マニュアル キャンセル

既存の Adobe Admin Console 内での契約タイプの切り替え

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版:管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. Admin Console の概要
      6. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
      3. Adobe Acrobat のデプロイ 
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Google 管理コンソールでアドビアプリを承認
      3. Google Classroom で Adobe Express を有効にする
      4. Canvas LMS との連携
      5. Blackboard Learn との連携
      6. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      7. Google アプリライセンスを通じて Adobe Express をデプロイする
      8. Roster Sync を使用したユーザーの追加
      9. 教育機関向けのロールの同期
      10. Kivuto のよくある質問
      11. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID タイプ | 概要
    2. ID の設定 | 概要
    3. Enterprise ID を使用した組織の設定
    4. Azure AD フェデレーションと同期の設定
      1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
      2. Azure Sync のディレクトリへの追加
      3. Azure Connector の FAQ
    5. Google Federation と Sync の設定
      1. Google Federation を使用した SSO の設定
      2. ディレクトリへの Google Sync の追加
      3. Google Federation の FAQ
    6. Microsoft ADFS を使用した組織の設定
    7. 組織の教育委員会ポータルと LMS の設定
    8. 他の ID プロバイダーを使用した組織の設定
      1. ディレクトリの作成
      2. ドメインの所有権の確認
      3. ディレクトリへのドメインの追加
    9. SSO に関するよくある質問とトラブルシューティング
      1. SSO のよくある質問
      2. SSO のトラブルシューティング
      3. 教育機関に関するよくある質問
  4. 組織の設定の管理
    1. 既存のドメインとディレクトリの管理
    2. アカウントの自動作成の有効化
    3. ディレクトリの信頼を介した組織の設定
    4. 新しい認証プロバイダーへの移行 
    5. アセットの設定
    6. 認証の設定
    7. プライバシーとセキュリティの担当者
    8. Console の設定
    9. 暗号化の管理  
  5. 製品および使用権限の管理  
    1. ユーザーの管理
      1. 概要
      2. 管理ロール
      3. ユーザー管理テクニック
        1. ユーザーの個別管理   
        2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
        3. ユーザー同期ツール(UST)
        4. Microsoft Azure Sync
        5. 教育機関向けのロールの同期
        6. Google Federation Sync
      4. ユーザーの ID タイプの変更
      5. ユーザーグループの管理
      6. ディレクトリユーザーの管理
      7. 開発者の管理
      8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
      9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
    2. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. 自動割り当てルールの管理
      4. 製品リクエストのレビュー
      5. セルフサービスポリシーの管理
      6. アプリ統合を管理
      7. Admin Console での製品権限の管理  
      8. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      9. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      10. オプションのサービス
    3. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. プロファイルの管理
      6. Licensing Toolkit
      7. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  6. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. アドビストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  7. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Acrobat Sign
      1. Adobe Acrobat Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Acrobat Sign - グループ版機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Acrobat Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版 – 無料メンバーシップ
      1. 概要
  8. アプリおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. Microsoft Intune を使用したアドビパッケージのデプロイ
      3. SCCM によるアドビパッケージのデプロイ
      4. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      5. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      6. Creative Cloud 製品のアンインストール
      7. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      8. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. Adobe Remote Update Manager で使用するチャネル ID
      3. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリ)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  9. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書と領収書の管理
      4. 契約所有者の変更
      5. 販売店の変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. 更新
      1. グループ版メンバーシップ:更新
      2. VIP エンタープライズ版:更新とコンプライアンス
    5. ETLA 契約の自動期限切れステージ
    6. 既存の Adobe Admin Console 内での契約タイプの切り替え
    7. 購入リクエストコンプライアンス
    8. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    9. VIP Select のヘルプ
  10. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  11. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション

管理者は、期限切れの契約から新しいアクティブな契約に切り替えるために、既存の Admin Console の新しい契約を追加することができます。これにより、ユーザーとアセットを別の Admin Console に移行する必要がなくなりますが、契約を、新しく追加された契約の新しいアクティブな製品プロファイルに切り替えるにはユーザーと管理者の再割り当ての役割が必要になります。

組織に関連する様々な契約や契約の詳細を表示するには、Admin Console にログインし、「アカウント」に移動します。

契約の区別

既存の Admin Console に新しい契約を追加すると、複数の契約が各契約のステータスとともに「アカウント」タブに一覧表示されます。ステータスを示すタグは、期限切れ間近または期限切れの契約に関連付けられている各製品にも表示されます。以下では、Adobe Admin Console で契約タイプを切り替えた場合の変更点について説明します。

注意:

期限切れの ETLA 契約に関連付けられている製品は、契約が非アクティブになると、Admin Console から自動的に削除されます。詳細は、ETLA 契約の有効期限フェーズを参照してください。

アカウントページには、組織が Adobe と締結しているすべての契約や契約の詳細が表示されます。各契約の状況は表に示されています。

「アカウント」タブ

VIP のお客様は、Admin Consoleアカウント VIP の概要に移動して、契約を管理できます。詳しくは、「グループ版アカウントの管理」を参照してください。

「アカウント」タブ

新しい製品が製品リストに表示され、契約タイプを示すインジケーターが表示されます。VIP 契約の場合は、「さらに購入」ボタンが表示されます。

概要ページ

製品カードには、様々な契約の全製品に、契約の種類やステータスを示すインジケーターが付いて表示されます。これらのインジケーターは、組織が ETLA または ETLA と VIP の両方の契約を結んでいる場合にのみ表示されます。製品を契約タイプでフィルタリングすることもできます。

製品ページ

各製品ページには、対応する契約タイプのインジケーターも表示されます。

製品ページ

契約タイプのインジケーターは、ユーザー、製品管理者、および製品プロファイル管理者の割り当て時に、選択した製品にも表示されます。

ユーザーページ

プラン変更後のユーザーの再割り当て

Admin Console 組織を別のプランに変更しても、現在のストレージリポジトリーおよび ID 実装とユーザーは保持されます。ただし、ユーザーは割り当てられた製品にアクセスできなくなり、製品管理者と製品プロファイル管理者は管理権限を失います。

スムーズな移行のために、また、ユーザーのアクセス権や管理権限の喪失を避けるためには、以下の作業が必要です。

  • 変更を加える前に、契約を変更するとともに Admin Console からユーザーリストをエクスポートします。このリストは、新しい契約でユーザーや管理者を再割り当てする際に参照資料となります。
  • 以前の契約の有効期限が切れる前に、ユーザーと管理者を新しい契約に再割り当てします。

ユーザーリストをダウンロードするには、Admin Consoleユーザーユーザーに移動します。ユーザーページの右上隅の をクリックし、「ユーザーリストを CSV に書き出し」を選択します。CSV ファイル形式についてはここをクリックしてください。

注意:

管理者の役割は、個別または CSV のバルクアップロード方法を使用してのみ再割り当てできます。

ユーザーと管理者を再割り当てする様々な方法を以下に示します。

個別の操作

この方法は、ライセンスが 10 未満の小さなチームの場合に使用します。

  • ユーザーを割り当てるには、Admin Console製品と移動し、関連する製品カードの「ユーザーの割り当て」をクリックします。詳しくは。「ユーザーの割り当て」を参照してください。
  • 製品管理者を割り当てるには、Admin Console製品に移動します。必要な製品を選択し、「管理者」タブに移動して「管理者を追加」をクリックします。詳しくは、「製品管理者の割り当て」を参照してください。
  • 製品プロファイル管理者を割り当てるには、Admin Console製品に移動します。必要な製品を選択します。次に製品プロファイルを選択し、「管理者」タブに移動して「管理者を追加」をクリックします。詳しくは、「製品プロファイル管理者の割り当て」を参照してください。

CSV バルクアップロード

この方法は、中規模または大規模なチームで 10 以上のライセンスを使用する場合に使用します。

Admin Consoleユーザー/ユーザーの詳細を一括編集を選択します。次に、CSV テンプレートをダウンロード現在のユーザーリストをクリックします。CSV ファイルの必須フィールドを変更して、更新された製品または製品プロファイルを新しい契約に関連付けます。

ユーザーの詳細

CSV ファイルの関連フィールド

割り当てられた製品

製品プロファイル

管理対象の製品プロファイル

管理製品構成

管理製品

管理製品

次に、更新した CSV ファイルを Admin Console にアップロードして戻します。CSV によるユーザー詳細の編集について詳しくは、こちらをご覧ください
 

ユーザー同期ツール(UST)

この方法を使用するには、macOS ターミナルまたは Windows コマンドプロンプトと LDAP を理解している必要があります。Adobe Admin Console にユーザー同期ツールが統合されている場合は、以下の 2 つのいずれかの方法でユーザー同期ツールを使用します。

  • ディレクトリのユーザーを Admin Console の製品プロファイルにマッピングして、UST 構成ファイル内で、ディレクトリのユーザーのグループから Admin Console の指定された製品プロファイルへのマッピングを更新します。このプロセスには、User SyncTool 構成ファイルがホストされているサーバーへの管理者アクセスが必要です。UST 構成ファイル内のグループマッピングを更新する方法については、リンクをクリックして参照してください。
  • ディレクトリのユーザーを Admin Console のユーザーグループにマッピングして、ユーザーグループに追加された製品プロファイルを更新することで、選択したプロファイルにグループユーザーをプロビジョニングします。このプロセスでは、更新が必要なグループのシステム管理者権限またはユーザーグループ管理者権限が必要です。詳しくは、製品プロファイル管理者の割り当てを参照してください。

User Management API(UMAPI)

この方法を使用するには、REST API を使用するためのプログラミング言語(Python など)の知識が必要となります。Adobe Admin Console に User Management API が統合されている場合は、以下の 2 つのいずれかの方法で User Management API を使用します。

  • ディレクトリのユーザーを Admin Console の製品プロファイルにマッピングして、UMAPI 内で、ディレクトリのユーザーのグループから Admin Console の指定された製品プロファイルへのマッピングを更新します。このプロセスには、UMAPI 構成ファイルへの管理者アクセスが必要です。詳しくは、UMAPI 構成ファイルの製品プロファイルへのマッピングの更新を参照してください。
  • ディレクトリのユーザーを Admin Console のユーザーグループにマッピングして、ユーザーグループに追加された製品プロファイルを更新することで、選択したプロファイルにグループユーザーをプロビジョニングします。このプロセスでは、更新が必要なグループのシステム管理者権限またはユーザーグループ管理者権限が必要です。詳しくは、製品プロファイル管理者の割り当てを参照してください。

Azure Sync と Google コネクタ

Adobe Admin Console に Azure Sync または Google コネクタを統合している場合は、この方法を使用します。すべてのユーザーを新しい製品プロファイルに再割り当てするか、契約の製品構成のユーザーグループに割り当てられた製品プロファイルを更新することができます。

  • Azure Sync は、選択したディレクトリグループのユーザーを Admin Console のユーザーグループに同期します。それらのユーザーグループに製品プロファイルが割り当てられている場合、ユーザーグループに追加された製品プロファイルを更新することで、そのグループのすべてのユーザーを選択したプロファイルにプロビジョニングします。このプロセスでは、更新が必要なグループのシステム管理者権限またはユーザーグループ管理者権限が必要です。詳しくは、製品プロファイル管理者の割り当てを参照してください。
  • Google コネクタは、対象ユーザーのリストを Admin Console に同期し、Admin Console を通して製品プロファイルに割り当てます。Google コネクタで同期されている既存のユーザーに割り当てられた製品プロファイルは、個別または CSV のバルクアップロード方法で更新できます。このプロセスには、ユーザーの割り当て方法に応じて、システム管理者、ユーザーグループ管理者、製品管理者、または製品プロファイル管理者の権限が必要です。製品製品プロファイルの管理方法について詳しくは、それぞれのリンク先を参照してください。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合