マニュアル キャンセル

Adobe Creative Cloud および Adobe Express の Canvas LMS との統合

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版:管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. Admin Console の概要
      6. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
      3. Adobe Acrobat のデプロイ 
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Google Classroom で Adobe Express を有効にする
      3. Canvas LMS との連携
      4. Blackboard Learn との連携
      5. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      6. Roster Sync を使用したユーザーの追加
      7. Kivuto のよくある質問
      8. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID タイプ | 概要
    2. ID の設定 | 概要
    3. Enterprise ID を使用した組織の設定
    4. Azure AD フェデレーションと同期の設定
      1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
      2. Azure Sync のディレクトリへの追加
      3. Azure Connector の FAQ
    5. Google Federation と Sync の設定
      1. Google Federation を使用した SSO の設定
      2. ディレクトリへの Google Sync の追加
      3. Google Federation の FAQ
    6. Microsoft ADFS を使用した組織の設定
    7. 組織の教育委員会ポータルと LMS の設定
    8. 他の ID プロバイダーを使用した組織の設定
      1. ディレクトリの作成
      2. ドメインの所有権の確認
      3. ディレクトリへのドメインの追加
    9. SSO に関するよくある質問とトラブルシューティング
      1. SSO のよくある質問
      2. SSO のトラブルシューティング
      3. 教育機関に関するよくある質問
  4. 組織の設定の管理
    1. 既存のドメインとディレクトリの管理
    2. アカウントの自動作成の有効化
    3. ディレクトリの信頼を介した組織の設定
    4. 新しい認証プロバイダーへの移行 
    5. アセットの設定
    6. 認証の設定
    7. プライバシーとセキュリティの担当者
    8. Console の設定
    9. 暗号化の管理  
  5. 製品および使用権限の管理  
    1. ユーザーの管理
      1. 概要
      2. 管理ロール
      3. ユーザー管理テクニック
        1. ユーザーの個別管理   
        2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
        3. ユーザー同期ツール(UST)
        4. Microsoft Azure Sync
        5. Google Federation Sync
      4. ユーザーの ID タイプの変更
      5. ユーザーグループの管理
      6. ディレクトリユーザーの管理
      7. 開発者の管理
      8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
      9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
    2. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. 自動割り当てルールの管理
      4. 製品リクエストのレビュー
      5. セルフサービスポリシーの管理
      6. アプリ統合を管理
      7. Admin Console での製品権限の管理  
      8. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      9. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      10. オプションのサービス
    3. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. デバイスライセンスからの移行
      6. プロファイルの管理
      7. Licensing Toolkit
      8. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  6. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. アドビストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  7. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Acrobat Sign
      1. Adobe Acrobat Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Acrobat Sign - グループ版機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Acrobat Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版 – 無料メンバーシップ
      1. 概要
      2. はじめに
  8. アプリおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. Microsoft Intune を使用したアドビパッケージのデプロイ
      3. SCCM によるアドビパッケージのデプロイ
      4. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      5. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      6. Creative Cloud 製品のアンインストール
      7. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      8. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. Adobe Remote Update Manager で使用するチャネル ID
      3. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリ)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  9. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書の管理
      4. 契約所有者の変更
      5. 販売店の変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. 更新
      1. グループ版メンバーシップ:更新
      2. VIP エンタープライズ版:更新とコンプライアンス
    5. ETLA 契約の自動期限切れステージ
    6. 既存の Adobe Admin Console 内での契約タイプの切り替え
    7. 購入リクエストコンプライアンス
    8. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    9. VIP Select のヘルプ
  10. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  11. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション
Adobe Creative Cloud と Spark を Canvas と統合

Adobe Creative Cloud は、学生と教職員が強力なプレゼンテーション、写真、イラスト、映画とビデオ、web アプリケーションを開発できるように支援します。

Adobe ExpressAdobe Creative CloudCanvas LMS と統合すると、学生と教職員がそれぞれのクリエイティブな作品にすばやく簡単にアクセスできます。学生と教職員は、Canvas 内の Adobe Express プロジェクトと Creative Cloud アプリにアクセスして使用し、課題を作成して完成させることができます。詳しくは、こちらのブログ投稿を参照してください。

Adobe Creative Cloud および Adobe Express の Canvas と統合

管理者向け

学生や教職員が Canvas LMS 内のアドビアプリケーションにアクセスするには、教育機関または教育委員会の IT 管理者が、Canvas LMS を Adobe Express または Adobe Creative Cloud と統合する必要があります。統合が完了すると、教職員と学生はアドビアプリケーションを使用して課題の作成と仕上げを行うことができます。

統合を開始する前に、次のことを確認してください。

  • Adobe Express または Adobe Creative Cloud が、対象の教育機関にデプロイされている。
  • ユーザーが、関連のアドビ製品やサービスの使用権限を持っている。

Adobe Express を Canvas に追加するには、次の手順を実行します。

  1. Canvas にログインし、管理者に移動します。

  2. 表示されるアカウントのリストから、適切なアカウントを選択します。
    選択したユーザーのセットを持つ特定のアカウントに統合を追加する場合、使用可能なアカウントから関連するものを選択できます。

    アカウントを選択

  3. デベロッパーキー継承に移動して、Adobe Classroom Prod API キーおよび Adobe Express をオンにします。

  4. Adobe Express詳細列にある文字列をコピーします。
    Adobe Creative Cloud もインストールする場合は、Adobe Creative Cloud の文字列もオンにしてコピーします。

  5. インストールする場所を決定します。

    1. 一部のコースのみインストールする場合は、統合をインストールするコースを選択します。
    2. グローバルにインストールする場合、グローバルナビゲーションから設定に移動します。

    設定から、アプリに移動します。

    アプリを表示

  6. アプリ構成の表示」をクリックして、「+ App」をクリックします。

  7. アプリを追加ダイアログボックスから、構成タイプドロップダウンリストからクライアント ID 別を選択します。

  8. デベロッパーキーページからコピーした文字列を 1 つずつクライアント ID オプションに貼り付けて、「送信」をクリックします。

  9. インストール」ボタンをクリックします。

    アプリが Canvas に追加されます。

  10. 統合をテストするには、コースを選択します。次に、「課題」に移動し、「+Assignment」をクリックします。ツールバーのアプリアイコンをクリックして、「すべて表示」を選択します。Adobe Express がコンプリートプランの下に表示されていれば、統合は成功しています。

    すべてのアプリを表示

    注意:

    テストまたはベータインスタンスでの統合をテストする場合、あるいはベータ版で AGS または NRPS を使用する場合は、Canvas CSM に連絡して、学生向けベータ版およびテストアクセスを有効にしてください。

Adobe Creative Cloud を Canvas に追加するには、次の手順を実行します。

  1. Canvas にログインし、管理者に移動します。

  2. 表示されるアカウントのリストから、適切なアカウントを選択します。
    選択したユーザーのセットを持つ特定のアカウントに統合を追加する場合、使用可能なアカウントから関連するものを選択できます。

    アカウントを選択

  3. デベロッパーキー継承に移動して、Adobe Classroom Prod API キーおよび Adobe Creative Cloud キーをオンにします。

  4. Adobe Creative Cloud詳細列にある文字列をコピーします。
    Adobe Express を併せてインストールする場合は、Adobe Express の文字列もオンにしてコピーします。

  5. インストールする場所を決定します。

    1. 一部のコースのみインストールする場合は、統合をインストールするコースを選択します。
    2. グローバルにインストールする場合、グローバルナビゲーションから設定に移動します。

    設定から、アプリに移動します。

    アプリを表示

  6. アプリ構成の表示」をクリックして、「+ App」をクリックします。

  7. アプリを追加ダイアログボックスから、構成タイプドロップダウンリストからクライアント ID 別を選択します。

  8. デベロッパーキーページからコピーした文字列を 1 つずつクライアント ID オプションに貼り付けて、「送信」をクリックします。

  9. インストール」ボタンをクリックします。

    アプリが Canvas に追加されます。

  10. 統合をテストするには、コースに移動します。Adobe Creative Cloud がコースの下に表示されていれば、統合は成功しています。

    注意:

    テストまたはベータインスタンスでの統合をテストする場合、あるいはベータ版で AGS または NRPS を使用する場合は、Canvas CSM に連絡して、学生向けベータ版およびテストアクセスを有効にしてください。

    Adobe Creative Cloud

SSO を設定するには、Adobe Admin Console でセカンダリ IdP を追加し、SSO 用のポータルまたは学習管理システムを追加する画面で「Canvas」を選択します。

  • Adobe Express の統合をテストするため、Canvas の別のユーザーとして実行する機能を使用して、Adobe Express の課題を教職員として作成し、学生として送信しています。しかし、学生用の表示に切り替えるときに課題を送信するオプションが表示されません。どうすればいいでしょうか?

    これがテストのためのみの設定であって、現実の世界における教職員と学生のやり取りでないことを考えれば、次のような回避策が利用できます。重要なのは、Canvas の別のユーザーとして実行する機能を使用して同じコンピューター上でテストするときに、2 つの個別のブラウザーをそれぞれ「シークレット」モードで使用する点です。

    1. 1 つ目のブラウザーウィンドウで教職員としてログインして、Adobe Express の課題を作成します。
    2. 次に、シークレットモードの別のブラウザーウィンドウから学生として Adobe Express にログインし、課題を送信します。 
  • ここに記載されていない問題について、アドビカスタマーサポートに問い合わせるにはどうすればよいですか?

    Admin Console の「サポート」タブに移動して、アドビカスタマーサポートにお問い合わせください。 詳細情報

  • アドビのデータプライバシーに関するポリシーについて教えてください。

    学生データのプライバシーに関連して、アドビが法律、規制、およびベストプラクティスを遵守するための基準については、アドビプライバシーセンターを参照してください。

Adobe Express を使用した課題の作成

教職員向け

ユーザーが Canvas LMS 内で Adobe Express や Adobe Creative Cloud を使用できるように、教育機関や教育委員会の IT 管理者がアクセスを許可すると、ユーザーはアドビアプリケーションを使用して高品質のクリエイティブな作品を作成できるようになります。Adobe Express を使用すると、コンピューターラボだけでなく、どこにいても学校のプロジェクトに取り組むことができます。

Canvas インスタンスを確認するには、Canvas の web サイトに移動して、「学校を探す」をクリックします。Adobe Express にアクセスするには、次の操作を行います。

  1. Canvas インスタンスにログインして、コースに移動します。

  2. コースを選択して、課題へ移動します。

  3. 新しい課題を作成することも、既存の課題を編集することもできます。エディターが開いている状態で Adobe Express にアクセスするには、アプリアイコンをクリックして「すべて表示」を選択します。

    すべて表示

  4. Adobe Express を選択して「完了」をクリックします。

  5. シングルサインオン(SSO)が IT 管理者によって設定されている場合は、Adobe Express アカウントへのログインが自動的に完了します。

    SSO が設定されていない場合は、Adobe Express のログイン画面が表示されます。認証情報を入力してログインしてください。

    ブラウザーがポップアップをブロックしている場合は、「ポップアップブロッカー」アイコンをクリックし、「このサイトに対して常にポップアップを許可する」を選択します。

    ログイン

    Google Chrome

    Firefox

    Microsoft Edge

  6. Canvas から Adobe Express を初めて起動すると、アドビによるアカウントの使用を許可するよう求められます。これを行うには、「許可」をクリックします。

Adobe Express が表示されます。

Canvas から Adobe Express にログインすると、すべての Adobe Express プロジェクトが表示されます。Adobe Express を使用して課題を作成するには、次の手順を実行します。

    • 既存のプロジェクトをプレビューするには、プロジェクトにポインタを合わせて「プレビュー」をクリックします。
    • プロジェクトを添付、カスタマイズ、またはプロジェクトにポインタを合わせるには、 をクリックして、適切なオプションを選択します。

    Adobe Express プロジェクトを作成するには、 をクリックします。テンプレートまたは空のドキュメントから開始できます。

    プロジェクト

  1. カスタマイズ」を選択して、Adobe Express プロジェクトに取り組める Adobe Express web に移動します。

  2. プロジェクトの準備が整うと、自動的にプロジェクトフォルダーに保存および更新され、アセットとして選択して課題に添付できるようになります。Adobe Express 内でプロジェクトを公開できますが、プロジェクトとして学生に割り当てる必要はありません。

  3. プレビュー中にプロジェクトを添付するには、「添付」をクリックします。

    プロジェクトの添付

  4. 課題名を入力して、課題内容を追加、他の課題フィールドの更新を行います。

    「提出タイプ」ドロップダウンリストから、学生が課題を提出する方法を選択できます。

    1. オンライン課題を作成するには、提出タイプとして「オンライン」を選択します。次に、オンライン入力オプションとして web サイト URL を選択します。学生に課題を Canvas に送信してもらう場合は、オンライン課題を作成します。
    2. 外部アプリを使用した課題を作成するには、送信タイプとして「外部ツール」を選択します。次に、「検索」をクリックして、外部ツールを構成します。学生にアセットの表示のみを許可し、提出させない場合は、外部のアプリを使用して作成します。
  5. 保存」をクリックします。

    課題の準備ができました。

Canvas LMS からアドビ製品とサービスにアクセスするには、Canvas インスタンスにログインします。 Canvas インスタンスを確認するには、Canvas の web サイトに移動して、「学校を探す」をクリックします。

コースAdobe Creative Cloud に移動します。地区または大学が購入したすべてのアプリケーションが表示されます。利用可能なアプリをインストールまたは更新できます。

Adobe Creative Cloud

  • Adobe Express とは何ですか?

    Adobe Express は、教職者や学生が素晴らしいプレゼンテーション、グラフィック、短いビデオを使い、数分で簡単にアイデアを伝えることができる、アドビの新しい web ベースアプリケーションの 1 つです。学生は、質の高いレポート、研究論文、ポスター、執筆課題、プレゼンテーションを作成することで、学習成果を実証したり、ストーリーを伝えたり、見解を伝えたりすることができます。詳細情報

  • Adobe Creative Cloud とは何ですか?

    Creative Cloud のクリエイティブなアプリで、すべての年齢と経験レベルの学生、教職者およびクリエイターは強力なプレゼンテーション、フォト、イラスト、映画、ビデオ、web アプリケーションを開発できるようになります。Creative Cloud には、Photoshop や Illustrator など、従来からのアドビクリエイティブツールのすべてと、Adobe Premiere Rush や Adobe XD などの新しいアプリが含まれています。詳細情報

  • 学生がログインする方法を教えてください。

    学生は、ログインポップアップ画面のエンタープライズオプションからログインできます。または、次のいずれかのリンクからログインできます。

    通常の学校の認証情報を使用する必要があります。

    また、ブラウザーのポップアップを許可してください。詳しくは、「Canvas LMS から Adobe Express へのログインおよびアクセス」を参照してください。

  • 作成した Adobe Express テンプレートを学生に配布したり、テンプレートを学生に示したりする方法を教えてください。

    1. 外部ツールフローコンテンツやインストラクションを割り当てると、学生が自分の Adobe Express アカウント内でそれらを視聴できます。その後、学生は自分でコンテンツを作成し、Adobe Express から課題として提出できます。
    2. 教職員がリッチコンテンツエディターでテンプレートを作成すると、学生がそれを自分の Adobe Express アカウントにコピーできます。詳しくは、Adobe Express を使用した課題の作成を参照してください。
  • これは、SpeedGrader でどのように機能しますか?

    SpeedGrader は、オンライン URL 提出タイプまたは外部ツールを介して提出された課題について、ビデオと投稿の両方の完全でリッチなプレビューを表示します。オンラインテキスト入力のフローで学生が課題を提出するとき、教職者には、SpeedGrader でハイパーリンクが作成されます。

  • Adobe Creative Cloud および Adobe Express のその他のリソースはどこで入手できますか?

    Adobe Education Exchange にアクセスして、オンラインプロフェッショナル開発コースとリソースを無料で入手できます。

Adobe Express を使用した課題の制作

学生向け

ユーザーが Canvas LMS 内で Adobe Express や Adobe Creative Cloud を使用できるように、教育機関や教育委員会の IT 管理者がアクセスを許可すると、ユーザーはアドビアプリケーションを使用して高品質のクリエイティブな作品を作成できるようになります。

Canvas インスタンスを確認するには、Canvas の web サイトに移動して、「学校を探す」をクリックします。Adobe Express にアクセスするには、次の操作を行います。

  1. Canvas インスタンスにログインして、コースに移動します。

  2. コースを選択して、課題へ移動します。

  3. 新しい課題を作成することも、既存の課題を編集することもできます。エディターが開いている状態で Adobe Express にアクセスするには、ツールバーから「Adobe Express」をクリックします。

  4. シングルサインオン(SSO)が IT 管理者によって設定されている場合は、Adobe Express アカウントへのログインが自動的に完了します。

    SSO が設定されていない場合は、Adobe Creative Cloud のログイン画面が表示されます。認証情報を入力してログインしてください。

    ブラウザーがポップアップをブロックしている場合は、「ポップアップブロッカー」アイコンをクリックし、「このサイトに対して常にポップアップを許可する」を選択します。

    ログイン

    Google Chrome

    Firefox

    Microsoft Edge

  5. Canvas から Adobe Express を初めて起動すると、アドビによるアカウントの使用を許可するよう求められます。これを行うには、「許可」をクリックします。

Adobe Express が表示されます。

Canvas から Adobe Express にログインすると、すべての未完了の課題が表示されます。これらの課題の 1 つに取り掛かるには、その課題を選択して、以下を実行します。

  1. 教職者からの課題内容を読み、「コピーを作成」をクリックします。
    Adobe Express web で課題が開きます。

    コピーを作成

  2. 必要な変更を行い、課題を完了します。

  3. 課題を送信するには、共有Canvas に提出をクリックします。

  4. 提出画面が表示されたら、関連のコース課題を選択し、「提出する」をクリックします。

課題が提出されました。

Canvas LMS からアドビ製品とサービスにアクセスするには、Canvas インスタンスにログインします。 Canvas インスタンスを確認するには、Canvas の web サイトに移動して、「学校を探す」をクリックします。

コースAdobe Creative Cloud に移動します。地区または大学が購入したすべてのアプリケーションが表示されます。利用可能なアプリをインストールまたは更新できます。

Adobe Creative Cloud

  • Canvas LMS から Adobe Express にアクセスしようとすると、空白の画面が表示されます。

    ブラウザーのポップアップブロッカーを確認し、「許可」をクリックしてアドビにログインします。ログイン方法について詳しくは、「Canvas LMS から Adobe Express へのログインおよびアクセス」を参照してください。

  • 提出できません。

    学校以外のアカウントでログインしている場合は、「Canvas に提出」オプションが無効になります。正しいアカウントでログインするには、次の操作を行います。

    1. Canvas で、Adobe Express に移動し、右上隅にあるプロファイルアイコン をクリックします。
    2. ログアウトし、学校の認証情報と学校アカウントを使用して再度ログインします。

    ログイン方法について詳しくは、「Canvas LMS から Adobe Express へのログインおよびアクセス」を参照してください。

  • 課題を提出しようとしていますが、課題のドロップダウンに対象の課題がありません。

    課題がドロップダウンに表示されない

    教職員が、送信タイプとして、「外部アプリを使用した課題」を選択した場合は、課題のドロップダウンに表示されません。この場合は、課題を提出する必要があるかどうかを教職員に確認してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン