VIP 契約の管理者は、Adobe Admin Console を使用して、製品やライセンスをいつでも追加購入できます。

ライセンスや製品を購入するには、Admin Console で「概要」に移動し、「製品を追加」をクリックします。

製品を追加

Adobe.com を通じてグループ版メンバーシップを利用した場合、購入したライセンスの料金は次の請求サイクルに請求されます。

販売店からグループ版メンバーシップを購入した場合も、いつでもライセンスを追加できます。ただし、取引を完了するには、請求契約応当日から 30 日以内に販売店に注文する必要があります。30 日以内に注文がおこなわれなかった場合、ライセンスを追加することはできず、未払いのライセンスはディアクティベートされます。追加したライセンスはすべて、元の契約応当日に同時に終了します。

販売業者が不明な場合は、Adobe Admin Console で「サポート」にアクセスして、お問い合わせください。

製品を追加

グループのシステム管理者が製品を追加するには、次の操作をおこないます。

  1. Admin Console にログインし、「概要」または「アカウント」に移動します。

  2. 製品を追加」をクリックします。

  3. グループ版とエンタープライズ版の両方の製品をお持ちの場合は、プランの種類を選択します。

    プランを選択
  4. 上の方にはお客様組織が既に保有する製品が表示され、その下に使用可能な残りの製品が表示されます。

    製品やサービスを検索するには、上部の検索バーを使用します。

  5. 関連する製品またはサービスの をクリックします。

    追加した製品やサービスが、右側に表示されます。これらの製品やサービスのライセンスは、必要に応じて追加することができます。

    警告:

    一度に追加できるライセンスは 5 つだけです。

    製品を追加

    警告:

    製品の追加中にプランを切り替えると、選択した製品とライセンスが注文から削除されます。

    プランを切り替え
  6. 注文内容を確認」をクリックします。

    Adobe.com からグループ版メンバーシップを購入した場合は、お支払方法を変更できます。

    警告:

    複数のサブスクリプションを同一クレジットカードにリンクしている場合、いずれかのサブスクリプションでクレジットカード情報を更新すると、すべてのサブスクリプションが更新されます。

    注文内容を確認
  7. 販売店からメンバーシップを購入した場合は、アカウントマネージャーがお客様のリクエストと注文書を対応付けられるように、発注書番号を入力してください。
    詳細をご確認の後、注文を確定してください。

    注意:

    注文書番号の入力は任意です。ただし、購入を完了するには、貴社のアカウントマネージャーに連絡する必要があります。

これで、グループ内のユーザーにライセンスを割り当てることができます。

既存の製品へのライセンスの追加

グループのシステム管理者は、組織内の既存の製品にライセンスを追加できます。ライセンスを追加するには、次の操作をおこないます。

  1. Admin Console にログインし、製品に移動します。

    自分が管理者となっているすべてのアドビ製品プランのリストが表示されます。

  2. ライセンスを追加する製品をクリックし、「ライセンスを追加」をクリックします。

  3. ライセンスを追加画面で、ライセンス数を更新します。

    発注書番号がある場合は、入力します。

    選択した製品のライセンスを追加

    注意:

    注文書番号の入力は任意です。ただし、購入を完了するには、貴社のアカウントマネージャーに連絡する必要があります。

  4. 注文を送信します。

    このワークフローでは、リクエストの送信後 60 日以内に支払うことを約束として、製品またはライセンスを要求できます。詳しくは、購入リクエストコンプライアンスを参照してください。

これで、グループ内のユーザーにライセンスを割り当てることができます。

更新期間中のライセンスの追加または削除

グループ版メンバーシップを Adobe.com から直接購入した場合、更新の 1 か月前にセルフサービスライセンス管理ワークフローが Admin Console に表示されます。システム管理者は、この期間中(更新期間と呼ばれます)にプランのライセンス数と製品数を変更することができます。詳しくは、更新を参照してください。

ライセンス数の増減や新製品の追加は、更新日にのみ反映され、その場では反映されません。すぐにライセンスが必要な場合、製品の追加または既存の製品へのライセンスの追加を参照してください。