安全とセキュリティの確保のため、Admin Console ではパスワードに関するポリシーと保護レベルがいくつか用意されています。パスワードの保護レベルを組織の全ユーザーに適用するように指定できます。アドビでは 3 つのセキュリティレベルに対応しています。パスワードのポリシーは、Adobe IDEnterprise ID の両アカウントに対応します。

すべてのアカウントは、ロックアウトメカニズムを備えています。ログインの試行が複数回連続して失敗したことが検知されると、悪意のある侵入者を防ぐためにユーザーアカウントが一時的に利用できなくなります。

次の手順に従って、パスワードのポリシーを指定します。

  1. Admin Console で、設定認証設定に移動します。

  2. ユーザーの認証のレベルを選択します。

    オプションをクリックすると、自動的に選択され、保存されます。

    認証のレベル

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー