Admin Console では、製品内の機能へのアクセスを管理できるようになりました。Admin Console では、製品プロファイルに権限とロールを割り当てることで、ユーザーを管理したり、ユーザーが製品で実行できる操作を管理することができます。例えば、組織で Adobe Analytics や Adobe Target を使用している場合は、まずそれらの製品の製品プロファイルを作成し、必要に応じて製品プロファイルに権限を割り当てた後、ユーザーを追加します。追加されたユーザーは、それらの製品プロファイルから権限を取得します。

特定のタスクを実行したり特定の領域にアクセスしたりするための権限をユーザーに提供するだけでなく、製品プロファイル内の製品ロールをユーザーに割り当てることもできます。例として、Adobe Target の場合、ユーザーに対して監視者、エディター、承認者の役割を割り当てることができます。これらの製品ロールは、Adobe Target によって認識され、強制されます。

製品プロファイル管理者は、Admin Console で製品プロファイル内の権限とロールを定義することにより、エンドユーザーが製品を操作する方法を制御できます。

Admin Console で製品とプロファイルを管理する方法について詳しくは、製品およびプロファイルの管理を参照してください。

Admin Console では、権限項目がセクションにグループ化されています。各セクションには複数の権限項目が含まれていて、管理者はそれらを製品プロファイルに含めたり、削除したりすることができます。

注意:

Admin Console に表示されるセクションおよび権限項目は、製品ごとに異なります。

製品プロファイルに権限を追加する

特定のセクションの権限項目を製品プロファイルに追加するには、次の手順を実行します。

  1. Admin Console にログインし、製品に移動します。

    自分が管理者となっているすべてのアドビ製品プランのリストが表示されます。

  2. 目的の製品プランをクリックします。

  3. 権限の追加が必要な製品プロファイルをクリックし、「権限」タブに移動します。

    「権限」タブには、現在の製品に適用されているセクションのリストが表示されます。リストには、現在のプロファイルに含まれている権限項目の数も表示されます。

    権限セクション
  4. 使用可能な権限項目を表示するには、セクションをクリックします。

    検索ボックスを使用すると、権限項目を検索できます。権限項目のリストから検索クエリに一致する権限項目のみが抽出されます。

    権限項目

    必要に応じて権限を追加または削除します。

    検索ボックスを使用すると、権限を検索することもできます。

  5. 終了したら「保存」をクリックします。

権限項目を自動的に含める

製品プロファイルに権限項目を追加する際、「自動的に追加」オプションを使用すると、セクション内のすべての権限項目だけでなく、それ以降にそのセクションで作成される可能性のある権限項目も追加することができます。つまり、このチェックボックスをオンにすると、このセクションで現在利用可能なすべての権限項目が製品プロファイルに追加されることになり、後日新しい権限項目がこのセクションで利用可能になると、それらの項目が自動的にこの製品プロファイルに追加されます。このオプションを選択すれば、新しい権限項目を追加するために、この製品構プロファイルに戻って編集する必要がなくなります。

  1. 製品プロファイルの「権限」タブでの操作中に、セクションをクリックして開き、利用可能な権限項目を表示します。

  2. この権限セクションにすべての権限項目を自動的に含めるには、「自動的に追加」をクリックします。

    自動的に追加権限
  3. 「保存」をクリックします。

    自動的に含められた権限

権限を削除する

製品プロファイルに追加された特定の権限項目を削除できます。また、製品プロファイルの権限セクション内のすべての権限項目を削除することもできます。

  1. 選択した製品プロファイルの「権限」タブでの操作中に、目的の権限セクションをクリックして開きます。

    権限を削除する
  2. 特定の権限を削除するには、含まれている権限項目の右側にある をクリックします。

  3. 製品プロファイルに追加された権限セクション内のすべての権限を削除するには、「含まれる権限アイテム」リストの右上にある「すべてを削除」をクリックします。

権限をコピーする

既存のプロファイルで定義された権限を使用して、新しい製品プロファイルを作成することができます。これは、製品プロファイルの権限が複雑に定義されている場合に便利です。

  1. 「権限」タブで、製品プロファイルに対する権限の変更を保存したら、「権限をコピーする」をクリックします。

  2. 新しいプロファイルを作成するよう求めるメッセージが表示されたら、「続行」をクリックします。

    権限のコピーの確認

    製品プロファイルから権限をコピーすると、新しい製品プロファイルに自動的に移動します。新しい製品プロファイルには、元のプロファイルのすべての権限が含まれています。

  3. 「プロファイルの詳細」タブで、新しいプロファイルを作成するために必要な詳細を入力します。

    新しいプロファイルの詳細
  4. 「次へ」をクリックします。

  5. このプロファイルに対してオンまたはオフにするサービスを選択し、「完了」をクリックします。

    新しいプロファイルサービス

新しいプロファイルを前のプロファイルからコピーした権限で作成すると、新しいプロファイルの「ユーザー」タブが表示されます。

必要に応じて、このプロファイルにユーザーと管理者を追加します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー