マニュアル キャンセル

認証の設定

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版:管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. Admin Console の概要
      6. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
      3. Adobe Acrobat のデプロイ 
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Google Classroom で Adobe Express を有効にする
      3. Canvas LMS との連携
      4. Blackboard Learn との連携
      5. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      6. Kivuto のよくある質問
      7. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID の設定
      1. ID タイプ | 概要
      2. Enterprise ID を使用した組織の設定
      3. Federated ID を使用した組織の設定
        1. SSO の概要
        2. Azure Connector と Sync の設定
          1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
          2. Azure Sync のディレクトリへの追加
          3. Azure Connector の FAQ
        3. Google Federation と Sync の設定
          1. Google Federation を使用した SSO の設定
          2. ディレクトリへの Google Sync の追加
          3. Google Federation の FAQ
        4. 汎用 SAML
          1. 他の SAML プロバイダーとの SSO の設定
          2. Microsoft ADFS を使用した SSO の設定
          3. SSO のよくある質問
          4. SSO のトラブルシューティング
        5. 教育機関の SSO
          1. 教育委員会ポータルと LMS 用の SSO の構成
          2. よくある質問
      4. ドメインの所有権の確認
      5. ドメインの追加と管理
      6. ドメインをディレクトリにリンクする
      7. 既存のドメインとディレクトリの管理
      8. ディレクトリの信頼を使用した事前クレームされたドメインの追加
      9. 新しい認証プロバイダーへの移行
    2. アセットの設定
    3. 認証の設定
    4. プライバシーとセキュリティの担当者
    5. Console の設定
    6. 暗号化の管理
  4. 製品および使用権限の管理  
    1. ユーザーの管理
      1. 概要
      2. 管理ロール
      3. ユーザー管理テクニック
        1. ユーザーの個別管理   
        2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
        3. ユーザー同期ツール(UST)
        4. Microsoft Azure Sync
        5. Google Federation Sync
      4. ユーザーの ID タイプの変更
      5. ユーザーグループの管理
      6. ディレクトリユーザーの管理
      7. 開発者の管理
      8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
      9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
    2. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. セルフサービスポリシーの管理
      4. アプリ統合を管理
      5. Admin Console での製品権限の管理  
      6. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      7. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      8. オプションのサービス
    3. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. デバイスライセンスからの移行
      6. プロファイルの管理
      7. Licensing Toolkit
      8. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  5. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. アドビストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  6. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Acrobat Sign
      1. Adobe Acrobat Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Acrobat Sign - グループ版機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Acrobat Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版 – 無料メンバーシップ
      1. 概要
      2. はじめに
  7. アプリおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. Microsoft Intune を使用したアドビパッケージのデプロイ
      3. SCCM によるアドビパッケージのデプロイ
      4. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      5. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      6. Creative Cloud 製品のアンインストール
      7. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      8. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. Adobe Remote Update Manager で使用するチャネル ID
      3. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリ)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  8. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書の管理
      4. 契約所有者の変更
      5. 販売店の変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. 更新
      1. グループ版メンバーシップ:更新
      2. VIP エンタープライズ版:更新とコンプライアンス
    5. ETLA 契約の自動期限切れステージ
    6. 既存の Adobe Admin Console 内での契約タイプの切り替え
    7. 購入リクエストコンプライアンス
    8. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    9. VIP Select のヘルプ
  9. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  10. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション

安全とセキュリティの確保のため、Admin Console ではパスワードに関するポリシーと保護レベルがいくつか用意されています。パスワードの保護レベルを組織の全ユーザーに適用するように指定できます。Adobe では 3 つのセキュリティレベルに対応しています。

パスワード保護レベル

注意:

パスワードポリシーは、Adobe Admin Console でサポートされる Federated ID タイプ以外のすべての ID タイプに適用されます。

すべてのアカウントは、ロックアウトメカニズムを備えています。ログインの試行が複数回連続して失敗したことが検知されると、悪意のある侵入者を防ぐためにユーザーアカウントが一時的に利用できなくなります。

次の手順に従って、パスワードのポリシーを指定します。

  1. Admin Console で、設定タブのプライバシーとセキュリティ認証設定に移動します。

  2. ユーザーの認証のレベルを選択します。

    オプションをクリックすると、自動的に選択され、保存されます。

    認証のレベル

2 段階認証

ユーザーは、アドビアカウントのセキュリティを強化するために、2 段階認証を設定することができます。設定が完了すると、ユーザーはアドビアカウントのパスワードを入力する前に、アドビアカウントにログインするための確認コードを入力する必要があります。この設定は、各ユーザーのアドビアカウントで行います。アドビユーザーは通常、セキュリティ設定に応じて 2 段階認証をオンまたはオフにできます。

管理者には、2 段階認証を強制するオプションが用意されています。強制すると、ユーザーは 2 段階認証をオフにできなくなります。

アドビは、管理者が組織で 2 段階認証を必須とし、ユーザーがオフにするオプションを使用不可にすることを強くお勧めします。

2 段階認証の有効と無効の切り替え

注意:

2 段階認証は、Business IDEnterprise IDAdobe ID のユーザーが利用できます。Federated ID のユーザーはこの方法を利用できません。これらのユーザーには、ID プロバイダーが提供する 2 段階認証を強制することをお勧めします。

2 段階認証プロセスをオンにすると、組織内のユーザーにメールで通知されます。

  • 2 段階認証プロセスを設定した後、ユーザーは最初のログイン時に、電話番号を入力する必要があります。これにより、ユーザーはパスワードを紛失した場合にアカウントを復元できるようになります。
  • 既に 2 段階認証プロセスを設定しているユーザーは、何もする必要はありませんが、このポリシーにより、2 段階認証プロセスから登録解除できなくなります。
  • 2 段階認証プロセスを設定していないユーザーは、次回のアドビアカウントへのログイン時に、このサービスに登録する必要があります。ユーザーがこのサービスに登録する方法について詳しくは、こちらのページを参照してください。

詳細設定

ユーザーがアドビの web アプリで認証を維持する時間を制御するには、次の詳細設定を使用します。

  • 最大のセッション時間:指定した期間が経過すると、ユーザーは再認証が必要になります。
  • 最大アイドル時間:指定したアイドル時間を超えてアカウントの操作がない場合、ユーザーが自動的にログアウトされます。
注意:

ユーザーが、詳細な Authentication ポリシーのある複数の組織のメンバーである場合、そのユーザーには最も制限の厳しいポリシーが適用されます。例えば、あるポリシーで最大セッション寿命を 12 日と定義し、別のポリシーでこの設定を 9 日と定義した場合、ユーザーは 9 日ごとに再認証されることになります。

詳細設定

より厳格なセキュリティ対策が必要な場合を除き、短時間のセッションポリシーは設定しないようにお勧めします。セッションポリシーが短時間の場合、ユーザーは頻繁なログインが必要になります。ほとんどのアドビのお客様にとって、これらのポリシーをデフォルトの状態のままにしておくことが、正しい選択です。

アドビのロゴ

アカウントにログイン