アプリケーションとアップデートのデプロイと提供

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版: 管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Canvas LMS との連携
      3. Blackboard Learn との連携
      4. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      5. Kivuto のよくある質問
      6. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID の設定
      1. ID タイプ | 概要
      2. Enterprise ID を使用した組織の設定
      3. Federated ID を使用した組織の設定
        1. SSO の概要
        2. Azure コネクタと Sync の設定
          1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
          2. Azure Sync のディレクトリへの追加
          3. Azure コネクタの FAQ
        3. Google Federation と Sync の設定
          1. Google Federation を使用した SSO の設定
          2. ディレクトリへの Google Sync の追加
          3. Google Federation の FAQ
        4. 汎用 SAML
          1. 他の SAML プロバイダーとの SSO の設定
          2. Azure ADFS を介した Microsoft との SSO の設定
          3. SSO のよくある質問
          4. SSO のトラブルシューティング
        5. 教育機関の SSO
          1. 教育委員会ポータルと LMS 用の SSO の構成
          2. よくある質問
          3. 接合
      4. ドメインの所有権の確認
      5. ドメインの追加と管理
      6. ドメインをディレクトリにリンクする
      7. ディレクトリの信頼を使用した事前クレームされたドメインの追加
      8. 新しい認証プロバイダーへの移行
    2. アセットの設定
    3. 認証の設定
    4. プライバシーとセキュリティの担当者
    5. Console の設定
    6. 暗号化の管理
  4. 製品および使用権限の管理  
    1. ユーザーの管理
      1. 概要
      2. 管理ロール
      3. ユーザー管理テクニック
        1. ユーザーの個別管理   
        2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
        3. ユーザー同期ツール(UST)
        4. User Management API(UMAPI)
        5. Microsoft Azure Sync
        6. Google Federation Sync
      4. ユーザーの ID タイプの変更
      5. ユーザーグループの管理
      6. ディレクトリユーザーの管理
      7. 開発者の管理
      8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
      9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
    2. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. セルフサービスポリシーの管理
      4. アプリ統合を管理
      5. Admin Console での製品権限の管理  
      6. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      7. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      8. オプションのサービス
    3. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. デバイスライセンスからの移行
      6. プロファイルの管理
      7. Licensing Toolkit
      8. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  5. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. Adobe ストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  6. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager 6.x アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Sign
      1. Adobe Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Sign - グループ版の機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版無償メンバーシップ
      1. 概要
      2. はじめに
  7. アプリケーションおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリケーションとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリケーションのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリケーションのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. SCCM による Adobe パッケージのデプロイ
      3. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      4. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      5. Creative Cloud 製品のアンインストール
      6. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      7. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. Adobe Remote Update Manager で使用するチャネル ID
      3. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリケーションのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリケーション)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  8. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書の管理
      4. 契約所有者の変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. 更新
      1. グループ版メンバーシップ:更新
      2. VIP エンタープライズ版:更新とコンプライアンス
    5. 購入リクエストコンプライアンス
    6. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    7. VIP Select のヘルプ
  9. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  10. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション

グループ版およびエンタープライズ版のユーザー向けに、Adobe アプリケーションとアップデートをデプロイして提供する方法を説明します。

パッケージを作成するには、Admin Consoleパッケージを選択し、「パッケージを作成」をクリックします。

パッケージの作成

Adobe では、アプリケーションのアップデートや機能、新しいバージョンのアプリケーションを利用可能になった時点で提供します。これらのアプリケーションやアップデートをエンドユーザーにデプロイする方法を決めてください。選択肢はいくつかあるので、要件を最も満たす方法を選択できます。

 

セルフサービス

 

セルフサービスパッケージ
AUSST を使用したセルフサービスパッケージ
マネージドパッケージ
AUSST を使用したマネージドパッケージ
説明 ユーザーは、Adobe からダウンロードできる Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用して、アプリケーションやアップデートをインストールできます。
ユーザーは、パッケージからインストールできる Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用して、アプリケーションやアップデートをインストールできます。
ユーザーは、内部アップデートサーバーの Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用して、アプリケーションとアップデートをインストールします。
ユーザーはパッケージからアプリケーションとアップデートをインストールできます。Remote Update Manager を使用して、Adobe.com からリモートでアップデートをデプロイすることもできます。
ユーザーはパッケージからアプリケーションとアップデートをインストールできます。Remote Update Manager を使用して、内部アップデートサーバーからリモートでアップデートをデプロイすることもできます。
適しているライセンスの種類

ユーザー指定ライセンス(エンタープライズ版またはグループ版)

ユーザー指定ライセンス(エンタープライズ版またはグループ版)、共有デバイスライセンス、デバイスライセンス
使用目的の例
  • アプリケーションの多様で変化の激しい要件に対応
  • マシンの初期フットプリントを削減

セルフサービスパッケージで挙げた各項目に加え、以下の目的を満たします。

  • インターネット帯域幅の消費を削減
  • アップデートの制御を強化
  • Web アクセスが限られた制限的な環境の制御
  • ファイルの互換性を確保するために、すべてのユーザーに同じアプリケーションバージョンを提供
  • インターネット帯域幅の消費を削減
マネージドパッケージで挙げた各項目に加え、以下の目的を満たします。
  • アップデートの制御を強化
許可されているアプリケーションのバージョン Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用すると、最新のアプリケーションに加え、各アプリケーションの 1 つ前のメジャーバージョンをインストールできます。

Admin Console の「パッケージ」タブでは、Creative Cloud アプリケーションの任意のバージョンをパッケージ化できます。

ただし、共有デバイスライセンスでは、Creative Cloud 2019 以降のバージョンのアプリケーションのみがパッケージ化できます。

必須項目 管理者権限とユーザーのコンピューターでのアクティブなインターネット接続

ユーザーのコンピューター上でのアクティブなインターネット接続

アクティブなインターネット接続がある内部アップデートサーバー
専用の IT 管理者
内部アップデートサーバーと専用の IT 管理者
アプリケーションとアップデートに対する管理者による管理 1 (最小) 2 3 4 5(最大)
デプロイの容易さ 5(最大)

4

2 3 1(最小)

 

 

ユーザーへのアプリケーションの提供方法

関連するライセンス(グループ版)または製品プロファイル(エンタープライズ版)をユーザーに割り当てます
セルフサービスパッケージを作成し、ユーザーコンピューターにパッケージをデプロイします
マネージドパッケージを作成し、ユーザーコンピューターにパッケージをデプロイします

 

 

 

 

 

ユーザーへのアップデートの提供方法

ユーザーは Creative Cloud デスクトップアプリケーションにアクセスでき、必要に応じてアプリケーションやアップデートをインストールできます。

アップデート専用パッケージを作成するか、Remote Update Manager を使用して、Adobe.com からリモートでアップデートをデプロイします。
アップデート専用パッケージを作成するか、Remote Update Manager を使用して、内部アップデートサーバーからリモートでアップデートをデプロイします。
リモートでのアップデートの管理 該当しません Remote Update Manager を有効にして、ユーザーのコンピューター上でアップデートをリモートで実行します
ユーザーのアプリケーションパネルを有効または無効にします アプリケーションパネルはデフォルトで有効になっており、無効にすることはできません

パッケージを作成する際には、「セルフサービスインストールを有効にする」と「管理者権限のないユーザーにアプリケーションの更新とインストールを許可する」のオプションを使用します。

エンドユーザーエクスペリエンス Creative Cloud デスクトップアプリケーションを Adobe.com からダウンロードし、それを使用してアプリケーションとアップデートをインストールします。
Creative Cloud デスクトップアプリケーションをパッケージからインストールし、それを使用してアプリケーションとアップデートをインストールします。
アプリケーションとアップデートをパッケージから、またはアプリケーションパネルが有効になっている場合は、Creative Cloud デスクトップアプリケーションからインストールします。
管理者の次の手順 ユーザーに必要なアプリケーションとサービスが割り当てられていることを確認します
ユーザーの次の手順 ユーザー向けクイックガイド

パッケージのデプロイ

パッケージを作成した後、次のいずれかの方法で、パッケージをデプロイします。

  • Microsoft System Center Configuration Manager(SCCM)、Apple Remote Desktop、JAMF Pro などのサードパーティ製ツールを使用する。 詳細情報
  • パッケージファイルをダブルクリックしてインストールする。詳細情報
  • Windows コンピューターでコマンドラインを使用してデプロイする。 詳細情報
  • macOS コンピューターで Info.plist ファイルを使ってデプロイする。 詳細情報

アップデートのデプロイ方法について詳しくは、「 Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向けの変更管理」を参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン