マニュアル キャンセル

購入リクエストコンプライアンス

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版:管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. Admin Console の概要
      6. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
      3. Adobe Acrobat のデプロイ 
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Google Classroom で Adobe Express を有効にする
      3. Canvas LMS との連携
      4. Blackboard Learn との連携
      5. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      6. Kivuto のよくある質問
      7. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID の設定
      1. ID タイプ | 概要
      2. Enterprise ID を使用した組織の設定
      3. Federated ID を使用した組織の設定
        1. SSO の概要
        2. Azure Connector と Sync の設定
          1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
          2. Azure Sync のディレクトリへの追加
          3. Azure Connector の FAQ
        3. Google Federation と Sync の設定
          1. Google Federation を使用した SSO の設定
          2. ディレクトリへの Google Sync の追加
          3. Google Federation の FAQ
        4. 汎用 SAML
          1. 他の SAML プロバイダーとの SSO の設定
          2. Microsoft ADFS を使用した SSO の設定
          3. SSO のよくある質問
          4. SSO のトラブルシューティング
        5. 教育機関の SSO
          1. 教育委員会ポータルと LMS 用の SSO の構成
          2. よくある質問
      4. ドメインの所有権の確認
      5. ドメインの追加と管理
      6. ドメインをディレクトリにリンクする
      7. 既存のドメインとディレクトリの管理
      8. ディレクトリの信頼を使用した事前クレームされたドメインの追加
      9. 新しい認証プロバイダーへの移行
    2. アセットの設定
    3. 認証の設定
    4. プライバシーとセキュリティの担当者
    5. Console の設定
    6. 暗号化の管理
  4. 製品および使用権限の管理  
    1. ユーザーの管理
      1. 概要
      2. 管理ロール
      3. ユーザー管理テクニック
        1. ユーザーの個別管理   
        2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
        3. ユーザー同期ツール(UST)
        4. Microsoft Azure Sync
        5. Google Federation Sync
      4. ユーザーの ID タイプの変更
      5. ユーザーグループの管理
      6. ディレクトリユーザーの管理
      7. 開発者の管理
      8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
      9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
    2. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. セルフサービスポリシーの管理
      4. アプリ統合を管理
      5. Admin Console での製品権限の管理  
      6. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      7. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      8. オプションのサービス
    3. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. デバイスライセンスからの移行
      6. プロファイルの管理
      7. Licensing Toolkit
      8. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  5. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. アドビストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  6. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Acrobat Sign
      1. Adobe Acrobat Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Acrobat Sign - グループ版機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Acrobat Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版 – 無料メンバーシップ
      1. 概要
      2. はじめに
  7. アプリおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. Microsoft Intune を使用したアドビパッケージのデプロイ
      3. SCCM によるアドビパッケージのデプロイ
      4. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      5. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      6. Creative Cloud 製品のアンインストール
      7. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      8. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. Adobe Remote Update Manager で使用するチャネル ID
      3. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリ)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  8. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書の管理
      4. 契約所有者の変更
      5. 販売店の変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. 更新
      1. グループ版メンバーシップ:更新
      2. VIP エンタープライズ版:更新とコンプライアンス
    5. ETLA 契約の自動期限切れステージ
    6. 既存の Adobe Admin Console 内での契約タイプの切り替え
    7. 購入リクエストコンプライアンス
    8. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    9. VIP Select のヘルプ
  9. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  10. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション

注文するには、Admin Consoleアカウントアカウントに移動します。

購入リクエスト

購入リクエストでは、後日支払うことを約束として、製品またはライセンスを要求できます。購入リクエストが行われると、購入した製品へのアクセスが許可されたときに、ユーザーに電子メール通知が送信されます。

Admin Console では、新しいライセンスと製品の購入リクエストを行い、60 日以内に支払うことができます。この期間は、購入リクエストコンプライアンス期間と呼ばれます。このコンプライアンス期間中はいつでも新しいライセンスおよび製品の支払いを行うことができます。コンプライアンス期間が始まると、未払いライセンスの支払いを促すメッセージが Admin Console に表示されます。

「一部のライセンスのお支払いが完了していません。製品またはサービスへのアクセス権をユーザーが失わないようにするには、<購入リクエストコンプライアンス期間の終了日時>までに <reseller> にご連絡いただき、注文手続を完了してください。」

すべての未払いのライセンスに対して注文を行った場合

すべての未払いのライセンスに対し、販売店を通じて注文を行った場合、Admin Console の「概要」タブと「製品」タブの上部に次の通知が表示されます。

「ご注文を承りました。ユーザーのプロビジョニングが完了し、アクセスできるようになりました。」

また、要約数も更新されます。

購入リクエストに対して注文を行っていない場合、コンプライアンスタイムラインのどの時点であるかに基づいて、以下のシナリオが発生します。

シナリオ 1:購入リクエスト日からその 30 日後まで

購入リクエストを行うと、Admin Console の「概要」タブと「製品」タブの上部に通知が表示されます。この通知は、購入リクエストを行ってから 30 日間、または注文を行うまで表示されます。未払いのライセンスの一部または全部がユーザーに割り当てられていない場合でも、通知が表示されます。

「一部のライセンスのお支払いが完了していません。製品またはサービスへのアクセス権をユーザーが失わないようにするには、<購入リクエストコンプライアンス期間の終了日時>までに <reseller> にご連絡いただき、注文手続を完了してください。」

未払いのライセンスに割り当てられているユーザーのリストを表示またはダウンロードするには、「すべてのユーザー」タブの「お支払いが必要」をクリックします。

一部お支払いが必要なライセンスがあります

次のいずれかの方法で対処することができます。

  • 未払いのライセンスを注文する.
  • 未払いのライセンスからユーザーの割り当てを解除する

シナリオ 2:購入リクエスト日から 30 日経過後

購入リクエストを行ってから 30 日以内に注文を行わない場合、支払い期限が過ぎたことを通知する電子メールが届きます。この電子メールには、今後 30 日以内に注文をしなかった場合はライセンスのプロビジョニングが解除されることに関する情報も含まれています。

また、Admin Console の「概要」タブと「製品」タブの上部にも通知が表示されます。この通知は、購入リクエストを行ってから 60 日間、または注文を行うまで表示されます。未払いのライセンスの一部または全部がユーザーに割り当てられていない場合でも、通知が表示されます。

「お支払い期限を過ぎたライセンスがあるため、ライセンスの追加を依頼することはできません。<購入リクエストコンプライアンス期間終了日時>までに<reseller>にご連絡いただき、注文手続を完了してください。お支払いが確認できない場合には、アクセス権を失う恐れがありますのでご注意ください。」

未払いのライセンスが割り当て済みの場合は、次のいずれかの方法で対処することができます。

  • 未払いのライセンスを注文する.
  • 未払いのライセンスからユーザーの割り当てを解除する

購入リクエストコンプライアンス期間の終了までに、これらのいずれかの手順を行わなかった場合、未払いのライセンスが自動的に割り当て解除されます。

製品からの割り当て解除は、その製品に最後に割り当てられたユーザーから順に解除されます。

割り当て解除されるすべてのユーザーの一覧を確認するには、「すべてのユーザー」タブの「お支払いが必要」をクリックします。

一部お支払いが必要なライセンスがあります。

製品からのユーザーの割り当て解除

製品からユーザーを割り当て解除するには、その製品の「ユーザー」タブを使用します。詳しくは、製品構成からのユーザーとユーザーグループの削除を参照してください。

お支払いが必要」リストの一部になっていないユーザーの割り当てを解除した場合、リストの先頭にリストされているユーザーがライセンスを利用可能になります。このユーザーは「お支払いが必要」リストから新しく利用可能になったライセンスに自動的に移動します。次に別のユーザーを割り当て解除すると、リストのその次のユーザーが除外されるというように処理が続行します。

ライセンスの不足を解消すると、割り当てられたライセンス数が、使用可能なライセンス数と等しくなります。また、支払いが必要であることを示す表示が消えます。

シナリオ 3:購入リクエスト日から 60 日経過後

購入リクエストを行ってから 60 日以内に注文を行わない場合、未払いのライセンスは一時停止されます。また、販売店を通じて注文するまでそれ以上購入リクエストを行うことはできません。この時点で、お客様の組織はコンプライアンス違反になります。

一時停止になっている未払いのライセンスの数について通知する電子メールが届きます。さらに、エンドユーザーはプロビジョニング解除について通知する電子メールを受け取ります。

Admin Console の「概要」タブと「製品」タブの上部にも以下の通知が表示されます。

「ライセンスの有効期限が切れています。<reseller>にご連絡いただき、新しいライセンスを購入してください。」

製品へのアクセスを失ったユーザーのリストを表示またはダウンロードするには、「すべてのユーザー」タブの「アクセスなし」をクリックします。

アクセス権がないユーザー

未払いのライセンスがすべて割り当てられていない場合、「お支払いが必要」をクリックすると空のリストが表示されます。その場合も、「概要」タブと「製品」タブには通知が表示されます。

コンプライアンス状態に戻す

コンプライアンス状態に戻すには、未払いのライセンスの注文を行ってください。注文後、「アクセスなし」リストに表示されていたユーザーは再びアクセスできるようになります。

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン