    サーバーの URL には、プロトコル(http:// など)を含める必要があります。ポート番号が初期設定値の 80 ではない場合は、ポート番号も指定します。

    この例では、新しいファイルは次の場所に作成されます。

    • ·Windows
      \serverroot\config\AdobeUpdaterClient\win\AdobeUpdater.Overrides
    • ·macOS
      /serverroot/config/AdobeUpdaterClient/mac/AdobeUpdater.Overrides
    構成

Windows

<Overrides>

<Application appID="webfeed">

<Domain>http://ausstserver.example.com</Domain>

<URL>/updates/webfeed/oobe/aam10/win/</URL>

</Application>

<Application appID="updates">

<Domain>http://ausstserver.example.com</Domain>

<URL>/updates/updates/oobe/aam10/win/</URL>

</Application>

<Application appID="webfeed20">

<Domain>http://ausstserver.example.com</Domain>

<URL>/updates/webfeed/oobe/aam20/win/</URL>

</Application>

...

</Overrides>

macOS

<Overrides>

<Application appID="webfeed">

<Domain>http://ausstserver.example.com</Domain>

<URL>/updates/webfeed/oobe/aam10/mac/</URL>

</Application>

<Application appID="updates">

<Domain>http://ausstserver.example.com</Domain>

<URL>/updates/updates/oobe/aam10/mac/</URL>

</Application>

<Application appID="webfeed20">

<Domain>http://ausstserver.example.com</Domain>

<URL>/updates/webfeed/oobe/aam20/mac/</URL>

</Application>

...

</Overrides>

クライアント構成ファイルのデプロイメント

クライアント構成ファイル(.overrides)をデプロイするには、2 つの方法があります。

1. パッケージ自体に .overrides を含める

アプリとアップデートをエンドユーザーにデプロイするためにパッケージを作成する場合は、次の手順に従って、クライアント構成ファイルをパッケージに含めます。

  1. Admin Console にログインし、パッケージ環境設定に移動します。

  2. テキストエディターで AdobeUpdater.Overrides ファイルを開きます。ファイルの内容全体をコピーして内部アップデートサーバーボックスに貼り付け、「保存」をクリックします。

    AUSST では、あらゆる種類のパッケージをリダイレクトできます。

    内部アップデートサーバーの環境設定

  3. AUSST では、あらゆる種類のパッケージをリダイレクトできます。パッケージにオーバーライドを含めるには、「アドビの内部アップデートサーバーにリダイレクト」を有効にします。パッケージと共にデプロイされます。

    NUL マネージドパッケージ
    ユーザー指定言語マネージドパッケージ

    NUL セルフサービスパッケージ
    ユーザー指定言語セルフサービスパッケージ

クライアント構成ファイルを含むパッケージが作成されました。

これらのパッケージをエンドユーザーのコンピューターにデプロイするとき、これらのファイルはデプロイメントの一部となります。その後、エンドユーザーのコンピューターは、アプリとアップデートを取得するために内部アップデートサーバーにリダイレクトされます。

2. .overrides ファイルを必要なディレクトリに手動で配置する

インストールパッケージを使用して AUSST クライアント構成を適用する代わりに、インターネット経由でアドビのサーバーから更新を取得するのではなく、ファイルを各クライアントコンピューターにコピーして、AUSST サーバーを使用して更新をダウンロードすることもできます。インストールされているオペレーティングシステムに応じて、.overrides ファイルを次の場所にコピーし、関連するサブディレクトリが存在しない場合は作成します。AUSST 設定を適用するには、ctrl+alt+R (Windows)または option+cmd+R (macOS)で Creative Cloud デスクトップアプリケーションを再起動するか、クライアントコンピューターを再起動します。

Windows 7 または 10

  • %SYSTEMDRIVE%\ProgramData\Adobe\AAMUpdater\1.0\
  • %SYSTEMDRIVE%\Program Files (x86)\Common Files\Adobe\UpdaterResources

macOS

  • /Library/Application Support/Adobe/AAMUpdater/1.0/

内部アップデートサーバーの設定に関する追加のビデオ

注意:

このビデオの内容と音声は、現在英語のみ利用できます。

Windows での内部アップデートサーバーのセットアップ

作成者:Nikhil Gupta

Mac での内部アップデートサーバーのセットアップ

作成者:Nikhil Gupta

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン