Adobe では、アプリケーションのアップデートや機能、新しいバージョンのアプリケーションを利用可能になった時点で提供します。これらのアプリケーションやアップデートをエンドユーザーにデプロイする方法を決めてください。選択肢はいくつかあるので、要件を最も満たす方法を選択できます。ただし、各手法にはメリットもあればデメリットもあるのでご注意ください。組織やグループの要件とメリットを照らし合わせた上で決定してください。 

アドビエンタープライズ組織の管理者として、以下の 2 つの方法で、Creative Cloud および Document Cloud アプリケーションをエンドユーザーが利用できるようにすることが可能です。

セルフサービスパッケージ

多くのアドビユーザーと同様に、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用してエンドユーザーがアプリケーションとアップデートをインストールできるようにすることが可能です。セルフサービスパッケージは IT 部門の負担を軽くし、エンドユーザーは必要なツールをすべて利用できるだけでなく、アップデートがリリースされたときにすぐに利用できるようになります。

セルフサービスは有効にするが、エンドユーザーに管理者権限を持たせたくない場合は、次のいずれかの操作を行うことができます。

  • セルフサービスパッケージの作成
  • 管理者特権をオンにした状態でのマネージドパッケージの作成
  • 管理者特権をオンにした状態での Adobe テンプレートに基づくパッケージの作成

セルフサービスワークフローでは、ユーザーは必要に応じていつでもアプリケーションをダウンロードしてインストールできます。ユーザーがログインすると、そのユーザーが入手権限を持つアプリケーションが準備されます。その他のアプリケーションは体験版として一定期間使用できます。これにより管理者は複数のパッケージやアップデートを作成してデプロイする手間から解放されます。セルフサービスワークフローは次のような場合に効果的です。

  • アプリケーションの要件が、ユーザーに応じてそれぞれ異なり変化する場合
  • ユーザーのハードウェアとオペレーティングシステムの組み合わせが様々な場合
  • 組織内にリモートユーザーがいる場合
  • プロジェクトが進行中であるため、各チームやユーザーがアップグレードする時期が異なる場合
  • ユーザーが必要なアプリケーションを必要な期間だけインストールできるようにすることで、マシン上の初期フットプリントを減らしたい場合

まず、エンドユーザーが Creative Cloud デスクトップアプリケーションを Creative Cloud の Web サイトからダウンロードします。ソフトウェアのダウンロードとインストールに加え、File Sync、Font Sync、Behance などの Creative Cloud のサービスにアクセスできます。

セルフサービスワークフローを行うための要件は次のとおりです。

  • 固有のライセンス認証
  • Creative Cloud の全 Web サービスへのアクセス
  • クライアントコンピューターに対する管理者権限

エンドユーザー向けのドキュメントについては、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを参照してください。

マネージドパッケージ

マネージドパッケージを使用すると、デプロイするものと、アップデートするタイミングを判断できます。アドビ製品の最新バージョンまたはアーカイブ版を含むパッケージを作成することができます。作成したパッケージは、組織内のユーザーのコンピューターにデプロイできます。インストール時にユーザーからの入力が不要な、サイレントおよびカスタムデプロイメントを実行することもできます。

次の場合には、アプリケーションのマネージド配信を使用できます。

  • クライアントコンピューターにインストールされたアプリケーションを厳格に管理する場合
  • 複数のセルフサービスダウンロードを回避することで、インターネット帯域幅の使用量を削減する場合
  • クライアントコンピューターでインターネットにアクセスできない場合
  • インストールされるアプリケーションのバージョンを組織全体にわたって厳格に制御する場合
  • インストールされたアプリケーションでの更新動作を修正する場合
パッケージの作成とアプリケーションのデプロイについて詳しくは、パッケージのユーザーガイドを参照してください。

Adobe Admin Console を使用してマネージドパッケージを作成するには、次のいずれかを実行します。

Creative Cloud Packager を使用することもできます。この場合は、インターネットに接続できるコンピューターで、アドビのソフトウェアがインストールされていないコンピューターに Creative Cloud Packager をインストールする必要があります。さらに、Mac 用と Windows 用のパッケージを作成するには、各プラットフォームのマシンが別個に必要です。

この段階で、パッケージのデザイン、パッケージリストの作成、パッケージ数の決定、パッケージの命名スキームの決定を行う必要があります。詳しくは、パッケージの作成計画を参照してください。

アップデートのデプロイ

利用可能なアプリケーションアップデートをエンドユーザーに提供するメカニズムはいくつかあります。組織のニーズに応じて、次のいずれかを選択してください。

セルフサービス

ユーザーは、アドビからアップデートを直接ダウンロードしてインストールできます。この方法では、エンドユーザーは利用可能になった時点で最新のアップデートにアクセスできます。Creative Cloud デスクトップアプリケーションまたはこのアプリケーションに付属している Adobe Updater を使用してアップデートをダウンロードしてインストールできます。このワークフローを使用する場合は、クライアントコンピューターで、Adobe サーバーへのアクセスと管理者権限が必要になります。

このオプションは、セルフサービスとマネージドアプリケーション配信の両方で選択可能です。

マネージド配信

パッケージを作成する際に、マネージドアップデート配信メカニズムを選択することもできます。

  • クライアントマシンが内部アップデートサーバー経由でアップデートをインストールするようにします。
  • Remote Update Manager を使用して、アップデートをリモートでトリガーします。このオプションは、クライアントコンピューターに管理者権限がない場合に使用します。
  • Creative Cloud Packager を使用して、アップデート専用のパッケージを作成し、デプロイします。

マネージド配信について詳しくは、アップデートの適用を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー