4_student_facing

卒業時には学校にアセットを残さないようにしてください。学校で苦心して作成したクリエイティブな成果物すべてを移行できるようになりました。 

Adobe Student Asset Migration ポータルで、クリエイティブアセットのほぼすべてを、割り当てられた学校アカウントから新しい個人用アカウントに自動的に転送します。

アセットの移行手順は簡単です。Adobe Student Asset Migration ポータルへのログイン時に、アセットの移行に関して同意する必要があります。同意しない場合は、アセットを移行できません。

同意すると、アセットの移行先となる新しい個人用アカウントを新規に登録するよう求められます。アカウントが確認されると、アセットを新しい個人用アカウントに転送するための手順が指示されます。


Student Asset Migration ポータル

注意:

学校が暗号化された形式でアセットを保存している場合、アセットを個人アカウントに転送できません。

はじめに

学校アカウント

artboard_16_copy18

学校アカウントの資格情報を手元に準備します。ログイン画面が表示されます。

  • 学校アカウントから学校が所有するコンテンツを削除します。
  • 個人アカウントの容量が 2GB 以下になるように、学校アカウントから不要なファイルを削除します。学校アカウントに 2GB を超えるコンテンツがある場合、全コンテンツが転送されますが、空き容量ができるまで、新しい個人アカウントにコンテンツを追加できません。
  • 無償の Creative Cloud アクセスを認証すると、新しい個人アカウントに最大 100 GB のコンテンツを追加できます。

個人アカウント

artboard_16_copy17

新しい個人アカウントを新規登録するには、有効な電子メール ID が必要です。

さらに不明な点がある場合は、よくある質問をご覧ください。


警告:

学校アカウントのコンテンツにアクセスする必要性が今後ないことが確認されるまで、移行を開始しないでください。移行が完了すると、コンテンツは個人アカウントでのみ利用可能になり、学校アカウントでは利用できなくなります。ただし、学校アカウントには、システム管理者が無効にするまで、引き続きアクセスできます。

注意:

個人アカウントへのアセット転送は 1 回しか実行できません。アセットを学校アカウントから個人アカウントに一旦転送すると、同じアカウントから別の個人アカウントに再度転送することはできません。

Web ポータルは、個人アカウントが空かどうかを判断することはできません。移行プロセスを開始する前に、空であることを必ず確認してください。

アセットの移行

Student Asset Migration ポータルにログインして移行プロセスを開始すると、新しい個人アカウントを登録するように指示されます。新しいアカウントが確認されると、アセットが自動的にそのアカウントに転送されます。

警告:

ラボコンピューターや共有デバイス上で移行を実行しないでください。他に選択肢がない場合は、キャッシュをクリアし、プライベートブラウジングウィンドウを使用します。移行を開始したら、同じデバイス上で一度に移行を完了してください。

  1. Student Asset Migration ポータルにアクセスし、学校のアカウントの資格情報でログインします。

  2. 使用を開始」をクリックします。

  3. アセットの移行に同意し、「続行」をクリックします。

  4. 無料で個人の Adobe アカウントを新規登録します。アカウントを作成できるのは 13 歳以上です。

    注意:

    アセットは同じ地域内でしか移行できません。例えば、米国の学生である場合、新しいアカウントは米国または北米内の国でしか作成できません。

    注意:

    電子メールに関連付ける地域には、学校が所在する地域を指定してください。

  5. 新しい個人アカウントの電子メールアドレスの確認コードを指定します。

    確認用コードを入力する
  6. メールアドレスが確認されたら、「続行」をクリックして続行します。

    警告:

    移行が完了するまで、新しいアカウントにアセットを追加しないでください。

  7. プロセスを開始する」をクリックし、転送を開始します。移行が開始されたことを通知するメッセージが表示されます。

    アセットの転送
  8. 通知パネルを閉じます。移行が完了すると、確認メールが個人アカウントに送信されます。

  9. 電子メールを開き、「個人用アカウントを表示」をクリックしてログインします。新しい個人アカウントでアセットを確認します。

    確認メール
  10. アドビパートナーオファーからの引き換えコードが記載された 2 番目の電子メールを開きます。

    注意:

    アドビパートナーオファーの電子メールが届くまでに数時間かかる場合があります。

  11. 今すぐ引き換える」をクリックし、アドビパートナーオファーから受け取った引き換えコードを入力します。

  12. 開始」をクリックし、目的の Creative Cloud アプリケーションをインストールします。

移行後

ほとんどのアセットは自動的に移行されますが、場合によっては手動による移行が必要なアセットもあります。

 

Creative Cloud アセット

サービス

パーソナライゼーション

Behance

自動で移行

  • Cloud ファイルおよびフォルダー
  • Creative Cloud ファイル
  • モバイル作品
  • 削除したアセット
  • 共有ファイル
  • Adobe Spark 作品
  • Adobe Spark 公開アセット
  • Document Cloud ファイル
  • ライブラリデータ
  • Creative Cloud ライブラリ
  • ブラシ
  • プロフィールデータ
  • ワークスペースレイアウトとキーボードショートカットのカスタム設定
  • Creative Cloud で共有したアプリケーションの環境設定
  • コメント
  • バージョン
  • Behance プロジェクト
  • ポートフォリオ
  • Web サイト

自動で移行されません

  • Lightroom の写真
  • モバイルアプリケーションから公開されるビデオ
  • Adobe Fonts
  • Adobe Sign
  • Adobe Color
  • アクティビティフィード
  • Adobe Stock
  • Adobe Anywhere
  • Adobe Fill & Sign のユーザープロフィールデータ
 

さらにご質問がある場合は、よくある質問を参照してください。

よくある質問

この新しいアカウントは Creative Cloud の無償メンバーシップです。アプリケーションやサービスへのアクセス権はありません(Creative Cloud 無料メンバーシップのメリットを参照)。Creative Cloud アプリケーションとサービスにアクセスするには、プランを購入していただく必要があります。ただし、学生 ID が学校に所属している場合は、学校が ID を削除するまで学校の使用権限により利用できます。

アセットは、別の地理的地域には移行できません。学校アカウントと個人アカウントは同じ地理的地域内に位置する必要があります。例えば、学校アカウントが米国にある場合、アセットを日本の個人アカウントに転送することはできません。母国に帰国する留学生はアセットを手動で移行する必要があります。

Lightroom 画像は自動的に移行されません。画像を個別にダウンロードする必要があります。画像のローカルバックアップを作成するには、ローカルのストレージ環境の指定した場所ですべての元の画像を保存設定を有効にします。詳細は、環境設定の指定を参照してください。

Lightroom Classic を使用して作成したカタログのバックアップを作成する方法については、カタログのバックアップを参照してください。

Adobe ID のメールアドレスを変更しても、プロジェクトへのアクセスには影響ありません。ただし、同じデバイスで複数の Adobe ID を使用する一部のワークフローでは、以前の電子メールがユーザーインターフェイスに表示されます。

Adobe Spark アセットは移行されますが、Spark プレミアム機能は Creative Cloud 無償メンバーシップアカウントではご利用になれません。アセットにアクセスするには、すべての Adobe Spark アプリケーションと Web サイトからログアウトし、新しい個人アカウントでログインする必要があります。アプリケーションを再インストールする必要はありません。

Spark ビデオプロジェクトを移行すると、Adobe ID GUID が変更され、プロジェクトへのアクセスが失われます。クラウド内にある別の Adobe ID GUID のプロジェクトが、iOS デバイスに表示されません。デバイスにローカルに保存されたプロジェクトは、Projects made by others(他のユーザーが作成したプロジェクト)セクションに表示されます。現時点では、移行の影響は Spark Page と Spark Post には及びません。

DVA の共同作業は個人アカウントでは動作しません。

Adobe Portfolio は有料サービスです。ただし、アセットは移行されます。また、Adobe Portfolio に引き続きログインできます。Adobe Portfolio へのパブリッシングは、Creative Cloud 無償メンバーシップアカウントではサポートされていません。

Adobe Portfolio プロジェクトに Lightroom アルバムへのリンクが含まれている場合、移行後にはリンクが機能しません。Lightroom のアルバムや学校のアカウントのアルバムを再度読み込むことはできません。

アセットを移行した後、学校のアカウントに含まれている Creative Cloud の共有リンク(パスワード付きリンクを含む)と共同作業リンクは機能しなくなります。リンクを再度共有するか、共同作業者を再度招待する必要があります。移行後、リンクにアクセスできるのは所有者のみです。所有する共有アセットは個人アカウントに移行されます。また他のユーザーによって共有された学校のアカウント内のリンクも、個人アカウントへの移行後は機能しなくなります。

学生が個人アカウントに移行した後、公開ページにある Adobe XD プロトタイプとデザインリンクは機能しなくなります。ファイルはファイルディレクトリに移動されます。ただし、公開ページのリンクは解決されません。公開されたファイルから共有を削除し、プロトタイプとデザインを非公開にしたうえで移行します。

Adobe Stock から既にダウンロード済みで、Creative Cloud の Files ディレクトリに保存されている Adobe Stock 写真は、他のアセットと同様に移行されます。新しいアカウントの Adobe Stock からは、それ以上写真をダウンロードできません。

移行後は、お客様が条件を満たす限り、Adobe の特典をご利用いただけます。

アセットを個人アカウントに移行すると、他のユーザーがあなたと共有していたドキュメントはすべて失われます。自分が作成して他のユーザーと共有しているドキュメントは、個人アカウントに移行されます。

Adobe Fonts は、アセットの移行後にローカルマシンから削除されます。Adobe Fonts で作成された Web サイトは、移行後に無料のフォントに戻ります。