企業は、エンドユーザーがどのようにアセット(フォルダー、ファイル、ライブラリなど)を使用しているかについて情報を入手できます。

概要

システム管理者は、Admin Console からコンテンツログという詳細レポートをダウンロードできます。これらのレポートは、エンドユーザーが企業アセットをどのように使用しているかに関する情報を提供します。

エンドユーザーがアセットを操作(作成や更新などのアクション)すると、詳細はログファイルに記録されます。これらのログファイルを書き出して、組織が所有する Creative Cloud および Document Cloud アセットでユーザーが実行する操作を追跡できます。 アセットをアドビのクラウドストレージソリューションに移行すればするほど、結果の信頼性が高くなります。

トラッキングできるのは、Enterprise ID と Federated ID ユーザーが管理するアセットのみとなります。 Adobe ID ユーザーがこれらのアセットで実行したアクションも記録されますが、Adobe ID を持つユーザーによって管理されるアセットは含まれません。法律上、アセットを所有しているのは個々のユーザーであって、組織ではないためです。Adobe ID から Enterprise ID または Federated ID にユーザーを移行する方法については、ID タイプの編集を参照してください。

注意:

コンテンツログには、自分が所有するディレクトリ内のユーザーの詳細のみが含まれます。信頼されたディレクトリ内のユーザーの詳細は含まれません。ディレクトリの詳細については、ディレクトリの信頼性を参照してください。

以下のユーザーのアクションについて、Admin Console からコンテンツログをダウンロードできます。

アクション 説明
Created
作成日
ユーザーがアイテムをアップロード、インポート、作成、またはコピーした日
Read
読み取り日
ユーザーが Web からファイルやライブラリをダウンロードし、デバイスにローカルに保存するか、オフラインで利用できるようにした日
Updated
更新日
ユーザーがアイテムを編集して保存した日
Permanently deleted
完全に削除した日
ユーザーがアイテムを完全に削除した日
Sent an invite^#^
招待送信日^#^
ユーザーが共有アイテムに共同作業者を追加した日
Accepted an invite^#^
招待承認日^#^
ユーザーが共同作業者としての共有アイテムへの参加招待を承認した日
Changed a collaborator's role^#^
共同編集者の役割変更日^#^
ユーザーが共同編集者の役割を変更した日
Created a public link^#^
公開リンク作成日^#^
ユーザーが公開リンクを作成した日
Removed a public link^#^
公開リンク削除日^#^
ユーザーが公開リンクを削除した日

# アクションが Adobe InDesign と Adobe Spark において記録されません

注意:

Lightroom、Lightroom Classic、Lightroom モバイル、Lightroom Web、Behance、Adobe Stock 内に格納されたアセットに対して実行されたアクションは記録されません。

コンテンツログの作成

組織のコンテンツログを表示するには、次の手順を実行します。

  1. Admin Console で、設定コンテンツログに移動します。

  2. レポートを作成」をクリックします。

  3. 日付範囲を選択するには、「レポートを作成」をクリックします。

    日付範囲は現地時間です。

    レポートを作成

    過去 90 日間に発生したユーザーアクティビティのログを作成できます。 レポートのダウンロードの準備が完了すると、通知メールが送られてきます。

  4. 通知を受け取ったら、Admin Console 内のコンテンツログにある「ダウンロードファイル」をクリックします。コンテンツログレポートには、複数ファイルを含めることができます。各ファイルの最大サイズは 100 MB です。

    レポートは、Admin Console で 7 日間表示することができます。削除された後は、日付範囲が過去 90 日間以内であれば、同じ期間でレポートを再度生成することができます。

    注意:

    多数のユーザーを抱える組織の場合、出力される 90 日間のコンテンツログレポートが膨大となり、多数のファイルを含むことがあるため、使用のブラウザーによっては、すべてを完全にダウンロードできない可能性があります。コンテンツログレポートをダウンロードできない場合は、選択された日付範囲を狭めてお試しください。操作性向上のために、一部のブラウザーでは初期設定を編集することで、各ダウンロードが始まる前に毎回ファイルの保存場所を確認するメッセージが表示されないようにできます。

    ファイルをダウンロード

    日付範囲

    時刻は UTC で表示されます。場所によっては、レポート作成時に選択した日付範囲と異なる場合があります。

    作成日

    レポート作成時の現地時間を表示します。

レポートは、csv ファイルとしてダウンロードされます。ダウンロードしたファイルのフィールドの説明については、ログスキーマを参照してください

ダウンロードしたレポートには、各ユーザーアクティビティに関する次の情報が含まれます。

フィールド 説明
Action ユーザー操作(作成、読み取り、更新、共有リンクなど)
Date イベントの日時(UTC 形式)
User name アクションを実行したユーザーの名前
User email アクションを実行したユーザーのメールアドレス
Path アイテムのパス
Item name アイテムの名前
Item ID Adobe によって作成されたアイテムの一意の ID
Item type フォルダー、ファイル、またはライブラリ
IP address ユーザーのアクション実行元の IP アドレス。記録されたイベントが作成日、読み取り日、更新日または完全に削除した日のイベントでない場合、このフィールドは空白です。
Created アイテムがクラウドにアップロードまたは作成された日時。記録されたイベントが作成日、読み取り日、更新日または完全に削除した日のイベントでない場合、このフィールドは空白です。
Last modified アイテムが最後に変更された日時。記録されたイベントが作成日、読み取り日、更新日または完全に削除した日のイベントでない場合、このフィールドは空白です。
Password protected 共有リンクがパスワードで保護されている場合は True、保護されていない場合は False です。記録されたイベントが共有リンクイベントでない場合、このフィールドは空白です。
Shared link 共有アイテムへの URL。記録されたイベントが共有リンクイベントでない場合、このフィールドは空白です。
Permission 共有アイテムへの参加を招待された共同編集者の権限レベル。記録されたイベントが招待送信日招待承認日、または共同編集者の役割変更日のイベントでない場合、このフィールドは空です。
Collaborator email 共有アイテムへの参加を招待された共同編集者の電子メールアドレス。記録されたイベントが招待送信日招待承認日、または共同編集者の役割変更日のイベントでない場合、このフィールドは空です。

リリースノート

新しいストレージモデルに移行した場合、以下の問題が発生する可能性があります。Admin Console に「ストレージ」タブが表示されていれば、新しいストレージモデルです。

  • ログには、「tracked-send-share@adobe.com」という電子メールアドレスとして識別されるシステムユーザーからのイベントなど、内部のシステムイベントが含まれる場合があります。 
  • 内部システムイベントのログは、顧客のディレクトリに存在しないパスが含まれている場合があります。 
  • 一部のログエントリでは、パス列に [creative_cloud] または [document_cloud] というプレフィックスが付いていない場合があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー